櫻坂ゆかりの官能小説@livedoorBlog

自作の官能小説やエロ小説を載せるブログです。「羞恥」「露出」「女の子が無理やりエッチなことをされる話」などなどを含みます。

羞恥の高校性活~女子はクラスで私だけ~

羞恥の高校性活~女子はクラスで私だけ~65(エピローグ)

 月日は過ぎ去り、三月―――。

 無事に大学も決まった碧里、胡桃、美緒の三人は、卒業式の日を迎えていた。

 卒業式が終わり解散となった後、三人はよく通っていたカフェに集まることに。

 いつもの席に落ち着くと、神妙な顔つきで胡桃が言った。

「特に三年生になってからは散々な目に遭うことが多かったけど、いざこうして卒業となってみると、さみしいものだねぇ」

 碧里が頷いて言う。

「うんうん。嫌なこともたくさんあったけど、楽しいことも同じくらいあったから」

 美緒だけは複雑そうな表情ではあったが、調子を合わせて「そうだね」と言う。

 胡桃はすぐにいつも通りの笑みを浮かべて言った。

「二人とも、またいつでも連絡してきてよ。夏休みには、またこの三人で集まらない?」

 この提案には、碧里と美緒も異論はなく、こころもち表情を明るくして「うん」と頷く。

 三人がいるテーブルには、やわらかな春の陽射しが差し込んでいた。



【完】





↓1日1回クリックいただけると幸いです。ものすごく励みになります。本日も読んでいただきありがとうございます。


官能小説ランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村



羞恥の高校性活~女子はクラスで私だけ~64(美緒編15)

 快感のツボを激しく強く、たくましいシンボルで突きまくられ、美緒は一気にのぼりつめていく。

 シンボルを愛おしげに食い締めながら、花筒の限界は急速に近づいていた。

 美緒は焦燥に駆られながら、心の中で「ああ、これもうダメ! 最高に気持ちいいのが来ちゃう! 菊川君のオ〇ンチンでイかされちゃう! 屋外で、しかも全校の男子や先生が見てる前で、撮影までされているのにっ! 彼氏でもない菊川君のオ〇ンチンに貫かれたまま、イっちゃうっ!」と叫ぶ。


続きを読む

羞恥の高校性活~女子はクラスで私だけ~63(美緒編14)

 プールでのあの悲惨な初体験以降、一度も誰とも性交していなかったため、美緒の花筒は嬉々としてシンボルをくわえこみ、淫らに吸い付いていく。

 菊川のシンボルは、本人の容姿などに反して、プールのときに美緒を犯した三名のものよりもずっと太く硬かった。

 しかも体位が駅弁なので、一番奥までしっかり届いており、最初から凄まじいまでの快感を美緒にもたらしている。


続きを読む

羞恥の高校性活~女子はクラスで私だけ~62(美緒編13)

 美緒の裸を前にして、菊川のシンボルは軽く反応を始めていたようだったが、まだ立ち上がるまでには至っていない。

 困ったような様子で立ち尽くす菊川と美緒に向かって、杉浦が言った。


続きを読む

羞恥の高校性活~女子はクラスで私だけ~61(美緒編12)

 黙って、少しずつ後ずさりするばかりの美緒に、わざとらしい様子で杉浦が言った。

「まさか、上岡……。この期に及んで、また嫌がってるんじゃないだろうな……。いや、まさか、そんなことが……」

「はっきり言います! 嫌です……!」

「いや、しかし……。最初に説明したように、この場で対応できる女子は、上岡ただ一人だ。一年生二年生の女子は体調不良で休んでいるし、女性教師はいないし、春日井と瀬戸川はこのあとのレースの準備だ。三枚とも同じ内容の紙みたいだから、困ったことにこのレースは一人のみ1着のポイントを獲得するだけで、残り二人は失格扱いとなるだろう。さてさて、最初に来たA組の吉岡と、上岡は性交するのか? それとも、やはり自分のクラスであるC組にポイントをもたらすべく、菊川とするのか? ここは上岡に選択権があるぞ」


続きを読む
 
最新コメント
免責事項、注意事項
・性的描写を含む小説を掲載しています。18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
・当ブログ内の小説は全てフィクションです。実在の人物、団体、組織、場所、職業などとは一切関係ございません。
・当ブログ内の小説の著作権はブログ管理者に帰属します。無断転載は厳禁です。
・小説内に描かれている行為を決して真似しないでください。そうした際に起きたトラブルに対して一切の責任を負いかねます。
お気に入りサイト様RSS

官能小説

アニメ 感想



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

1日1クリックお願いします
記事検索
QRコード
QRコード
人気ブログランキング
にほんブログ村
  • ライブドアブログ