ゲーテル。のリアル・フィギュア造形日記

はじめまして。 ゲーテル。と云います。 日頃は鉄工所で働きながら、副業でリアルフィギュアの原型師をしています。 こちらのブログには、日々の造形過程や ヲタ日記などを書かせていただいております。 また、キットの販売については その時々で状況がちがいますので 記事内、受付トピックにあるアドレスから お問い合わせいただければ、お返事させていただきます。 どうぞよろしくお願いいたします。

DSC_0679
DSC_0680



首まわりをペーパーで均して、
柔らかめのファンドを、パテ使いで盛ります。

DSC_0673
DSC_0674
DSC_0675
DSC_0676



引き続き、首まわりの追加盛りをします。



DSC_0677
DSC_0678



肢体が生々しいですね(゜-゜)(。_。)


DSC_0667
DSC_0670


首と、頭部を接合します。

→現状は(画像2)のように、つながっていません。



そこで髪の毛側を掘って(画像1)


DSC_0668


首筋の流れを造形していきます↑。




DSC_0658
DSC_0659
DSC_0660



ダボの隙間を、エポキシで埋めていきます。

また、補強が必要なところには、瞬間接着剤を染み込ませて、
ファンドの質を変えておきます。

地味ですが、抜きや組み立て後の精度に関わってきますので、クオリティーを左右する作業になります。


DSC_0663



前髪の先っぽも、一部エポキシに置き換えました。


DSC_0645
DSC_0646



引き続き、首まわりの分割に進みました。

…これも、顔造形の精度を上げていかないといけない段階に来ているため、やらないといけない時期になりました。


DSC_0649
DSC_0647


『No.5』、【霊夢コス】と続けて、この位置の分割になりますが、
塗装はしやすいですよね(^^ゞ

工業高校を目指していた息子は、数ヶ月前の学校見学会のあと、
プラモデル作りを教えて欲しいという気持ちが芽生えたらしく、
嫁を通じて、僕の方にその意思表示が伝えられていました。


そして無事に入試も合格して、学校も卒業しましたので、
僕は、ガンダムビルドファイターズの主役機を作らせようと、心の準備をしていました。

DSC_0657


この機体を選んだのは、
…番組をご存知の人には説明不要でしょうが(^_^;)
これは同じガンダムでも、ガンプラ少年の物語であり、
モデラー魂を熱く燃えさせる作品でございます。

これを、プラモデルを作りながらBGVで流すことによって、
息子がプラモデル好きになってくれたらいいなぁ~と、親父の夢は膨らみます( ̄▽ ̄;)



そして迎えた当日、
僕は、自分がやらなアカン作業をちゃっちゃと済ませて、
息子の部屋に、「ほな、やっていこか~」と、声をかけに行きました。

すると⁉息子は、
「今日は、部屋の片付けをするねん!」と、まさかの反論!?

「片付けは明日で、今日はプラモデルを作るって、昨日言ってたやろ!」と、いきなり口論になりましたww


「やる気がないんやったら、最初っからやりたいなんか言うな!」
と、大喧嘩にまで発展しましたが、

やりたくない訳ではなさそうだったので、「昼飯を食ってから」という息子のタイミングを待つことにしました。

その間、早速ビルドファイターズのビデオを流し始めて、
親父は、親子モデラーの夢に期待しながら、時間を待ちます( ̄▽ ̄;)

しかし息子は、一時間過ぎてもチンタラやっているので、
また「やる気ないんかい!」の大喧嘩を経てw

ようやく息子のガンプラ作りが始まりました。


僕は、となりで腹立ちと期待の入り雑じった気持ちを押さえつつ、
番組を見てるフリをしながら、息子の作業を見守っていました。


…ただのパチ組みなのに、やたら時間がかかる息子のガンプラ作りですが、

ようやく一つ、二つと、組み立てられたパーツを見てみると⁉
ただのパチ組みなのに、なんだか汚なく感じます??

DSC_0651


…??

DSC_0652
DSC_0653



よくよく見ると、ゲートをちゃんと切っていなくて、
接合部(合わせ目)も、ちゃんとはまってなくて隙間が生じているままで、作業を進めていましたwww
DSC_0654


そして極めつけは!?、
足首(足底)のパーツが、後ろ前反対に、はめられていましたwww

DSC_0655


…?、スネがあるのに、どちらが前か?判断がつかなかったんでしょうか(>_<)

DSC_0656




…親父の夢は、一気に冷めましたww

二時間経っても完成に程遠い結果にシビレを切らした嫁の「もう、切り上げや」の声も加勢して、
親父の夢は、完全に消滅しましたww





才能は、持って生まれてくるものであって、
何のレクチャーも無しに、ある程度の高さからスタートができるものです。

…ゲート残りやパーツの隙間を処理しないで作業を進めていけるようなw、感性の低い人間を、
僕には全く理解ができませんwww

「作れない人」というのは、こういうことなのであれば、
僕はそんな人達に、プラモデルに興味を持ってもらわなくていいと思いました。


そしてそれが、自分の子供だなんてww
神様を呪っていいですか(>_<)


…親子であっても、もう別の人種であると理解をした、ビルドファイターズの日となりました。

DSC_0637
DSC_0638
DSC_0639
DSC_0640


【霊夢コス】のキットの髪の毛に、ダボを施してますが、
あれは薄いパーツの強度補強と、組み立て時の位置出しのためのものでした。

でも造形時に於いては、実はもう一つの役割があります。


それは造形中に何度も仮組みを繰り返せるようにして、髪の毛込みの顔造形の精度を上げるためです。



DSC_0641
DSC_0642
DSC_0643
DSC_0644



髪の毛は、わずかな角度とかを若い人がトイレで必死に修正しているようにw
縮尺フィギュアに於いても、コンマレベルで影響が発生します。

そんな修正作業を繰り返していけるように、カッチリおさまる精度を、この段階で出さないと、先に進めません。

皆さん、文化してますか~(^O^)/

IMG_1532 - コピー
IMG_1423IMG_1452IMG_0812IMG_1113IMG_1527IMG_0147IMG_118






さて、
なかなか、ゲーテル。のフィギュアを完成させた!というお話を聞きませんので、
この度、制作代行サービスの受付をしようかと、思い立ちました。



…ゲーテル。作例のように作りたいと思いながら、なかなか手をこまねいている方がいらっしゃいましたら、
今回、僕がキットを代行制作致します




※受付募集期限は、次の4月末まで。



※受付は、2体まで。
(数に達した時点で、募集を締め切ります。)
(募集期限内に応募が無ければ、やりません。)



※ゲーテル。キットであれば、どれでも可です。
(製作途中で破損したものでも、程度によりますが^_^;僕が修復製作します。)
(オークションでキットを入手された方も構いません。)



※制作代金は、どのキットでも、10万円。
お客様がお持ちのキットを、こちらに送る費用だけご負担ください。
(“アスカ”の2P版を指定された場合は、制作費15万円とします。)



※完成は、ご入金から1ヶ月を目指す予定ですが、
お約束する必達納期は、半年とさせてください。




僕が推奨する点描法を施したフィギュアが、どんな風になるのか
…これまで作例品を買ってくださったお客様のご感想から、きっと感動されることだと思っています
また、あらためてゲーテル。作例の作り方を見たい方も大勢いらっしゃるかと思います



頑張って作ろうとしたけど、頓挫して萎えてしまった方とか…、
これを機会に、机上のリアル女子の夢を、手に入れてくださいませ(^^



受付はいつものゲーテル。アドレス→
salia.mallo.3●docomo.ne.jp (●を@に替えてください。)
に、ご連絡ください。

Guettel.salia-mallo

IMG_1118IMG_112IMG_0047IMG_0808IMG_0146IMG_1425IMG_1446IMG_0023

DSC_0631
DSC_0632
DSC_0633
DSC_0634



もはや作ることでしか、癒えない渇きに追い立てられる毎日…、


そんな欲求と力を持たされた僕たちは、幸せなのか?、それとも…ww







DSC_0635
DSC_0636

このページのトップヘ