さくら進学塾のブログ

船橋駅北口前にある、公立上位校を目指す中3生のための塾です
塾で学び、家で訓練する、「両輪学習」をモットーに、高校入学後も困らない学習習慣の確立を目指しています

さくら通信 2017年6月号

「さくら進学塾の日常の紹介」と「塾生および保護者への連絡」のためのブログです
外部の方には「さくら進学塾ホームページ」で塾の紹介や生徒募集のお知らせをしています
「入塾を考えている」「塾の詳細を知りたい」という方は
>>ホームページをご覧下さい

さくら進学塾 保護者の皆さん
こんにちは、さくら進学塾の鳥羽です

最高気温が20度を超える日が多くなってきました
塾でも授業中に冷房をかける日が増えています
薄着や寝冷えなどでカゼをひいたりしないよう気をつけてください

さくら通信6月号をお届けいたします

授業の近況
数学は間もなく確率の演習が終わり、2次方程式に入ります
英語は現在完了に入りました、不定詞、動名詞と重要単元が続きます
理科は生物分野(遺伝)に入っています
社会は国会、内閣、裁判所と政治の中心的内容に入っていきます

6月の予定
 4日(日) 県立Vもぎ(第1回)
18日(日) 高校入試説明会
25日(日) 外部向け高校入試説明会(18日に出席できない方)

6月分の授業料(総合27,050円、数学10,380円)は5月31日までに振り込みをお願いいたします


6月18日(日)15時より、塾生の保護者を対象に高校入試説明会を行います
6月11日(日)までに、出欠席の予定など、以下の3点についてメールでお知らせください

1.出席、欠席のご予定
2.出席の場合・・・参加予定人数(2名まで参加できますが、1人分のスペースにイス2つとなります)
  欠席の場合・・・外部向け説明会参加の希望、または、面談の希望
3.入試について疑問点や質問などがありましたらお書きください

夏期講習の詳細は6月上旬ごろにお伝えいたします
昨年と日程・時間帯に大きな変更はない予定です(Vもぎの関係で8月下旬に1日だけ動きます)
帰省やご旅行などの計画は昨年の案内がブログに残っていますので参考になさってください

中学校では修学旅行、定期考査、部活の大会など、忙しい時期に入っていると思います
体力的にも時間的にも厳しくなってくる時期です
気になる様子などが見られましたら、お早めにご相談ください

よろしくお願いいたします

高校入試説明会のお知らせ

さくら進学塾、保護者の皆さん
こんにちは、さくら進学塾の鳥羽です

6月18日(日)に保護者の方を対象に高校入試説明会を実施いたします
例年、5月下旬ごろに県から公立入試の平均点や正答率などが発表されます
そのデータもふまえて、県内公立・私立入試の状況や入試制度について解説いたします

この頃には1回目のVもぎの結果が出ていますので、成績表の見方や活用法についても説明いたします
合わせて、入試までのさくら進学塾での指導についてもお伝えいたします

『さくら進学塾 高校入試説明会』
日時 6月18日(日)15時より(開場は14時45分です)
    120分程度の予定ですが、多少伸びるかもしれません
場所 さくら進学塾

参加費は不要です(さくら進学塾の説明会や個別面談はすべて無料です)

この説明会はさくら進学塾の保護者のみが対象です、外部の方の参加はできません
(生徒の参加もできません、生徒には授業を通じて伝えていきます)

当日、ご都合がつかない場合は
6月25日(日)15時より実施する、外部向け説明会に出席していただくこともできます
その場合は「外部向け説明会に出席を希望」とご連絡ください
(有料の説明会ですが、塾生の保護者は参加費は不要です)

ただし、塾内向け説明会と外部向け説明会の内容は同一ではありません
できるだけ18日の塾内向け説明会にご出席ください

また、個別の進学相談(面談)で対応させていただくこともできます
面談を希望される場合は「面談を希望」とご連絡ください

1週間前の6月11日(日)までに、出欠席の予定など、以下の3点についてメールでお知らせください

1.出席、欠席のご予定
2.出席の場合・・参加予定人数(2名まで参加できますが、1人分のスペースにイス2つとなります)
  欠席の場合・・外部向け説明会参加の希望、または、面談の希望
3.入試について疑問点や質問などがありましたらお書きください

不明な点などがありましたらメールにてお尋ねください

よろしくお願いいたします

さくら通信 2017年5月号

さくら進学塾、保護者の皆さん
こんにちは、さくら進学塾の鳥羽です
さくら通信5月号をお届けいたします

授業の近況
数学はまもなく平方根を終え、2次方程式の前に確率の復習を行います
英語は受動態・現在完了と本格的に中3内容に入っていきます
理科は運動とエネルギーを終え、生命の連続性(遺伝)に入ります
社会は近現代史を終え、公民(政治分野)に入ります

5月の予定
総合クラスでは5月の連休中に1日だけ休みが入ります
5月5日(金)こどもの日 は塾は休みになりますのでご注意ください
総合クラス 5月3日(水)憲法記念日
数学クラス 5月4日(木)みどりの日 は塾は休みではありません

5月の連休は受験の天王山といわれる夏休みの予行演習です
実力アップを図るとともに、受験生意識を高めるチャンスでもあります
塾では各自で計画を作って勉強を進めるよう指示していきますので
ご家庭でも声かけをお願いいたします(ひと言「やってる?」だけで結構です)

5月分の授業料(総合27,050円、数学10,380円)は4月30日までに振り込みをお願いいたします


6月よりVもぎ(模擬試験)が始まります(1回目は6月4日(日)です)
パンフレットが届きしだい授業でご案内いたします

例年5月中旬ごろに、県から公立入試の結果報告(平均点や正答率)が公表されます
これとVもぎの結果を題材に、6月中旬ごろに保護者の方を対象とした高校入試説明会を行います
詳しくは5月下旬ごろまでにご連絡いたします

ほとんどの中学校で5月か6月に修学旅行があると思います
あらかじめ予定を伝えていただければ、事前にフォローの約束などができます
日程がわかりましたら、メモでもメールでも構いませんので塾にもお伝え願います

勉強や受験について質問などがありましたらメールでご相談ください
希望があればいつでも個別面談をさせていただきます

よろしくお願いいたします

当塾の各種検定に対する考え方

さくら進学塾、保護者の皆さん
こんにちは、さくら進学塾の鳥羽です

新学年が始まると、学校などで検定の話題が出てくると思います
そこで、当塾の検定に対する考え方をご家庭にお伝えしておきます

「検定を持っていると入試で有利になるから、なるべく取っておくとよい」という話を聞きます
しかしそれは中位生や下位生の話です
上位校では英検3級程度ではほとんど評価はされません

例えば、県立船橋では「英検2級以上等の記述については評価する」とあります
3級はおろか、高校中級程度である準2級でも評価の対象外です
しかも、同校の選抜・評価方法を読む限り点数化はされないようです(加点はされないということです)
前期は定員を超える合格者を出せないため、ボーダーで並んだ場合の判定材料になると考えられます
(後期ではボーダーで並んだら原則全員合格になるので判定材料の必要はありません)

薬園台の前期選抜では「生徒会活動、特記事項、部活動等を15点満点で評価する」とあります
細かい配点は非公表ですが、生徒会活動、特記事項、部活動を各5点満点と考えると、英検2級なら5点程度はもらえるかもしれません
しかし英検3級では1点もらえるかどうかというレベルでしょう

市立千葉も15点満点で評価されますが、県立千葉、東葛飾、千葉東、佐倉では具体的な記述はありません

本来、検定は特殊技能を持っていることを証明するためのものです
英検3級は中学卒業程度なので特殊な技能とはいえません、上位校で評価されないのも当然です
だからといって準2級や2級を目指して頑張るのも考えものです
時間と労力をかけて検定を取っても、上のように数点程度しか評価されない可能性が高いからです
(普通の中学生が片手間に勉強した程度では英検2級はまず合格できません)

帰国子女で英語はペラペラであるとか、小さな頃から英語教室に通っていて高校レベルまで学習済みであるなど、少し勉強するだけで英検2級を取れるなら取るべきでしょう
しかしそういう技能を持っていないのなら、検定ではなく学力試験で勝負すればよいのです
学力試験には500点も配点があるのですから

千葉県の公立入試では計算問題が1問5点で30点、漢字読み書きが1問2点で18点出題されます
頑張って検定に合格しても、訓練不足で計算ミスをしたり、漢字を間違えたりしては意味がありません
検定を持っていることよりも、計算練習や漢字練習のほうがずっと合格に寄与します

高校受験において合否の決め手になるのはあくまでも学力試験の成績です
検定は部活動や生徒会活動などと同程度の評価で「ほとんどプラスにはならない」と考えておくべきです

ただし、合格を目指して検定の勉強をすることは勉強に対する意識を高める効果があります
頑張って勉強して合格を手にすれば、受験でも合格を勝ち取れるように頑張ろうと思えるでしょう
「合否判定でプラスになる」という考えではなく、「勉強に対するモチベーションを高める」という考えで検定に挑戦することはよいことです

受験生だからといって受験勉強だけをやっていればよいわけではありません
受験勉強と平行して部活動や生徒会活動、検定試験など様々なことに挑戦していくことは、タフな精神力を育てるでしょう

検定に取り組む際に、塾からお願いしたいことが2点だけあります

ひとつは、検定の勉強をしている期間も受験勉強(塾の勉強)は今まで通り行うこと
「検定は取ったが入試の実力は下がった」では本末転倒です

もうひとつは、検定に取り組むのは夏休みまでにすること
秋以降は入試問題演習(Tel帳)や過去問が入ってくるので、検定の勉強などしている暇はありません
検定に取り組むのなら夏休みまで(英検なら第1回まで)にしてください

以上のことを守ってくれれば、検定に挑戦することは大歓迎です
本人がその気ならば、ぜひ頑張らせてください

よろしくお願いいたします

さくら通信 2017年4月号

さくら進学塾、保護者の皆さん
こんにちは、さくら進学塾の鳥羽です
今年度最初の『さくら通信4月号』をお届けします

授業の近況
数学は展開から因数分解へと進むところです、春期講習後半には平方根に入ります
しばらく計算の授業が続きますので、しっかり練習を指示していきます
英語は品詞の確認を復習を兼ねて行っています
理科は運動とエネルギーから始めています、理解しにくい単元なのでていねいに進めていきます
社会は日清・日露戦争以降の近現代史からスタートしています

3月下旬から4月の予定
3月20日(月)春分の日は塾は休みではありません

春期講習前の通常授業は3月24日(金)までです
3月26日(日)~4月7日(金)は春期講習期間となり通常の授業はありません
春期講習明けの通常授業は4月10日(月)からです

4月分の授業料(総合27,050円、数学10,380円)は3月31日までに振り込みをお願いいたします

春期講習について
春期講習は3月26日(日)~4月7日(金)の期間に行います
クラスによって授業日が異なりますのでご注意ください

総合クラス
日程 3月26~28日、31日~4月2日、5日~7日の9日間
時間 18時30分~21時35分(27日、1日、6日は21時30分まで)
授業 26日、28日、31日、2日、5日、7日は数学2時間、英語1時間
    27日、1日、6日は英語・理科・社会を1時間ずつ
授業料 27,700円(税込)

数学クラス
日程 3月26、28日、31日、4月2日、5日、7日の6日間
時間 18時30分~20時30分
授業 数学2時間
授業料 12,300円(税込)

数学クラスの生徒が総合クラスの春期講習を受講することもできます
希望される方はその旨ご連絡ください

春期講習は年間カリキュラムの一部のため、申し込みの必要はありません
ご都合などで受講できない場合は講習分の内容が抜けることになりますので、お早めにご相談ください

春期講習の授業料は3月25日(講習開始前日)までに振り込みをお願いいたします
4月分授業料と合わせての入金でもかまいませんが、その場合も3月25日までにお願いいたします

塾では10月~11月頃まで中学内容の先取りがずっと続きます
今習っていることをしっかりマスターすることが最良の受験勉強になります、頑張ってください

勉強や受験についてご質問などございましたら、いつでもメールをいただければと思います

よろしくお願いいたします
お問い合わせ
お問い合わせは
さくら進学塾ホームページから
お願いいたします

〒273-0005
船橋市本町7-5-2
船栄ビル401

さくら進学塾