ブライトリング正規販売店 スピリット・オブ・ブライトリング新宿 by ISHIDA 田中 沙理のブログ

2011年01月

YAHOO!JAPAN!

もうすっかり、服屋さんは春めいてますね
好きなSHOPのHPを見ているだけで、目がです

クレジットカードがうなる気満々ですが…
今回の引き落としが、不正献金かサイバー攻撃かと訝るくらいダイナミックでしたので、
猛省し、よりよい経済状況を整えたいので、かなり冷静な目と頭を持ちたいと思います
田中です


さて、そんなこんなで今冬もクライマックスを迎えておりますが、
冬の名物☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚イルミネーション゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆はもう皆様ご覧になられましたでしょうか??

新宿では、高島屋さんの横で、イルミネーションを点灯しております

とても…ロマンチックです


D1000102


これでは、ちょっと殺風景な画ですが…

2年前に、本店の女子スタッフ4名で行き、
クリスピークリームドーナツをほおばり続けた思い出があります…



会期も、もう少しで終わってしまうそうです
新宿にいらした際は、是非見てみて下さい

ボンボン

先日、青山のキルフェボンにホールケーキを買いに行った所…
すでに20時くらいだったので、もう全くなく…

ちょっと左の方を見たら3種類くらいあったので、

「あった!店員さん、ホールケーキって、ここだけですか??」
「それは焼き菓子です。」


目から鱗です…


あげく、一緒に買いに行った友達が

「3ピース買って、ベンツのマークみたくしたらどう!?」


もうあの店には行けませんね…


さて、今ではジャンルのひとつとなった「デカ厚時計」
さらっと着けると、とってもかっこいいですよね

ブライトリングは現在大きめのモデルが多いですが、
その中でも堂々の風格の限定モデルがあります


D1000138



  ど








D1000136


     ど












D1000137



どーん










AVENGER“CODE YELLOW”
世界限定1000本



時計の重さには慣れます

雑誌では春爛漫なのに…

実際は極寒&カサカサな毎日です。
みなさま、冬と夏ではどちらがお得意ですか?
田中です

そんな寒くてカサカサパキパキの中(年です)、
ディズニーランドの新アトラクション「ミッキーのフィルハーマジック」を見に行きたいのはやまやまですが
もし新宿までご足労願えましたら…

現在、クロノマットもナビタイマーもおかげさまでどんどん寂しくなって来ているのですが
ちょっとレアなモデルが実は……あるんです


D1000141

D1000142














時計だけでなく、レアなスタッフも今週末は5階におります

D1000143


飛行機捕まえちゃってます

いつもより華やかな新宿本店5階にて…
お待ちしております

凶が出やすい浅草寺

ちょっと前に、浅草寺へ初詣に行きました
浅草寺のおみくじは凶が出やすいと聞き、2年くらい前にも見事に凶を引いたので、
今年はおみくじじはナシ

ですが「悪い所に当てると良くなる」と言われる、「常香炉」(煙が出ている所です)にて
顔に煙を当てすぎて、当然しばらく目がシパシパした田中です

浅草寺舞妓


さて、先日お送り致しましたクロノマット(元エボリューション)生産終了の報でございますが、
かなりの余韻を残しております…
気になっていた方はもちろん、
もともとは特にお考えでなかった方まで、「もう見れないとなると…
と頭を抱える事態に

B19-11-1-17


私の、画素数の少ない携帯カメラでも迫力が伝わる、
まさに「プロフェッショナルの為の計器」




B19-11-1-17-2




質感がとても綺麗
どの角度から見てもカッコイイ






そんなクロノマット…
是非、土日にご覧になりに来て下さい


たまにはYOU TUBE




大学生の頃三越前の居酒屋でバイトしていた時、
近くの建物自体に、ジャパンファッションウィークのCMみたいのが大きく映し出されていた事を思い出しました…

むすめふさほせ

小学校の時、百人一首が大好きだった田中沙理です.。゚+.(・∀・)゚+.゚
小学生の時は百首全部覚えたものですが。もうあれから15年くらい経ちますので…
特に好きだった一首は、

24番「この度は ぬさもとりあへず手向山
             紅葉の錦 神のまにまに」(菅家)


口語訳は
「今度の旅は急な出発だったので、ぬさを用意するひまもありませんでした。
手向山の神さま、とりあえずこの美しい紅葉をぬさとしてお供えします。どうかお心のままにお受け取りください。」
※ぬさ・・・「幣」と書き、神に祈るためのささげ物。布や紙で作られていた。

…だそうです。


参考にしたサイトで、作られた訳まで載っていたので抜粋…↓

898年秋、道真が宇多上皇のお供して吉野へ行く途中のこと。
供の一人が、道祖神にお供えするものを忘れてきてしまいました。
「これは困った!道真、どうしよう」
「はい。じゃあ私が歌を捧げましょう。」こうしてこの歌が作られたそうです。

…だそうです。うっかりさんです。



小さい頃は「まにまに」という響きが好きだったのですが。
作者の菅家とは、菅原道真公。
社会人になってから度々道真公ゆかりの太宰府天満宮に参拝する私…
三つ子の魂百まで、ですかちょっと違う??


百人一首、私は任天堂から出ているカルタを持っていたのですが
ちょっと調べてみると
こんなのもあるみたいです


正直高いので自分でお金を払って買おうとは思わないのですが…
かっこいいですよね
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
category