〔小中学生のお母さん必見〕 お金や時間を無駄にしない!子供の毎日の勉強法 〔さくら家庭教師センター〕

福岡の格安家庭教師&個別指導革命!さくら家庭教師センターのオフィシャルブログです。小中学生のための【国語・数学・理科・社会・英語】5教科の勉強法をさくら家庭教師センターが特別にアドバイス!高校受験のためには数学はどうやって勉強したらいいのか?問題集はどんなものを使うべきなのか?学校の予習と復習の仕方はどうすればばいいのかなど勉強にかんすることや、教育業界や社会の時事ネタをまとめています。

人間、ミスを完全になくすことはできません。

だからこそ、ミスが起きることを前提に考えて、事前に対策を講じる必要があります。


ミスは性格が原因だったりします。例えば、細部がどうしても気になる人に多くみられるミスの原因は、細かい所ばかりに目が行ってしまい、しらない間に、目的から外れてしてしまう。 また、細かい所に時間が取られすぎて、バダバタになってミスをする。 一つ一つの個々ばかりを気にしすぎて、個々のつながりがわからなくなって混乱して、なにがなんだかわからなくなってしまう。

そういう性格の人は、「がんばらないこと」が一番だと思います。
とくに真面目な性格な人ほど、先入観や思い込みにとらわれやすく、視野が狭くなって、ミスを犯しやすくなります。だから、自分に無理をしないで、物事を広い視野で見るようにするとミスもなくなるんじゃないかと思います。



性格によるミスとは別に
「計算ミスをしてしまった」のようなミスもあります。


これ、「うっかりミス」って思いたい子供の気持ちはわかります。
「わかってたけどうっかりミスをしてしまった。悔しい~!!」

でも実はこれ、公式や計算が身についていないだけなんです。だから、「ケアレスミス」とは違います。

ざっくり言うと、ただの「勉強不足」
練習量が足りないだけです。


それでも、「うっかり間違い」と思いたいかもしれませんが、
「5×5」はうっかり間違えないですよね?

勉強不足なんです。認めてください。



でも大丈夫。性格とちがって、これは防止しやすいです。
ただの自分の練習不足だから、自分の行動次第で確実に減らせるミスなんです。

具体的に・・・
問題集を解いて、間違えた問題は、同じ問題でいいので3回以上は絶対やり直しをしてください。
必ず です。
他の問題集から類似問題を探す必要はありません。同じ問題でいいので、最低3回以上は絶対やり直しをしてください。 間違えた問題の横に正しい答えを書いたって、その問題は絶対一人で解けるようになってません。そのままだったら絶対に!同じミスをしますよ。

「これくらいで大丈夫だろう!」ではなく、本当に何も見ないで間違えないでできるのか?自分で問題が解けるか?という練習を、日頃から徹底して反復練習してください。折角わかってても、できなかったら全く意味ありません。


そして、テスト本番では・・・
問題を解いたら、もう一度ミスがないかチェックしてください。
問題を解き終わった直後がミスに気付ける最後のチャンスです。

問題を全部解き終わった後ではなく、できるだけ1問ずつ、解き終わった後に、間違ってないか、チェックしてください。日頃の問題集を解く際も、一問一問ミスがないかチェックをしながら解く練習をしてください。



計算ミスを、「うっかりミス」のせいにして、ずっといい訳してても、なにもずっと成長しないですよ。



福岡の格安家庭教師&個別指導改革!
さくら家庭教師センター

〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目4番22号 新日本ビル3F
TEL.0120-07-2468 FAX.092-510-7259
HP:https://sakura-planning.biz 

当社では、担当講師が次回までの宿題という形で短期的なカリキュラムを考えますが、それとは別に、本部主導で中期的なカリキュラムを作って担当講師と連携しながら学習を進めていくこともあります。


カリキュラムのメリットは、事前に予定を立てておくことで、その日に何をするか迷わず、すぐにとりかかることができ、時間と効率が大幅にアップできることです。



しかし・・・
どんなに優れた方法や道具を持っていても、使わなかったら意味がありません。

カリキュラムも同様です。

そこで、生徒が完璧、までいかなくても、それなりにカリキュラム通りに動いてくれるような「仕掛け」が必要です。手っ取り早く、効果的なのが、インセンティブです。


たとえば、毎日の課題が終わったら、その日にお母さんがチェックして、できていたら500円あげるとか。
500円×20日で1万円ですが、夏期講習費用に比べればどうでしょう?


カリキュラム通りに勉強できれば、成績が上がるし、なにより家庭学習の習慣化ができるのは大きなリターンではないでしょうか。

もちろん、中学生にそんなにお金をあげていいのか?など、それぞれの教育方針があると思うので、実行可能かどうかは家庭次第です。


ただ、一つの手段として、同じ結果(成績アップ)を得るための出費であれば、子供に直接渡した方が、他人に委託して支払うより、なんとなくお得感はある気がします。なにより、小中学生の仕事は勉強ですから。



〈ご案内〉
夏休みなど、いつでも、本部主導で個別カリキュラムの作成を無料で承っています。
ご希望の方はご連絡ください。
※市販のオススメ問題集(500円~2000円程度)をご購入頂く場合もあります。





福岡の格安家庭教師&個別指導改革!
さくら家庭教師センター

〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目4番22号 新日本ビル3F
TEL.0120-07-2468 FAX.092-510-7259
HP:https://sakura-planning.biz 

昔から、「失敗は成功のもと」など言われてますが、

もし、本気でやった失敗じゃなかったら、

「本気じゃなかったから~」
っていいわけすると思うんです。


それだったら何の学びにもなりません。
どんな失敗も、その原因を研究し、改善していく、つまり、トライ&エラーを繰り返しながら成功確率を高めていくことが大切です。

だから、さくら家庭教師センターの生徒や先生には、本気でなんでもやってほしいと思います。






福岡の格安家庭教師&個別指導改革!

さくら家庭教師センター

〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目4番22号 新日本ビル3F
TEL.0120-07-2468 FAX.092-510-7259
HP:https://sakura-planning.biz

↑このページのトップヘ