毎年、梅雨の入りと前後してシーズンを迎える、地元汽水湖のシーバストップゲーム。

明るい時間帯のゲームということもあって、迫力のバイトシーンが目の前で繰り広げられ、「あっちでバコバコ!こっちでパッカーン!」といったお祭り騒ぎとなることも多い、大興奮間違いなしの非常に面白いゲームだ。

13936983_1150269575033228_1656260947_n

 
例年、シーバスのトップゲームがシーズンインするのは6月中頃のこと。
 
しかし、5月末頃から状況チェックをはじめた今シーズンは、例年よりも少し早い時期から好感触を得ることが出来た。
 
このゲームに使用するのは、10cm前後のペンシルベイト。
 
13956762_1150269635033222_430996102_n

 
これを、普段は60~70m…。時には80m以上も大遠投し、水面でドッグウォークさせながらできるだけ広範囲に探り、シーバスのバイトを得るスタイルだ。
 
「広範囲に探り…」と書いたが、このゲームではルアーの飛距離が釣果の多少を大きく左右する。

ショアラインから30~40m程度の範囲内でバイトすることもあるにはあるのだが、ベイトのサッパに着いたシーバスのボイルやバイトの多くが、フルキャストしてギリギリ届くか届かないかのラインに集中しているのだ。
 
ここで活躍するのが、C3 Shore8-1/2のTZモデルだ。
 
私の場合、PEライン1号にフロロリーダー5号約2mをセット。

キャスト時の垂らしは、PEとリーダーの結び目がトップガイドと2番ガイドの間に来る程度(約2m)と長めにとって、ロッド全体をしならせながら振りぬくスタイルで飛距離を稼いでいる。
 
ブランク全体がトルクフルかつしなやかにベンドするC3 Shore8-1/2TZのおかげで、居並ぶ他のアングラーよりも2~3割増し程度の飛距離を稼ぐことができ、必然的に、バイトの数&釣果も2~3割増しになるというわけだ!!

13932975_1150269641699888_50741389_n

 
また、トルザイトガイドの採用により旧モデルより若干軽くなったことが、ドッグウォーク時などのロッドの操作性を、少なからず向上させている点も見逃せないところだ。

13987891_1150269648366554_1457874253_o



【タックルデータ】
ロッド:C3 Shore8-1/2 TZ
リール:スピニング3000番台
ライン:PEライン1号
リーダー:フロロ5号
ルアー:9~10cmのペンシルベイト
※リーダーとルアーの接続には、Bouzリング(100lb)を使用
※ドラグは1kgに設定(ドラグチェッカーで計測)