ゲーテル。のリアル・フィギュア造形日記

はじめまして。 ゲーテル。と云います。 日頃は鉄工所で働きながら、副業でリアルフィギュアの原型師をしています。 こちらのブログには、日々の造形過程や ヲタ日記などを書かせていただいております。 また、キットの販売については その時々で状況がちがいますので 記事内、受付トピックにあるアドレスから お問い合わせいただければ、お返事させていただきます。 どうぞよろしくお願いいたします。

DSC_2033


今回のお腹は、削り方向で少し形を出しました。


DSC_2035DSC_2036
DSC_2037


靴は、ボリューム盛りをして、、、


DSC_2038


かかとは、削り方向で形を出しました。

DSC_2025DSC_2027
DSC_2026



膝の形を出して、、、


DSC_2029DSC_2028
DSC_2030


足首や太ももに追加盛りをして、、、

DSC_2031


腰に追加盛りしました。

、、、散発的にしか、作業がしづらくなってきました。


heri1heri2



DSC_1988


プラモデルだって、ファンドで改造してやるぜ!
…の、第2弾です。。(〃_ _)σ∥

DSC_1998DSC_2000


キットでは、シールで表現されている「目」を、
ファンドで作り直しました。

DSC_2020DSC_2032


別にファンドにこだわる必要のない作業ですが、
このケースの場合、工程/時間の短縮になっています。


DSC_2018DSC_2019
DSC_2021



胸筋と肩甲骨を盛って、、、


DSC_2022DSC_2024



首まわりに、追加盛りをしました。


DSC_2023

DSC_2011


脇から背中にわたる肉を盛ります。


DSC_2010DSC_2009


DSC_2012



次に、胸側の肉を盛ろうと思ったのですが、
どうも違和感を感じますww

「…?、座標が狂ってるのかな?」

と、人体資料と見比べて、原因を探してみると、
腕盛りがペラすぎて、胸とのつながりが稀薄になっていたからでした。

DSC_2013


簡易骨格、恐るべし。

座標の間違いではありませんでした。

DSC_2014DSC_2015

DSC_2001
DSC_2002DSC_2003



腰まわりに、追加盛りをします。



DSC_2004DSC_2005
DSC_2006DSC_2007



少し、人間のバランスに近づいてきました。


DSC_2008



DSC_1989DSC_1990
DSC_1991DSC_1992
DSC_1993



ふくらはぎに追加盛りをして、



DSC_1995DSC_1996



それによって相対変化をする太ももに、ラフ修正をしました。



DSC_1997




DSC_1994


現在はゲーテル。も、通販ユーザーとなっていますが、

グレーファンドの補充買いが、到着しました(^^)


グレファン購入の重要ポイントは、粘土の鮮度です。


>店頭買いが、できていた頃は、
お店でファンドを触って、その鮮度を確認していましたが、
それも当たりハズレがありw、
もし、お店に水分の抜けたファンドしか残っていなければ、ハズレを買うしかありませんでしたw⤵️

>いちばん最悪だったのは、大阪での取り扱い店が無くなり、2回目の通販買いをした時でした、、、
>ファンド本体より高い送料を払わされてw、
→嫁に「何やってんの?w」と、バカにされながらww
なおかつ届いたグレファンは、水分のだいぶ抜けたシロモノだった時は、
ほんまにブチ切れそうでした(*`Д´)ノ!!!


そうした状況が現在は、
同じ通販でも、メーカー直販という安心できる状態になっています。

>メーカー直ですから、鮮度の心配は全くいらず、
すぐに使わない分は、冷凍庫に保存しておけば、必要な時に適正なものを使うことができます。

その入手先は、こちら▼です。
_20171129_112159


アートクレイ社の楽天市場事業部?になるのでしょうか。
僕が買ってるものは、3個セットで送料無料の
税込 1782円のものです。

通常の白ファンドとは、圧倒的に使いやすさが違うグレーファンド。

もし、エポキシやポリ造をしていて、ファンドの質感に興味を持っている方がいらっしゃりましたら、ぜひ使ってみてください。

もちろん、造形とは簡単なものではありませんから、
魔法のように、すぐに使えるわけではないかもしれませんが、

ひょっとしたら求め続けて得られなかった解答が、見つかるかもしれませんよ ̄(=∵=) ̄



DSC_1980DSC_1981



腕に盛り足していきます。


DSC_1982DSC_1983


占有面積が狭い分、腕は座標が狂いやすいので、盛りすぎに注意します。






DSC_1986DSC_1987
DSC_1984DSC_1985



靴底に追加盛りをしました。



DSC_1966



引き続き、ラフ盛りです。


DSC_1967DSC_1969



胴体まわりを中心に盛り足しをして、



DSC_1970DSC_1971



肩の位置出しをし、、



DSC_1972DSC_1973



太ももに追加盛りをしました。



DSC_1975DSC_1974

このページのトップヘ