夢の扉

美少女ゲームの感想やら何やらを緩くやっていこうと思います。そうだろ、有栖。ハピメアに関しては別個で色々感想やら何やらやるつもりです。よろしくお願いします。

Fluoriteさんの「ソーサレス*アライヴ!」の週替わりリツイートキャンペーンをぽちぽちやってたら幸運にも当たりました!

DM来た時「夢か!?」って思ってしまったよな…最高過ぎる。ありがとうございます!ありがとうございます!ありがとうございます!


DmIgYUkUwAACkXV


これです。


CGは勿論ですが、声優さんもかなりつよいので嬉しすぎますね…運命力が高まり過ぎてしまった。どのヒロイン見ても声優さんがかなりつよいからホント…ホント…(最高)!


DSC_0473


あああああああああああああ♥♥♥

最高だ…(SAIKOU)!僕は出来るおたくなので、UVカット加工ありの額縁を買ってきた。これでいつだって部屋に帰れば見る事が出来るんだ。凄まじいよな…。


因みに既に予約してます。まあ僕もね。終わる事なく燻り続けている厨二の心を持ち合わせているので、買う以外の選択肢がないよな…絶対買って最高にブヒとシコと物語キメてやるからな…!

因みに戦う女の子は好きですが、カッコ良くヒロインを助ける主人公も大好物なおたくです。キャラ紹介の時点で秘められた力は無さそうですが、だからこそどう立ち回るのか…そういった部分も非常に楽しみにしています。

Fluoriteさんと花澤さくらさんに圧倒的な感謝を…。最高の色紙をありがとうございました!


先月やっていた宿星のガールフレンドの感想投稿キャンペーンをメールフォームから送ったところ、夕里ちゃんのアクリルスタンドが当たりました!


ありがとう…ありがとうmiraiさん…!


20180730004145


マジで夕里ちゃんは最高なんだよな…。星司くんと恋に落ちていく過程、距離の詰め方…振り回されるのが楽しい。そして一緒に戦いたい、守りたい…そんな様々気持ちが渦巻きつつ共同生活を楽しんでいけたんだ…。ブヒの極みってやつだよ。そうだろ。


DSC_0471


アクリルスタンド。組み立てれば夕里ちゃんに逢える…?僕は星司くんだった…?そうなのか?


DSC_0472


きた!僕の家に夕里ちゃんが来てくれました!

あ~最高かよ!共同生活か?お家デートなのか!?これだよこれ!お迎えしてしまったな。夕里ちゃんは僕達を笑顔にしてくれるスペシャリストかよって感じだ。







僕達の“好き”が詰まり過ぎてるんだよな。もう作中でも言ってましたけど、夕里ちゃんはね。


20180731220612


そうだろ!!


マーヤちゃん編も勿論楽しみです。一作目は夕里ちゃん編なのに、しっかりと他のキャラの魅力的な面も描けてましたし、何よりさ…圧倒的な可愛さでプレイヤーの心を掴みにくるこの感じが最高でした。これだよこれ…僕はこういうのを待ってたんだよな…。
星司くんも夕里ちゃんと共に歩んでいけるように努力を重ねてる主人公で非常に好感が持てました。良くまとまってて本当に良かった。


あと僕ハナヒメ好きなんですけど、女王とすけべ出来るアペンドまだですかね…!?
ずっと待ってます!待って…待ってます!!!!


yoko_4




前回の続きより

~8月27日(月)~

まりも荘で目を覚ます。圧倒的な“夏”を駆け抜けた日々が終わりを迎えようとしていた。その事に目を逸らしつつ、今日も夏の世界へと飛び込む。

今回は女木島の後、高松へと戻りうどんを食べて解散という流れ。
3日間。最初は3日も遊べるとか長いな!とか思ってたけど、始まると光の速さで過ぎていく最高の物語の終わりが見えてきて、段々と気分が萎んでくる。

でもそれではいけないんだ。僕達は、“あの頃の楽しかった夏休み”を辿る日々を過ごしているんだから。だったら、最後まで目いっぱい楽しんで無限の夏を駆け回らなきゃだろ…!って自分に鞭打ってました。そうだろ。


 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐続きを読む


前回の続きから。

宿に戻り、台車とデカ目のクーラーボックスをお借りし、灯台を目指す。山道を夏の日差しが照り付ける中、ひたすら先に進み続ける。まるで、鴎ちゃんルートの“冒険”をしているかのように。心を躍らせ、夏の世界を堪能している…何て物語的なんだろうか。



 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐続きを読む

サマポケオフ二日目。

直島編:1日目前半 1日目後半+2日目朝


まだ僕達の最高の夏は終わらない…。直島から高速船で高松港に戻って来た僕達は、二日目から合流するねずもさんの姿を探す。以前、紫3rdライブと翌日の秋葉巡りで一緒に行動したため、もう全員顔見知りだったんで容易に合流する事が出来ました。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐続きを読む

前回の続きより。

残すはダムと駄菓子屋。そして山神社の三カ所。あれだけ自転車で走り回ったというのに、テンションが振り切れているおたく達はビクともしていなかった。頼もしい奴らだ…。かく言う僕も、サマポケオフのためにスポーツジムに二か月通ったので、体力はまだまだ余っていた。こういうとこですよ。サマポケオフに懸けていた情熱ってやつが垣間見れるとこ。そうだろ?


そんな感じで昼過ぎの直島編②です。



‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐続きを読む

Summer Pocketsをプレイ後、圧倒的な夏休み欲を感じてしまった。だったらオフ会を兼ねて行ってしまおう!となったのが発端です。聖地巡礼要素とオフ会の感想要素が半々という感じなんで、宜しくお願いします。



――子供の頃の夏休みはどうしてあんなにも楽しかったのだろう。作中でもありましたが、子供の頃の夏休みは、それこそ無限でした。何だって出来る気がした日々。そんな記憶も今や遠い彼方。今では夏の入道雲を見てテンションを上げるわけでもなく、「今日は暑いから家にいよう」とか「〇日後からまた仕事だから体力温存しとこ」みたいにセーブして休みを過ごす事が増えました。

それも成長と言われればその通りなのかもしれませんが、子供の頃の夏休みは、常に全力投球。とりあえずやりたい事はやったし、何なら毎日夏の日差しの中を駆け抜けていました。次の日の事も考えず、とにかくヘトヘトになるまで駆け回ってた記憶は皆さんにもあると思います。そんな“最高の夏休み”を追体験しよう…そんな気持ちを胸に僕達は夏の世界への一歩を踏み出しました。

今回のオフ+巡礼はまさに、あの頃の気持ちを取り戻す…というのも一つのテーマだったような気がしますね!


直島1日目(この記事)

直島1日目午後~2日目朝

男木島聖地巡り

男木島灯台編

女木島+夢の終わり


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐続きを読む

最高の夏の余韻に今も囚われ続けています。ふと、電車に乗っている時にOP曲の「アルカテイル」を聴いては一人涙する……まだあの夏休みに心囚われ、永遠に繰り返しています。乗客の方からは「何で急に泣いてんだコイツ…」みたいな目で見られましたが、フフフ…わかるまい、圧倒的な夏休みを過ごした僕の心境が…。早くこの悪夢から僕を救い出してくれ。



ネタバレもポエムも浸りもあります。注意してください。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐続きを読む

このページのトップヘ