さくら日記

お店の事だけでなく、身の回りの事なども書いて行きたいと思います。

2012年09月

赦せない

【磁気商品詐欺:病気の治療効果、体温変化で信じ込ませ】
毎日新聞2012年09月20日

磁気ネックレスの販売を巡る詐欺事件で、愛知県警に逮捕された健康器具販売会社「外山」元社長、外山良夫容疑者(67)らが、磁気商品を試着した顧客に体温の変化を示し「がんにも認知症にも効く」などと、病気の治療効果があるように信じ込ませていたことが捜査関係者への取材で分かった。県警は、同社が高齢者や患者の不安心理につけ込んで売り上げを増やしたとみて実態を調べている。
県警によると、同社は1泊2日の無料温泉宿泊セミナーを月4回ほど開催していた。セミナーでは参加者が 体温を測り、その後にネックレスなどの磁気商品を試着。セミナーが終わると再び体温を測定し、変化を観察したという。同社の一部商品は磁気の作用で血行が良くなる効果があるとされ、厚生労働省から製造承認も得ていたが、外山容疑者らは体温が上昇すると、「体温が上がって血流が良くなれば病気が消える」などと、商品が万病に効くかのように説明していたという。【石山絵歩】


先日も少し触れた事件です。

癌を患っていらっしゃる方、ましてや外科手術が不可能と宣告された方は、藁をも掴む気持ちでいらっしゃると思います。そんな方々の心をもてあそび、挙句にお金を騙し取るなど、もはや人間のやることではありません。

これに限らず、虚偽の情報を流したり宣伝をして販売する悪徳業者は増加の一途をたどっています。商況はますます厳しさを増し今までどおりの商売が通用しない時代にとっくの昔に突入しています。最後の悪あがきとも言える悪質な商売をする業者が田舎町に平然と店を構え、口八丁手八丁で消費者を騙しながら販売をする時代に既になっている事をご存知でしょうか?

最近やたらと『No.1』を多用したチラシやホームページをよく目にします。
今、あなたがご覧になっているDMチラシやホームページに多用されている『No.1』の文字が「根拠のある事実」であるかどうか、その『根拠』を是非ご自分の目でお確かめ下さい。非常に面白い結論が出ます。

「アラ探し」は『いじめっ子』がすることです。
しかし、「根拠探し」は『正義の味方』がすることです。


“怪しい”と思ったら、今すぐ
「日本広告審査機構(JARO)」または
「国民生活センター」まで!
あなたの『正義』が日本を救います!!!さぁ、今こそ立ち上がりましょう!!!

【斎藤一人さんの言葉】
悪口なんていうものはいくらでもある。
人のアラは30でも40でも見つけられるんです。
でも、人のアラなんか、
いくつも、いくつも見つけたって、
人から嫌われるだけです。
友達を失います。
やめてください。
写真: 悪口なんていうものはいくらでもある。
人のアラは30でも40でも見つけられるんです。

でも、人のアラなんか、
いくつも、いくつも見つけたって、
人から嫌われるだけです。

友達を失います。
やめてください。

~ 斎藤一人 ~

近大マグロ

ご存知の方も多いかと思いますが、母校近畿大学の農学部が「クロマグロ」の養殖に世界で始めて成功し、『近大マグロ』として世に出されています。

この夢の様なプロジェクトが成功すれば、安くて安全な美味しいマグロが安定供給されます。

我が家の娘達はマグロの刺身が大好きです。もちろん私も家内もです。
「え~っ!また今日も大トロの刺身なの~っ!」
な~んてセリフが聞かれる日も夢ではないかもしれませんね(笑)。

その近大マグロが試食できるイベントが、母校で開催されるそうです。お近くの方は是非!!!
近畿大学 ニュース&イベント

そして、もう一つ近大関係のお知らせを!
先日紹介した『桃色JAZZ楽団』のみなさんが、明日、神戸で演奏をされます。お近くの方は是非是非お運び下さい!
『SWING JAZZ CRUISE in KOBE』2012.9.30(sun)
会場 カルメニ(バーバーランド内)12:50~13:20
※雨天の場合は会場と出演時間が異なりますのでご注意下さい。

近大マグロ Wikipedia
近大マグロ3
近大マグロ
近大マグロ5近大マグロ6
近大マグロ近大マグロ4

道路は続くよどこまでも!

20数年前、私が運転免許証を取った頃は、カーナビはおろか、スレテオがついている事さえ高級だった時代には、ドライブに出かけるときの必需品と言えば「道路地図」。夜中に仲間達とドライブに出かけ、真っ暗闇の知らない町で何度道に迷った事か...。結局、明るくなるのを待って朝帰りと言うのがお決まりのパターンでした。今はカーナビのおかげで『自宅に帰る』の画面にタッチするだけで、日本全国のどこからでも帰ってくることが出来る便利な時代になりましたが、当時どれだけ道に迷っても「全ての道は我が家に通ずる!」と言いながら笑い飛ばしていたのが大変懐かしいです。

時代の変化とともに商売も変わりました。弱肉強食といっても良いほど下町の小さな小売店はどんどん閉店に追い込まれ、この先もどんどん減り続ける事でしょう。昨日投稿したAIR吉野家からも学べる様に、我々の様な規模の小売店にとっては「お客様を待っている」時代から「お客様の待っているところに行く」時代に変わって行くと随分前から感じておりました。そしてそれは現実となりました。

近畿大学吹奏楽部の3つ先輩である中原満さんは、『大阪べっぴん屋』と言う移動型の飲食販売店を経営なさっておられ、日本全国をキッチンカーで走り回っておられます。つい先日は豊田にいらっしゃったかと思えば、今度は関門海峡を越えて福岡まで走っていかれました。まさに「お客様の待っているところに行く」ご商売で成功をおさめていらっしゃいます。さらに、マーチングバンドの指導者としても全国を駆け回っておられ、中原さんのフットワークの軽さには頭が下がります。

当店に例えるならば、ユニフォーム販売においては、ご依頼があれば県内はもちろんの事、日本全国どこへでも出向いております。そして少しずつではありますが県外にもお得意先が出来ました。もしこの先も知多市+α程度の商圏でしか商売が出来ない店のままならこの先どうなるのか…素人の方でも解ると思います。そんな店を衣料品業界のみならず様々な業界でたくさん見聞きしましたし、仕入先に行けば買った商品の支払いが出来ない哀れな小売店の話を行く度に聞かされます。しかしこれが現実なのです。

SNSの投稿を拝見し、中原さんには学ぶべきところがたくさんあると感じます。『道路は続くよどこまでも!!!』と肝に銘じ、この精神を見習い止まる事無く進んで行きたいと思います。

『大阪べっぴん屋』ホームページ
560294_345391035553041_1252774021_n242749_210266365678158_40511_o
255275_326622527429892_144921422_n32c23d6d240470_209607309077397_1000869_o
240056_208989642472497_941480_o531352_287840974641381_619705864_n229811_313903708701774_2052742991_n
33980_298149420277203_1670766540_n550614_343970112361800_2047482331_n395242_343969459028532_1696850286_n


AIR牛丼

東海市吹奏楽団「太陽への賛歌-大地の鼓動」を作曲してくださった、作曲家の「八木澤教司先生」が、ロサンゼルスから成田に向かう飛行機の中で、変わった機内食をお食べになったそうです。

なんとそれは「吉野家の牛丼」です!

写真を見ていただければ解るとおり「AIR吉野家」と書かれています。牛丼店は競争も激化して各社いろいろなアイディアで戦っていますが、店で待っているのではなく空に届けてしまおうと考えたこの発想には、全く持って恐れ入りました。許されるものなら発案された方にお会いしたいです。

しかしながら、今や国民食とも言える「牛丼」を飛行機の中で食べると言うのはどんな気分だったのでしょうか?またお会いした機会にでもじっくりとお話を伺いたいと思います。

「作曲家 八木澤教司」公式ホームページ
※八木澤先生は潮見裕章先生のファーストアルバムのために
チューバ独奏曲「愛の歌」を作曲されています。
AIR吉野家

まもなくオープン

先日紹介した『コロッケいまむら』さんが、いよいよ10月1日(月)にオープンします!
先着400名様に「いまちゃん消しゴム」をプレゼント!!!

フランス料理人が作る 『コロッケ いまむら』
 住所 大阪市城東区今福西3丁目11-33 今福ハイツ1F
 TEL 06-6939-5609
 最寄り駅 京阪本線「野江駅」 JR環状線他「京橋駅」

名古屋市名東区にあるウェディングホールで総料理長に抜擢された経験もある凄腕のシェフが作る「手作りのコロッケ」です。USJや大阪海遊館からも高速ですぐの場所になります。大阪に行かれた折には、是非ご賞味ください。
チラシ
62077_148045202007116_593691138_n269122_145585788919724_273599052_n
297832_146928178785485_827783552_n230588_147624705382499_986411794_n

幻の焼売と餃子

その昔、豊明市の住宅地の一角に『台式小菜 ユキマサ』と言う、台湾の家庭料理を食べさせてくれる小さなお店がありました。

気を付けていても見落としてしまいそうな目立たない作りで、気付いたとしても入るのに若干躊躇してしまいそうな店構えでしたが、ここの「シューマイ」と「ギョーザ」が絶品だったのです。

東海市吹奏楽団に入団してすぐに連れて行かれたのが、この「ユキマサ」でした。お店は店主のおじさんが1人できりもりしており、もともとテイクアウト専門店でお弁当屋さんの様な造りだったのですが、常連客の「出来立てがここで食べたい」と言う強い要望で、店頭にテントを設置し20名ほどが座れるスペースを無理矢理確保した面白いお店でした。

初めて連れていかれた時は、正直「大丈夫かな?」と思いましたが、オススメの「シューマイ」と「ギョーザ」を一口食べ一瞬にしてこの味に惚れ込みましました。

何がすごいかと言うと、シューマイもギョーザも『何もつけなくても美味しい』と言う事です。おじさんも『先ずは何もつけずに食べてみて下さい』と言うほど自信を持っておられました。それ以来、私が家内と知り合って始めて連れて行った時も、また友人らを連れて行った時も同様に説明をして、みんなもれなく絶賛し常連客へとなって行ってくれました。さらにその友達にも紹介をしてくれるほどみんなが虜になっていました。

忘れられないのは、ホタテ、エビ、カニ、コーン、グリーンピースの5種類があり、ジューシーで軟らかく普通の2倍近く大きいのに女性でも10個は食べられてしまう看板商品の「シューマイ」、そして噛んだ瞬間小籠包顔負けのたっぷりの肉汁があふれ出てくる「ギョーザ」。この他にも「春巻き」や「ニラ玉」、「チャーシュー」「玉チリ」「酢豚」「カン麺(台湾のまぜソバ)」と言った美味しいメニューがたくさんある隠れた名店でした。

一切の作り置きをせず、野菜を刻むのも注文を受けてからで、全ての料理をひとつひとつ「手作り」で「出来立て」を提供したいと言う思いから、店名はおじさんの名前「幸正」からとったそうです。

土曜日の練習後は毎週30人程度で押しかけ店は貸切状態。毎回店に入るなり「ギョーザ20人前、シューマイ15個セット10人前、春巻き、チャーシュー、玉チリ、酢豚、カン麺を5人前ずつ!」とオーダーし、自分達でテーブルを並び替え、取り皿やお茶をセットし、ビールは冷蔵庫から自分達で勝手に出して伝票に「正の字」を書いていき、ジュース類は店頭の自販機で個人購入、配膳や片付けまでを自分達で行い、おじさんには調理に専念してもらわなければ追いつかない状態でした。そして、閉店時間を過ぎた夜中の2時や3時まで居座り、最後は皿洗いまで手伝って帰ってくるのが恒例でした。時には店のビールを全て飲みつくし、近くのコンビニまで買いに走った事さえありました。しかし、これだけ飲み食いをしても割り勘で2000円を超える事はまず無くとってもお値打ちでした。気さくなおじさんも我々と一緒に居る時間を楽しんでくれていました。本当に家族の様に暖かいお店でした。

しかし、そんなお店にも不況の波は容赦なく襲い掛かりました。私達も必死に知人らに紹介して応援をしましたが力及びませんでした。閉店の噂はたちまち広がり、最後の1週間は私達が皿洗いなどの応援に駆けつけなければ追いつかないほどの大盛況でした。この店の人気がいかに大きな物だったかが伺い知ることができました。

そして、私達のためだけににわざわざお店を開けてくれ、最後の晩餐会を開きました。最後に食べたおじさん手作りの「シューマイ」と「ギョーザ」は涙でいつもより少し塩っからかったです。

現在おじさんは、別の店に誘われて料理人として働いています。しかし、もうあのシューマイとギョーザは食べられません。当時はまだ携帯にカメラなど付いていない時代でしたので、画像は全く残っていませんが、お店のロゴが奇跡的に残っていましたので紹介をさせて頂きました。

閉店後数年が経過しましたが、ユキマサより美味しい「シューマイ」と「ギョーザ」には未だに出会っていません。
今でも、店に入った時の
『大堀さんいらっしゃ~い!お待ちしてましたよ!いつもありがとうございま~す!!!』
と言うおじさんの明るく元気な優しさあふれる声が耳から離れません。
私にとって、正に『幻の焼売と餃子』です。
yukimasalogo

音楽を楽しむ!

管楽器は色々なジャンルで使用されます。私が30年以上愛好してきた「吹奏楽」をはじめ、「オーケストラ」「アンサンブル」「ビッグバンド」「マーチングバンド」など、様々な活躍の場があります。

母校近畿大学吹奏楽部を母体に発足した『桃色JAZZ楽団』と言うバンドがあります。

本日は、音楽はチョット...と言う方でも一番受け入れやすいであろう「JAZZバンド」について紹介させていただきます。

【桃色JAZZ楽団】~プロフィール~
1997年に近畿大学吹奏楽部のOB達が中心となり発足した『StarLightExpress』が前身です。
2002年にバンド名を桃色JAZZ楽団と改め、メンバーも阪神間を中心に集まっています。
メ ンバーの多数を占めるアラフォー世代以外にも20代の自称箱入り娘から50代の渋いおじ様まで幅広い年齢層が揃っており、日頃は仕事や家事に追われるメン バーですが忙しい合間をぬって楽しく音楽活動を続けています。年間の活動は単独でのライヴコンサートの他、企業のイベントやお祭り等に招かれての演奏や幼稚園や福祉施設等でのボランティア演奏も積極に行っています。


SNS内で再会した同期の酒井洋一君、後輩の上田展義君、深谷雄二君、石井祐一君、野宮陽介君他がメンバーとして活動をされ、大好きな音楽を存分に楽しんでいる様子が、彼らの投稿から伝わってきます。

ともすれば、私が青春時代を送った東邦高校吹奏楽部、近畿大学吹奏楽部での7年間は、楽しい事もありましたが、それ以上に連日の厳しい練習と、規律正しい集団生活ありました。合宿ともなれば、一瞬たりとも気を抜く事も出来ぬほどの緊張感に包まれ、遠征や演奏旅行、依頼演奏も大変多く、時には、「自分が、今から、どこで、何のためのイベントで、何を演奏するのか」すら知らぬまま、衣装と楽器を担いでバスに乗せられ出かけたことさえありました。そんな生活を送っておりましたので、潮見先生のリサイタルに伺うまで豊中市が大阪のどこにあるのかすら知りませんでした。それも今となってはかけがえの無い思いです。

※実際にあった本当のお話ですが、高校二年のある日、名古屋駅でファンファーレを吹くとだけ告げられ、新幹線のホームでファンファーレを吹きました。その後帰るのかと思いきや、派手なパレード衣装を着て楽器を持ってそのまま東京行きの新幹線に乗車させられ、東京のどこか知らない場所でパレードをして帰って来たことがあります。そしてそのイベント名や開催場所の地名などは一切聞かされぬまま帰って来ました。未だに知りません。

しかし、そんな厳しい下積みがあったからこそ今があるのだと思っています。『桃色JAZZ楽団』の皆さんが、今こうして音楽を楽しんでいらっしゃるのも、学生時代の努力があったからこそ、そしてそれを共感できる仲間が集まっているからこでであると思います。本当に微笑ましく、また羨ましくも思います。

プロフィールにも書かれているように、アマチュアとして音楽活動を続けるのは本当に大変です。しかしそれ以上に「音楽を楽しむ」事が出来きているからこそ続けられるのです。本当に素晴らしいバンドだと思います。

『桃JAZZ』さんの演奏が聴けるサイトを紹介させていただきます。
機会があれば大阪までライブを聞きに行きたいです!

『桃色JAZZ楽団』ホームページ

①学泉天国
②ドリフずっこけメドレー



P1060532P1060026
P1070216P1050743
P1070217P1050747

繊維ニュースより

いよいよ新入学用品の準備をはじめる時期になってまいりました。

当店が取り扱いをしております「トンボ学生服」が、2011年7月~12年6月期において、増収増益を果たし、さらに標準型詰襟学生服部門の売り上げで、全学生服製造メーカー中の「1位」に輝きました。

本日は、日本全国で「トンボ学生服」が選ばれている、そのワケをご紹介します。

本年より好評の「MAX」「NBP」に加え、斬新なアイディアが盛り込まれた「ハイブリッド」もお取り扱いを始めます。よろしくご検討くださいますようお願い申し上げます。

【繊維ニュース】
トンボ/今期増収増益めざす/3事業とも堅調スタート

トンボ/MC校の獲得は堅調/モノ作り重点的にPR

2012春季総合特集1・Top interview/トンボ社長・落司量則氏/今期、増収増益に手応え

トンボ/主力3事業とも堅調/今期、増収増益の見通し

明日24日よりセールを開催いたします。詳しくは朝刊の折込チラシをご覧ください。

悪銭身につかず

以前より、当店の近辺で車上狙いが頻発しており、その駐車場前の道路に今年度の予算で防犯灯を1基新規で設置し、皆さんの尊い税金の中から補助金もいただきました。まだもう1箇所頻発している駐車場があり、来年度の予算で新設する予定でおりました。

その、犯人が検挙されました!!!
犯人は知多市出身、既に逮捕されている共犯者は知多市内に住んでおり、なんとも頭に来る話ですが、これで来年度の新設を再検討し、皆さんの税金を使わずに済むかもしれません。

先日、磁気商品を「癌が消える」などと騙して売っていた極悪者が逮捕されました。これも愛知県内の人間です。

『悪銭身につかず』の如く、悪い事をすれば必ず制裁が下されます。
詐欺や嘘の情報を流し消費者を騙して販売する悪徳商法も同罪です。
「正義は勝つ!」いつか必ず天罰が下るのです。
21中日新聞朝刊
2012/9/21 中日新聞 朝刊 知多版に掲載
【車上狙いの疑い組員ら3人逮捕】 知多、東海署など
知多、東海署などは県内で車上狙いを繰り返したとして窃盗の疑いで、指定暴力団山口組弘道会系組織幹部の山口祐樹(26)=埼玉県川口市、無職三輪旭弘(24)=同、建設作業員sy儀裏元紀(23)=刈谷市一ツ木町=の三容疑者を再逮捕、20日に追送検した。
容疑では、5月22日午後~23日未明、大府市の駐車場で市内の男性会社員(57)の軽乗用車の窓ガラスを割り、車内からカードケース1個(1000円相当)を盗んだとされる。
3人は知多市などの駐車場の車から盗んだクレジットカードを使い、コンビニで数万円分のたばこを購入したとして7,8月に詐欺容疑で逮捕、送検されている。
県警によると、3人は知多市出身。既に別の窃盗罪で起訴されたバイクショップ店長藤崎広貴(24)=知多市寺本新町1、配管作業員松本親昌(43)=同市つつじが丘=とともに、知多半島各地などで100件、500万円ほどの車上狙い事件に関わった疑いがあるとみて調べている。

恩師の言葉

近畿大学吹奏楽部の後輩がSNSに投稿した写真を紹介させて頂きます。

後輩が、母校である吹奏楽の名門校「京都橘女子高校」(現在は共学)を卒業する際に、3年間苦楽を共にした顧問の先生が、卒業生一人一人に手書きした尊い物です。今でも、自宅の玄関に飾ってあるそうです。

9月9日(日)に放送された「ららら・クラシック」の中でも、外囿祥一郎さんが仰っていたように
「吹奏楽と言う集団の中での生活をした子供は、大人になり社会に出てからも、人とコミュニケーションを取る事に優れている事が多い」
との研究結果が発表されているそうですが、やはりそれには熱血感あふれる優れた「指導者」や、同じ価値観を持ち目標に向かって苦楽を共にした「仲間達」が必要だと思います。

遊び半分で吹奏楽をやることも間違いではありません。しかし、それで後に何か残るのか?と言うと少々疑問を感じます。

彼女には、こんな素敵な恩師がいます。そしてかけがえのない仲間達もいることでしょう。

本当に素敵なことだと感動しましたので紹介をさせて頂きました。
381018_117913201690808_705688233_n
※写真はご本人の承諾を得て使用しております。無断転載はご遠慮下さい。
プロフィール

さくらや店長

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ