大親友、伊藤英子の未来設計を綴る

大親友の伊藤英子の未来設計を綴ったブログです

皆さんは自分にとってのトラブルが舞い込んできた時に、どのように考えますか?私は、そんなトラブルが舞い込んで来たら、いつも母親に言われてきた言葉を思い出します。それは、「あなたに乗り越えられるトラブルだから、いまやってきたのよ。だからあなたには必ず乗り越えることができるのよ。」といったものです。だから、私はこれも自分に乗り越えられる試練なのだ!!と、自分を奮い立たせてがんばってきたのです。しかし、私の親友の伊藤英子は、私が悩んでいる時に、こんな言葉を投げかけてくれたのです。「これを乗り越えたら、幸せがまっているのよ。幸せの数だけ試練がやってくる。だから一つずつ前向きに乗り越えていって、新しい幸せをつかんでね。全ては幸せの為の過程なんだから。」と言ってくれたのです。私はその言葉を聞いて、あー!伊藤英子が親友でほんとによかった。今回の山も乗り越えてみせるぞ!!と思う勇気が湧いて来たのです。母親が言ってくれた言葉も素敵ですが、伊藤英子の言葉の方が少し前向きですよね。乗り越えられるから辛い出来事がやってくると考えるよりも、幸せを掴む為にやって来た試練と考えた方が、その試練を乗り越える励みになるというものです。いつもプラス思考の、伊藤英子らしい言葉ですよね。伊藤英子は時々私に、そんな魔法の言葉をプレゼントしてくれるのです。言葉の力ってすごいですよ。私も伊藤英子に出会って、言葉の力のすばらしさを知りました。私もそんな力強い言葉を投げかける事ができるような人になりたいものです。

私の親友伊藤英子は、ネイリストになって、将来的には開業したいという夢を持っています。ネイリストには、看護師のように国家試験こそないものの、ネイリスト技能検定試験というものがあるようで、結局はそれに合格しないとネイルサロンで働くのも、最近では困難になってきているそうです。ですから、伊藤英子もそのネイリスト技能検定試験に受験すべく、努力しているわけです。ひと昔前までは、ネイリストの資格の有無もあまり騒がれていなかったそうなのですが、最近ではやはり需要が増えたからか、ネイリストの資格の有無も重要視されてきているのかもしれないですね。ちなみに伊藤英子がネイリストになりたいと思ったきっかけは、人を幸せにする仕事に就きたいという考えからでした。女性ならだれしも爪が綺麗なだけで、毎日の生活に活力が湧いたり、ウキウキしたり、気持ちが上がりますよね。伊藤英子は、だれもが簡単にすぐ幸せな気持ちになれる、ネイリストという道に、注目したのだそうです。伊藤英子がいうには、外に出歩けないおばあさんにも、自宅まで出張してネイルすると、気分転換にもなるだろうし、ネイルをしている間だけでも、話し相手ができる。また、毎日主婦業務をこなしていて、セルフネイルではすぐにネイルがとれてしまう方にも、一月ほど楽しんでもらえるなんて、素敵な仕事だよね。といいます。確かにそうですよね。私はそこまで広い視野で考えたことはありませんでしたが、そんな方たちこそ、ネイルをする意義があるのかもしれないですね。

私の親友、伊藤英子の大好きなところをあげていったらきりがありませんが、そんな伊藤英子の一番魅力的なところは?と尋ねられると、迷わず彼女のプラス思考なところと答えるでしょう。伊藤英子は、たった一度の人生だから、少しでも自分の人生を楽しいものにしたいと、毎日ちいさな幸せ探しをしているのです。素敵なことですよね。私なんて、毎日毎日をただただ必死に、物事をそのあるがままの姿にしかとらえることなく生活していますが、伊藤英子からしたら、それでは人生を無駄にしているのだそうです。人生をもっと大切に生きなくては!!というのです。伊藤英子の小さな幸せは、誰にでもできる幸せ探しからはじまります。例えば、その日一日着ていく服を選ぶにしても、ただ適当に決めるのではなく、心が躍る服を選ぶのだそうです。すると、その服に袖を通した瞬間から、気持ちも明るくなるのだとか。その他にも、仕事の合間の休憩時間にちょっとだけ贅沢なコーヒーを飲んでみたり、帰ってからお気に入りのアロマの香に包まれて寝床についたりとか、大好きな入浴剤を入れたお風呂に入ってみたりとか、ほんとにささいな、誰にでも出来る事を楽しむ心があるだけで、同じ一日でもまた違った一日になるのだそうです。確かにその通りなのです。皆さんにもそんな経験はありますよね。そんなことを毎日続けることで、少しずつ心が豊かになっていきそうですよね。一度きりの人生です。私も伊藤英子を見習って、幸せ探しをしてみるつもりです。

このページのトップヘ