2007年09月28日

セールスアルバイトでの思い出

こんなに良い思い出がセールスのアルバイトの際にはありました。


セールスのアルバイトでは様々な思い出があります。
初めての訪問販売では気が引けて中々お店の中に入ることが出来なかったり、初めて僕のものがうれたときの喜び。
これは本当に大きな物がありますよ。
僕はまさかここまでセールスが人に感謝され、喜びを僕に与えてくれるとは思ってもいませんでした。

僕はアルバイトをしているときにここまで喜びを与えることが出来る仕事なんてあるとは思いませんでした。

しかし、一番のおもいではご年配のかたにパソコンを売ったときの事でした。
その日は既に2台のパソコンを販売していたので、僕は既にペースを緩めて仕事に入っていました。
そこでそのご年配の方が来店されて、彼にパソコンを説明するんですが、中々理解できずに時間が掛かっていました。
しかし、最終的には彼はノートパソコン一台を購入してくれ、最後にこのような言葉を残してくれました。

「お兄さん、ありがとね。お兄さんの話が良かったからお兄さんから買ったんだよ。これらも頑張れよ。」

この言葉を聞いた僕は心を打たれて感動してしまいました。
それが僕のセールスでの一番の思い出です。

あのご年配の方は今でも思い出します。
楽しいセールスが経験できて僕は幸せでした。

ここまで読んでくれてありがとうございました。




2007年09月22日

実力派アルバイター

こんなにすごいセールスのアルバイターもいたんです。


実力派アルバイター、これは僕のずっと考えていた憧れでした。
普通のアルバイトの人は首にならないギリギリの加減で働いていますが、もうそれとは正反対の実力派アルバイターと呼ばれる人たちがいますよ。

僕も今までアルバイトの人と様々なかかわりを持ってきましたが、あの電化製品店にて出会った実力派アルバイターはすごかったです。


かれは僕が9ヶ月目にいた頃に入ってきたんですが、すでに3ヶ月目で頭角を現し、ベスト3に入ってきたのは6ヶ月目でした。僕と同じようナンバー1の座を二人で何度も争い、友人としても最高の関係を築けた人でした。

人当たりも柔らかく、かなりのセールス力を持っていて、彼からも非常に多くの事が勉強できてよかったです。
かれはその電化製品という知らない人には脅威のジャンルのものをここまでかという風に単純明快に話し、話すよりも相手の話を聞き、ピンポイントで相手の興味をそそり、相手に理解をさせていくというかなりの手腕でした。


僕は本当に最後の最後に彼と出会えた事を感謝します。

かれは今では全国クラスの営業成績を出していると聞いています。
やはり大切なのはコミュニケーション。これは本当に重要ですね。


かれは地方出身で、最初は訛りが出るのを恐れて話が出来なかったみたいなんですが、その部分を上手く変え、相手の話を聞きながら、そして逆に方言で相手に話しかけるという温かな手法を使って成功した一人でした。

彼とは今でも連絡を取っています。


2007年09月19日

アルバイトと正社員

アルバイトだろうと営業では関係ない


アルバイトと正社員。これについて語っていきます。

僕は今までの全てのバイトでアルバイト正社員の力関係について不満を持っていました。まあ普通のアルバイターはそんなこと考えませんが、僕はどうも強く意識しているんです。


その、勝つために、正社員よりも仕事が出来るようになってやろうと。

僕は今までどのアルバイトでも必至にやってきて、正社員並かそれ以上のレベルに達したときもあると思います。そんなのどうやってわかるんだ?と思いますが、アルバイトをしたほぼ全ての会社で正社員にならないかと誘われています。


そんな僕でもアルバイトと正社員間の差別が気になっていました。

そんな僕がセールスの2度目の電化ショップに入ったときですが、既に僕のセールスの成績がナンバー3、ナンバー1、となった時には変わりませんでした。
つまり正社員の方々が僕を同等以上に扱ってくれていました。

アルバイトなんて関係ありません。セールスの力があり、営業成績の高い人のほうが優秀だと数字を見ればすぐにわかるんです。
そんな明快な世界にいたので、僕は何も差別を受けずに本当に快適に仕事が出来ました。


今での楽しい経験も吹き飛んでしまうぐらいの、すごい体験でした。
あのナンバー1になった瞬間は忘れることが出来ませんよ、僕は。

最高の一日でした。
僕は本当にセールスが大好きです。


2007年09月14日

セールス/マーケティングの重要性

実はこんなに重要なんです。


セールスとマーケティングの重要性は今まであまり認識されませんでしたが、僕はなぜこれが軽視されるのかを別にして、本当はこの2つのものは全ての人ぶ学ぶべきことだと、最初の訪問販売のアルバイトで気づきました。

まず、セールスやマーケティングも共通しているんですが、これは一番重要になるのはコミュニケーション、人間関係なんですよ。
普通アルバイトだろうが、仕事だろうが、関係ありません。
気の利かない人、信用できない人からは物を買いたいとは思いません。
あなたが少しでも信用できないような人に思われては決して誰もあなたからは物を買おうとは思わないんですね。

逆に言えば、既にどこかの業者と取引しているような小売店でも、あなたの人徳一つで大きく変わる可能性がある、そんな面白いものなんです。

ほとんどのセールスルマンは嫌がられたり、マイナスのイメージを持たれていますが、真のセールスマンやマーケッターは人に幸せを与えているんです。

これは大きいですよ。
僕も最初は中々面白くなかったり、恥ずかしかったりでどうも上手く行きませんでしたが、一度自分を動かすための勇気が出ると大きく物事が変わってきて生活自体も楽しくなってきて良かったです。

ですので、セールスやマーケティングは本当に大切な分野です。あなたも楽しく、そして人に感謝されるセールスマンになりましょう。

あなたなら出来るんです!
覚悟一つですよ。。


2007年09月07日

電化製品店でのセールスのアルバイト

大手の電化ショップでのセールスは

次の私のアルバイトは電化ショップでの販売員としてのセールスでした。
これはこれもアルバイトとして始めたんですが、ここまでで私はかなりセールスの仕事を気に入ってました。

アルバイトでも私は頑張ってそれなりの営業成績を残した前回は僕はセールスにのめりこみ、今回も色々な経験を積むためにまた販売というセールスの仕事に関わることにしました。

今回は派遣のアルバイトとして、電化製品店に行ったんですが、本当に面白かったです。その時でも既にセールスに関する様々な本を読んできましたし、前回の会社では成績ナンバーワンの先輩にお願いして一緒に営業に行っていたので、僕のノウハウもかなりのものになっていました。

電化製品店に入った一ヶ月目は商品知識やその他の関連物を覚えるために多くの時間を使ったために中々成績は上がりませんでしたが、2ヶ月目には店内でもかなりの成績を上げ始めてきました。

物を上手に売るという仕事は非常に人に感謝され、コミュニケーションが大切ですし、私は本当に良い経験が出来たと思います。

今回の会社では5ヶ月目から売り上げ成績のナンバースリーに入ることが出来ましたし、本当に楽しくてしょうがありませんでした。

私の電化製品への知識をかなりのものになり、どんな質問にも簡単に答えることが出来るようになりました。(ものすごく専門的なことにも)

やはりセールスは面白いし、アルバイトとして正社員にならないかと誘われましたが、新たな経験のために断ってきましたが。


2007年09月01日

セールスのアルバイトをする

最初は死ぬほど恥ずかしかった訪問セールス


セールスのアルバイトをします。こんにちは、セールス/マーケティング大好きのわたし、こばやんが営業、セールスについて熱く語って行きます。

私が初めてセールスのバイトを行ったのは3年前でした。訪問販売としてオフィスにファックスを売り歩いていたのですが、最初はアルバイトとして入って、上手く行けば正社員として会社に入ろうかなーと思っていたんですが、、、セールスがここまで難しいとは思いませんでした。

僕は今まで接客のアルバイトや、ファーストフードの仕事に就いたことがありましたが、訪問販売としてノーアポでセールスをしていた最初の頃は非常に辛かったです。

アルバイトなのにここまでやらなきゃいけないの?と少し思ったりもしましたが、中々数字を挙げることが出来ずに苦労していました。


やはり、アルバイトといえど、セールスは数字をを上げなくてはいけません。

働く時間は関係ないんです。逆に言えばセールスは働かなくても数字を上げればそれで良いんです。


中々私は最初の頃はアルバイト感覚で仕事してしまったためにやり切れずに仕事が難しく、訪問販売は死ぬほど恥ずかしかったですが、あるときについに感覚が吹っ切れて、ついに数字も上げることができてきました。


これは私の初めてのセールスのアルバイトでしたが、アルバイト以上に素晴らしい、物を売るという考えを授かった経験でもありました。

まだまだ続きますよ。アルバイトについても語っていきます。