兵庫の西口です。

今年の夏は暑い日が続きます!!
磯なんか暑すぎて鉄板の上に居るようなものです。

そんな時は、潮抜きを兼ねて山の上の渓に涼みに行くのが一番です♪♪

今年も毎年恒例の飛騨高山へ行ってきました。

鮎シーズンなので、本流を狙えば鮎を捕食する良型のヤマメやイワナが狙えますが、今回の目的は渓流で涼みがてら癒されえる事なので本流はパス!!
 
私の住む兵庫県と違い、飛騨高山は湿度が低く涼しいのですが、渓流に入るとブヨとの戦いが待ってます(苦笑)

早速渓流へ。
 3

 5
このような川ではダウンではまず食いません。
 
色々試せばヒットに持ち込めるのでしょうが、癒されることが目的なので1か所で粘らず次々と上流へ遡行し打って行きます。

1
 
 
個人的にこのような釣りは1匹1匹との出会いを大切にするので、数やサイズは問いません。渓流の魚に癒されるのが一番です。
 
 2

友人が作ってくれたネットをフレームにイワナを撮影。
この20㎝~25㎝のサイズのヤマメとイワナが一番綺麗です♪

今回使用ロッドはC3ストリームエディション52 
4
 
 
このロッドは今流行のパリパリの渓流ロッドではありません。
 
しっかりと曲がるブランクスのロッドです。
 
C3独特のブランクで軽量のフローティングミノーでも圧倒的な飛距離をたたき出す事が出来ます。

また8g~10gの渓流用ヘビーシンキングのルアーも快適に使えるロッドです。
 
渓流で飛距離??と思われますが、下流から上流に釣り上がる釣りでは、なるべくポイントから離れてアプローチがしたい。

もう一段離れた下流からアプローチが可能で警戒心を与えず快適に釣りが出来ます。

また力を入れずにブランクの曲りで飛距離が出る分、力が入らずフワッと置きに行く感じでピンを狙えアキュラシーをより高める事ができ、飛距離が出せます。
 
また、高密度低弾性のブランクでしっかりと曲がりパワーを発揮するので思わぬ大物にも対応でき、バラシが少ないのが特徴です。
 
まぁ簡単に言うと、レスポンスの良いバルサミノーを遠投でき且つピンを狙え、バラシが少ないので釣れる!!って事です(笑)
 
ロッドの説明はこのぐらいで。
6
 
 
今回も気の合うクラブの仲間との釣行でマイナスイオンを浴びながら順番を入れ替わりながらのゆる~い釣り。
 
 7

最大は9寸~尺サイズが今回の渓流で出る最大サイズでした。

イワナ中心に時々ヤマメが釣れる感じで癒されてきました~。

タックルデータ
ロッド:サクラC3・ストリームエディション52(櫻井釣漁具株式会社)
リール:2000番
ライン:PE0.4号 
リーダー:フロロ1.5号(山豊テグス)
ドラグ設定:300g (ドラグチェッカーにて計測)

14002383_1153774354682750_914363524_o


ゲームを始める前段階での情報によると、「ヒットしちゃうかも?」と想定したターゲットは70~80cmクラスのヒラマサ。

ストラクチャーも何もない砂地であれば、普段ライトショアジギングで使っているPE1号のバランスタックルで、時間をかけて丁寧にやれば獲る自信のあるターゲットだ。
 
ところが、ポイントは周りにケーソンが敷き詰められた堤防であり、瀬に突っ込む習性のあるヒラマサが相手となることを考えると、ドラグを強めに設定したやや強引なやり取りが不可欠だと思われた。

相手の突込みによってケーソンの角にラインが触れると、「ブレイク必至」となることが想定されたからである。
 
そこで、普段は堤防等で使用する機会が少ないC3 Shore11を持ち出し、PEライン2号でバランスタックルを組んだ。

使用するルアーは、16cmのダイビングペンシルである。
 
釣りに行く時間の無い歯がゆい日々が続く中、ようやく捻出した貴重な時間を有意義にしようと思い、C3 Shore11のベンドを上手く活かしながら、水面に浮かんだダイビングペンシルの「ダイブ~浮上」を丁寧に繰り返していると、期待通りに水面が炸裂。

少し間をおいて、手元に衝撃が伝わった。
 
間髪入れず大振りなフッキングを3~4回加え、ロッドをベンドさせた状態で水平方向に倒して、これまたC3 Shore11ならではのトルクフルなプレッシャーをかけながら、相手を潜らせないようなやり取りを心掛ける。

 13978379_1153774341349418_856459644_o
※ファイト時の画像は、ヒラマサが浮ききってからのランディング直前のカット(ロッドが縦方向に向いています)。
 
程なくして釣友が差し出すネットに収まったのは、「ベイト食っとるなぁ~!」といった感じでコンディション抜群のヒラマサ。
13987964_1153774358016083_1881704999_o

豆ヒラクラスが多い時期にしては、「良型」と言っても良い、またC3 Shore11ならではの特性を活かして獲ったと言っても過言ではない、とても嬉しい一尾である。 
14002496_1153774348016084_1002767594_o

【タックル】
■ロッド:C3 Shore11 / Bouz Production
■リール:スピニングリール5000番台
■ライン:PEライン2号
■リーダー:ナイロンリーダー40lbクラス
■ルアー:ダイビングペンシル16cm48g(フローティングタイプ)
■フック:カルティバST-56 #1/0
※リーダーとルアーの接続には、Bouz Ring200lbクラスを使用。
■ドラグ値を2.5kgに設定(ドラグチェッカーを使用)

 

 
毎年、梅雨の入りと前後してシーズンを迎える、地元汽水湖のシーバストップゲーム。

明るい時間帯のゲームということもあって、迫力のバイトシーンが目の前で繰り広げられ、「あっちでバコバコ!こっちでパッカーン!」といったお祭り騒ぎとなることも多い、大興奮間違いなしの非常に面白いゲームだ。

13936983_1150269575033228_1656260947_n

 
例年、シーバスのトップゲームがシーズンインするのは6月中頃のこと。
 
しかし、5月末頃から状況チェックをはじめた今シーズンは、例年よりも少し早い時期から好感触を得ることが出来た。
 
このゲームに使用するのは、10cm前後のペンシルベイト。
 
13956762_1150269635033222_430996102_n

 
これを、普段は60~70m…。時には80m以上も大遠投し、水面でドッグウォークさせながらできるだけ広範囲に探り、シーバスのバイトを得るスタイルだ。
 
「広範囲に探り…」と書いたが、このゲームではルアーの飛距離が釣果の多少を大きく左右する。

ショアラインから30~40m程度の範囲内でバイトすることもあるにはあるのだが、ベイトのサッパに着いたシーバスのボイルやバイトの多くが、フルキャストしてギリギリ届くか届かないかのラインに集中しているのだ。
 
ここで活躍するのが、C3 Shore8-1/2のTZモデルだ。
 
私の場合、PEライン1号にフロロリーダー5号約2mをセット。

キャスト時の垂らしは、PEとリーダーの結び目がトップガイドと2番ガイドの間に来る程度(約2m)と長めにとって、ロッド全体をしならせながら振りぬくスタイルで飛距離を稼いでいる。
 
ブランク全体がトルクフルかつしなやかにベンドするC3 Shore8-1/2TZのおかげで、居並ぶ他のアングラーよりも2~3割増し程度の飛距離を稼ぐことができ、必然的に、バイトの数&釣果も2~3割増しになるというわけだ!!

13932975_1150269641699888_50741389_n

 
また、トルザイトガイドの採用により旧モデルより若干軽くなったことが、ドッグウォーク時などのロッドの操作性を、少なからず向上させている点も見逃せないところだ。

13987891_1150269648366554_1457874253_o



【タックルデータ】
ロッド:C3 Shore8-1/2 TZ
リール:スピニング3000番台
ライン:PEライン1号
リーダー:フロロ5号
ルアー:9~10cmのペンシルベイト
※リーダーとルアーの接続には、Bouzリング(100lb)を使用
※ドラグは1kgに設定(ドラグチェッカーで計測)

↑このページのトップヘ