2017年04月17日

2017年4月17日(月)の開花状況

banner_2014_kaikajyouhou

banner_blogkaika_takamine420px

高峯では頂上「平沢高峯展望台」周辺の第一陣の山桜が最高の見頃となっています。
麓からも「全山開花」の様子がご覧いただけます。
里山はこの第一陣の桜が散った後の遅咲きの桜が咲く頃も見頃です。

20170417tak_tenbou
高峯では頂上付近「平沢高峯展望台」周辺が満開です。

20170417tak_punder
頂上付近「平沢高峯展望台」駐車場周辺も第一陣の山桜が見頃です。

20170417tak_rindo
「平沢林道」周辺もほとんどの山桜が開花しています。

20170417tak_zpoint
「平沢高峯展望台」より100mほど下の林道沿いも絶景ポイントです。

20170417tak_1st
中腹「第一展望台」周辺では第一陣の桜が散り始めました。

20170417tak_amamaki
高峯と峯続きの「雨巻山」も開花してきました。雨巻山はこの山桜が散り、遅咲きの霞桜が咲く頃が絶景です。

20170417tak_under

麓の平沢地区からも全山で開花が始まっているのがわかります。

高峯の「林道平沢線」は開花期間中自動車通行止めとなりますのでご注意ください。(通行許可車両のみ通行可)
本年より桜川警察署の指導により、処罰の対象となりましたので、麓の無料駐車をご利用くださいますようお願い申し上げます。


kaika_jinjya_banner

境内の山桜も散り始めるものが出てきました。
『糸桜』は散り始めましたがまだ見られます。天然記念物種では『初重桜』『源氏桜』『桜川匂』『白雲桜』が散り始め、『薄毛桜』が満開、『樺匂桜』が三分咲きです。
神社周辺の山桜はほとんどが開花し、満開〜散り始めとなっています。

20170417jinjya_ito
枝垂れ桜の『糸桜』は室町期の世阿弥作謡曲「桜川」に謡われた桜として有名です。

20170417jinjya_itoup
やや花は少なくなりましたが、『糸桜』はまだまだ見られます。

20170417jinjya_j
拝殿連日の陽気で右手の『源氏桜』『薄毛桜』が散り始めました。

20170417jinjya_ichiyou
境内にある八重桜の「一葉」が三分咲きとなっています。隣の山桜も三分咲き。

20170417jinjya_under
『糸桜』周辺のお花見ポイントも新芽が目立ってきましたが、まだ満開の桜がご覧いただけます。

kaika_tennen_banner

2017jten_usuke
本来山桜にはないはずの毛が萼や花柄にある天然記念物『薄毛桜』(鳥居左手)が満開です。

20170417jten_genji
拝殿右手にある『源氏桜』(奥)と『薄毛桜』が散り始めました。

20170417jten_nioi
花に芳香のある『桜川匂』も見納めとなりそうです。

20170417jten_kabanioi
樺色の芽(葉芽)と花に芳香のある『樺匂桜』が三分咲きです。

20170417jten_ao
山桜よりも遅咲きとなる霞桜系の天然記念物種『青桜』が開花しました。

11shu500px


kouen_kaiak_banner
公園内の山桜はほとんどが開花し、散り始めるものが多くなってきましたが、園内には様々な園芸品種の桜もあり、満開のものが数多く見られます。

20170417kouen_upper
ほとんどの山桜が開花し、散り始めるものも出てきましたが満開のものも多く見られ見頃となっています。

20170417kouen_tenhi
国指定天然記念物「桜川のサクラ」記念碑周辺も山桜の新芽(葉芽)の色が目立ってきました。

20170417kouen_middle
園内のほとんどの山桜が満開から散り始めとなっています。(園内「石のステージ」周辺)

20170417kouen_center
園内名勝指定地周辺(山桜ゾーン)も色とりどりの芽(葉芽)の色が見られるようになってきました。

20170417kouen_pin
園内の殆どの山桜が満開から散り始めとなっています。(公園駐車場入口)


「桜川のサクラ」についてや桜まつり、シャトルバスの運行等については『桜川のサクラ公式HP』をご覧ください。
この記事へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sakurasakusato/52043285