産卵明けのシーバス

こんにちは。

福岡の永田です。

2017年の産卵明けのシーバス釣行記について。

シーバスにとっての一大イベント、子孫繁栄の為に産卵をする時期も終わり、 河川にシーバスが帰ってくるこの時期が、やってまいりました。

産卵明けの体力回復のため、積極的にベイトを捕食しようと河川に入って 来る個体。
R0015962


しかし水温が低い時期なので、早めの釣りよりも、スローな釣りを、 展開していくほうが、魚をヒットに持ち込める可能性が高いように思えます。

河川のブレイクにスローシンキングミノーを沈めて、シーバスに見せておきます。

そして、ロッドを少しアオリルアーを動かして、ベイトと認識させてからの食わせ が好調な日もあります。

そして、河川のストラクチャー周りの、流速差の境目に巻かずに流れの抵抗のみを利用して からのヒット。

ミノーをガッツリ丸呑みしてきます。
R0015959


他は、シンキングミノーや、シンキングペンシルで、塩水くさびに流し込む釣り等の各スローな釣り展開 をしてます。

そして、これらの釣りに使用しているロッドは、櫻井釣漁具bouz C3 shore9-1/2です。

オリジナルグリップによる感度、そして、 ヒットしてからの、魚とのやり取りの安心感がとても高いです。

大型のヒットも、視野に入れてますので、このロッド選択です。

今後の、釣り展開も楽しみな時期がまた、始まりますね。
R0015973



ロッド:C3 SHORE9-1/2
PEライン1.2号
リーダー30lb
ドラグ設定1.2kg