2007年02月

2007年02月28日

ML戦記2 -ユベントス編33-

※はじめての方、MLの条件等はこちら。'10シーズンの基本フォーメーション等はこちら





 新監督就任に伴い、新システム、新戦力を加えたユベントス。逆にチームを去った選手も多数。


*主な移籍情報
CF アグエロ→パルマ(CF クトゥゾフとのトレード)
SMF マルキオンニ→リヴォルノ
SMF アウグスト→メッシーナ
SMF ポボルスキー→パルマ(OMF モルフェオとのトレード)
GK ファン デル サール(新人)→IN
OMF ジダン(前所属:LAギャラクシー)→IN
OMF オレンベ(未所属)→IN
CMF 稲本(前所属:ガラタサライ)→IN


 フィリピッニーニはダイヤモンド型の中盤を崩し、サイドを廃止した。OMFを二枚、CMF、DMFをおく布陣。それによってサイドの選手たちは必然的に移籍をせまられた。大型の補強としては攻撃的MFジネディーヌ・ジダンの獲得だろう。移籍金は単年契約で約960万ユーロ。また、オランダのGKエドウィン・ファン デル サールを育成新人として獲得。






※この記事の内容はゲーム内での出来事(架空+筆者の妄想)であり、実際のチーム、選手、リーグ(大会)などとは一切関係ありません。



sakuwe at 18:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!ML戦記 

2007年02月27日

ML戦記2 -ユベントス編32-

※はじめての方、MLの条件等はこちら。'10シーズンの基本フォーメーション等はこちら




 '09-'10シーズンが終了した。前述の通り、優勝はミラン。我らがユベントスのシーズン成績は以下の通り。

mlysk1011





















 昨シーズン同様、4位と終わったユベントス(昨シーズンの結果はこちら)。2トップの活躍で得点力は増したが、他の強豪に比べればやはり物足りなく、引き続きの課題といえる。久しぶりの出場となったCLはベスト4に終わったが、D1カップを制覇し、昨シーズンに引き続き最低限のタイトルは獲得。







※この記事の内容はゲーム内での出来事(架空+筆者の妄想)であり、実際のチーム、選手、リーグ(大会)などとは一切関係ありません。



sakuwe at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ML戦記 

2007年02月26日

ML戦記2 -ユベントス編31-

※はじめての方、MLの条件等はこちら。'10シーズンの基本フォーメーション等はこちら





37節 VS カターニャ(16位/A)
1-1 得点/77分ロッシーニ、83分ポボルスキー


最終節 VS トリノ(6位/A)
0-0

 モチベーションの低下、疲れ等からか、勝ちきれず、完全に失速した感じのユベントス。最終節はGKキメンティの引退試合でもあった。最終順位は4位。クラブランキングは41位。セリエA優勝はミラン。


1.ミラン 97(pts)
2.インテル 90
3.ローマ 88
4.ユベントス 78
-----------------------------
5.ラツィオ 58


 4位ユーベと5位ラツィオの勝ち点差は20。上位4チームが抜けた存在といえる。MVP、得点王ともミランのジラルディーノ。アシスト王はシエナのMF星だった。フィーゴ、カンナバロ、ロベルト・カルロス、リバウド、キエーザらの引退が正式に発表された。ユベントスはライネーリとの契約を延長せず、来季は名将ジョバンニ・フィリピッニーニの就任が決まっている。






※この記事の内容はゲーム内での出来事(架空+筆者の妄想)であり、実際のチーム、選手、リーグ(大会)などとは一切関係ありません。



sakuwe at 19:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ML戦記 

2007年02月25日

ML戦記2 -ユベントス編30-

※はじめての方、MLの条件等はこちら。'10シーズンの基本フォーメーション等はこちら





33節 VS レッジーナ(7位/A)
3-1 得点/23・46分トレゼゲ、67分アグエロ、78分ブリアン

 ケガのデル ピエロ、ハジを欠くユベントスだが、トレゼゲの2ゴール等で勝利。リーグ戦7連勝。


UEFACL 準決勝 1st leg VS バルセロナ(H)
1-1 得点/49分トレゼゲ、80分シャビ

 準決勝は予選で勝てなかった相手、世界屈指の強豪バルセロナ。ホームでの1st leg、デル ピエロがケガで不在の中、トレゼゲのゴールで先制。しかし後半35分、グジョンセンのポストプレイからシャビに豪快に決められ結果はドロー。アウェーでの2nd legでスコアレスドローとなり、駒を進めることはできなかった。

UEFACL 準決勝 2nd leg VS バルセロナ(A)
0-0


D1カップ決勝 1st leg VS パレルモ(H)
2-0 得点/26分デル ピエロ、45分+アグエロ 

 決勝の相手はリーグ戦14位のパレルモ。ハジ、トレゼゲを欠くも、デル ピエロの鮮やかなフリーキック(20M)、アグエロのゴールで快勝。


34節 VS カリアリ(16位/H)
3-2 得点/6分アウグスト、13分ダンズ、29分デル ピエロ、39分ハジ、42分ダビド・スアソ

 前半のみで5得点が動いた試合。トンマージの2アシスト等で何とか競り勝ち。UEFAカップの優勝はスペインのレアル・マドリーだった。


D1カップ決勝 2nd leg VS パレルモ(A)
0-1 得点/24分カラッチョロ 

 ベストメンバーでのぞむも、実に26節以来の敗戦となった。トータルで勝利。デル ピエロに代わって出場したトレゼゲがキャプテンマークを巻き、優勝カップを掲げた。MVPはインテルのサネッティ。得点王も同じくインテルのイブラヒモビッチ。チームとして3連覇はならなかった。
 CL、CWとも、優勝したのはイングランドのチェルシー。CLのMVPはジョー・コールだった。


35節 VS エンポリ(15位/A)
0-0


36節 VS アタランタ(13位/H)
0-0

 ハジ、ビエルコウッド等欠場。攻め立てるも、2試合連続のスコアレスドロー。ここにきて失速か。





※この記事の内容はゲーム内での出来事(架空+筆者の妄想)であり、実際のチーム、選手、リーグ(大会)などとは一切関係ありません。



sakuwe at 19:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!ML戦記 

2007年02月24日

ML戦記2 -ユベントス編29-

※はじめての方、MLの条件等はこちら。'10シーズンの基本フォーメーション等はこちら





UEFACL 決勝T1回戦 1st leg VS マルセイユ(A)
2-1 得点/15分トレゼゲ、40分ジブリル・シセ、50分マルキオンニ

 ついに開幕した決勝トーナメント。初戦の相手はリベリー、シセ、ミハイロビッチらを擁するフランスの強豪マルセイユ。前半15分、デル ピエロのパスを受けたトレゼゲが母国チームから先制ゴール。ジブリル・シセにジャンピングボレーで同点にされるも、最後はマルキオンニが勝ち越し弾。アウェーで2得点をあげ勝利。


29節 VS パルマ(19位/A)
2-0 得点/62・69分トレゼゲ


30節 VS パレルモ(13位/A)
2-0 得点/32・48分アグエロ


UEFACL 決勝T1回戦 2nd leg VS マルセイユ(H)
1-0 得点/76分アグエロ

 トレゼゲ、アウグスト、デ アシェンティスらスタメンを温存。先発のロマーリオに代わって途中出場のアグエロが自らのチャンスメイクでゴール。駒を進めた。クラブランキングは41位に。


31節 VS メッシーナ(17位/H)
1-0 得点/37分トレゼゲ


D1カップ準決勝 1st leg VS インテル(H)
0-0 


32節 VS リヴォルノ(20位/A)
1-0 得点/16分デル ピエロ


UEFACL 準々決勝 1st leg VS パリ・サンジェルマン(A)
0-0


UEFACL 準々決勝 2nd leg VS パリ・サンジェルマン(H)
3-2 得点/13・26分パウレタ、45分+アグエロ、59・90分+トレゼゲ

 勝たねばならない2nd leg。ユベントスはデル ピエロを欠く布陣。PSG先発のパウレタがあっという間に2ゴール。準決勝進出を引き寄せる。そんな流れを断ち切ったのはアグエロ。CLにかける思いは誰よりも強い。前半ロスタイム、右足で叩き込む。後半になっても勢いはとまらない。14分、そのアグエロが果敢にシュート。GKがはじいたところに飛び込んだのはエーストレゼゲ。喜んではいられない。引き分けではダメなのだ。トレゼゲもボールを持ってキックオフを急ぐ。そのままスコアは動かず、終了かと思われた後半ロスタイムにドラマは待っていた。ゴール前で粘ったトレゼゲがDFによせられながらもゴール。劇的勝利。駒を進めたのはユベントスだった。


D1カップ準決勝 2nd leg VS インテル(A)
1-1 得点/59分アグエロ、69分アドリアーノ 

 インテルオフェンス陣の怒濤の攻撃を何とか1点に押さえ、アウェーゴールで決勝進出。






※この記事の内容はゲーム内での出来事(架空+筆者の妄想)であり、実際のチーム、選手、リーグ(大会)などとは一切関係ありません。



sakuwe at 04:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!ML戦記 

2007年02月23日

ML戦記2 -ユベントス編28-

※はじめての方、MLの条件等はこちら。'10シーズンの基本フォーメーション等はこちら





D1カップ準々決勝 1st leg VS ウディネーゼ(H)
1-0 得点/64分アウグスト

24節 VS インテル(3位/A)
2-0 得点/16分アグエロ、90分+トレゼゲ

 3位インテルとの勝ち点差は5。何とか勝利し、少しでも差をつめたいところ。デル ピエロがケガで不出場も、アグエロ、トレゼゲの2トップの得点で勝利。インテルを圧倒。


D1カップ準々決勝 2nd leg VS ウディネーゼ(A)
0-0 

 2トップが欠場し、ロマーリオ、デュガリーが先発。スコアレスドローに終わるも、準決勝進出決定。


25節 VS ウディネーゼ(13位/A)
0-1 得点/33分シューマッカー

 デル ピエロ復活も、クロスバーを二度叩くなど、運にも見放され5敗目。首位ミランとの差は13に。


26節 VS キエーヴォ(11位/H)
0-1 得点/88分オビンナ

 ハジ欠場。またしてもデル ピエロがケガ(前半のみの出場)。後半終了間際、キエーヴォのカウンターに沈み、連敗。


27節 VS フィオレンティーナ(5位/A)
1-0 得点/79分トレゼゲ

 デル ピエロがケガで代わりにアグエロが先発出場。そのアグエロのクロスにトレゼゲがダイビングヘッドで合わせ、チームとして3試合ぶりのゴール。


28節 VS シエナ(9位/H)
1-0 得点/87分デル ピエロ

 復活のデル ピエロ。ハジのパスにダイレクトで合わせ決勝点。チームは連勝。この試合後、ブッフォン、ポボルスキーが代表招集でチームを離れる事となった。






※この記事の内容はゲーム内での出来事(架空+筆者の妄想)であり、実際のチーム、選手、リーグ(大会)などとは一切関係ありません。



sakuwe at 20:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ML戦記 

2007年02月22日

ML戦記2 -ユベントス編27-

※はじめての方、MLの条件等はこちら。'10シーズンの基本フォーメーション等はこちら




UEFACL GL最終節 VS レンジャース(H)
3-0 得点/50分デル ピエロ、56分ポボルスキー、60分トレゼゲ

 後半、立て続けに3得点を奪ったユベントスはそのまま勝利し、この時点で2位通過が確定した(3勝2分1敗)。久しぶりの出場となったCL、選手達も予選突破にほっと胸をなでおろしていることだろう。
 試合終了後、途中出場ながら、CL出場のためにチームに残留した男アグエロが喜びを爆発させた。


18節 VS カターニャ(H)
0-1 得点/21分オウンゴール

19節 VS トリノ(H)
3-0 得点/19分デル ピエロ、55分ハジ、74分トレゼゲ

20節 VS ローマ(2位/A)
2-2 得点/3・29分ヴチニッチ、32・48分デル ピエロ

 2点を先取されるも、主将デル ピエロの活躍により何とか上位チームと引き分け。デル ピエロはセカンドトップながら、この時点で得点王争いトップに(13ゴール)。
 この試合後、SMFマルコ・マルキオンニの獲得が発表された。


D1カップ2回戦 2nd leg VS フィオレンティーナ(A)
3-0 得点/16・51・81分トレゼゲ

 ホームでの1st legで0-2と敗れ、絶対的不利な状況の中、主力で勝利。ハジ、デル ピエロのお膳立てをトレゼゲが確実に物にし、圧勝となった。


21節 VS ラツィオ(14位/H)
1-2 得点/9分トレゼゲ、13分マキンワ、51分ロッキ

 今シーズン14位と低迷するラツィオに敗れ、この時点で3敗目となったユベントスは4位後退。


22節 VS サンプドリア(6位/A)
2-1 得点/11・27分トレゼゲ、35分ボナッツォーリ

 デル ピエロ欠場の中、エーストレゼゲの活躍で何とか勝利。
 この試合後、セリエAへの復帰を熱望していた大宮のジェンナーロ・ガットゥーゾを獲得。(イタリアで)ミラン以外のチームプレーでプレーすることはないと思われていただけに、国内のみならず、サプライズとなった。


23節 VS ミラン(1位/H)
0-2 得点/79分F・インザーギ、90分+アルメイダ

 デル ピエロがケガで前半のみの出場となった。結局何もできないまま0-2で敗戦。少しでも首位と差をつめたかったが…。この後発表されたクラブランキングでは42位。







※この記事の内容はゲーム内での出来事(架空+筆者の妄想)であり、実際のチーム、選手、リーグ(大会)などとは一切関係ありません。



sakuwe at 19:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ML戦記 

2007年02月21日

ML戦記2 -ユベントス編26-

※はじめての方、MLの条件等はこちら。'10シーズンの基本フォーメーション等はこちら




UEFACL GL第1節 VS バルセロナ(H)
1-1 得点/7分グジョンセン、66分アグエロ

 メッシ、ドス・サントスらがチームを去ったとはいえ、世界最強には変わりない、デッレ・アルピでのバルセロナ戦。疲労のデル ピエロに代わり、アグエロが先発。CL出場のため、移籍を断念した男が結果を出せるか。
 前半開始早々の7分、一瞬の抜け出しをゆるし、グジョンセンにゴールを決められる。次に試合が動いたのは後半21分、アグエロが深く切れ込み同点ゴール。試合はそのまま終了した。


6節 VS ウディネーゼ(H)
0-1 得点/29分ディ ナターレ

 アグエロ不在の中、ディ ナターレに倒れながら決められ、今シーズン初黒星。


7節 VS キエーヴォ(A)
2-0 得点/5分ハジ、23分トンマージ

 エースが不調でなかなか結果を出せない中、新加入のハジ、CMFトンマージのミドルシュート二発で勝利。
 この試合後に発表されたクラブランキングでは44位と躍進。デル ピエロ、ビエルコウッド、ブッフォンがイタリア代表に選出された。


8節 VS フィオレンティーナ(H)
1-0 得点/87分ヴェントラ


UEFACL GL第2節 VS パナシナイコス(A)
3-2 得点/26分アグエロ、33分パパドプーロス、35分トレゼゲ、69分ドニ、88分ゲカス


9節 VS シエナ(A)
2-1 得点/8分トレゼゲ、36分デル ピエロ、39分バティストゥータ


10節 VS パルマ(H)
4-0 得点/27・34分デル ピエロ、69・86分トレゼゲ

 ホームで質の高い動きを見せるユベントス。相手もファウルで止めるのがやっと。デル ピエロ、トレゼゲの2トップが二得点ずつあげ、理想の形で勝利。


UEFACL GL第3節 VS レンジャース(A)
1-1 得点/28分トレゼゲ、49分パーク

 トレゼゲのゴールで先制するも、不運なゴールで同点終了。試合後、トゥドール、ブッフォンが代表に招集された。


11節 VS パレルモ(H)
1-0 得点/90分+デル ピエロ


12節 VS メッシーナ(A)
1-0 得点/17分アグエロ

 ブッフォン、デル ピエロ欠場。トレゼゲがPKを外す場面がありつつも、アグエロのゴールでしっかり勝利。

13節 VS リヴォルノ(H)
0-0 


UEFACL GL第4節 VS バルセロナ(A)
1-2 得点/28・63分ロナウジーニョ(内PK1)、52分デル ピエロ

 勝ち越し弾はPK。アウェーとはいえ、痛い敗戦となった。


14節 VS レッジーナ(H)
3-1 得点/2・11分デル ピエロ、14分バレンシア、87分トレゼゲ

 今シーズンSTに戻った主将、デル ピエロの活躍が目立つ。代表招集など、常にベストコンディションとはいかない中で、今シーズンにかける意気込みが感じられる。

15節 VS カリアリ(A)
1-0 得点/32分デル ピエロ


UEFACL GL第5節 VS パナシナイコス(H)
1-0 得点/83分デル ピエロ

 決勝トーナメント進出のためには負けられない一戦。ベストメンバーでのぞんだユベントスだが、最も動きが際立ったのはやはり主将デル ピエロだった(評価7.5点)。


16節 VS エンポリ(H)
1-1 得点/62分森、83分トレゼゲ


D1カップ2回戦 1st leg VS フィオレンティーナ(H)
0-2 得点/13分ムトゥ、56分ド プラド

 デル ピエロ、トレゼゲ、ハジらを温存したユベントス。アグエロが先発するも、ゴールは奪えず、ホームで不甲斐ない敗戦となった。

17節 VS アタランタ(A)
1-0 得点/79分トレゼゲ

 デル ピエロのパスに体を反転させたトレゼゲがゴール。辛勝。






※この記事の内容はゲーム内での出来事(架空+筆者の妄想)であり、実際のチーム、選手、リーグ(大会)などとは一切関係ありません。



sakuwe at 19:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ML戦記 

公式ガイド


wekg0702 単なるデータブックですが、WE9のに引き続き、一応買いました。3作品(WWEX、JWE10、WWE10UE)が一緒になってます。JWEのだけでいいから、600円にしてくれればよかったのに(笑)



sakuwe at 17:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2007年02月20日

ML戦記2 -ユベントス編25-

※はじめての方、MLの条件等はこちら。'10シーズンの基本フォーメーション等はこちら




 新シーズンが開幕した。欧州屈指のゲームメーカー、ゲオルゲ・ハジを加え、念願のスクデット獲得を目指す。


1節 VS ローマ(H)
0-0

 ホームでの開幕戦。CLのためチームに残留したアグエロは出番なし。ほぼ互角の内容ながら、得点できずスコアレスドロー。


2節 VS ラツィオ(A)
3-1 得点/8分S・インザーギ、16分デル ピエロ(PK)、32分トレゼゲ、81分アグエロ

 アウェーでのラツィオ戦。開始早々シモーネ・インザーギの抜け出しにより先制されるも、その8分後、PKのチャンスを得たデル ピエロが落ち着いてきめ同点。このファウルにより、相手SBのデ シルヴェストリは一発退場。このチャンスに更に攻め立てるユベントス。トレゼゲがボディバランスを見せつけ、32分に逆転弾。さらに後半36分、途中出場のアグエロがハジのお膳立てによりゴール。3-1と一人少ないラツィオを圧倒。


3節 VS サンプドリア(H)
1-0 得点/88分ポボルスキー


4節 VS ミラン(A)
2-2 得点/13分・34分ジラルディーノ、21分・67分デル ピエロ

 アウェーでの強豪ミラン戦。今シーズンの得点王争いを予感させる、両エースの意地の対決となった。ミランにとっては追い越し追いつかれる展開。結局ドローで決着はつかず。


5節 VS インテル(H)
1-0 得点/6分デ アシェンティス

 疲れの見えるスタメン陣を入れ替え(ハジ→デュガリー、トレゼゲ→アグエロ等)。デル ピエロのみ好調のため出場。前半のみの出場となったが、チームはデ アシェンティスの強烈ミドルシュートで勝利。



 来週からはCLのグループリーグが開幕する。我らがユベントスは言わずと知れた世界最高峰のチームバルセロナ、スコットランドのレンジャース、ギリシャのパナシナイコスと同じグループD。






※この記事の内容はゲーム内での出来事(架空+筆者の妄想)であり、実際のチーム、選手、リーグ(大会)などとは一切関係ありません。



sakuwe at 17:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ML戦記 
商品情報







Web拍手