June 23, 2016

つづき







その くそばばのおもてにすんでいる

声のおおきな おばあさんは 

駅まえのふとった 鳩が いやで いやで たまらなくて

きっと にげないところも もっと きらいで

駅のひとに つよくゆって

張り紙などを して 鳩の餌やりを 禁じてもらったそうだ

そして やっとこさ 一代目が いなくなった





それなのに こんどは なんと

近所どころか すぐ うらにすんでいる 顔なじみの

だいきらいな くそばばあが 餌やりはじめたとゆう

声のおおきな おばあさんにしてみたら

だいきらいの デパートのような できごとだとゆう




そこで わたしは 

てもちのヘッドフォンを かぶり

声のおおきなおばあさんより おおきな音で ピアノを鳴らしました

わたしが 注目していたのは 一代目である

鳩の餌やりのパイオニア 草分け的存在のほうである

その おばあさんのこころのなかは いまや

うらのくそばばぁと数匹のふとった鳩に占拠されており

一代目のいばしょは なかった






はたして 一代目の正体とは … 

鳩たちの今後は いかに!



 

 


salicorne at 17:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)にっき 

喫茶店にて




きょう じもとのコーヒー屋さんで
 

わたしのとなりにすわった おばあさんが 


おおきな声で はなしていました





うちのうらの くそばばあがさ 


駅まえの 鳩に エサやってんのよ




 ... 。

わたしは はっとして


コーヒーを パソコンに ふきだしそうになりました




ずっと 気になっていた 駅前事件簿


みなさんは おぼえていらっしゃいますか


わたしの じもとの 駅まえの 鳩が なぜだか やたらと ふとっていて にげない 


そして その謎のうらには 鳩の餌やりの 存在があったと わかった

しかし 餌やり 風景は 数年間 駅に かよいつめても

闇に つつまれたままだったのである





それが その おおきな声のおばあさんの

うらに 住んでいる くそばばぁ だと ゆうのである

* ややこしくて ごめんなさい 


わたしにとっては 餌ばばあ であった






つづく













salicorne at 17:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)にっき 

June 02, 2016

ねぐせ




IMG_2334









さいきん ねぐせが きびしく

毎朝 おみずで ぬらしたり オイルを つけたり

いっしょうけんめい なおしているのですが

なかなか なおりません 





髪が かわくと

まるで ぜんぜん ねぐせを 気にしていないひとのように

なってしまうところが  不条理だなと おもいますし

はずかしいです









 


salicorne at 13:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)にっき