北本 さくら歯科 岡田 全くの事実無根の威力業務妨害脅迫殺害予告はおやめください

2014年9月から100万回以上の威力業務妨害脅迫殺害予告を受け続けております アメーバブログでは度々消されるのでこちらに移動しております 歯科の儲からない事実を書いて誰が都合が悪いんでしょうか?

青山学院大学四年生の松尾昌和の再犯脅迫による前科 と 告訴状に対する鴻巣署の吉田警察官の虚偽の捜査

IMG_20180128
おそらく数十万回の威力業務妨害や脅迫を繰り返している 青山学院大学生 松尾昌和ですが、前回の起訴猶予処分からわずか四ヶ月ほどで、また脅迫により逮捕され、今年1月に私に対する脅迫で略式起訴され前科がつきました。

この松尾昌和ですが、どうやら福岡市の要職につく両親を持ち、福岡市の両親の自宅のbbiqからも度々私に対する脅迫を繰り返していました。

これはbbiqからの発信者開示通知書が福岡の松尾の実家に届いたためそれがわかったのですが根拠となる書類もあります。
ご両親は福岡の住所を特定されると非常に困るため、わざわざ最近になって松尾昌和の住民票を川崎市の学生マンションナジックに移してきたようです。

しかし松尾は近々ナジックを出るようになるため、その後の松尾の所在が不明になる可能性が高い事やそれとこちらで刑事告訴するために、発信元となる住所の開示をする予定です。


次に鴻巣署の不正についてです
上記に書いてありますように、松尾がbbiqという九州のプロバイダーから書かれた殺害予告や事実無根の威力業務妨害について、


昨年の8月に鴻巣署に二回目の逮捕をされた松尾に対して

昨年の10月
に私の方から、それ以外の余罪について鴻巣署の生活安全課吉田氏に告訴状を提出しております。
その当時取り調べは継続されておりますが、鴻巣署は再犯を繰り返している松尾に対して、鴻巣署はすぐに終わらせようとし、その逮捕後について松尾は犯行を認めております。


そして私の方から殺害予告などを告訴しましたが
昨年の11月に鴻巣署の吉田氏によるとbbiqからの発信情報についてはすべてサーバーから消えているとの回答を何度も頂いておりますが事実は異なります。



明らかな虚偽の捜査が疑われるためこちらで発信者情報開示要請を私が行ったところbbiqという九州のプロバイダーから松尾の実家に対してその殺害予告や威力業務妨害の書き込みの発信者情報開示が行っており、つまりサーバーにも残っていたとのことが今年の1月に判明しました。

つまり鴻巣署の吉田氏は、
松尾が逮捕され取り調べ捜査中にも関わらず、告訴状に書かれていた脅迫や威力業務妨害嫌疑について、虚偽の捜査をし、虚偽の回答をしたということです。
bbiqに電話確認したところ警察の要請であれば直ぐ応じるとの回答を得ています。

その犯人の余罪に対する吉田警察官の虚偽の捜査報告がこちら

https://youtu.be/IL_zoUxgsGw


鴻巣署の捜査はこれ以外にも嘘だらけのため、やむを得ずこちらで通話録音に踏切った経緯があります。
なんでこんなわかり切った虚偽の捜査をぺらぺらと報告してくるのでしょうかね。理解に苦しみます。

以前から鴻巣署の不自然な嫌疑事実の削減。二年前は類似したドコモからの9件の殺害予告を犯行事実一件に削減されたり、今回もそうですが、同時にドコモを開示すればいいものを、なぜか一件。協力的なbbiqに対してなぜか問い合わせたがなかったなどと嘘を言う。

一般的に考えて、捜査をしてないのに、わざわざ捜査をした、そしてサーバーからなかったなどと言いませんよね。
こちらから捜査についての回答を特に要望もしていなかったですし。

とにかく、わざわざ取調中にもかかわらず、わざわざ告訴状に対して、虚偽の捜査報告を被害者にするのは、意図があって以外はありえません。
そして結局虚偽の捜査の元で検察の結果が出ました。

それ以前に犯人の捜査中に余罪に対する犯罪告訴を見逃して、被害者に対してわざわざ虚偽の捜査をする

これは大問題だと思いますが。

その後、松尾を許してやってくれと言ったり、これ以上私の件の捜査をしないというのは、まだ犯行を繰り返している犯人の擁護と捜査の不手際を隠蔽するために他ありません。

つまり犯罪者である松尾やそれ以外に対して何らかの力が働いてると考える以外はないです。隠匿して虚偽の捜査が行われています。

埼玉県警全体も私の捜査をこれ以上、松尾を保護するためか内情を隠匿するために拒否してきております。

以前から私は鴻巣署の吉田氏を含め、埼玉県警全体の不正についてこちらにも書いております。
現在報道機関すら鴻巣署の操作によって抑えられています。

その時の吉田氏の電話での回答はこちら




これで果たして鴻巣署は大丈夫でしょうか?
被害者であるこちらが心配になります。
さらに県警相談センターや公安委員会の不自然な回答についてもアップロードする予定です。

松尾昌和の二回目の逮捕

現在、今年1月2月の威力業務妨害や脅迫について、警察が開示した3つの書き込みについて、松尾昌和がすべて警察に自供し、自分の書き込みと認め、検察の結果待ちとなってます。
これで松尾は2015年4月5月に殺害予告で脅迫で送検
2016年10月に起訴猶予(不起訴だが殺害予告は認めたということ)
2017年1月2月に二度目の脅迫をし
2017年8月に逮捕
現在検察の結果待ちです。

言われているような私の落ち度や犯行は全くありません。すべて事実無根のことが書かれています。根拠があるなら出してみれば良いと思います。それと匿名掲示板で書かれている内容を本当のこととする根拠は何でしょうか。あそこはなんの信憑性もない遊びの掲示板ですよ。


しかし、すべて松尾が認めているにも関わらず、鴻巣警察署の生活安全課の吉田氏が検察に送ったものは、3このうちたったの二個。
松尾昌和が前回の犯罪からすぐに再犯をしているにも関わらず、二個のみ送検し、さらに私に対して、逮捕後のまず第一声が、松尾はまだ若いから許してやってくれないかなあ、です。

その逮捕後にまた10月にグーグルマップ上に威力業務妨害の書き込みをしたのを松尾は認めており、新たに告訴状を鴻巣警察署に持っていきましたが、送検後であるにも関わらず、別件ともせず、さらにそれについて捜査すらしません。二度脅迫して二度逮捕して、その後まだやっていると犯人が言ってるのに捜査すらしないで拒否される。なぜ三度目の捜査はしないかというと松尾を保護するためでしょう。なぜ保護しなきゃならないか、買収か警察の落ち度を隠すためかどちらかしかないですね。


そりゃ続発するネット上の脅迫が止まるわけがありません、警察が何もしませんし、何度やっても犯人は許されるわけですから。公表すらしない。特に埼玉県警限定のことだと思います。




前回の松尾逮捕についての証拠はこれ。

[画像:85ac43cd-s.jpg]


埼玉県警が、同じドコモからの同一機種の七回の殺害予告のIPアドレスを割り出したにもかかわらず、そのうち一件のみしか検察に送らなかったため、七回の殺害予告脅迫をやったのは認めたが一件のみしか被疑事実として送らなかったため、起訴猶予となっております。


いくらでもネット上の書き込みは鴻巣署及び埼玉県警ではお咎めなしの状態です。
さらにこの鴻巣警察署の生活安全課吉田氏は私の被害者調書を私の同意のサインがないまま改ざんし、検察に送っております。しょうがないので私が直接検察と連絡をとりやり直しさせなきゃならないほど。

何を吉田氏は焦ってやっているんでしょうかね。

さらに加害者の松尾について書くのは、プライバシー侵害に当たるだとか、虚偽申告罪にあたるブログを全部消しなさいと執拗に言われたりその他いろいろとこちらを犯罪者扱いして逆に脅迫する始末。

さらに驚くのは、加害者の松尾を責めるどころか、県警あげて、私の件について、全く捜査をしないことを明言しております。


その際の通話内容はこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=PsDIjT2ZkUc

外にも通話録音はいろいろとありますが、まあどれも隠蔽に必死です。

この内容にも言われていますが、私の件は時間がかかっているため対応しないと言っておりますが、それは被害者にいうことではなく、つかまっている犯人である松尾にいうことですが、なぜか、私に黙らせて事件は終わりにしたいようです。
あまりの不手際ぶりに検察にいろいろと再捜査を指示されていますが、再捜査も鴻巣署が行いほぼ吉田氏で行うためいくらでも操作できます。

とてもじゃないですがまともな電話応対すれできていない
警察が何か隠蔽する際には簡単にできます。
不手際の発覚をおそれて、松尾を逮捕発表すらしないというより買収の可能性も極めて高いと思います。

実際に告訴状を持っていっても捜査すらしません。
その後も脅迫されておりますが、拒否されている鴻巣署の生活安全課をすべて通すため全く窓口がありません


松尾は前回二年前にも殺害予告を七回しておりますが、そのうち検察に送ったものは、一件のみ。
その松尾が犯行をし処分された根拠です。



さらに松尾が処分されたあと、警察が言うには松尾はもう絶対やってないと何度もなぜか言っておりました。
今回再犯前に、鴻巣署は次はマスコミに逮捕発表すると言ったにもかかわらず、公表せず松尾を許してやってくれないかと言っております。

この三年間に警察が無作為に匿名掲示板にIPアドレスが約40くらいのうち、松尾が書いたものは30個以上。まあ
つまり炎上ではありません。工作です。

度重なる不祥事続きの埼玉県警ですが、こういうところですね。
二年前にも私に対して殺害予告をした名古屋のネットセキュリティ会社をやっている磯野という人物のpc差し押さえなど   なんと、二年後ですよ。
ネットセキュリティつまり工作会社ですね、

幾度となく、埼玉県警を買収した上で威力業務妨害や脅迫の書き込みをしているという内容がありましたが、まずそれで間違いないでしょう。

とにかく警察の対応がとてもまともではなく

いろいろと意図的な不手際ばかりです。
なぜそこまで隠蔽するか考えれば、私の一連の誹謗中傷や殺害予告や脅迫が炎上や全く思い当たるフシもない全く根拠のない身バレと言われるものではなく、意図的な工作であることがわかると思います。
何度も警察に松尾に対するまともな捜査をお願いしておりますが、告訴状すら受理せず、再捜査すら吉田氏がすることを考えると、隠蔽するためまともな捜査は無理でしょう。
それ以外の警察官に頼むのすら拒否されております。




先日電話しました埼玉県北本市さくら歯科医院岡田英治です。
今回3年にわたりおそらく組織的に間違いなく前例のない120万回にも及ぶ日本最大規模の脅迫が行われ続けております今回の松尾の2回目の事件で警察の捜査の手
抜き不手際及び担当の吉田警察官の捜査や対応がひどすぎます。おそらく感情的な手抜き捜査が行われているはずで 一度検察庁に事情説明にあがってよろし
いでしょうか。警察の捜査に非常に疑問や対応の甘さ、そして警察自身が私に対する情報を非常に偏向し、ねつ
ねつ造している可能性が高く、今回の出さない点で合意していた被害者調書や被害者の私に対する叱責そし
て再三にわたり吉田警察官以外に連絡しようとしても一切吉田警察官以外連絡を取らせないこと、そして再
三にわたる無視など。特に吉田警察官の傲慢ぷりに業を煮やしております。ご存知かと思いますが、松尾の一回目
一回目の事件は2015年5月私に対する七回の殺害予告そして爆破予告が2015年12月に初めての取り調べ、その
その際の取り調べ内容も掲示板にアップしてくるなど大変悪質極まりなくそして2016年10月になぜか起訴
猶予。 今検察にあがっているものが2017年1月2月に脅迫で処分検討が行われております。この1月の松
尾の脅迫に対しても、すぐに前回の処分後に犯行が行われ、警察は一月のドコモからの脅迫を松尾と断定し
たようです。ところが2月に警察が開示した中にも、松尾が使ってる携帯機種やプロバイダーなど松尾と間
違いなく断定できるものもありますが、警察はそれを捜査していないようです。

その際のIPアドレスや機種情報もすぐに出せます。

警察は松尾の犯行の後、なぜか間違いなく松尾はもうやってないといいはっていましたが、ふたを開けてみ
れば、松尾がすぐに犯行を重ねていました。さらに、警察は松尾が最初に処分されたあと鴻巣署生活安全課
課長と石川係長は、次の犯行の際にはマスコミ発表すると言ったにもかかわらず、松尾の2度目の発表後に
そういったものはなく、すぐに逮捕後の拘留も解かれたようです。私は現在全く根拠のない誹謗中傷を110万回殺害予告
万回殺害予告や脅迫や威力業務妨害とともに行われております。
この件で私の娘も脅迫されておりますが、警察は放置。


つづきます

吉田警察官は次からは私の新しい犯行は捜査しない、さらに松尾を許してやってくれなど言ってくる始
末で
被害者感情を全く無視し、あまりに感情的な捜査になっているため捜査から外れてくれるよう要望しても、
全く無視してきております。吉田警察官と連絡しても虚偽の発言が大変多く非常に不信感を抱いておりま
す。
昨日松尾の担当弁護士と面会しましたが、全く反省の色がないどころか、犯歴を隠し来年大学卒業や公務員内定を取
取り就職まですぐとなっております。社会的に公表しないかぎり松尾は最後まで隠し通すつもりでいます
逮捕後もブログ上の松尾の逮捕について消せなどと被害者に対し要求してきたり、全く悔恨の気持ちもない
ようです。今までの殺害予告後も全く連絡もなく、今までのことを50万でかたをつけろ、松尾の個人情報は一切教えられないなど悪質ぶりに歯止めがききません。
さらに同様の殺害予告をした名古屋の磯野というpcネットセキュリティの会社をやっている人物にいたっては、磯野に対して同様5か月後に事情聴取したのち
したのち、そのまま放置。2年後に再度PCを差し押さえたなどバカげた捜査をやっています

警察に対しても再捜査を要望するだけではなく、事件をはっきりマスコミ発表しないと松尾は全く更生するわけがありません。
これ以外も通常考えられる範囲を超えた対応が多々あり、今後アップする予定です。

決定的な私でない根拠

お盆期間で暇ができましたので
全く身に覚えがないのですが
私とされる内容をもう一度見てみました。

2014年の9月末から誹謗中傷が始まっておりその数110万回を越えるものと思われますが、匿名下において私と決めつけられた書き込みは一年以上前の2013年の9月からピックアップされているようです。
一年以上前からそんなのを匿名掲示板において特定できるものなのでしょうか。
わざわざ風評被害を出すように、書き込み日時の不自然さを消すため、日時を消してピックアップしているようですが、このやり方を見ても全て根拠のない至る所に転がっている
ものを拾って適当に繋げていることがわかります。
さっぱり理解できません。
さらに匿名下において何故に根拠とされているかが全くわかりません。
全くの嘘ですが
見る人にとって事実かどうかなのかさえ全くわかりません。

何を根拠に事実無根の決めつけをやっているのでしょうか?


今年7月に川崎市にある学生寮ナジック梶が谷に住む大学四年生の松尾昌和が広島福岡と逃亡の末二回目の脅迫罪での逮捕となりました。
前回は7回の殺害予告でなぜか起訴猶予後に三ヶ月後にまた脅迫を数十回行い今年7月に手錠をかけられ逮捕となっております。
この回数から見ても以前私が書いたブログを見ても
当然組織的な犯罪だと思われますが、警察からはまた許してやってくれと言われております。
この理解しかねる状況下でも警察は単独犯だと言っておりますし、警察が犯人擁護するのも理解できない点となります。





ギャラリー
  • 青山学院大学四年生の松尾昌和の再犯脅迫による前科 と 告訴状に対する鴻巣署の吉田警察官の虚偽の捜査
  • 松尾昌和の二回目の逮捕
  • ネット上における歯科医師の年収工作
  • ネット上における歯科医師の年収工作
  • ネット上における歯科医師の年収工作
  • ネット上における歯科医師の年収工作
  • ネット上における歯科医師の年収工作
  • ネット上における歯科医師の年収工作
  • ネット上における歯科医師の年収工作
カテゴリー
  • ライブドアブログ