夢の扉

美少女ゲームの感想やら何やらを緩くやっていこうと思います。そうだろ、有栖。ハピメアに関しては別個で色々感想やら何やらやるつもりです。よろしくお願いします。

whirlpool最新作【初情スプリンクル】。水鏡まみず先生の描く“僕達の理性を壊す乳首”と独特の世界観にホイホイ釣られて体験版をプレイしました。



BNR_sprinkle_L



001


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐続きを読む

5月。えっちげーむやグッズを好き放題買っていて、未だに冷蔵庫を買えていないだなんて…3月頃の僕に言ったら「ありえないでしょ」って笑われると思います。えっちげーむも欲しいけど、冷蔵庫も欲しい。そんな気持ちで今月も買っていきます!

今月は大正義春グラと恋愛ルセットがあるので、最高の月になると思ってます。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐続きを読む

僕は今まで「あーん」をしているカップルってやつを現実で見たことが無い(そもそも僕が夢の住人なのは置いておいて)んですが、どんな感じなんでしょうかね…。

よくモブが主人公と高嶺の花的先輩がカップルになってイチャつきながら「あーん」したりしてるのを学食で目撃して「あああああああ!!!」ってなってるシーンとか見るじゃないですか。あれ個人的には凄く好きだから増えて欲しいんですよね。そんな感じで今回も「あーん」シチュについて考えていこうと思います!


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐続きを読む

学園は“青春の箱庭”。沢山の思い出が詰まった宝箱…ハピメアは作品の性質上、夢の世界が舞台となりますが、透君や有子ちゃん…弥生先輩達との学園生活というのももっと見てみたい気がするんですよね。まあ何が言いたいかって言うとファンディスクが欲しいなぁ……って事なんですけどね。

個人的に透君達が通う「私立翠京学園」について纏めてみました。学園大好きマンとしてはいつかやってみたかった記事。多分加筆するか続きます。
 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 続きを読む

4月…新たな出会いが待ち受ける新学期。青春を謳歌する学生達を見ながら焦燥感と眩しさを感じている系のえっちげーまーです。こうしてね、人は青春への飢えを加速させていって、より学園モノのえっちげーむに手を出すようになるの。自己紹介です(?)。

そんなわけで新年度!も変わらずえっちげーむを楽しんでいきたいと思いまーす! 


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 続きを読む

気付くと最近ご無沙汰だった「あーん」シチュについて。昨年は個人的にアマツツミの恋塚愛ちゃんの「あーん」が最高だったと思っています。今年は一体どんな「あーん」に出会う事が出来るのか!心躍りますね! 


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 続きを読む

意気揚々とハナヒメのVFBを予約し、今更某店舗で表紙絵のクリアファイル等の店舗特典が付く事に気付いてしまった系のおたくです。えぇ…特典付かない店舗で予約しちゃった…もう一冊買えって事ですよね!女王!や、買いますよ!女王の僕なので!


なので女王のおみ足で足コキして頂ける最高のアペンドを下さい!待ってます!女王!!!


ネタバレありです)。 


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 続きを読む

春グラの延期に涙し…そして複数買い月である3月は財布が軽くなるのを見て更に涙し…。涙溢れる月が遂にやってきましたね。春風が僕の涙を吹き飛ばして天高く舞い上がるんだ(?)

複数買いしないにしても魅力的な作品が多い3月。引っ越したばかりで家具を取るかえっちげーむを取るかえっちげーむを取ったので新居にはえっちげーむしか置いてない系のえっちげーまーです。よろしくお願いします!


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐   続きを読む

このページのトップヘ