或る僧侶との出会い・・・改めてこれからのお寺を考える

DSC_1792

或る暑い夏の日、一人の僧侶が宿坊を訪ねて来られた。

まだ20代の若い僧侶、浄土真宗大谷派(東本願寺)のお寺さんです。

以前に私のブログを見られたことがあるそうで、今度お寺の寺報に載せたい
というご希望でした。

わざわざ名古屋から来られ、いろいろとお話しをお伺いすることができました。

お寺にかける思いはとても深く熱いものを感じました。
若いけど、私自身がとても参考になり、逆に自分自身の未熟さを教えていた
だいたようでした。

やはり今の時代、若手の僧侶の意識は相当に高いなと改めて感じた。
そしてご自身で実践されている所がすごい。

この世代は従来の価値観に左右されないのが本当の魅力ですね。

今の思いを持ち続けておられたら、本当にすごいお寺になるだろうと感じま
した。

必要とされ魅力あるお寺。

見た感じもスポーツマンでたくましい。

宿坊を始めて、僧侶の方が訪ねて来られることは、意外と多いです。

浄土真宗でも、大谷派の方は多く、さらには他宗派の方も視察や相談に来ら
れたり。
でも同じ本願寺派のお寺さんは滅多に来ない、そんなものなんだろうなと思う。

その中で感じることは、一番進んでいると思っていた本願寺派が、実は今は
一番閉鎖的だということです。

全く展開力がなく、自己改革力もない。
従来の価値観をそのまま、誰もそれを変えようとは思っていない。

お寺や僧侶、さらにはそれを取り巻く社会がこれだけ大きく変わっているのに。

このままでは、10年もすればもう取り返しのつかないことになるでしょう。

まあそれはそれか・・・、お寺だって無常なのですから。

今回の出会いで、私自身が一番力をいただいたと感じた。

それもこの宿坊をやっていたからのこと、自分の信じた道を迷わず進もう!


宿坊光澤寺のホームページはこちら!





若桜鉄道途中下車の旅、宿坊にはそんな旅もある。

DSC_1793 (2)

宿坊には何度か来られたことがある。

今回は久しぶりの宿坊でしたが、途中八東駅で下車して「ひとやすみ」さんに
寄って行きますと連絡があった。

八東駅までは宿坊から車で7~8分です。

ゆっくりとした一人旅には、こんなことも楽しみになる。

今日は35℃を超えた猛暑日でした、でもひとやすみさんは、ゆっくりと時間が
過ぎています。

「のんびりとできました」、と仰られていた。

そういえば、この駅中喫茶のひとやすみは、昨年の7月にオープンした。
もう一年以上たったんだな・・・。

時間は過ぎ去って行くもの。

そんな中で、ゆっくりとした時間を過ごす。

八東駅までお迎えに行く。

ついでに記念写真をお撮りした。

店主である野々上さんもご一緒に。

こんな出会いもあり、こんな旅もある。

とても素敵な時間ですね。



宿坊光澤寺のホームページはこちら!





宿坊で過ごす夫婦の休日

IMG_1916

ご夫婦で宿坊にお越しになられました。

休日を二人で、宿坊で過ごすのも、ゆっくりできて良いですね。

お二人とも宿坊は始めてとのこと、ご主人は一度宿坊に泊まってみたいと
思われていたそうです。

普段はあまりお寺にご縁はないそうですが、今回はいろいろ体験をされて
みたいとの希望でした。

体験は写経と心ソリューション、そして瞑想をしっかりと体験していただき
ました。

そして朝は、お勤めで一緒に『阿弥陀経』を読経いたしました。

IMG_1922

最近は、ただ観光地を巡るだけではなく、体験をしてみたいと思われる方も
多くなっていると思います。

これからは旅行のスタイルも変わって行くでしょう。
その中でも、心を整える仏教体験は人気が高いのです。

この宿坊では、作務衣をご用意しています。
作務衣に着替えると宿坊に来たという気持ちになる。

そして体験へと移ります。

一日一組だけなので、周りを気にすることなく過ごせるのも、ゆっくり過ごし
心と身体を整えるのには、ちょうどいい。

DSC_1781

お帰りのときは、とても穏やかな表情をされています。

ご主人は甲南大学にお勤めだそうです。

私の出身校、こんなところにも縁がありました。

今度来られるときは、ご家族が増えているかもしれませんね・・・。


宿坊光澤寺のホームページはこちら!





三回忌の法要を本堂でお勤めしました・・・これからの法事を変えよう!

DSC_1773

今日は午前中に、本堂で三回忌の法要をお勤めしました。

少し前までは、この辺りでは葬儀も法事も自宅ですることが当たり前でした。

それがここ二年~三年くらいの間に、葬儀は会館葬になった。
都会に比べれば遅いのでしょうが、このあたりではそれでも自宅葬が多かった。

法事は今でもご自宅がほとんどです。

でも最近は、本堂で法事をお勤めすることが増えました。

これは高齢化によるものと、後継者がいないということ。
さらには親戚の付き合いも減り、法事に参列される方々も少なくなりました。

車で来られるので、法事の後の食事もお酒は飲めない。
もちろん食事の準備等、家族の負担も大きかったことにもよります。

様々な状況が重なり、社会的な変化もあって急激なスピードで、葬儀や法事、
さらにはお墓まで変化しています。

私は10年前に会社員を辞めてお寺に戻るときから、お寺を取り巻く環境を
見て来ているので、そのことに驚きはない。

ただお寺って社会の変化に気づかない業界だなと、ずっと感じて来ていました。

葬儀や法事はこれからも猛スピードで変わって行くでしょう。

お布施がどうのと言っているのも、今の内だけでしょう。

これからは法事だってスタイルが変わっても良いと思います。

今までの流れを変えてみるのも面白いのではないか・・・。
面白いと言えば不謹慎かも知れないが、今の葬儀や法事のスタイルも、特に
昔からそうだったわけではない。

その提案をお寺側からすればよいのだと思う。

私のお寺は宿坊をやっているので、年忌法要を家族で泊まって法事をする。
ただの法事だけではなく、仏教体験など仏教に触れる機会を作ればよい。

写経をしてみるとか、仏教のことを聞いてみるとか・・・。

一泊二日なら、ゆっくりと法要をお勤めできます。
そのときに墓参りもできれば良い。

つまり納骨もここにできれば良いのです。

お寺に宿坊って、小規模であっても高機能で多機能化できる最大の方法
なのです。

宿泊もでき、日帰り体験もでき、食事もできてお墓参りもできる。
仏教体験も自由にできるし、家族旅行にもなる。

ゲストハウスを造れば、長期間の滞在も可能になります。

仏教に浸るもよし、自分のお墓を考えるも良し。

こんなことができればお寺も楽しい場所になるでしょう。

コンサートやヨガ、様々なワークショップも開催可能です。

そのうちにスタジオも作ればよい。

そうすると、コンサート・法様や葬儀・結婚式もできるし、ワークショップもできる。

これを規模を拡張すれば、逆に魅力がなくなってしまう。

小規模で多機能が魅力的なのです。

必要にして最小限、でも思うことは何でもできる。

そんな場所になれば、山間部の過疎地にあるお寺でも、生き残って行けるで
しょう。

そんな日は意外と近い。

宿坊光澤寺は5年後にはそんなお寺になっています。


宿坊光澤寺のホームページはこちら!








日常との接点を持ちながら、日常を離れる・・・それが宿坊光澤寺です!

DSC_1780 (2)

リフレッシュをするには、日常から離れるのは良いかも知れない。
たとえばリゾート地、南の島とか・・・。

でも心を整えるとか、心を休めるには、日常から離れすぎてはいけない。
なぜなら日常に戻ることが苦しくなるからです。

宿坊光澤寺のポイントは、日常に接点をもちながら日常を離れるということ。

それにはお寺の立地も重要なポイントになる。
ここは何もない山里のお寺、でも実はそれが大切なことなのです。

あまりにも山の中だと、行くこと自体が目的になってしまう。
さらに精神的にも結構負担になる。

でも街の中や中途半端な場所は、逆に日常から離れられない。

境内の中は日常から離れているかもしれないが、その距離感もある。

光澤寺はたとえば鳥取市内から来られても日常から離れたような気分になる。

そんな夏のお盆の過ぎた頃、お休みを利用して静岡から宿坊にお越しになら
れた。

静岡から鳥取は遠い、普段はあまり縁のない場所。
でも来てみると、思ったほどは遠くない。
意外と鳥取県の八頭町は都会からの交通の利便性は高いのです。

ゆっくりと日常を離れるには、ちょうど良い場所なのです。
でも日常からも離れすぎることは無いので、ゆっくりと無理をせずに日常に
戻ることができます。

DSC_1788 (2)

体験は、写経と瞑想、そして心ソリューション。

そして夕食を食べながらいろいろとお話しをする。

どれもが普段ではあまりないことでしょう。

DSC_1792

どの体験も、自由に選べ、自分の時間で決めることができます。
それも周りを一切気にする必要がありません。

それはとてもリラックスできるのと、精神的に負荷が少ない。

さらには周りの何もない山里の風景が心と身体を癒す。

部屋にはエアコンや扇風機はあるけど、自然の空気感を存分に味わえるのも
いい。

旅館やホテルだと空調がきつかったり、圧迫感があったりするから。

だからここに来られた人は、田舎の実家に帰ったような感じとか、親戚の
おばあちゃんの家や友だちの家にに来たみたいに感じられるのだろう。

懐かしさの中で、でもそれのどれとも違うとも感じる場所。

そういえば、静岡からこの宿坊に来られたのは初めてです。
これでこの宿坊に来られたのは、40都道府県になりました。

あと7県がまだだな・・・。

いつの日か、すべての都道府県から宿坊に来られるときがあるでしょう。
まあそれまでは宿坊を続けて行こうかな、などと思ったりしています。

おそらく僕がやっている間には達成できそうにないな。

DSC_1792 (2)

やっぱり宿坊をやることって、僕自身の趣味なのだと感じる。

ここを訪ねて来てくれる方々とお話しすることが、楽しみなのです。
人と出会うってすごく楽しいこと。

それも今までまったく知らない初対面の人がほとんどです。

今回も、とても楽しい時間を過ごせました。

ありがとうございました。


宿坊光澤寺のホームページはこちら!













つきとおひさま&コンサート&ひょうたんランプ

DSC_1773

昨日、お寺に来客がありました。

なんと同じ八頭町で、かふぇ食堂「つきとおひさま」をやっていらっしゃる小倉
さんです。

10月19日に光澤寺でコンサートを主催される、その打合せに来られました。

お名前とお顔はよく知っておりましたが、ゆっくりとお話しするのは初めて。
話しが逸れたりしながら、いろんなお話しすることができました。

10月19日は、小倉さんが料理をご提供されます。
それも楽しみです。

7月のコンサートもそうでしたが、食事を食べることもでき、夜7時からのスタ
ートになる。
コンサートは珍しいインドの楽器を使ったもの、瞑想とか心を安らげるのに
ちょうど合う感じだそうです。

料金はコンサート代 + 夕食代になります。

10月は夜7時だと周りも暗くなっています。
この日は、ひょうたんランプの青木さんの照明もあるようです。

秋の夜長、夜の本堂で、ひょうたんの照明の中で心を癒すコンサートになる。

つきとおひさまの夕食も食べられる。

DSC_1776 (2)

今から楽しみですね、詳しくはまたご案内できると思います。


宿坊光澤寺のホームページはこちら!



お寺の静かな空間をゆっくりと味わう・・・宿坊日帰り体験

DSC_1779

今日は午前中はまだ雨が残っていた感じでしたが、午後からは一気に夏の
日差しに戻りました。

気温は暑くても、でも季節は完全に秋モードに入っているのが分かります。

そんなお盆明けの日、お一人で日帰り体験に来られた方がいらっしゃいまし
た。

いろいろと思いがおありだった。
知り合いの方にこの宿坊のことを聞かれて来られた様です。

鳥取の近くにこんな場所があるとは知りませんでした・・・。
そう仰られていた。

午前中はまだ雨雲の中、お寺や境内の雰囲気を味わい、何も雑音のない
空間を楽しまれていたようです。

午前中はゆっくりとお話しをしました。

話しを聞きながら、そこに心のことや考え方などを少しづつお話しをして行き
ます。

そうすることで、その方の思いや考え、そしてそれを取り巻く環境などを感じて
行くことができます。

いろんな悩みや苦しみとか悲しみ、そして問題は一つではない。
いろんな視点からそれを見ることによって、話す内容も変わってきます。

私の方からも、いろいろと問いかけもする。
その方が話しを整理しやすかったり、その方の思いを引き出すことができる
からです。

そして自分では気づかないことも多々ある。

そうこうしていると、お昼の時間になりました。
お一人のときは、イタリアン精進料理ではなく、料理はお任せにしていただいて
います。

今日は焼きそばセットでした。

「焼きそばが大好きなので、とても美味しかったです」と言われていた。

そしてコーヒーを飲んだ後は、本堂で体験に入ります。

今日は他に予定がなかったので、時間が大丈夫かどうかを確認してから、体験
に入って行く。

心のことが中心の体験です。

こころソリューションで、心のことをお話ししながら瞑想に入って行く。

心を落ち着ける、そしてストレスを取り除く瞑想を行う。

体験が終わったのは夕方の5時でした。

もちろんまだ陽は高いけど、ゆっくりと時間をかけての体験となりました。

双方の時間が許せば、ゆっくりと体験していただくこともできます。

ときにその心に抱えているものによっては、時間を掛けた方が良いのです。

自分自身の思いをすべて話すことができ、そして心の整理ができる。

人にはときにそんな機会が必要ですね。

お帰りのとき、お見送りをする。

来られたときよりは、明るく吹っ切れたような感じもありました。
またお時間があればお越しいただければ良いですね。

瞑想も何回か時間を掛けてやってみることも大切です。

DSC_1776

お見送りした後、太陽が田園風景にまぶしく光っていました。


宿坊光澤寺のホームページはこちら!





「何もないのがいいですね」・・・、お盆明けの宿坊にて。

DSC_1766

8月15日、お昼過ぎにお盆期間中最後のお参りが終わり、そのあと食事の
膳に着かせていただいた。

いろいろお話しをお伺いしていると、ついお酒を勧められる。
もう今日は後がないのでと、ついつい注がれるままに飲んでると、思いの外
日本酒を飲んでしまったようだ・・・。

夕方にご家族で宿坊に来られる方の準備をする前に、ちょっと寝入ってしま
った様です。

島根を周られてから鳥取のこの宿坊に来られました。
途中は混雑して、ここまで来られるのに苦労されたのかなと思います。
お盆期間中なので、道路は車が多かったでしょう。

ただこの宿坊は、一日一組なのでご家族だけでごゆっくりしていただけます。

夕食をお出しして、お風呂の準備もする。

「お腹いっぱいです」と仰られていました。

お風呂もお客様専用なので、ご家族だけでお入りいただけます。

今朝は、昨日に続き雨が降っていました。

昨日今日の雨は、慈雨でもある。
灼熱だった熱気を冷ましてくれている様に感じる。

DSC_1763 (2)

宿坊を発たれるときは雨も止んで、前に山にはうっすらと霧がかかる。

「ここって何もないんですよ」

「何もないのが良いですね・・・、山も幻想的です」

そして宿坊のことも、「いろんな調度品がいいですね」、と仰られていた。

「初めての宿坊体験です」とも。

昨日、この宿坊に来られるときは、こんなところに来て良いのだろうかと思わ
れたかも知れないな。

宿坊に着いたときにも、何もないし。

でも、宿坊ではゆっくり過ごせたようです。

わざわざこの宿坊を探し出して来てくれます。
本当に有り難いことですね。


宿坊光澤寺のホームページはこちら!









クールダウン

DSC_1755

盆の期間中は本当に暑かった。

一軒周るたびに襦袢が汗で濡れタオルのような状態。

元々汗はかく方ですが、僧侶は重ね着である。
さらに田舎の仏間にはエアコンがなく、部屋の奥なので風も通らない。

そこにローソクと線香を焚けば自ずと熱気がこもる。
そこで読経をするとなると、エネルギーを放出するのでさらにヒートアップ。

私のお寺では棚経はしない、ただ初盆とかお盆参りを依頼された家には
お参りします。

なので棚経の様に一軒5分と言うようなことは無い。

短くても阿弥陀経はお唱えし、初盆では正信偈も一緒にお勤めします。
最低一軒に30分~1時間、そのあいだ正座し読経する。

もちろん汗は吹き出しっぱなしである。

15日になるとお盆参りも一段落、お昼前にお参りが終わると雨になりました。
久しぶりの雨です。

恵みの雨になるといいな・・・。

お参りの後、今日は法事でしたので食事の席に着かせてもらいました。
そこで年配の方にいろいろとお話しをお伺いする。

その方は別のお寺の檀家さんですが、お寺のことを大切にされる方ですので、
お話しはとても参考になるのです。

新しいことを始めようとするときは、年配の方に話しを聞くのが良い。
熱心であり、さらにお寺のことを考えている。
さらには家の周辺の事情もよく分かっておられるのです。

今日、お寺のこれからのことをお話しする機会があった。

「それは良いことだと思う」、そう言われた。

なるほど・・・。

何事も成功する前提などない、でもやらなければ前には進まない。

ついつい進められるがままに日本酒を飲んだ。

おそらく二人で一升は飲んだと思う。

それほど飲んだとは思っていませんでしたが、かなり飲んでいたようです。

お盆の間は車の運転があるので、アルコールは一切口にしませんでした。
食事の席でもお茶だけ。

でも今日は最後のお参りでしたので、ゆっくりと膳に着き話しを楽しむ。

今日の雨の様に、火照った身体と頭をクールダウンさせて、明日から一気
にいろんなことを進めて行かなくてはならない。

6月末からの海外のお墓視察から始まって、今日まで慌ただしく過ぎ去って
行きました。

その間にも東京に二度行き、懸案となっていたことを片付けることができた
り、お墓を見学することもできた。

それらを基に、年末までまた一気に走り抜けようと思う。

ここからはスピードアップ。

その為にちょっと身体と心をクールダウン。

心のクールダウンには瞑想が最高にいい。

さて、人生を走り抜けますか・・・、一度しかない人生だから。

「あのときこうしていれば・・・」っていうのは無しです。



宿坊光澤寺のホームページはこちら!







従兄と姪と甥の3ショット!・・・とは珍しい。

DSC_1759 (2)

夕方、お寺に三人の姿があった。

一人は従兄、そしてその娘さんと息子さん、つまり姪と甥になる。
この三人の3ショットを見るのは、もしかすると20年以上前かも知れない。

とすると二人がまだ小学生くらいだったのかも知れないな。

それぞれがそれぞれの場所で、それぞれに頑張っている。

そして今日の3ショット、そんなのもいいかも知れないなと思った・・・。

三人の穏やかな笑顔がそんな感じに見えた。

今日は、従兄が伯母さんのお骨を預かってお寺に来られたのです。
そこに甥と姪も加わっていた。

普段はそれぞれが遠く離れて暮らしているので、まさか三人が一緒に来る
何て思っていなかった。

予想外の出来事で、ちょっと驚いた。
そして、その三人の表情を見ると、それぞれにいい感じ。

一人暮らしをしていて、施設で亡くなった伯母。
誰もお骨の受け取り手がいなかった。

それを従兄が預かって来てくれて、このお寺に納骨をすることにしたのです。

実家のお墓に入れても良いのだけれど、そのお墓もこの先どうなるか分から
ないから・・・。

人生は思い通りにならない、だけれどこれで伯母も安心して落ち着けるので
はないかと思う。

元気なうちは、ここが自分の終の棲家になるとは思ってもいなかったでしょう。
都会的なオシャレな伯母と言うイメージがあります。

明日は私一人で納骨式をします。

従兄に、一緒にお経を上げましょうか?
と聞くと、いやいいよという。

意外とというか、きっとお寺嫌いなのだ。

まあそんなものかも知れない。

姪に聞くと、「父は自分勝手に生きてるから」と笑いながら言っていたのが印象
的だった。

僕からは、とても真面目なイメージがずっとありました。

もちろん真面目だとは思うけど、子どもたちには自由にさせたいという思いが
あるのでしょう。

だから息子は、今は信州で自分のやりたいことをやっている。

娘も大阪で仕事をしている。

それでいいのだ!

って感じかも知れない。

そう言えば、僕も随分自分勝手に生きてきたのかも知れない。
それは、二男でもありお寺を継ぐことがなかったからかも知れない。

でも今はお寺に戻って、「このお寺どうしようかなあ!」なんて言ってる。

まあ人生なんてそんなもんだ。

思い通りにならないからこそ、意外性もありそれはそれで楽しめるのです。

本当のポジティブシンキングとは、「まあそれはそれ!」って適当に思える
ことでしかない。

世の中でいうポジティブシンキング、あれは本当のポジティブシンキングで
はないのです。

そこは要注意。

だって、世の中はなるようにしかならないのだから・・・。


宿坊光澤寺のホームページはこちら!






親子で体験、宿坊の夏、日本の夏!

DSC_1759

親子三人で宿坊にお越しいただきました。

小学生の二人は、やんちゃ盛りかなあ・・・。
なんて思っていましたが、みんなで写経を体験されると言う。

正座ができるかなとか、筆はちょっと難しいから筆ペンかなと準備をしていた。

すると上の男の子が、「筆で書きたい」と言った。

DSC_1763

約1時間半の間、みんな集中して真剣に写経してくれました。

僕が甘かったと反省、写経も三人とも綺麗に書いてくれました。

結構すごいな・・・。

夕食は、お腹いっぱいになった~と言ってくれました。

夜は、流星を見に行かれましたが、月が明るすぎてあまり見えなかったよう。

次の日は、絵手紙体験をして行かれた。

僕は朝早くから出かけたので、準備をして絵手紙の書き方だけお話しした。

帰ってきたら、坊守が絵手紙すごく楽しんでたみたいと言っていた。
絵も上手かったよと・・・。

才能豊富なお二人だったようです。

お母さんのことをしっかりと見てるんだなと感じました。

希望の瞑想は時間がなくて今回はできませんでしたが、次回に取っておか
れるとのこと。

また次回来られるのをお待ちしています。

やっぱり夏休みは、親子で宿坊体験がおすすめです。


宿坊光澤寺のホームページはこちら!


灼熱の中のお盆参りに想う・・・

DSC_1758

二日ほど前は、暑さも少し緩み、夜は少し肌寒いくらいだった。

それがまた昨日から暑さがさらに強くなってきました。

今日は灼熱の中のお盆参りとなり、日中は35℃を超えていました。
山門の瓦も組の陽射しで照り返しがすごい。

私のお寺はお盆の棚経はしないので、お盆と言っても特別忙しくはない。
この暑さの中、有り難いようでもあり、ちょっと寂しい様でもありといったところ。

ただ、この暑さはさすがに歳を取って来ると厳しくなってくるかもしれないので、
それはそれで良いのかも知れない。

特にお盆は、本来は仏教における行事ではなく、中国の儒教の影響を受けた
仏教行事である。
ただ、先祖を大切にすると言う日本の習慣につながっていることなので、大切
な行事であることに違いはない。

それでも何件かは毎年盆参りをさせていただく家があります。

今日そこにお参りをさせていただいたときのこと。

やはりお寺周辺では、高齢化が進んでいるのと、後継者がいない家が増えて
います。

老々介護になってきていて、そこに認知症も加わってくる。
以前の様に、お盆に備えて準備をする余力もないといった感じでしょうか。

後継者がいないということは、徐々に力が弱まってくる。
それでもどうしようもない・・・。

近所との付き合いもできなくなり、外に出て行く力もなくなる。

厳しい現実に向き合わなくてはいけない。

もちろん私もいづれはそうなるでしょう。

この暑さの中での老々介護は大変さを増してくる。

これからも檀家を、そしてこの地域を支えて行きたい・・・。

その為にはどうするか。

一歩づつでも進んで行かなくてはと感じるのです。


宿坊光澤寺のホームページはこちら!







夏休みは、親子で宿坊を楽しむ!

DSC_1803

夏休み、初めての男二人旅だそうです。

イギリスに単身赴任中のお父さん、夏休みで帰国され、息子さんとお二人で
宿坊にお越しになられました。

普段はあまり話をしないそうですが、お二人でゆっくりと宿坊でお過ごしに
なられました。

体験をご希望でしたので、先ずは写経から。

DSC_1770

お二人ともしっかりと書いて頂きました。
なかなか充実した表情、何事もやり遂げることが大切ですね。

そのあとは、心のお話しと瞑想を体験していただきました。
日常ではできない体験ですね。

時間を掛けましたが、集中してやってくれました。

DSC_1781

集中して心を整える。
いつか今回の経験が役立つといいですね。

夜は一緒に宿題をして、次の日に備えて早目に休まれました。

DSC_1788

夕方と朝のお勤めを一緒にします。
そのときに仏様のお話しもします。

少しだけでも仏様のことを知ってくれたらうれしいですね。

そして、朝食後は瞑想をして、その次は若桜鉄道に乗ってローカル線の旅を
楽しまれます。

それを挟んで、今回は手打ちうどん体験もして行かれました。
息子さんが一生懸命に手打ちうどんを打ち、そして切って行きます。

DSC_1793

お父さん曰く、普段は家では手伝わないのだそうです。
でも結構真剣にうどんを作ってくれました。

本人曰く、とっても楽しい・・・。

いつかお父さんの様に料理上手になるでしょう。

家族旅行には行くけど、息子との二人だけの旅は初めてだとか・・・。

普段は会えない二人、だけど今年の夏はしっかりと思い出に残る夏休みに
なったことと思います。

息子さんも、この二日間で少し成長されたかも知れませんね。

夏休みって、宿坊が面白いですよ。


宿坊光澤寺のホームページはこちら!









礼儀正しく、チームワークが良かった・・・仁徳ヤンガース2016

DSC_1744

日曜日、少年野球大会八頭カップの準決勝の日。

土曜日の試合で1回戦そして2回戦を勝ち進んだと言う。
選手たちは優勝すると言っていた。

食事の手伝いをしてくれて、礼儀正しいチームだなと感じた。
挨拶もしっかりとしてくれていました。

やはり強いチームとこういうことなんだなと、あらためて思った。

朝の出発前のお勤めのとき、話しをしてお経を唱える。
それをケジメとして、ちゃんとこなす。

日曜日の午後、ユニフォーム姿の彼らがお寺に戻ってきた。
結果は準優勝、でも誇らしげでもあった。

私自身も、とても嬉しかった。

決勝では同じ大阪のチームに敗れた。
でも5年生以下のチーム編成で、よく頑張ったと思います。

いつか優勝して欲しいなとは思うけど、やっぱり元気に頑張っている姿が
楽しみでもある。

宿坊では十分なことはできないですが、少しでも役に立てたら良い。
そして八頭カップがこれからもずっと続いて行きますように・・・。

DSC_1742

仁徳ヤンガースの選手、そして監督やコーチ、保護者の皆さん。
本当にご苦労様でした。

DSC_1748

また来年も、このチームを見ることができることを楽しみにしています。

今年の夏も、やはり熱い仁徳ヤンガースの夏だった!


宿坊光澤寺のホームページはこちら!





今年もまた、仁徳ヤンガースの夏です!

夏合宿 (1)

8月の第一週の週末に、八頭町で少年野球大会が毎年開催される。

出場できるチームは16チーム限定の大会。

その大会に、毎年大阪府堺市の少年野球チームの仁徳ヤンガースが参加
しています。

宿坊を始めた年から毎年、宿坊に来ていただいています。
ということは、今年で5回目の夏となるのです。

その年によって、子どもたちの人数は変わりますが、みなさん礼儀正しくて
素直ですね。

金曜日の夕方、今年も元気な姿を見ることができました。

昨晩の夕食はカレーライスとサラダと一口カツ。
今晩は、みんなでバーベキュー大会になります。

仁徳ヤンガースは5年生のチーム、6年になると他の大会に参加するそう。
でも、さすがに大阪のチーム、5年生でも強く、過去には優勝もしたことが
あったそうです。

DSC_1700

昨晩は、今年の猛暑の中でも一番の暑さだった。
夜中も気温が下がらない。

子どもたちは本堂で寝るので、きっと暑かったでしょう。

朝は5時過ぎから声が聞こえていました。
そして先ずは朝食をみんなと一緒に食べる。

そのとき僕は少し怒りました、子どもたちも少し驚いたかもしれません。

朝食の後は、ユニフォームに着替えて、みんなで一緒に仏様に朝のお勤めを
しました。

そのとき少し怒ったことの意味を説明しました。
苦しいとき、緊張したとき、どうしたら良いかというお話しも・・・。

みんな聞いてくれたかどうかは分からないけど、少しでも覚えていて、いつか
そのことを思い出してくれたらいいと思う。

そして、お寺に泊まって良かったと思ってもらえたら、お寺が少しだけ身近に
感じられる様になるかも知れません。

そうだったら良いですね。


宿坊光澤寺のホームページはこちら!







livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ