福岡の格安家庭教師&個別指導改革!さくら家庭教師センターオフィシャルブログ〔小中学生のお母さん必見〕 お金や時間を無駄にしない!子供の毎日の勉強法

福岡の格安家庭教師&個別指導革命!さくら家庭教師センターのオフィシャルブログです。小中学生のための【国語・数学・理科・社会・英語】5教科の勉強法をさくら家庭教師センターが特別にアドバイス!高校受験のためには数学はどうやって勉強したらいいのか?問題集はどんなものを使うべきなのか?学校の予習と復習の仕方はどうすればばいいのかなど勉強にかんすることや、教育業界や社会の時事ネタをまとめています。

学校の教科書の使い方

〈ステップ1〉
教科書はすみからすみまで読みつくそう!
教科書で大切なことは、太字のところだけではありません。実は、全部大切なんです。資料を含めたページのすみずみまで全部読んで、「教科書を読んだ!」ということができます。みんな苦手なことではありますが、とっても大切なことなんです。


〈ステップ2〉
必要な情報はどんどん教科書に書き込もう!
いつ勉強したかの日付や、授業中に先生が、「大事なところ!」とか、「ここは試験に出る!」とか言われた事を教科書に書き込みましょう。また、教科書の他の何ページとリンクしているかも書き込みましょう。必要な情報が教科書に全部つまっている状態にするのが教科書で、まとめてあるものがノートというカタチが理想形です。


〈ステップ3〉
教科書に出ている問題は全部解けるようになろう!
教科書の問題はワークやプリントよりも優先して解きましょう。できれば授業中に解き方を全部理解できてしまうのが理想ではありますが、難しい場合は家で教科書を熟読しながら解くといいでしょう。基本ががっちりかたまれば、プリントやワークの問題、応用問題にチャレンジしましょう。




学校のワーク・プリントの勉強法

基本フローは、
①解く → ②〇つけ →③解きなおし


①解く
1回に解く問題は、2~3問ずつが理想です。2~3問ずつ、①→③のフローを繰り返しましょう。

②〇つけ
答え合わせをして、正解した問題には大きく〇を付けて、間違えた問題の横に正しい答えを赤字で書きこみましょう。

③解きなおし
解説をしっかり読んで、間違えた問題は3回連続でノーミスで正解できるまで、何度も繰り返しましょう。


ちなみに家庭教師の最大活用術は、解説を見てもわからなかった問題をためておいて、家庭教師がきたときにまとめて消化する!です。






福岡の格安家庭教師&個別指導改革!
さくら家庭教師センター

〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目4番22号 新日本ビル3F
TEL.0120-07-2468 FAX.092-510-7259
HP:https://sakura-planning.biz     

小学校4年生以降、こんな悩みをもつ家庭は多いです。

復習テストや定期テストで、簡単なことではないと分かってはわかってはいるけれど、周りの子はできているのに、自分だけできない。公開テストも、やはり成績は良くありません。

ただ、テスト返却後に自分でやり直しをすると、すぐにできる問題があるのです。問題を解くことができるはずなのに、繰り返し同じ間違いをしてしまう・・・



復習テストで点を取るためには、宿題を3回繰り返すことを勧めています。1週間のうちに同じ問題を3回繰り返せば、身に着きそうだという感じはします。


ただ、繰り返しを3回もする時間があるのか、が課題になる場合があります。

その場合は、まず1回目にすべての問題を解いて、2回目は1回目で間違えた問題だけを解き直しましょう。3回目は、テストの前に最初から最後までを通しでやり直すことで、解法に悩まずにテストを受けることができます。

もちろん、分からない問題は先生に聞いたり、解説を見たりして進めましょう。


注意点①
1回目は、自力で問題を解くこと。必ず授業で習った解法や考え方を思い出す機会を作りましょう。
※解説などを見ながら解かないこと

注意点②
解く時間を、1問につき3分などと決めて、時間内に解くこと。解法などが見つからない場合は飛ばして後から解くようにしましょう。

解けないことは悪ではありませんが、解けない問題に遭遇すると、ムダに時間のかけ方をしてしまう生徒は多いです。テスト対策については、まずは問題の選別。具体的に、自分が知っている問題には○、知らない問題には×を付け、○の問題から解き始める。×の問題は触れなくても大丈夫と思うこと。

次に、自分のミスの原因を検証すること。自分がどんなミスをしているのか確認して、そのミスを防げそうな具体行動を探して実践し、その有効性を確認する。

特に中学3年生は毎月フクト実力テストもありますので、毎回、チェック&トライの良い機会になるはずです。


受験対策について、ブログでこれまでに成果のあった事例などを紹介させて頂いていますが、ただ、お子さまがそれぞれお持ちの個性を踏まえて、どのように具体的に適用していくかは、是非プロに助言を求めてください。もちろん、当社、さくら家庭教師センターでもお待ちしております。

電話相談や、体験授業も用意しております。お気軽にお声かけください。




福岡の格安家庭教師&個別指導改革!
さくら家庭教師センター

〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目4番22号 新日本ビル3F
TEL.0120-07-2468 FAX.092-510-7259
HP:https://sakura-planning.biz    

2019.9.18 17:42 とある家庭からの報告
こんにちは。〇〇です。フクトの結果が戻ってきました。数学の得点は81点でFスコア62でした!ありがとうございます

センターより
今年4月の入会時のFスコアは47だったから半年で偏差値15アップですね。この調子でがんばってくださいね。
------------------------------------------------------------------

さて、

例年、夏休み明け、たくさんの新規ご入会のお問合せを頂きます。

「夏休み、週3日~4日塾に通っていたのに、学校の課題テストで成績が下がりました」「塾を変えようか、家庭教師にしようか、どうしようか迷っています」 こんな相談です。


まず、
塾に伸ばしてもらおうという発想は心配。

塾に行くなら、塾を使い倒す意識が必要です。



塾でアルバイト講師の経験があるのですが、生徒をみていると、塾って友達がいて、友達とおしゃべりとかゲームをしている子もいるんですが、合格している生徒は遊びと勉強の切り替えが早かったです。ぎゃくに、グダグダになっていた子は残念な結果になっていたような気がします。

合格できる子は行動力がありました。



さて、本題なんですが、
塾に通って成績が下がったけれど、この時期に塾を辞めた方がいいかどうかですが、「塾をやめても解決しない」ことがほとんどです。なぜかというと、本来迷うべきことは、「やるかやらないか」であるべきだからです。

勉強をやりたくないから、塾をやめる。
そんな解決策を求めているなら何も解決されません。

(勉強から逃げている感じさえします)

つまり、塾をやめるか!やめないか!
ではなく、
勉強をするか!しないか!だと思うんです。


塾を変えても、やらないといけない勉強量は変わりません。勉強する場所選びに時間を費やして、塾を転々とすることは、時間と労力が非常にもったいように感じます。

迷う前に、まず勉強を始めれば、やりながら多少の自信や成績の上げ方に気づくはずです。塾の宿題でも学校の宿題でも市販の問題集でもなんでもいいんです。まず、やりましょう。


やっていく中で、「わからない箇所を先生に聞きたい」とか、「塾の課題が多く消化不良になっている」とか、「先生の指示が変」だとか、具体的な課題が見えてきます。それで成績が上がる見込みがない場合に自然と答えが見えてくるはずです。

つまり、塾をやめるべきかどうか質問しているうちは、まだ自分で行動をしていないパターンが非常に多い気がします。勉強をやっていないから、わからないことだらけ。でもやればすぐにわかって見えてくることはたくさんあります。


どのみち、自分自身がやるように動いていかないと成績が上がりません。
裏を返せばやれば成績は上がるんです。

だから、まずはやってみることです。


あと、塾に真面目に通っているけど成績が上がらない生徒のほとんどが、復習ができていない場合がほとんどです。さくら家庭教師センターの体験授業では、成績を上げるための勉強法を学校の教科書やワークをつかって実践しています。やり方さえわかれば、塾でも家庭教師でも自学でも、同じやり方でどんどん成績は上がっていくはずです。


やるか、やらないか、です。




福岡の格安家庭教師&個別指導改革!
さくら家庭教師センター

〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目4番22号 新日本ビル3F
TEL.0120-07-2468 FAX.092-510-7259
HP:https://sakura-planning.biz  

勉強方法がわからない!暗記が苦手! そんな悩みを持つご家庭が多いと思います。


受験勉強法でよく相談されるものが、
「記憶力がなくて困ってるんです」
「すぐ忘れてしまいます」
「自分、何で歴史の年号を忘れるんだ!」
「わたしはバカなんでしょうか?」 

それは、ニューロンとシナプスの結びつきが弱いからなんです。
(なんて、言われたことないと思いますが、 そうなんです)


これは、脳の仕組みで、1回や2回だけでは人の記憶は定着しないんです。



ザックリ説明すると・・・
ニューロンという物質に情報が送り込まれます。その線がシナプスです。


登山に例えるならば、
ニューロンが山小屋で、シナプスが山道とイメージするとわかりやすいです。


1回歩いただけでは山小屋までの山道はできません。でも、山を歩いていると、人が歩いた道ができているのをみることがあります。

それは、何度も何度も登山客が同じ道を歩いたから、そこに生えていた草が踏み倒されて、道になってるんですよね。そうやって、何回も何回も往復して、そこの道がどんどん広く太くなっていくと、通りやすくなります。
→これが、思い出しやすくなるということなんです。

だから、暗記ものも、すぐ忘れていいんです。その代わりに、何回も反復すればいいんです。
1日1回でも2回でも、ちょっとずつだけ思い出してたら、少しずつ定着していきます。



だから、以前ブログでも紹介しましたが、
一夜漬けが一番やってはいけないことなんです。
(みんなしちゃうんですけどね、テストの日、遅くまで勉強してましたって目をこすりながら受験・・・)
http://blog.livedoor.jp/sakurasaboten/archives/17821836.html

これ、絶対に定着しません。
さっきの登山に例えるなら、1日だけ山を猛ダッシュで往復しただけの山道ですから。

毎日毎日、コツコツコツコツ踏み開いた道とは、デキがちがいます。

だから、1週間の中で1日だけ1時間ずっと暗記学習をするよりも、1日5分の暗記学習を7日間した方が、記憶の定着効率はグンと上がります。




ニューロンとシナプスの上記説明は厳密には意味が違ってて、
ニューロンっていう神経細胞の中にシナプスという場所があり、シナプスから伝達物質が出て、他の神経細胞(ニューロン)に情報を伝達しているんです。

つまり、シナプスはニューロンの一部。

例えていうなら・・・
九州や本州をどちらもニューロン(神経細胞)として考えてみます。

関門橋も地下道もない関門海峡の門司側から対岸の下関に何か情報を伝えたい時に、門司側シナプスから大声や光を出して伝えると、音や光という伝達物質みたいな物が 出されるやん。

それを下関側シナプスが受け取り情報が九州から本州へ伝達される。
こんな感じかな。
ニューロンとニューロンは繋がりがなくその情報の受け渡し場所がシナプス。





勉強のテクニックは、基礎ができていて初めて使えるものです。

想像してください。例えば足腰がしっかりしていない空手の初心者が「後ろ回し蹴り」とか「かかと落とし」など高度な技ばかりを使おうとしている姿を・・・。はっきり言って変なダンスを踊っているようにしか見えません(笑)サッカーでは普通のパスができない人が試合でヒールパスはできません。

重要なのは「基礎」です。基礎ができている人は、すぐに応用問題も解けます。





当社は、「学習支援強化プログラム」「家庭学習基本チェックリスト」を通して、日々の効率的な家庭学習習慣をサポートしています。
「家庭学習基本チェックリスト」は毎月各家庭に郵送しています。


今回のテーマは、「家庭学習基本チェックリスト」6

夜、寝る前に学校のノートで、その日の学校の授業の復習を15分間できている


1回1回は少しでも、3ヵ月、半年繰り返せば、記憶の定着が大きく変わってきます。







福岡の格安家庭教師&個別指導改革!
さくら家庭教師センター

〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目4番22号 新日本ビル3F
TEL.0120-07-2468 FAX.092-510-7259
HP:https://sakura-planning.biz 

学校の授業や受験勉強で学ぶ内容そのものが、合格後の人生で「直接役立つ」ということは、あまりないんではないかと思います。


数学の因数分解や物理の公式、古文単語など、
まぁ~いったい何の役に立つのかは不明であります。


ただ、「勉強する習慣」は今後の人生で重要な気がします。



10代に「勉強」っていう、誰もやりたがらない、将来役に立つのか立たないのかどうかもよくわからない、「勉強っていう曖昧なもの」に対して、他の全てを犠牲にして専念することって、美しいカッコイイことだと思います。いろいろな事を犠牲にして勉強して、勉強して、受験日を迎えて、 合格できるかもしれないし、合格できないかもしれません。

でも、本当に頑張った経験がある人は、実は結果はどうでもいいって人、けっこういます。


言葉で表現はしにくいのですが、
自分がここまでやれたことに「満足で、悔いが無い」みたいな。
本気でなにかに取り組んだら、たとえ負けた結果でも、すごい気持ちがいいんです。


もし、今とくに熱中していることがないのなら、受験勉強でそんな爽快感を体験してみることをオススメします。




福岡の格安家庭教師&個別指導改革!
さくら家庭教師センター

〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目4番22号 新日本ビル3F
TEL.0120-07-2468 FAX.092-510-7259
HP:https://sakura-planning.biz 

人間、ミスを完全になくすことはできません。

だからこそ、ミスが起きることを前提に考えて、事前に対策を講じる必要があります。


ミスは性格が原因だったりします。例えば、細部がどうしても気になる人に多くみられるミスの原因は、細かい所ばかりに目が行ってしまい、しらない間に、目的から外れてしてしまう。 また、細かい所に時間が取られすぎて、バダバタになってミスをする。 一つ一つの個々ばかりを気にしすぎて、個々のつながりがわからなくなって混乱して、なにがなんだかわからなくなってしまう。

そういう性格の人は、「がんばらないこと」が一番だと思います。
とくに真面目な性格な人ほど、先入観や思い込みにとらわれやすく、視野が狭くなって、ミスを犯しやすくなります。だから、自分に無理をしないで、物事を広い視野で見るようにするとミスもなくなるんじゃないかと思います。



性格によるミスとは別に
「計算ミスをしてしまった」のようなミスもあります。


これ、「うっかりミス」って思いたい子供の気持ちはわかります。
「わかってたけどうっかりミスをしてしまった。悔しい~!!」

でも実はこれ、公式や計算が身についていないだけなんです。だから、「ケアレスミス」とは違います。

ざっくり言うと、ただの「勉強不足」
練習量が足りないだけです。


それでも、「うっかり間違い」と思いたいかもしれませんが、
「5×5」はうっかり間違えないですよね?

勉強不足なんです。認めてください。



でも大丈夫。性格とちがって、これは防止しやすいです。
ただの自分の練習不足だから、自分の行動次第で確実に減らせるミスなんです。

具体的に・・・
問題集を解いて、間違えた問題は、同じ問題でいいので3回以上は絶対やり直しをしてください。
必ず です。
他の問題集から類似問題を探す必要はありません。同じ問題でいいので、最低3回以上は絶対やり直しをしてください。 間違えた問題の横に正しい答えを書いたって、その問題は絶対一人で解けるようになってません。そのままだったら絶対に!同じミスをしますよ。

「これくらいで大丈夫だろう!」ではなく、本当に何も見ないで間違えないでできるのか?自分で問題が解けるか?という練習を、日頃から徹底して反復練習してください。折角わかってても、できなかったら全く意味ありません。


そして、テスト本番では・・・
問題を解いたら、もう一度ミスがないかチェックしてください。
問題を解き終わった直後がミスに気付ける最後のチャンスです。

問題を全部解き終わった後ではなく、できるだけ1問ずつ、解き終わった後に、間違ってないか、チェックしてください。日頃の問題集を解く際も、一問一問ミスがないかチェックをしながら解く練習をしてください。



計算ミスを、「うっかりミス」のせいにして、ずっといい訳してても、なにもずっと成長しないですよ。



福岡の格安家庭教師&個別指導改革!
さくら家庭教師センター

〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目4番22号 新日本ビル3F
TEL.0120-07-2468 FAX.092-510-7259
HP:https://sakura-planning.biz 

当社では、担当講師が次回までの宿題という形で短期的なカリキュラムを考えますが、それとは別に、本部主導で中期的なカリキュラムを作って担当講師と連携しながら学習を進めていくこともあります。


カリキュラムのメリットは、事前に予定を立てておくことで、その日に何をするか迷わず、すぐにとりかかることができ、時間と効率が大幅にアップできることです。



しかし・・・
どんなに優れた方法や道具を持っていても、使わなかったら意味がありません。

カリキュラムも同様です。

そこで、生徒が完璧、までいかなくても、それなりにカリキュラム通りに動いてくれるような「仕掛け」が必要です。手っ取り早く、効果的なのが、インセンティブです。


たとえば、毎日の課題が終わったら、その日にお母さんがチェックして、できていたら500円あげるとか。
500円×20日で1万円ですが、夏期講習費用に比べればどうでしょう?


カリキュラム通りに勉強できれば、成績が上がるし、なにより家庭学習の習慣化ができるのは大きなリターンではないでしょうか。

もちろん、中学生にそんなにお金をあげていいのか?など、それぞれの教育方針があると思うので、実行可能かどうかは家庭次第です。


ただ、一つの手段として、同じ結果(成績アップ)を得るための出費であれば、子供に直接渡した方が、他人に委託して支払うより、なんとなくお得感はある気がします。なにより、小中学生の仕事は勉強ですから。



〈ご案内〉
夏休みなど、いつでも、本部主導で個別カリキュラムの作成を無料で承っています。
ご希望の方はご連絡ください。
※市販のオススメ問題集(500円~2000円程度)をご購入頂く場合もあります。





福岡の格安家庭教師&個別指導改革!
さくら家庭教師センター

〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目4番22号 新日本ビル3F
TEL.0120-07-2468 FAX.092-510-7259
HP:https://sakura-planning.biz 

昔から、「失敗は成功のもと」など言われてますが、

もし、本気でやった失敗じゃなかったら、

「本気じゃなかったから~」
っていいわけすると思うんです。


それだったら何の学びにもなりません。
どんな失敗も、その原因を研究し、改善していく、つまり、トライ&エラーを繰り返しながら成功確率を高めていくことが大切です。

だから、さくら家庭教師センターの生徒や先生には、本気でなんでもやってほしいと思います。






福岡の格安家庭教師&個別指導改革!

さくら家庭教師センター

〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目4番22号 新日本ビル3F
TEL.0120-07-2468 FAX.092-510-7259
HP:https://sakura-planning.biz

創業2010年から、福岡の格安家庭教師&個別指導革命!というキャッチフレーズで運営してきましたが、本日から、福岡の格安家庭教師&個別指導改革!というキャッチフレーズに変更しました。

なお、「さくら家庭教師センター」の屋号に変更はありません。


〈変更の背景〉
「革命」は非常の命で、日本では革命という言葉があまり好まれないという意見が数年前からありました。大化の改新も承久の乱も明治維新も、革命という言葉は使われておらず、山本七平は著書「日本的革命の哲学」で「日本には革命はなかった」とも言っています。日本文化に馴染みの深い植物であるサクラを冠した家庭教師センターとして、「革命」という表現は不適切だと判断し、今回、「改革」とさせて頂きました。今後とも、変わらないご理解をどうぞよろしくお願い申し上げます。



福岡の格安家庭教師&個別指導改革!
さくら家庭教師センター

〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目4番22号 新日本ビル3F
TEL.0120-07-2468 FAX.092-510-7259
HP:https://sakura-planning.biz

絶対に成績を上げる方法は、

同じミスを繰り返さない です。


当社に限らず、家庭教師(個別指導)であれば、授業がわかるのは当たり前です。また、今はネットでプロ講師の授業動画が月1,000円くらいで見放題です。

一度習った事を理解し、確実に定着させ、同じミスを繰り返さなければ確実に成績は上がって行きます。しかし、授業でわかったつもりでも、テストになると出来ない・・・


実はこれ、よくあることです。


授業で習ったことをしっかり理解し、一度ミスをしたら、どうしてミスをしたのか? 次に同じミスをしないようにするには、どうすればいいのか? をしっかり考え、同じミスをしなければ成績は複利式にあがっていきます。

でも逆に、ケアレスミスをただのうっかりと軽視し、何の対策も立てずに簡単なミスを繰り返していれば、一向に成績はアップしないでしょう。



当社では確実に定着を図るため、解説後に「解説した同じ問題」+「基本練習問題」を授業中に実施します。宿題も出しますが、生徒は宿題を怠ける事を前提に、指導中に定着化の領域まで踏み込んで指導します。

わかるまで何度も質問し、一人でできるまで「家庭教師と一緒に」徹底反復し、基礎からガッチリ身につけます。

確実なできるをドンドン増やし、小さな成功体験を重ね、自然なやる気を引き出し、自ら学ぶ習慣を身につけます。







福岡の格安家庭教師&個別指導改革!
さくら家庭教師センター

〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目4番22号 新日本ビル3F
TEL.0120-07-2468 FAX.092-510-7259
HP:https://sakura-planning.biz

↑このページのトップヘ