2011年03月18日

震災から1週間

応援お願いします!!

路上に落ちた屋根瓦











震災から1週間が経ちました。

前回のブログを書いた時は、電気や通信が復旧したばかりで、精
神的ストレスから解放され幾分高揚した気分でしたが、日が経つに
つれ、逆にストレスが溜まってきているのを自覚しています。

ぐしの落ちた屋根











“ぐし”の落ちた我が家の屋根瓦

何よりも気分を暗くさせるのは、日々明らかになっていく膨大な
犠牲者の数と、物資の足りない中で避難所生活を余儀なくされ
ている被災者の姿です。

東北地方太平洋沖地震の余震は今も続いています。

だいぶ落ち着いては来ましたが、これを書いている今も震度4の
大きな揺れがありました。

既にマグニチュード5以上の余震は、発生から6日が経過した17日正
午までで過去最多の247回発生したそうで、このうちマグニチュード6
以上の余震も53回とこれまでの地震を上回っていると言います。

壁の落ちた店舗2











さすがに毎日これだけ頻繁に余震があると、震度4程度の地震に
は慣れて来ましたが、報道では今後また震度6強の余震が来る
可能性もあるということで、余震の度に「またあの揺れが来るの
では?」という不安で、精神的にはキツイです。

壁の落ちた店舗1











また、茨城は危機的状況にある福島原発に近いこともあり、放射
線の恐怖にも晒されています。

現在は福島の人たちが茨城に避難しているような状況ですが、
ここ茨城でも「いざとなったらどこへ逃げよう」なんて会話があちこ
ちで聞かれます。

倒れた大谷石の塀











大谷石の塀はあちこちで倒れていました

そんな目に見えない恐怖だけでなく、リアルに平常時との違いを実
感するのは、飲食店はじめ殆どの施設が閉まっていることです。

休業中のコンビニ











スーパーやコンビニにも食料品が少なく、否応なく「被災地」ということ
を実感させられます。

水の問題もあります。

実は桜川市岩瀬地区ではいまだ水道が復旧していません。

市のHPでは、真壁が「給水制限中」、大和地区が「試験通水中」
ですが、霞ヶ浦から見て一番遠い岩瀬地区は「一部試験通水中」
で、完全復旧の目途は立っていないと言います。

市では1人あたり20リットルの配布を行っていて、毎朝8時の配布時
間前に、長蛇の列が出来ています。

とはいえ、市内には井戸水を引いている家が多く、電気が復旧し
たことで、深刻な状況とまではいっていないようです。

今のところの一番の問題は、やはり報道でも騒がれている「ガソリ
ン不足」でしょうか。

なければ生活できない田舎の人々にとって、ガソリンはまさにライフラ
インと言えます。

ましてや鉄道(JR水戸線)も復旧の目途がまったく立っていないと
言いますから、なおさらです。

政府の発表では、ガソリンの備蓄は十分にあるということなのです
が、風評による混乱で、毎日ガソリンスタンドには長蛇の列が続いて
います。

ガソリンスタンドに並ぶ車の渋滞











両車線ともガソリンスタンドの渋滞

しかし、こちらも、一昨日常磐道水戸IC〜三郷ICが復旧、北関東
道も茨城東IC〜栃木都賀IC間が復旧したそうですから、茨城県
内へのガソリンの輸送も回復するでしょう。

また、JX日鉱日石の鹿島工場が昨日より陸上出荷を開始したと
いう情報も入ってきました。

ガソリン在庫切れの案内











こんな貼り紙が殆どのGSに貼られています

緊急を要する車両が優先となるでしょうから、一般市民に回るの
はその後になりそうですが、一日も早くガソリンの問題が解消され
ることを願います。

いろいろと不便はありますが、まだ震災から1週間ですから、これ
も致し方ないとは思いますし、甚大な被害を受けた地域の方から
すれば、桜川市など恵まれている方でしょう。

どれくらいすれば平常時に戻れるのか、まだまだ時間は掛かりそ
うですが、みんなで力を合わせて乗り越えて行きましょう。

震災に負けるなバナー





from UG

「震災に負けるな!!頑張れ桜川!!」

このコピーは水戸市内で見かけたものでした。

震災で休業を余儀なくされた店の入り口に貼りだしてあったもの
で「震災に負けるな!!がんばれ水戸!!」がオリジナルです。

手書きのメッセージだったんですが、ちょっと感激してしまいました。

みんなで乗り越えようじゃないか…

こんな時だから、メッセージがストレートに心に響いてきます。

家庭画報バナー











◆最後まで読んでくれて本当にありがとうございます!!
◆何卒応援の1クリックをお願いしま〜す!!
                  ↓
      クリックに感謝!!…人気blogランキングへ

   サクラサク里プロジェクト
この記事へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sakurasakusato/51742699
この記事へのトラックバック
被災でジュエリーマーノのブログを自粛しておりましたが、皆様よりたくさんの励ましのお言葉を頂き深く感謝申し上げます。桜川市には山桜の保護をする素敵なボランティアグループ「サクラサク里プロジェクト」があります。その代表であるUGさんの熱きメッセージを発見しまし
がんばれ茨城 がんばれ桜川キャンペーン【ジュエリーマーノ☆茨城のオーダージュエリー・ブライダルジュエリー・ジュエリーリフォーム専門店】at 2011年03月27日 10:05
この記事へのコメント
>>かんくん

メッセージのご紹介ありがとうございます。

今年の桜が「残念」ではなく、我らの希望のシンボルとして
綺麗に咲いてくれることを祈りましょう。

桜が咲けば、きっと我らも元気になれるんじゃないかな?

Posted by 代表ug at 2011年03月28日 23:31
御世話様です。
サクラ今回残念だったです。

復興と山桜
近からず遠からず〜ん〜

復興のイベントとして何かできると良いんですが、、、、

Posted by かんくん at 2011年03月27日 10:09
>>ひまわりさん

コメントありがとうございます。

桜川市を好きになっていただけて嬉しく思います。

ひまわりさんのお宅は比較的被害も少なかったようで何よりです。

私はスーパーに買い物に行くことが殆どないもので、長蛇の列で
レジに並ぶ姿を見ていませんが、お話を聞いて安心しました。

また、石油ストーブやラジオを貸してくださるご近所の方がいると
聞いて、こちらまで心が温まりました。

桜川市でも、最近は都会化というんでしょうか、互いに干渉しな
い…というと聞こえは良いですが、ご近所であっても挨拶もなく、
というような話も耳にします。

ひまわりさんの人柄あってでしょうが、助け合えるご近所付き合い
があるというのは素晴らしいですね。

どうぞ、これからも、いや、更に桜川市を好きになっていだけるよ
うお祈りいたします。

ありがとうございました。
Posted by 代表ug at 2011年03月23日 00:40
5
はじめまして。
私は、真壁町に住んでます。
近所の家は屋根や塀が崩れたりしている家があります。
私の家は幸いなことに、多少歪んだかも?しれませんが、大丈夫でした。そしてうちも井戸、プロパンなので恵まれた状況で生活できています。

停電の時、「うちにある暖房器具が使えない」とお隣さんに話したら、「寒いでしょう」と、電池式の石油ストーブやラジオを貸してくださいました。

とても、心があたたかくなってホットしました。

地震直後の長蛇の列のコンビニでも、みんな穏やかで助け合って、レジに並んでました。
スーパーが営業再開したときも、品数は少ないものの、買いだめで連日人が殺到しているような感じではありませんでした。

実は引っ越してきてそんなに経ってないのですが、町の人の人柄の良さや、温かさにふれて、さらにこの町が好きになりました。

原発、とてもとても心配です。今は良い方へ向かうことを祈ることしかできません。

そして何より、今は、一日も早く、過酷な状況に耐えて頑張っている方たちの生活が少しでも快適に過ごせるようになることを願っています。
Posted by ひまわり at 2011年03月22日 17:05