こんにちは。

福岡の永田です。

ベイトタックルでのシーバス…。

敬遠されている方は、いると思います。

近年道具の進化にて、ベイトタックルでのシーバスも 容易に始めることが出来るようになったと思います。

ある程度練習をすれば、特に問題なく釣りが出来るようになると思います。

まぁ、スピニングタックルにはトラブル等の安定感は、負けますが、 キャスト精度や繊細なアプローチという面では、上を行くと考えてます。

小河川でのストラクチャー狙い、中距離での流れの変化等を狙うには、やはりベイトタックルの利点はあります。

この日は、中距離の流れの変化狙いでの釣行

潮目にアップクロスでフローティングミノーを入れて、流れに同調させて流すと 反応してくれたシーバス。
3


C3 shore8-1/2Bの柔軟なブランクは、サイズを見間違うほどに 魚の動きに追従してくれますので、やり取りが本当に楽です。

感度も残しつつ、柔軟なロッドで、決して「硬く強く」ではない所が、 やり取りに安心感を与えてくれます。



そろそろ、シーバスのシーズンオフが近づいて来てますが、 残りのシーズンを、怪我無く、楽しく釣りして行きたいですね。
1