夢の扉

美少女ゲームの感想やら何やらを緩くやっていこうと思います。そうだろ、有栖。ハピメアに関しては別個で色々感想やら何やらやるつもりです。よろしくお願いします。

最高の夏の余韻に今も囚われ続けています。ふと、電車に乗っている時にOP曲の「アルカテイル」を聴いては一人涙する……まだあの夏休みに心囚われ、永遠に繰り返しています。乗客の方からは「何で急に泣いてんだコイツ…」みたいな目で見られましたが、フフフ…わかるまい、圧倒的な夏休みを過ごした僕の心境が…。早くこの悪夢から僕を救い出してくれ。



ネタバレもポエムも浸りもあります。注意してください。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐続きを読む

今月も熱い週がやってくる。月末金曜日…いつものように革靴ではなく、歩きやすい靴を鞄に忍ばせる。定時になった瞬間に、残像が出る程の速さでタイムカードを打刻する。その勢いを利用してターンを決め、スタートダッシュをお見舞いして会社を出る「残業」という言葉も何もかも置き去りにして、僕はエロゲショップへと急ぐ。

職場の人間は誰一人として反応出来ない。そう、僕のスピードに…。最早僕とエロゲの前には障害は存在しない。ただただ迎えに行くのみだ。そうだろ?


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐続きを読む

Summer Pockets…正に夏を凝縮したような作品でした。僕達が忘れていた、あの眩いばかりの夏休みを。無邪気な笑顔で友達と走り回っていた、かけがえのない時間を。再び思い起こさせてくれる作品でした。

子供の頃の夏休みは永遠だと思っていたし、何だって出来ると思っていた。そんな“無敵感”と純粋にただただ“楽しかった”という気持ち。それは過去の夏に置いてきてしまったんだ…この作品に出会って、そんな思いに駆られました。夏休みと言えば、「何かしなきゃ」という焦燥感にも似た思いが去来しますよね…それはきっと、それだけ記憶に残る夏休みが色濃かったから。僕達は、再び駆けだせるだろうか。あの夏に……。今年の夏は……。


20180707004832


ネタバレ(結構ある)に加えてひたすら浸ってます(メイン)。ご注意ください。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐続きを読む

月末金曜日は癒しの日。全ての苦労が報われる日なんだ…。
この過酷な労働も何もかも…全てはこの日のためだと言っても過言ではない。そうだろ?

そして今月も僕達は新作へと手を伸ばす。新たな物語を求めて――。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

続きを読む

「シルキーズプラスA5和牛」さんの「バタフライシーカー」。辛抱堪らず体験版したおたくしましたが、幸運にも参加していたツイートキャンペーンで色紙が当たりました!(DMきた時は夢か!?と飛び上がったおたくした)




僕はプレイ前から一貫して天童優衣ちゃん推しだったのですが、このキャンペーンの恐ろしいところは、好きなキャラクターを羽鳥ぴよこ先生が描いてくださるというもの!なんだそれ…僕はもう今年の運気を使い果たしてしまったのでは?と錯覚するレベルの最高さだったので凄まじく嬉しいです!!


DSC_0390


最高か?!?!?!??!?!?!!もちろん最高だ!

とりあえず速攻で額縁屋に行ってUVカット加工された額縁買いました。入れて佐倉ハウスの守り神にします。

最高の作品と色紙をありがとうございます!シルプラさん愛してる(*^ε^*)


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 


因みになんですが、バタフライシーカーはFDが出るそうなんですね。彼女達と遠野くんの“その後”を垣間見る事が出来るっていうのはまた最高なんですが、千歳先輩ルートの普段着の優衣ちゃんとかマジで最高にブヒだったんですよ!千歳先輩もあのおめかしコスでのエッチシーンとイチャラブシーンが欲しかったので期待してます!

優衣ちゃんの足コキ(っ>ω<c)

お風呂えっちヽ(*^ω^*)ノ

「あーん」(´^ω^`)ニチャア…

夢が広がるな!そうだろ!


今月は買うの少ないからね。引っ越しもしたいし、貯金を始めるぞ!……なんて思ってたんですが、気づいたら過去作買ってたり、何故かお金が消えてたりとてんやわんやでした。僕の消えたお金はどこにいったんだ…?(増えたエロゲを見ながら)

そういったわけで、今月も色々買っていきたいと思います。

続きを読む

4月…。紫ライブの余韻に囚われ、最早エロゲの日かおたく達とエロゲについて語る以外に希望を見いだせなくなってしまった。とりあえず来月はGWが弊社にもあるそうなので(本当にあるのだろうか)、新作とじっくりプレイ出来そうな作品を購入してエロゲ充したいと思います。


続きを読む

何度夢見ただろうか…。1stでは家庭の用事で参加を断念。2ndこそは!と意気込むも、当初「休ませてやるよ!」と心強い言葉を言ってくれていた上司から「え?マジで休むの?この繁忙期にか?」と言われ休むことが出来ず涙と怒りで憤怒の退職届を叩き込み……あれからどれ程の時が流れただろうか。

もう参加する事が出来ないのでは…?」「そもそもいつやるんだ…?それまで僕の精神は無事なのか…?」と謎の不安感に襲われ、ようやく!ようやく!“最高の夢”をみんなで堪能する事が出来ました!


 002

最初普通に応募して落選した時は絶望の淵にいましたが、まさかのキャンセル待ちによる繰り上げ当選通知をもらった時は飛び上がりましたね…。落として上げるとか策士かよ!って暴れてました。

ハピメア大好きマンとしては、オルゴールは絶対欲しかったんだ…。そうだろ、有栖…。


当日はもう朝からテンションマックスで空港へ行き、無事東京へ乗り込みました。朝ありえんぐらい風強くて飛行機飛ぶかがめちゃくちゃ心配でしたが杞憂でしたね。もう完全にライブ行く気満々だったので、誰も僕を止める事が出来なかったんだよなあ…。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

こういった美少女ゲーム系のライブに参加するというのは初めてだったため、色々勝手がわからない部分もありましたが、会場であるディファ有明に到着した瞬間のライブに参加出来るという高揚感!そして周りに居るのは全てライブに参加するために集まった紫おたく達……これ皆友達みたいなものでは?って軽く目頭が熱くなりました。

物販を一緒に行ったおたく達と漁りつつ開場を待ち……開場前のアナウンスで気持ちの悪い笑顔を浮かべつつ、朗読劇で声優さんの凄まじい演技に圧倒されつつ笑顔になり…開幕の「アオイトリ」で完全に魂持っていかれましたね…。や、僕は元々アオイトリは大好きだったのですが、ライブで聴くとやっぱり迫力が段違いでもうやばい。サビ前の盛り上がりから、サビで一気に響いてくるこの感じ!未だに思い出すだけで鳥肌が立ってしまって「おいおい何て所に来てしまったんだよ…!」ってありえんぐらいテンション上がってました。



セトリは他のおたくが上げてるだろうし割愛するけど、特にお気に入りだったのは「コトダマ紬ぐ未来」と「未来ノスタルジア」。前者は言うまでもなく、めちゃくちゃ好きな曲なんですよね。もうイントロだけで涙してしまうレベルのやつ。アマツツミをプレイしたおたくなら大体泣くんだよなあ…。

イントロが流れた時点で涙が溢れてきて、前を向いている事が出来ずに天井見てたんですが…視線を舞台に戻すとサイリウム!サイリウムが緑色だったんですよ!!!!(大興奮)まるで蛍の光のようで…膝がガクガクしてきた。興奮と感動で崩れ落ちそうでした。何だよあれ最高かよ…!

そして後者も言うまでもなく大好きな曲過ぎて最後の盛り上がりが異常過ぎた…「ノスタルジア」の部分で泣きながら大絶叫するおたくキメてしまったよな…もうヤバかった。あの興奮は未だに思い出すだけでも震えてくるし、通勤中とかにランダム再生で未来ノスタルジアが流れると気付くとテンション上がってしまうのがヤバい。最高。

生幻想楼閣も凄まじく浸れてテンション上がったし、やっぱり未来図でも泣いてしまったし…Dazzle Pinkやwintry breezeがきてめちゃくちゃ嬉しかったしでもう感無量でした。何か体感的に全然時間が経ってない気がしてたのに気づくと終わってた。何だこれ…僕の時間を返してくれ!って感じだ。


DaLaAh3VAAA4ddl

DaLaDPMU0AAGnae

DaLeYtXUMAYzg0m


こうして夢の世界から弾き出された僕達は…圧倒的な興奮と余韻に浸りながらおたく達と語り合いつつ次の夢へと向かうんだ…。もう最初から最後まで最高にテンションが上がりっぱなしで凄まじかった…ライブの一体感もそうだけど、所々で聞こえてくるハピメアの話とかさ…混ざりたくてしかたなかったよね…(⊃ω⊂)


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

あともう一つ。最高にテンションが上がったのが朗読劇。有栖ちゃんが「誰かいる~?」と語りかけてくる場面ではもう叫んでたよね…有栖!僕はいたぞ!そこにいたんだ!わかってるだろ…!遂に僕と有栖はディファ有明にて出会う事が出来たんだ。最高の時間だね…そうだろ、有栖…。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


今回は4/7がライブ。8日はおたく達と秋葉でエロゲ物色というプランで巡る予定でした。二日間通して宿も一緒に取ったツイのおたくの白花くんと光さんと共に東京に乗り込んで最高の物語を紡ぎました。ライブ後ツイのおたく達と感想を語り合いながら秋葉で焼肉食べて最高のひと時を過ごしました。実際その日ばかりはハピメアの事を延々語るマンになろうと思っていたのですが、やっぱり色んなエロゲの事語っちゃうし最高だったんだよなあ。いくら時間があっても足りないんだ…。

ホテルで紫作品の曲を聴きながらおたく達三人で作品や曲、ライブの感想について朝まで語り合ったのがまた楽しすぎた…4thでもぜひやりてぇ…!


DSC_0368


言いたい事半分も書けてないんですが、このままだと30,000字とか書いちゃいそうなんで一旦止めておきます。ライブ参加したおたくもそうじゃないおたくとも語りたいんだよなあ。まだライブの余韻が続いてるんだ。ライブが終わってからの僕は何をしてたんだ?ってレベルで記憶が飛んでる。夢に…そう、あの夢の舞台にな…そうだろ。


初参加のライブで最高の余韻に浸っております。今年の楽しみが「3rdライブ」だったので、今年はあと何して過ごせばいいんだ…?エロゲの日以外に救いが無いぞ…!って感じなので完全に燃え尽きてます。石川社長も4thについても言及されていましたし、是非とも!是非とも4thも開催して欲しいですね。絶対参加します!!!!!

改めまして、最高の夢の時間を下さった出演者の皆様やスタッフの皆様…そして会場にいた“友達”に圧倒的な感謝をーー。そしてまたあの夢の世界で会える事を期待して生きる糧とします!



このページのトップヘ