windows 10,windows 7,windows 8.1,office 2016,office 2013,office 2010

弊店のwindows 10,windows 7,windows 8.1,office 2016,office 2013,office 2010,激安通販。ご購入した正規品をネット最安値で販売しています!

Microsoftが「Windows 10」の新しいエディション「Windows 10 Pro for Workstations」を開発しているという憶測は正しかったようだ。Microsoftは2017年秋に提供を開始すると発表した。

「Windows 10」リリースから2年
「Windows 10」リリースから2年

 MicrosoftのWindows and Devicesグループでパートナーグループプログラムマネージャーを務めるKlaus Diaconu氏は米国時間8月10日、「パワーユーザーは効率よく動かしたいという独自のニーズを抱えていることをわれわれは把握している。フィードバックを真剣に受け止めている」と公式ブログに記している。

 Windows 10 Pro for Workstationsは「サーバグレードのハードウェアを独自にサポート」し、ミッションクリティカルでコンピュートインテンシブなワークロードに対応するよう設計されているという。

 この新エディションは、9月頃に登場する予定の「Windows 10 Fall Creators Update(1703)」の一環として提供される。ReFSファイルシステム、永続メモリ、SMB Directを使った高速なファイル共有などの特徴を備え、サーバグレードの「Intel Xeon」「AMD Opteron」プロセッサ(最大4CPU)と最大6Tバイトの「大規模な」メモリといった新しいハードウェア設定をサポートする。現時点でWindows 10がサポートするのは、最大2CPUと2Tバイトとなっている。

 The Vergeが報じていたように、Workstationsエディションの存在を示すMicrosoftのスライドが、6月にリークしていた。

Windows 10 Pro for Workstations
提供:Microsoft

「Ubuntu」のダウンロードが容易になった。同OSは米国時間7月10日、「Windows Store」で提供開始された。Microsoftが5月に開催した開発者会議「Build 2017」で予告していたものだ。

Ubuntu

 Windows Storeでダウンロードできるのは限定的なサンドボックス化されたバージョンのUbuntuであり、入手プロセスは従来のルートよりもはるかに迅速になっている。このバージョンの主要機能は、Ubuntuのターミナルを通したコマンドラインユーティリティの実行だ。

 これを使うのは通常のダウンロードと同じくらい素早くできる。少しのステップを踏むだけだ。インストールした後、Ubuntuユーザーはコントロールパネルから「Turn Windows features on or off」を選択し、続けて「Windows Subsystem for Linux」を選択する。その後「OK」をクリックして再起動すれば、お楽しみの始まりだ。

今から1年前、Microsoftは同社のクラウドサービス群を組み合わせた「Secure Productive Enterprise」を発表した。米国時間7月10日、Microsoftはその後継のバンドルを披露した。名称は、より覚えやすい「Microsoft 365」に変更された。

 Microsoftは「Microsoft Inspire」カンファレンスの初日にMicrosoft 365を披露した。Microsoft 365は「Enterprise」と「Business」の2つに大別される。

 「Microsoft 365 Enterprise E3」と「Microsoft 365 Enterprise E5」は、「Windows 10 Enterprise」「Office 365 Enterprise」「Enterprise Mobility + Security」をバンドルしたものだ。顧客はEnterprise Agreement(EA)やMicrosoftのクラウドソリューションプロバイダー(CSP)を通してMicrosoft 365 Enterpriseを購入できるようになる。

 Microsoft 365 Businessには、「Office 365 Business Premium」のほか、Officeアプリ群と「Windows 10」端末向けのセキュリティおよび管理機能も含まれる。ユーザーはこれらの機能に単一のコンソールからアクセスできる。Windows 10へのアップグレード権も含まれている。顧客はMicrosoft 365 BusinessをMicrosoftから直接購入、またはCSPを通して購入することができる。

 Microsoft 365 Enterpriseは米国時間8月1日に発売される。Microsoft 365 Businessは8月2日よりパブリックプレビュー版の提供が開始される予定だ。

 Microsoft 365 Enterpriseの価格はプランなどさまざまな要因によって異なるため、詳細を知りたい場合はアカウントマネージャーに連絡するよう推奨している。参考までに、パートナー各社はMicrosoftの「Secure Productive Enterprise E3」をユーザー1人当たり月額約36ドル、「Secure Productive Enterprise E5」をユーザー1人当たり月額約54ドルで販売している。

 Microsoftは、Microsoft 365 Businessをユーザー1人当たり月額約20ドルで提供する予定だとしている。

このページのトップヘ