2007年03月

2007年03月31日

ML戦記 マルセイユ編18

※はじめての方、MLの条件等はこちらから
*'08-'09シーズン前半の基本フォーメーションはこちら





 新シーズンが開幕した。プレシーズンマッチで昨シーズンの世界王者に大勝したマルセイユ。リーグ・アン、ディフェンディングチャンピオンとして臨む今シーズン。一体どのような闘いを見せるのか。



※()内の順位は昨シーズンの総合。

1節 VS ボルドー(9位/H)
○2-1

得点[OM]67分ボクシッチ 90分+ジブリル シセ
得点[ボルドー]11分ギバルシュ
交代[OM]45分+ラバネッリ→ボクシッチ 72分ゼ マリア→オロルンレケ 81分ジョルカエフ→オコチャ
交代[ボルドー]79分フランシア→アロンソ 81分マランジュ→メルヒオット 88分S ダルマ→前園 真聖

 ホームでの開幕戦。プレシーズンマッチと同じスターティングメンバーで臨んだマルセイユ。前半の立ち上がり、昨シーズン途中でチームを去ったギバルシュにお手本のようなボレーシュートを決められ先制点を許す。しかし後半、途中出場のボクシッチが豪快に決め同点。このまま終了かと思われたロスタイム、オコチャのFKが壁に当たり、こぼれたところにジブリル・シセ!体を反転させての逆転ゴール。開幕戦を逆転勝利で飾ったマルセイユ。苦しみながらも粘り強さを見せた。



2節 VS モナコ(6位/H)
○1-0

得点[OM]45分+ラバネッリ
交代[OM]79分ジョルカエフ→アドゥ、ラバネッリ→ボクシッチ
交代[ASM]72分マンガニ→コレル




3節 VS トロワ(18位/A)
○2-1

得点[OM]7分ジブリル シセ 25分+オコチャ
得点[トロワ]90分+ダレ
交代[OM]64分ラバネッリ→アドゥ 80分ジョルディ クライフ→ディノ バッジョ 90分+ゼ マリア→オロルンレケ
交代[トロワ]68分ラウール ブラボ→サンズ 80分ドロワン→ダレ、イブラヒマ バングラ→オバディ

 リベリー、ジョルカエフ、ルブフら欠場。前半7分、シセがペナルティエリア内の混戦からGKと1対1になり冷静ループ。アクロバティックなパフォーマンスを見せる。さらに25分、今度はオコチャ。浮き球を胸トラップし、そのまま右足シュート。オコチャダンス。個性的なメンバーの共演で盛り上がる。チームは3連勝。



4節 VS ニース(14位/H)
△1-1

得点[OM]10分アドゥ
得点[ニース]33分ベリオン
交代[OM]63分アドゥ→アキンバイ 90分+ゼ マリア→ブカンソー、ボクシッチ→ドスンム
交代[ニース]80分アバルドナド→クノッペル



5節 VS ソショー(11位/A)
○2-0

得点[OM]30分ラバネッリ 51分ジブリル シセ
交代[OM]71分ジョルカエフ→オコチャ、ラバネッリ→アキンバイ
交代[ソショー]83分アフォラビ→ダガノ 86分ブリュネル→ジェローム ルロワ



6節 VS ナント(3位/A)
○4-0

得点[OM]50分ジョルカエフ 66分ラバネッリ 68分ジブリル シセ 90分+オコチャ
交代[OM]70分ラバネッリ→アドゥ 76分ジョルカエフ→オコチャ 86分バ→中田 浩二
交代[ナント]68分ファエ→ディミトリイェビッチ 84分ファン ブリク→ジェロン 86分シニョリーノ→キュビリエ




UEFACL GL 第1節 VS ラツィオ(H)
○1-0

得点[OM]3分ルブフ(PK)
交代[OM]7分ボクシッチ→アキンバイ 70分ババヤロ→中田 浩二 86分ジョルディ クライフ→アドゥ
交代[ラツィオ]17分S インザーギ→マキンワ 43分山田 達樹→ロッキ 77分レデスマ→アッブルスカート

 控えメンバー中心のスタメン。ボクシッチとドスンムの2トップ。開始早々ボクシッチが倒され得たPKをDFのルブフが決め先制。ボクシッチはケガで負傷退場。ラツィオにも負傷者が続出し、何とも後味の悪い結末となってしまった。



7節 VS トゥールーズ(8位/H)
○1-0

得点[OM]30分ジブリル シセ
交代[OM]84分ジョルカエフ→オコチャ、ラバネッリ→アドゥ
交代[トゥールーズ]72分アリバジェ→コングル、アクバ アクブロ→マンサーレ、アスプリージャ→エルマンデル



8節 VS スダン(17位/A)
○2-0

得点[OM]18・34分ジブリル シセ
交代[OM]65分ババヤロ→中田 浩二 82分ゼ マリア→オロルンレケ
交代[スダン]82分ノロ→ソル ギヒョン、モーリス ペライ→ブダブ

 18分、スローインからババヤロがクロス。それをシセがダイレクトボレーで合わせ先制。さらに34分にも決め2点目。絶好調のジブリル シセ。獲得は成功だった。クラブランキングは44位と大躍進。リベリー、シセ、バルテズが代表戦のためチームを離れた。



9節 VS パリ・サンジェルマン(2位/A)
○2-0

得点[OM]87分アキンバイ 90分+ボクシッチ
交代[OM]75分ラバネッリ→アキンバイ、オコチャ→ジャルディ クライフ 90分+ババヤロ→ブルジョワ
交代[PSG]79分メンディー→パンクラーテ 87分アルマン→アテバ

 ボクシッチ、ラバネッリの2トップで臨んだライバル対決。主力不在も、後半、相手が前がかりになってきたところを攻め、きっちり勝利。自国のリーグ戦で唯一負けなしとなった。代表戦を終えたメンバーがチームに合流。








※この記事の内容はゲーム内での出来事(架空+筆者の妄想)であり、実際のチーム、選手、リーグ(大会)などとは一切関係ありません。



2007年03月30日

ML戦記 マルセイユ編17

※はじめての方、MLの条件等はこちらから
*'07-'08シーズンの基本フォーメーションはこちら





 '07-'08シーズンが終了した。リーグ戦、カップ戦を制覇し、二冠を達成したマルセイユの成績は以下の通り。

mlomsk07080703


















 失点が減り、負け数も昨シーズンの半分になった。とはいえ、最終節までもつれた優勝争い。ライバルPSGとの争いは、まだまだ続いていきそうだ。※昨シーズンの結果はこちら


 新シーズンへ向け、CLも考慮し、積極的な補強を行ったマルセイユ。

*主な移籍情報(OUT)
MFディ マッテオ→ボルドー(ヴァルヴェルドとのトレード)
MFフラド→セルタ
GKフェラン→セルタ
DFアンブルエ→水戸
MFシリエックス→レバンテ(ゼ マリアとのトレード)
MFニュートン→ガラタサライ
DFドグラス→札幌
DFパサネン→フラム(クリスタンバルとのトレード)
FWバルデス→ヴァランシアンヌ


(IN)
FWジブリル・シセ(前所属;レバークーゼン)
DFアベラルド(未所属)
MFオコチャ(前所属:ドルトムント)
MFディノ バッジョ(未所属)
MFジョルディ・クライフ(前:メタルルグ・ドネツク)

 何と言っても目玉はジブリル・シセの加入だろう。昨季レバークーゼンで活躍し、移籍金650万ユーロ(推定)で自国リーグに復帰。天性のゴールゲッターは、久々のリーグ・アンでどのようなプレイを見せるのか。また、前所属チームと契約更改せず、未所属となっていた元スペイン代表のアベラルド、同じく元伊代表のMFディノ・バッジョらを獲得した。新戦力を加えた初戦は、昨季前人未到の4冠を達成したイングランドのチェルシーが相手。フォーメーションは以下の通り。

mlompsmfm0703


















プレシーズンマッチ VS チェルシー(CR4位)
○4-0

得点[OM]45分+リベリー 56・68分ボクシッチ 78分ジョルディ・クライフ
交代[OM]45分+バ→オコチャ、ラバネッリ→ボクシッチ 67分ジョルカエフ→ジョルディ・クライフ 88分ジブリル・シセ→ドスンム、オコチャ→ババンギダ
交代[CLS]63分ベッケンバウアー→リカルド・カルバーリョ 83分アシュリー・コール→ブロリン、ロッベン→ジョー・コール

 現在、クラブランキング4位の強豪チェルシーとの一戦。確実にパワーアップしたマルセイユはホームで相手を圧倒。前半ロスタイム、新加入シセのクロスが流れたところにリベリー。先制点。さらに後半から出場のボクシッチの2ゴール。復活をアピール。終わってみれば4-0。プレシーズンマッチとはいえ、仏王者として臨んだ闘い、自信を深めた。







※この記事の内容はゲーム内での出来事(架空+筆者の妄想)であり、実際のチーム、選手、リーグ(大会)などとは一切関係ありません。



2007年03月29日

ML戦記 マルセイユ編16

※はじめての方、MLの条件等はこちらから
*'07-'08シーズンの基本フォーメーションはこちら





※()内の順位は前節終了時点までのもの。


35節 VS RCランス(12位/H)
△1-1

得点[OM]30分ラバネッリ
得点[RC]75分ディンダーヌ
交代[OM]73分オロルンレケ→パサネン 78分ラバネッリ→バルデス 89分ジョルカエフ→ディ マッテオ
交代[RC]73分バルル→クザン

 リベリー、バを欠くマルセイユ。前半30分、SHババンギダの深い位置からのクロスにラバネッリが反応し、ダイビングヘッドで突き刺す。しかし75分、ディンダーヌに頭で流し込まれ同点。試合はそのまま終了し、優勝を目指すマルセイユにとっては痛い引き分けとなった。この時点で首位陥落。

1.PSG 74pts 得失点差 31
2.マルセイユ 73pts 得失点差 30




36節 VS ナント(4/H)
○2-0

得点[OM]13分アキンバイ 49分ラバネッリ
交代[OM]63分ラバネッリ→アドゥ 72分ジョルカエフ→フラド 86分バ→ババンギダ
交代[ナント]60分ボキュンジ キャ→ブハリ 73分ファン ブリク→ブリューアー

 2得点をあげ勝利。しかし、PSGも勝利し、順位は変わらず。



37節 VS レンヌ(13/H)
○2-0

得点[OM]40分アドゥ 75分ボクシッチ
交代[OM]72分アキンバイ→ボクシッチ 80分アンブルエ→ババンギダ 90分+ババヤロ→中田 浩二
交代[レンヌ]59分フランケル→エドマン 72分ペリエ ドゥンベ→モンテルビオ

 “ア・ア”コンビで臨んだレンヌ戦。前節に引き続き、2得点をあげ勝利。PSGがサンテティエンヌに敗れたことでマルセイユが首位浮上。最終節で勝利すれば文句なしの優勝となる。クラブランキングは78位(↑)へ。



最終節 VS オセール(11/A)
△1-1

得点[OM]79分アキンバイ
得点[AUX]82分ペドレッティ
交代[OM]73分ラバネッリ→ボクシッチ 85分バ→中田 浩二
交代[AUX]82分シェルー→ピエローニ

 最終節までもつれた優勝争い。勝てば文句なしの優勝となるマルセイユ。79分、アキンバイがDFに囲まれながらも鮮やかなループシュートで先制。しかしアウェイ、オセールが意地を見せ同点に追いつく。結局、引き分けで終えるもこの時点でマルセイユの優勝が決定。実に15年ぶりのリーグ制覇となった。就任2年目で優勝を果たした監督のダビッド・モーリスは「欲を言えばヴェロドロームで決めたかったがね。まあ、それは来年以降の楽しみにするよ。(いつくらいに優勝を意識したか?)まさか!これだけスリリングな優勝争いだよ。PSGの連覇でもおかしくなかった。そういう意味ではウチに運があったのだろう。まだまだ課題は多いさ。」


1.マルセイユ(−)   80pts 23勝11分4敗 34差
2.PSG(−)     80pts 26勝2分10敗 31差
3.ナント(↑)      68pts 20勝8分10敗 14差
4.サンテティエンヌ(↓) 66pts 21勝3分14敗 19差
5.リヨン(−)      64pts 17勝13分8敗 18差
6.モナコ(−)      61pts 18勝7分13敗 13差

 上位の順位は上の通り。MVPにはPSGのパウレタ。2年連続の得点王とともにダブル受賞。アシスト王はソショーのブリュネル。シーズン終了後、ゾフ、ファン デル サールといった有力なGKの引退が正式に発表された。







※この記事の内容はゲーム内での出来事(架空+筆者の妄想)であり、実際のチーム、選手、リーグ(大会)などとは一切関係ありません。



2007年03月28日

ML戦記 マルセイユ編15

※はじめての方、MLの条件等はこちらから
*'07-'08シーズンの基本フォーメーションはこちら





※()内の順位は前節終了時点までのもの。


UEFAカップ準々決勝 VS NEC(A)
△0-0

交代[OM]79分ラバネッリ→シリエックス、アンブルエ→ブカンソー
交代[NEC]49分オルソン→ブタハル 79分ダムス→パレト 86分ボダイゼン→バッケル



フランス杯準々決勝 VS ル・マン
○0-0
 1-0(EX)

得点[OM]108分ルブフ(PK)
交代[OM]69分アドゥ→バルデス 90分+リザラズ→カランブー 108分バ→ニュートン
交代[ル・マン]82分イブラヒマ・カマラ→イズマエル・バングラ 107分松井→デ メロ 114分パール→ファンショヌ



32節 VS リール(15位/H)
○2-1

得点[OM]17・45分+ラバネッリ
得点[リール]6分ドゥブチィ


UEFAカップ準決勝 1st leg VS アーセナル(H)
○1-0

得点[OM]45分+フラド
交代[OM]73分アンブルエ→パサネン
交代[ASN]73分エブーエ→アデバヨール

 順調に勝ち進んできたマルセイユ。準決勝の相手はタレント揃いのアーセナル。主力欠場も、21分にアーセナルのシガンが退場するなどし、マルセイユがホームで圧倒。



UEFAカップ準決勝 2nd leg VS アーセナル(A)
△2-2

得点[OM]29分イブラヒム・バ 35分バルデス
得点[ASN]12分リュンベリ 39分アデバヨール
交代[OM]62分ババヤロ→ブカンソー
交代[ASN]75分センデロス→アンリ、ルイス・エンリケ→エブーエ、クリシー→シニョーリ



フランス杯準決勝 VS ソショー
○1-0

得点[OM]49分ジョルカエフ
交代[OM]71分ラバネッリ→アドゥ 79分リザラズ→中田浩 86分リベリー→ニュートン
交代[ソショー]71分アフォラビ→ピルサ 84分ダフ→ポティオン



33節 VS ナンシー(20位/H)
○3-1

得点[OM]22分アドゥ 44分フラド 42分ボクシッチ
得点[ナンシー]59分クルベロ
交代[OM]76分バルデス→ボクシッチ 82分オロルンレケ→ドグラス
交代[ナンシー]76分ギャヴァノン→ケルキシャン



UEFAカップ決勝 VS アヤックス
●1-2

得点[OM]43分リベリー
得点[AJX]28分バベル 85分マドゥーロ
交代[OM]74分ラバネッリ→ボクシッチ 85分ジョルカエフ→フラド、アキンバイ→アドゥ
交代[AJX]71分グリゲラ→大井、ミテア→マウロ・ロサレス 81分大井→ペレス

 決勝の相手はオランダの盟主アヤックス。クラブランキング17位が相手(マルセイユは82位)。若干かたさが見られるマルセイユ。前半28分、シュナイダーのパスを受けたエースバベルが苦しい体勢からシュートを撃ち先制。しかし43分、リベリーの左足で同点。決着がついたのは後半終了5分前。一瞬の抜け出し、マドゥーロが落ち着いてGKもかわし勝ち越し。この時点で勝負はついた。マルセイユは準優勝で大会をおえた。MVPにはスナイデル(アシスト王)。得点王はアーセナルのアンリ。



34節 VS トロワ(18位/A)
○3-0

得点[OM]21分ボクシッチ 55・63分リベリー
交代[OM]72分ジョルカエフ→シリエックス、ラバネッリ→バルデス
交代[トロワ]63分タニック→アムジネ 72分ラウール・ブラボ→イブラヒマ・ファエ 74分エンザ・ヤミッシ→ダレ

 カップ戦の雪辱を果たすかのように、下位チームを圧倒。CLはイングランドのチェルシーが制覇した。MVPにはマンUのスミス(得点王)。



フランス杯決勝 VS パリ・サンジェルマン
○1-1
 2-0(EX)

得点[OM]70分フラド 103・108分アキンバイ
得点[PSG]10分パウレタ
交代[OM]61分アンブルエ→ディ マッテオ 83分バ→ババンギダ 117分ババヤロ→中田浩
交代[PSG]83分メンディ→P A フロー 105分+C ロドリゲス→エレピュイク 117分アルマン→アテバ

 名門同士の対決となったフランス杯決勝。ジョルカエフ、リザラズ、ラバネッリらを欠くマルセイユ。前半の立ち上がり、得点王を虎視眈々と狙うパウレタに早速ゴールを決められる。しかし後半25分、リベリーのパスを受けたフラドがシュート。ポストに当たって入る。決着は延長戦へ。疲れの見えるPSGディフェンス陣、トラップを手間取っている隙にアキンバイがボールを奪い、GKと1対1。キーパーを落ち着いてかわし、無人のゴールへ逆転弾。そこで気持ちが切れてしまったのか、PSGはその5分後にもアキンバイに決められ、勝者はマルセイユ。ジョルカエフに代わってキャプテンマークを巻いたGKバルテズが優勝カップを掲げた。MVPはレンヌのFWユスーフ・ハッジ。得点王はやはりパウレタ。







※この記事の内容はゲーム内での出来事(架空+筆者の妄想)であり、実際のチーム、選手、リーグ(大会)などとは一切関係ありません。





2007年03月27日

ML戦記 マルセイユ編14

※はじめての方、MLの条件等はこちらから
*'07-'08シーズンの基本フォーメーションはこちら





※()内の順位は前節終了時点までのもの。


26節 VS ニース(12位/A)
●0-1

得点[ニース]14分エデルソン(PK)
交代[OM]69分ラバネッリ→アドゥ 87分ジョルカエフ→フラド 87分アンブルエ→パサネン
交代[ニース]69分ディアキテ→ヴァロール 87分ペリオン→エシュアワニ



UEFAカップ1回戦 1st leg VS キエーヴォ(A)
○2-0

得点[OM]40分アドゥ 41分バルデス
交代[OM]65分シリエックス→ドグラス 80分ニュートン→バ
交代[キエーヴォ]80分ダンナ→ブルーノ



27節 VS パリ・サンジェルマン(1位/A)
○1-0

得点[OM]63分ラバネッリ
交代[OM]75分アンブルエ→パサネン 81分ラバネッリ→アドゥ
交代[PSG]74分アルマン→ピエール アラン フロー

 PSGとの名門対決を控え、リザーブ中心のメンバー構成で挑んだUEFAカップ一回戦1st legは勝利。そして、首位PSGとの天王山を迎える。63分アキンバイが切れ込み、最後はラバネッリの左足。結局それが決勝点。しかし、ラバネッリはケガ。全治4週間と診断された。



UEFAカップ1回戦 2nd leg VS キエーヴォ(H)
●0-1

得点[キエーヴォ]61分ペリシエ
交代[OM]68分オロルンレケ→パサネン
交代[キエーヴォ]62分マントヴァーニ→コッサート



28節 VS ル・マン(11位/H)
△0-0

交代[OM]66分リザラズ→ババヤロ 74分アドゥ→ババンギダ



29節 VS ソショー(5位/A)
○1-0

得点[OM]33分アキンバイ
交代[OM]45分+ボクシッチ→アドゥ 72分ババヤロ→シリエックス 87分バ→ババンギダ
交代[ソショー]71分ダフ→ピルサ 87分ダガノ→エルディング

 ボクシッチがケガから復帰。強行出場も、前半のうちに再びケガで途中交代。中田同士の日本人対決が実現。試合後、ジョルカエフ、中田英両キャプテンが握手するシーンが見られた。



UEFAカップ2回戦 1st leg VS リヨン(A)
△1-1

得点[OM]39分アキンバイ
得点[OL]45分+ゴブ
交代[OM]82分ジョルカエフ→ディ マッテオ、アンブルエ→ドグラス
交代[OL]61分シェルストレーム→ビディッチ、アビダル→ジュニーニョ・ペルナンブカーノ 82分ヘルマー→ベンアルファ



UEFAカップ2回戦 2nd leg VS リヨン(H)
○1-0

得点[OM]31分バルテズ
交代[OM](NO DATA)
交代[OL](NO DATA)

 自国リーグの相手にホームで勝利し、駒を進めるマルセイユ。クラブランキングは82位(↓)。



30節 VS ボルドー(5位/A)
○1-0

得点[OM]3分アドゥ
交代[OM]71分オロルンレケ→パサネン 78分アドゥ→バルデス 86分ジョルカエフ→ディ マッテオ
交代[ボルドー]55分古賀→アロンソ 71分プラヌス→ギバルシュ 86分シュミツェル→アフスティーン

 この時点で再びリーグ首位。2位PSGとの勝ち点はわずかに3。



フランス杯 2回戦 VS オセール
○0-0
 0-0(EX)
 6-5(PK)

交代[OM]82分リザラズ→ババヤロ 90分+アンブルエ→パサネン 112分フラド→ジョルカエフ
交代[オセール]82分ペドレッティ→アカレ




31節 VS トゥールーズ(12位/A)
△0-0

交代[OM]68分バ→シリエックス 79分アドゥ→フラド
交代[トゥー]68分ボネ→デューズ 82分コングル→アルセニ キャマラ




UEFAカップ準々決勝 1st leg VS NEC(H)
○3-0

得点[OM]6・62分ラバネッリ 19分リベリー
交代[OM]67分ラバネッリ→バルデス 71分リベリー→ディ マッテオ
交代[NEC]83分ナルバントグル→ホルマン

 UEFAカップ準々決勝の相手はオランダのNEC。54分に相手CBウィスヘルホフが退場するなどし、終始試合を優位に進めたマルセイユが3得点をあげ勝利。






※この記事の内容はゲーム内での出来事(架空+筆者の妄想)であり、実際のチーム、選手、リーグ(大会)などとは一切関係ありません。




2007年03月26日

ML戦記 マルセイユ編13

※はじめての方、MLの条件等はこちらから
*'07-'08シーズンの基本フォーメーションはこちら





※()内の順位は前節終了時点までのもの。


20節 VS モナコ(10位/H)
○2-0

得点[OM]39分ボクシッチ 83分フラド
交代[OM]72分ラバネッリ→アドゥ 77分ジョルカエフ→フラド 87分ババヤロ→アブドゥ
交代[ASM]72分モデスト→ニマニ 83分ブラシル→D・ペレス 85分クフレ→ドス サントス

 コレル、ディバイオと、リーグ屈指の攻撃力を持つモナコとの対戦。ケガから復帰後、好調なボクシッチのゴールで先制。さらに後半、途中出場のフラドも決め完勝。この後発表されたクラブランキングは76位。



21節 VS ヴァランシアンヌ(15位/H)
○4-0

得点[OM]15・29・87分アキンバイ 35分アドゥ
交代[OM]69分アンブルエ→中田 浩二、アドゥ→アスプリージャ
交代[VAFC]69分サヴィダン→プラトゥ 79分パーウェ→ハイズマン

 主力が欠場し、控え中心のマルセイユ。前半15分、アドゥが相手DFにつっかけ、ボールがこぼれる。それを逃さなかったアキンバイ。ゴール左隅に流し込み先制。さらに29分、後半終了間際の87分にも決め、ハットトリック。シーズン前半はギバルシュの影に隠れていた男が爆発した。当然MOM。
 中田浩二が途中出場し、加藤久、福田正博との日本人対決が実現も、終わってみれば4-0と、マルセイユが実力の違いを見せつけた。



22節 VS リヨン(6位/A)
△0-0

交代[OM]81分ラバネッリ→アキンバイ 90分+ジョルカエフ→フラド
交代[OL]81分ヴィルトール→フレッヂ

 DFを入れ替えて臨んだマルセイユ。かつての王者に勢いはなく、スコアレスドロー。



23節 VS ロリアン(19位/A)
△2-2

得点[OM]14分ラバネッリ 24分アドゥ
得点[FCL]50分フィオレーズ 67分クラーク
交代[OM]19分ボクシッチ→アドゥ 70分ババヤロ→中田浩二 87分ラバネッリ→ディ マッテオ
交代[FCL]59分バリエントス→アヤリ 81分ペドロン→ケネディ

 ボクシッチが早い時間帯にケガ。全治二週間と診断。



24節 VS サンテティエンヌ(3位/H)
○1-0

得点[OM]66分リザラズ
交代[OM]76分アンブルエ→中田浩二、アドゥ→バルデス 87分フラド→ディ マッテオ
交代[ASSE]76分ホノン→フェインドゥーノ

 現在2位のマルセイユ。それを勝ち点差7で追う3位サンテティエンヌとの直接対決。マルセイユの2トップは好調“ア・ア"コンビ。支配率こそ互角だったが、サンテティエンヌはファウルで止めるのがやっと(イエローカード4枚)。後半21分、SBのリザラズが30Mはあろうかという位置からロングシュート。得意の左足で鮮やかに決め、それが決勝点。直接対決を制したのはマルセイユだった。



25節 VS スダン(18位/H)
●0-1

得点[スダン]87分モーリス・ペライ
交代[OM]75分ラバネッリ→アキンバイ 83分ボクシッチ→アドゥ 87分バ→ババンギダ
交代[スダン]82分ソル・ギヒョン→モカケ

 前節で勝利し、首位に立つも下位チームに敗れ、早くも首位陥落。




*主な移籍情報(OUT)
MFドノバン→ニューキャッスル
DFシアニ→ワトフォード
DFアブドゥ→オセール
MFニヴェ→ロリアン
FWギバルシュ→ボルドー

(IN)
FWバルデス(未所属)

 再びプレミアでのプレーを望んだドノバンがニューカッスルへ移籍。また、ボクシッチ不在の穴を埋めておきながら、あまり評価されずリザーブ扱いだったギバルシュがボルドーへ移籍。






※この記事の内容はゲーム内での出来事(架空+筆者の妄想)であり、実際のチーム、選手、リーグ(大会)などとは一切関係ありません。



2007年03月25日

ML戦記 マルセイユ編12

※はじめての方、MLの条件等はこちらから
*'07-'08シーズンの基本フォーメーションはこちら





 '07-'08シーズンの基本フォーメーション+全所属選手は下の通り(一月の交渉期間で加入した選手も含まれており、シーズン前半にはいなかった選手も含まれております。また、前半戦のみ在籍の選手は含まれておりません)。


mlom0708fome0703























※この記事の内容はゲーム内での出来事(架空+筆者の妄想)であり、実際のチーム、選手、リーグ(大会)などとは一切関係ありません。



2007年03月24日

ML戦記 マルセイユ編11

※はじめての方、MLの条件等はこちらから
*'07-'08シーズンの基本フォーメーションはこちら






※()内の順位は昨シーズンの総合。


13節 VS リール(7位/A)
●1-2

得点/[OM]11分アキンバイ
得点/[リール]33分オーデル 45分+ロルフェス
交代/[OM]75分ジョルカエフ→ニヴェ アドゥ→ドノバン
交代/[リール]82分ロルフェス→ルポストレク 88分シャルメ→リヒトシュタイナー S・ロバイル→ヴィタキッチ

 代表戦終了。ボクシッチ復帰も大事をとって出場なし。“ア・アコンビ”でのぞむも、逆転負け。



14節 VS ナンシー(20位/A)
○2-1

得点/[OM]12分ギバルシュ 84分ドノバン
得点/[ナンシー]61分ドスンム
交代/[OM]76分ラバネッリ→アンブルエ、シアニ→ドノバン 8分バ→ババンギダ
交代/[ナンシー]58分ドゥシェマン→クレティアン 76分プラソン→ゼルカ 89分ビアンカラーニ→ルドルフ

 CBとして中田浩出場。ギバルシュ、ドノバンの2得点で勝利するも、何と言っても圧巻だったのはナンシーのFWドスンムのゴール。右からのクロスを頭で浮かし、そのままオーバーヘッド。超芸術的な同点ゴールとなった。



15節 VS トロワ(16位/H)
○2-0

得点/[OM]8分ボクシッチ 74分カランブー
交代/[トロワ]74分ラウール・ブラボ→ジャジリ

 ボクシッチ復活。開始早々の8分、相手DFを引き連れ復活アピール弾。カランブーのゴールもアシストし、1ゴール1アシスト。MOMにも選ばれ、完全復活。



16節 VS RCランス(12位/A)
○2-0

得点/[OM]44分ボクシッチ 88分ジョルカエフ
交代/[OM]72分ラバネッリ→アドゥ 83分ボクシッチ→ドノバン 90分+ジョルカエフ→ニヴェ
交代/[ランス]72分ヴィニャル→マルコ・ラモス、クザン→トメール

 現在リーグ2位対3位の対決。ボクシッチの連続ゴールで先制。さらに後半終了間際、ジョルカエフの追加点できっちり勝利。



17節 VS ナント(9位/A)
○3-1

得点/[OM]45分+ボクシッチ 51分リベリー 84分ギバルシュ
得点/[ナント]71分セット
交代/[OM]61分ボクシッチ→ギバルシュ 81分アンブルエ→シアニ、アドゥ→ドノバン
交代/[ナント]64分ジュヌシャン→ブハリ 71分アーウィン→ディミトリイェビッチ 81分ファン・ブリク→ブリューアー



18節 VS レンヌ(6位/A)
○2-1

得点/[OM]39分イブラヒム・バ 50分ギバルシュ
得点/[レンヌ]15分ブルーノ・シェルー
交代/[OM]78分イブラヒム・バ→ババンギダ、ラバネッリ→アキンバイ 89分ジョルカエフ→ドノバン
交代/[レンヌ]57分エドマン→フランケル 66分ソルラン→オークール、ユスーフ・ハッジ→モンテルビオ

 ボクシッチ、リベリー、カランブーら欠場。失点こそするも、シュート15本を浴びせ圧倒。
 クラブW杯はバイエルン・ミュンヘンが鹿島を下し制覇。



19節 VS オセール(14位/H)
△0-0

交代/[OM]65分ジョルカエフ→ニヴェ 89分ラバネッリ→アキンバイ

 ベストメンバーでのぞみ、決定機を何度も作るも得点を奪えず。以下、シーズン折り返しの順位。


1.PSG      41pts 21(得失差)
2.マルセイユ   41pts 16
3.サンテティエンヌ 33pts 10
4.RCランス  33pts 1
5.ナント    32pts 6
6.リヨン    31pts 7
7.ソショー   31pts 6

 得失点差でパリ・サンジェルマンが首位。上位2チームが抜けた印象。かつての王者リヨンの巻き返しはあるのか、脱落するチームはあるのか、注目が集まる。






※この記事の内容はゲーム内での出来事(架空+筆者の妄想)であり、実際のチーム、選手、リーグ(大会)などとは一切関係ありません。


プリセット

 プリセットはあるのに、ゲーム内には登場しない選手。


※これらは主なもの(一部)で、全てではありません。また、当ブログは攻略サイトではありません(あくまで管理人のメモとしての記事です)。


[スキン1]
34.ジエゴ 37.ポボルスキー 60.カーン 66.ヤンカー
67.ノイヴィル 68.クローゼ 71.バッベル 74.シュナイダー
178.リトマネン 182.バルテズ 216.ペッソット 239.ディ ビアージョ
224.デルヴェッキオ 225.ユリアーノ 274.ロナルド デ ブール
282.ファン デル ファールト 316.ダニエル アンデション
327.アレクサンデション

[スキン2]
60.高原直泰 124.アン ジョンファン 126.チェ ヨンス
151.ボルヘッティ 166.バストゥルク 167.イルハン 172.ドノバン

[スキン3]
1.ベロン 66.ラーション

[スキン4]
44.ヨーク




※こちらの記事は進展がありしだい更新致します。



2007年03月23日

ML戦記 マルセイユ編10

※はじめての方、MLの条件等はこちら
*'07-'08シーズンの基本フォーメーションはこちら






※()内の順位は昨シーズンの総合。


8節 VS パリ・サンジェルマン(1位/H)
○2-0

得点/[OM]27分アキンバイ 45分+ドノバン
交代/[OM]82分アドゥ→ドノバン、アンブルエ→シアニ 90分+ニヴェ→フラド
交代/[PSG]68分ロテン→C・ロドリゲス 82分メンディー→パンクラーテ 83分ドラソー→ピエトル

 昨シーズンの覇者PSGとの名門対決。主に前線の選手をリザーブでかためたマルセイユだったが、アキンバイ、ドノバンの2得点で勝利。クラブランキングは88位(↑)へ。リベリー、ジョルカエフ、バルテズが代表戦のためチームを離れた。


9節 VS ル・マン(17位/A)
△0-0

交代/[OM]76分ラバネッリ→アブドゥ、ババヤロ→アキンバイ 87分ニヴェ→フラド
交代/[ル・マン]79分イブラヒマ カマラ→ボナール 87分松井 大輔→ファンショヌ

 松井率いるル・マンとの対戦。CBとして中田が出場し、日本人対決となった。結局得点は生まれず、スコアレスドロー。ソンゴオ、中田を中心とした守りは及第点か。



10節 VS ソショー(8位/H)
○1-0

得点/[OM]64分ジョルカエフ
交代/[OM]45分+ラバネッリ→アドゥ 83分オロルンレケ→シアニ 90分+アキンバイ→ババンギダ
交代/[ソショー]76分ブリュネル→イザベイ 79分ジョス→ピルサ

 中田英寿率いるソショーとの一戦。前半、FWラバネッリがケガで負傷退場。アキンバイを中心に攻め立てるも、相手GKリシェールが好セーブを連発し、得点を奪えず。しかし、64分、一瞬気がゆるんだのか、ジョルカエフが好調リシェールからスライディングでボールを奪い、無人のゴールへシュート。結局それが決勝点となり、マルセイユが勝利。以下、10試合終わっての順位表。


1.RCランス(−) 22pts
2.パリ・サンジェルマン(−) 21pts
3.ル・マン(↑) 20pts
4.マルセイユ(↑) 19pts
5.リール(↑) 17pts

 まだあまり差は見られず、どのチームにもチャンスがあるといった印象。得点王争いトップはPSGのパウレタで8ゴール(10節終了時点)。




11節 VS ボルドー(10位/H)
○2-0

得点/[OM]34分ギバルシュ 50分ラバネッリ
交代/[OM]66分ラバネッリ→ドノバン 76分ジョルカエフ→ディ マッテオ 87分リザラズ→ババヤロ
交代/[ボルドー]66分S ダルマ→前園 真聖 76分オガラル→ダルシュビーユ 87分ラスランド→メネガッツォ

 ラバネッリのケガは大したことなく、ベストメンバーでのぞんだボルドー戦。2トップの活躍でしっかり勝利をもぎとった。この時点でマルセイユは3位浮上。リベリー、ジョルカエフ、バルテズが再び代表に召集された。



12節 VS トゥールーズ(11位/H)
○2-1

得点/[OM]24分カランブー 55分ギバルシュ
得点/[トゥ]70分エルマンデル
交代/[OM]63分アンブルエ→中田浩 78分ディ マッテオ→アドゥ 89分ラバネッリ→アキンバイ
交代/[トゥ]59分エボンド→エルマンデル 63分アクパ アクプロ→ポネ 89分アリハジェ→アルセニ キャマラ

 DFのルブフがキャプテンマークを巻いた試合。前半から攻め立て、チャンス多数。24分にはカランブーが相手DFをかわし、絵に描いたようなミドルシュート。さらにギバルシュの追加点。6試合ぶりの失点となったが、チームは3連勝。








※この記事の内容はゲーム内での出来事(架空+筆者の妄想)であり、実際のチーム、選手、リーグ(大会)などとは一切関係ありません。




商品情報







Web拍手