いよいよ開幕した山陰地方鳥取の波止マサゲームで、波止ゲームにしてはまずまず良型のヒラマサを手にすることが出来た。

IMG_8720


「ドカン!」

…でもなく、

「バッシャーーーン!」

…でもない。

水面がさく裂しない程度に、「もあ~っ!」と出た好敵手。

自分の立ち位置より風下側からキャストし始め、少しずつキャスト&トレースラインを風上側にずらしながら探った4キャスト目。

ダイブ後に再浮上したダイビングペンシルの真下で、銀色ボディのイエローラインが反転した。

「ミスった!」

瞬時にそう思ったが、同時に煽ったC3 SHORE11を介して伝わってくる重みと、水面より少し下に見える「イヤや!イヤや!」と首を振る魚体。

「よっしゃ乗った!」

間髪入れず2回ほどフッキングを加え、ロッドのバッドエンドを下腹部に当ててファイト体制に入る。

この時は「ナナマルチョイの3キロ程度かな?」と思っていた。

「PE2号のバランスタックルで楽勝でしょ!」と高をくくっていたのだ。

ところが、楽に寄せられるはずの相手がなかなか寄ってこない…。

逆にスプールからラインが少しずつ少しずつ吐き出されていく…。

足元にはびっしり生えたウィード帯と波止の基礎。それらに突っ込まれたら、ナナマルクラスとはいえ根ズレでやられる恐れがある。

そこで、「エライ元気なやっちゃな!」と思いながらも、SHORE11ならではの粘りを活かしながら強引に寄せる方法をセレクトした。

ところが、寄せたり走られたりを繰り返しながら、どうにか足元近くにまで寄せたものの、水中でヒラマサ相手ではリフトしてもなかなか浮いてこない。

「閂(カンヌキ)に掛かっとるな!」

口許のフッキング状態を確認した上で、上方向に曲げてテンションを掛けていたロッドティップを一気に真下に下げてテンションを抜き、ヒラを打って「イヤイヤ!」する相手にスキを与えてみた。

「右に走るか?左に走るか?それとも沖に出るか?」

左右のどちらかに走ってくれれば、相手の泳ぐ勢いを利用して「浮かせられる!」と思ったのだ。

ただ、沖に走られたら面倒なことになるかも知れない…。

果たして!?

幸い、相手は期待通り右側に向かって走ってくれた。

そこからは、適度にトルクを掛けながらロッドを右に向ける~左に向ける~の繰り返しで、「浮かす」ことにあれだけ苦労した相手が少しずつ浮上。

ランディングに少しだけ苦労したが、ネットに収めた獲物を波止の上に横たえると~?

IMG_8719

 「アレ、デカイわ!」

後の計測で、92cm 7.5kg



近隣の方であれば、自転車でアクセスできるような港(波止)にては上出来すぎる一尾だ!
IMG_8737


【タックル】
■ロッド:C3 SHORE11 / 櫻井釣漁具
■リール:スピニングリール5000番台
■ライン:PEライン2号
■リーダー:ナイロンリーダー50lbクラス
■ルアー:ダイビングペンシル