2007年03月19日

カードマジック古典名作一覧

今日はブログを書く時間がないので、私がお薦めするカードマジックの名作の一覧を掲載しておきます(汗)

アンビシャス・カード
デックの中から1枚を観客に選んでもらいフェイスにサインしてもらう。そのサインカードをデックの中ほどへ戻すが演者がおまじないをかけるとサインカードはデックのトップから出現する。これを何度も繰り返す。
以下のようにさまざまなバリエーションがある。

サインカードがデックのボトムから出現する
サインカードを表向きにして行う
3枚のカードで行う(サインカードと他のカード2枚の合計3枚)
さらに3枚のカードをハトメで固定して行う
サインカードが演者の口などさまざまな場所へ移動する
裏の色が違う2枚のカードをデックのトップに置いてそれらのカードで上がってきたサインカードをキャッチする(モンキー・イン・ザ・ミドル)
デックをロープでしばった状態で行う(アルティメット・アンビション、ダロー の作品)
サインカードがデックの端からはみだした状態で行う(レイズ・ライズ、エスカレーター)
サインカードを折り曲げた状態で行う(ポップアップ)
残りのデックが消失しサインカード1枚だけが残る(アンビリーシャス・カード、益田克也 の作品)
いつのまにか残りのデックが塊に変化している(ソリッド・デセプション、ポール・ハリス の作品)

トライアンフ
デックの中から1枚を観客に選んで覚えてもらう。そのカードをデックの中ほどへ戻しよく混ぜる。ただしカードが表裏ぐちゃぐちゃになるように混ぜる。しかし演者がおまじないをかけると全てが裏向きに揃う。よく見ると最初に選んだカードだけが表向きになっている。
最後に観客の選んだカードと同じマークの全てのカードが表向きになるものもある(プレイ・イット・ストレート)。

オイル・アンド・ウォーター
演者は同じ枚数ずつ(たいてい3〜4枚ずつ)の赤のカードと黒のカードを見せる。赤のカードは水、黒のカードは油を表していると説明し、赤のカードと黒のカードを交互に混ぜていく。しかし、しばらく待つと油と水が分離するように赤のカードと黒のカードが半分ずつにわかれる。
原案はエド・マーロー といわれており非常に多くのバリエーションが存在する。具体的にはトニー・スライディーニ 、ホアン・タマリッツ 、ダイ・バーノン 、フィル・ゴールドシュタイン 、松田道弘 、ヒロ・サカイ などが改案を発表している。ラリー・ジェニングス は97種類の方法を習得したという逸話がある。
逆に半分ずつに分けた赤と黒のカードを一瞬で赤黒交互に混ぜてしまう場合もある(エルマー・ビドル のアンティ・オイル・アンド・ウォーターやフィル・ゴールドシュタイン のミクスタント)。
またクライマックスに4枚のクイーンが登場するものもある(オイル・アンド・クイーン、ロイ・ウォルトン の作品)。

ツイスティング・ジ・エーセス
原案はダイ・バーノン 。パケットトリックの1つ。演者は4枚のエースを示す。最初は全てのエースが裏向きだが演者がおまじないをかけるたびに1枚ずつエースが表向きになる。
ロジャー・スミス の改案マキシ・ツイストでは、最後に4枚のAがスペードのA、2、3、4に変化する。また松田道弘 の改案では最後に4枚のAが全て表向きになる。

ライジングカード
デックの中から1枚を観客に選んで覚えてもらう。そのカードをデックの中ほどへ戻す。演者はデックを縦向きに持つ。演者がおまじないをかけると最初に選んだカードがデックから飛び出してあがってくる。場合によってはデックをグラスの中などに入れておくこともある。
ケン・クレンツェル 、ヘンリー・エバンス 、ハリー・デバノ など多くのマジシャンが独自の方法を考案している。

リセット
原案はポール・ハリス 。パケットトリックの1つ。演者は4枚のエースを示す。1枚ずつエースがキングに変化していく。4枚全てがキングに変化したあとは4枚が再びエースに戻る。

フォア・エース
演者は4枚のエースをテーブルの4箇所に1枚ずつ裏向きに置く。それぞれのエースの上に裏向きに3枚のカードを追加する。テーブルの上に4枚のパケットが4つできたことになる。そのあと観客が4つのパケットから1つを選ぶ。演者がおまじないをかけると1枚のエースが観客の指定したパケットに集まる。
エースが集合する過程をゆっくり見せるもの(スローモーション・フォア・エース)や再びエースがばらばらになるもの(バックファイアー・フォア・エース)などのバリエーションがある。

スリーカードモンテ
演者は3枚のカードを示しそのうち1枚が当たりで残りの2枚は外れだと説明する。観客にどのカードが当たりのカードなのかを示したあとカードを裏向きにしてテーブルに置き、カードを並べ替える。観客はどのカードが当たりのカードなのかを当てようとするがなぜか何回やっても当たらない。

エレベーターカード
3枚程度のカードがデックを上下するマジックの総称。アンビシャスカードの複数枚バージョンとも考えられる。
エド・マーロー 、ビル・サイモン 、フランク・ガルシア 、デリック・ディングル 、松田道弘 などが手順を考案している。

フォロー・ザ・リーダー
同じ枚数ずつの赤のカードと黒のカードから赤のカードのリーダーと黒のカードのリーダーを1枚ずつ選ぶ。リーダーのカードをテーブルの上に1枚ずつ置き、赤のカードと黒のカードもそれぞれ1つのパケットとしてその近くに置く。その後、2枚のリーダーカードの位置を交換すると、それにつられて残りのカードも位置が交換してしまう。
エド・マーロー 、スチュアート・スミス 、ダイ・バーノン 、フィル・ゴールドシュタイン などが手順を考案している。

アウト・オブ・ディス・ワールド
観客がデックを裏向きに持ち、1枚ずつ勘でカードを赤のカードと黒のカードに分けていく。最後にカードを表向きにするとそれらが全て一致している。原案はポール・カリー であり、その後にU・F・グラント が優れた改案を発表した。

カード・トゥ・ポケット
カードが演者のポケットの中に飛行するマジックの総称。
以下のようなバリエーションがある。

4枚のカードが別々のポケットに飛行する(トラベラーズ、ダイ・バーノン の作品)
カードの飛行を2回行う(ホーミングカード、ジミー・グリッポー とフランシス・カーライル の作品)
カードの飛行を3回行うが3回目には選ばれたカード以外の全てのカードがポケットに飛行する(ホーミングカード・プラス)
ポケットの中の財布の中へ飛行する(カード・トゥ・ウォレット)
カラーチェンジングデック
デックのバックの色が変化するマジックの総称。
ポール・カリー 、デリック・ディングル 、松田道弘 などが手順を考案している。
他にも以下のような有名なカードマジックがある。

ビジター
サインしたカードの不可解な移動、ラリー・ジェニングス の作品
リストア・カード
破ったカードを復活させる
フロッグ・プリンス
カエルにされた王子の呪いを解くというストーリー付き、マイケル・クローズ の作品
イモーショナル・リアクション
観客の表情から選んだカードを当てる、ダイ・バーノン の作品
カード・スルー・ウインドウ
観客の選んだカードがガラス窓を貫通して裏側に張り付く、ストリートマジック の定番
シカゴ・オープナー
観客の選んだカードのバックの色の変化、フランク・ガルシア の作品
エースオープナー
デックから4枚のAを1枚ずつあるいはまとめて取り出すマジックの総称
アウト・オブ・サイト・アウト・オブ・マインド
ダイ・ヴァーノンの「モアー・インナー」で解説された。メンタルカードマジックの定番
カードワープ
ロイ・ウォルトンの作品が有名。お札を通過するとカードが変化する現象の総称
ドゥ・アズ・アイ・ドゥ
マジシャンがするとおりに観客が真似をしていくと・・・
ギャンブリングデモンストレーション
もしマジシャンがポーカーなど「カード・ギャンブル」にマジックを使ったら・・・




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Visitors