2005年09月01日

次男の旅立ち(←何度目なんじゃ〜〜♪)

朝、次男が、「俺、東京へ行くわ〜」と言う・・。
私「あ、そう・・。」と言う・・。
次男「おかん、今日の予定は?」と聞く。
私「今日は、お昼から、E子さんとhappaちゃんのレッスンだよ。」
次男「それ以外は?」
私「分からないよ〜。」

そして、午前中は、あっという間に終わった。
お昼ご飯は、いなくなるんだから、手作りで、しっかり作ってあげなくっちゃと思い、手作りフル昼食とした・・。
汗だくになり、ご飯を作る。
13:30からは、レッスンだ。そして、午後のレッスンを終え、エアロビに行こうと思ったけれど、生徒さんから、トリートメントの依頼を受け、その後カウンセリングし、トリートメントとなった・・。

次男は、何時に行くのだろうと気になったけれど、旦那さんのお迎えの時間に、駅までいくついでに送って行くことになったのだ。

次男は、その間、30分くらいで、したくをし、そのまま車に乗り込む。
明日からの事は、すべて未定で、成り行き任せのようだ。
ただ、昨日一昨日の女の子が、色々してくれるようで、その流れのようでもある。(私ゃ、信じられない事だけれど。)
そして、それまでに、色々話をする。半年間、向こうで、やってみる。
そう言う関係の仕事か、今お金も持っていないので、日雇い労働になるか、何とも分からない。
そう・・。だって、彼は、お金が、3万ほどしかないから・・。きっと、車で、駅に着くまで、本当に不安一杯だっただろう・・。少し揺れ動く私も会ったが、心を鬼にしながら・・それでも旦那さんが、車に乗り込むまでに、何らかの手だてを・・と考えていた。
彼は言う・・。「携帯代を払ったら、もう残らんじゃん・・。」って。
「予定をしっかり組んで、2つくらいの選択肢を持って、これがダメでもいいようしていかなければね・・」とは伝えたのだった。

そんな不安の中、駅近くについた。
旦那さんも車に近付いてきた。車を双方が開ける。
次男は助手席からでていく。旦那さんは、運転席後部のドアを開け、鞄を入れる。
次男には、「父親に挨拶を交わさなければダメだよ、」と伝えておいた・。
その時、彼は「『でていくで』と言えばいいだら?」と言うので、「そんな言葉だったら、言われる側が、いい気分ではないよ。『仕事探してくるから』『暫く行って来るから』とか言った方がいいでしょ?」と伝えておいたのだ・・。
ドアを開けて、彼が、外に出たとき、「挨拶は?」と小さく伝えた。
彼は、「行って来るでね」と言ったようだった・・。
旦那さんは「うん、気を付けて」と言いながら、車の中に顔を埋めた瞬間、私は、窓を開け、次男に、「お父さんがね、1万円あげなさい」と言ったから」と、お財布からお金を出し、彼を呼び止めた・・。

次男は、瞬間波動が、変わった・・。
え!!嬉しいっと・・。
私には、そう感じた・・。

私が、お金を彼に渡すとき、彼は、両手で、そのお金を丁寧に、受け取り、旦那さんに向けて頭を下げ「有り難うございました」と言った・・。
旦那さんは、彼に「気を付けていけよ」と声を掛けてくれた。

この瞬間、胸が一杯になった・・。こみ上げるものがあった。
次男は、父親からの言葉を待っていたと思った。


出しゃばった事かもしれなかったけれど、旦那さんも、きっと、それをしたいと思っただろうとおもった・・。

例え言葉では言わないかもしれないけれど、愛はある。その思いに答えたいと思ったのだった・・。
それは、昨日の学びにも繋がる・・。
rupiちゃんが伝えた事の中で、間に立つものが、上手に双方を立ててあげる・・。それが、大事なんだと思いだした事でもあったし、旦那さんの思いを代弁するのも、私の役目なんだと思えたから・・。

次男は、きっと、父親に対して、感謝するだろう・・。
そう・・。このお金は、私の意志ではない。旦那さんが、稼いでくれたお金なのだ。そのお金には、私たちの思いが、父親からも、そう言った思いが、あることをきっと、彼も理解してくれるだろう・・。

彼は言っていた・・。「とりあえず、半年間、働いてお金を貯める。そして、そのお金は、専門学校の資金にする。でも自分は夢を捨てない。もしその間目が開くことがあるのならば、そちらの方向で行くかもしれない。」と言った・・。
「うん。分かった。でも私としては、専門学校の入学案内などは、取り寄せておいていいんだね」と伝えた。
「うん。それはいい・・。」と・・。
「でも、もし向こうで、そう言った専門学校で、いいところがあったら、そっちでもいい?」と言うので「その時には、その時だね」と答えた・・。

そんな話を、次男が去った車の中で、旦那さんに話したら「そんなんだったら、その仕事先で、仕事をしながら資格を取った方が早いじゃないか?
ま、あいつの考えは甘い」と言っていたけれど、それはそれでいい・・。
旦那さん曰く「1万円でよかったのか?」と言う・・。「私もそう思ったけれど、甘やかしてはいけないとも、思ったから・・。自分で、考えるでしょう・・。」と答えた・・。

そう・・。この日は、ガソリン代の残りもあげたし、下着や、靴下を買いたいと言ったから、余分にお金もあげたし・・。私なりに、させて貰っている・・。


それにしても、彼がいなくなった我が家は、がらんとしている・・。
大きな鞄の中に、最低用品を入れ込み、彼はいなくなった・・。

四男は四男で、気ままにしているし、三男は、三男で、私たちが、その帰りに買い物をしている時に、帰って来たようで・・。一泊研修の感想など、話ながら、テレビの部屋で過ごす・・。

いつもなんやかんやといいながら、色々声を掛けて来る次男はもういない・・。
ちょっぴり、寂しいけれど、これも、出発〔旅立ち)・・。
こういうことを何度も何度も経験させて貰って、親から離れ、自立をしていくんだろうな・・と・・。


さあ!!!私も切り替えて、これからを見つめて行動しよう。
実践、実践・・。
それしかない。自分、家族、そして、癒しのお仕事頑張ろう〜〜!!

**********************************************************************
続きを読む

2005年08月31日

小さな小さなクライアントさん

今日は、小さなクライアントさんが来てくださいました。
クライアントさんと言うよりも、生徒さんのお子さんでもあるから、お母さんのエネルギーを一杯受けているんだけれど、それはそれは、とっても素晴らしお子さんなのでした〜〜・・。
それでも、私は、そのお子さんを見て、愛溢れているな〜〜・・。素晴らしいな〜〜っと、本当にふか〜く、そう思えたのです。
最初は緊張感一杯だったけれど、そのうちにうち解けて、そして、精油の香りを一杯嗅いでくださって・・本当に本当に純粋なのです。

ただただ愛したい・・愛されたい・・。それを感じさせて頂くと、ぎゅ〜っと、魂、心、身体をすべて、抱きしめたくなってしまうのです・・。
この感覚・・。私も一寸たりとも、忘れたくはない・・。
そう思い、自分にも、落とし込む必要があった時間だったのかもしれません・・。

ここに来ることが出来て、本当によかったね・・。そして、ステキなお母さんの元に生まれてきてくれて本当に有り難う・・。
やっぱりあなたは、愛の中で生まれ、そしてお母さんを癒すために存在して下さっているステキな天使ちゃんなのよ・・。
それを思い出し、お母さんも頑張って下さっている・・。
それはそれは素晴らしい事なんだよね〜♪

出会って下さって、本当に有り難う。あなたは、大丈夫。こんなにも、愛されているんだもの・・。こんなにも、満たしてくださるんだものね・・。

ステキなあなたへ・・。
そして、世の中に生まれ出たステキな子供達へ・・。そして、元子供だった事があった大人な達へ・・。続きを読む
sally0518 at 09:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0) 

2005年08月30日

闇と光の中で・・。

ふ〜・・。
こんな事もあるのね〜っと・・。久しぶりに思った日だった・・。と言うより、いつだったか、我が家は、駆け込み寺かいな〜っと、嘆いた事もあったけれど、その頃よりもお互いに、成長しているのか、いないのか・・多少のバトルもあったけれど、そのバトルの解消も、早く出来たし、息子も息子で、い・ち・お・う考えているみたいだし・・。やっぱり大きく見ていけばいいんだもんね〜♪

駆け込み寺とまでもいかないにしても、この日は色々あったね〜・・。彼もそう言うことを呼び寄せる波動をもっているんだもの・・。自分が変わらないと、そう言う波動をうけちゃうんだよね。って、いつも思うけれど、華やかな世界を求める人たちの闇の部分を垣間見たという感じだった・・。

息子からいきさつを夜遅くなって話してくれたけれど、愛されたい、愛したい・・。それが、解消されていない限りは、満たされないんだと、思わせて貰ったり・・。
それぞれ若い子の思いも、分からないでもないけれど、ついつい、親の思いも大きく出てしまう私も次男は、理解したと思う・・。
生まれ育って大きくなるまで、いろんな葛藤は、あるけれど、親は、子供には真に幸せになって貰いたいと思うものだと思う・・。
例え、勘当だ!!と言われたとしても、そう言わせる原因は、子供にもあるし、その言葉の表面的なものに捕らわれないで、受け止めていく生き方をしたのなら、その子も又、変わっていっただろうな・・。と・・。
裕福な家庭で、育ったとしても、心を満たすものは、そればかりではない・・。きっと、愛が欲しかったんだろうね・・。と。次男につぶやいたら、そうだと思うと言っていた・・。
さまよい歩いている若い子達と、こういう形で接点を持つなんて、ここ久しぶりに事だったから、本当に参ってしまったわ〜・・。
事の分別は、息子なりに感じているので、大丈夫と思いながらも、小さなバトルは、存在した。
あっはっは〜〜・・。ついね・・、大変な時にね・・責め立てるようなメールを送ってしまったのね。よくやるパターンの・・。
彼、レスしてきた。「うっさい。ばばぁ。それぐらい考えてるわ!!!お前の考えわからへんわ。よくそんなんでアロマできるなってかんじ!!!」ときた(凄い表現なので、記念に残しておいてやろう〜)
怒れてしまうというよりも笑えてしまった・・。そうじゃ、そうじゃ、私は未熟だから感情レベルで、怒れるときもある。心配だからこそ怒れてしまうんじゃ〜〜と思ったね〜・・。だけどレスはしなかった・・。
帰ってから、その子と息子にも食事を作ってあげたんだからね・・。

そんな様子を見る他の息子も、悩みもあり、兄弟のその様を理解出来ないし(もちろん詳しいいきさつも知るよしもないから、批判バリバリになるんだけれど)悶々とするのだった・・。

行動が、不安だからと、息子もよなよな起きていたみたいだった・・。
どうしてそう言う出会いがあるんだろうと思うし、ネットの怖さでもある・・。
引き寄せるものは、本人にもあるって、伝えているけれど、イマイチりかいできていないんだろう・・。

***********
よかったね〜・・。
いい流れに乗れそうで・・、地に足を着けて謙虚に謙虚に過ごしていこうね・・。感謝と謝罪を深めながら・・。

よかったね・・。ステキなヒーリングジュエリーが手に入り・・。本当に良い流れに導き、守ってくれるものだと思うよ・・。

よかったね・・。
こうして生徒さん達が真に幸せへと向かっていく事が、やっぱり私に取って嬉しいことだわ・・。
まずは自分が、愛に満たされていないと、幸せへは、遠くなってしまうもの・・。どんな自分をも受け止め愛し、愛されているから、今があるって、感じれるようになったのなら、そのおんなの子も、変われるんだよ・・。引き寄せるものは、その子にもある・・。病気にするのも自分次第・・。
名字も知らないその子にも、幸あれ〜〜と、送らせてもらおう・・。
sally0518 at 06:09|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)人生 

2005年08月29日

この日の事

この日の夕食は、久しぶりに旦那さんと二人の時間となった。
息子達は、それぞれ用事があったり、バイトがあったり、てんでばらばらだったんだけれど、家族って、やっぱり、みんな一緒の時って、いいんだよね〜と、チラッと思った・・。

この日・・朝から通院があるので、バタバタと家事をして・・E子さんが来る前には片付けも終わって、ちょうど車がついたときにには、私も、外で待とうと思った時だった・・。

車のそばに行き、いつものように私が運転して、病院まで行く。
予約時間まで一時間以上もあったけれど、待合室で、色々話をしたのだった・・。
本当に彼女は、変わって来た。大きく大きく変わってきた。
たまに馴染みある彼女になるときもあるけれど、本当に素晴らしく成長されている。

待合室にて、24時間テレビの話で、私がみていない内容の事もあったけれど、「こんなにも頑張って生きている人がいる。自分は気づけなかったけれど、大きい体験をして、気づけて、当たり前の事が、本当に感謝なんだよね。今、私5人の人に謝罪を送っているじゃんね。それはね、亡くなった旦那と、自分の両親と旦那の両親・・。皆亡くなってしまったけれど、本当に自分って、わがままだったな・・とかいろいろおもうじゃんね。
それをし始めたら、この間アピタで行き会った時にも、話したけれど、身体の痛いところがなくなっちゃって、何?これ!!とおもっちゃったじゃんね。」と、本当に嬉しそうに話すのだった・・。
ちょうどyukiちゃんの手首の骨折の事例を伝えて、本当にカルマが解消されていく事で、癒されていくってあるんだよ〜・・」と伝えたのだった。

そして、彼女の首には、その日、車に乗るときに、早速つけたペンダントが光っている。
時折そのペンダントに彼女も手で触れながら私のものと一緒と確認をする。
私が着けているクロスのペンダントは、蓼科で頂けたシリパパと同じタイプのものである。E子さんが、欲しいといっていたタイプではなかったけれど、2つ手に入って、それを見てもらったら、やっぱり欲しいと言ってくださったのだ。クロスの意味、星の意味、ダイヤの意味を伝えながら、深く納得しているのだった。
病院に行く前に、私がしているのをみて、それでいい・・。と。言うのだった。おそろいなのだ。

彼女は、つけた瞬間、なんだか、守られているって、感じがする」といい、病院に着いても、時あるごとに、そのペンダントを触れ、私のペンダントを見ては、満足し・・そんな可愛い姿を見せてくれたのだ・・。

「月曜日から、本当に私ね、凄い感覚を感じて、沢山感謝や、謝罪を出来るようになれたじゃんね。」と嬉しげに・・穏やかに伝えて下さるのだった・・。


病院では、いろんな人が入り乱れ、時折赤ちゃんの泣き声や、いろんな報告を受けて、入れ替わり立ち替わり出入りする患者さんにもエネルギーを送らせて頂きながら、彼女の言葉に耳を傾けた・・。

今までどれだけ、目先の事に心奪われていたことがあったか・・。本当に深い意味で、いきていくってことを、早百合さんが、こうして教えてくれて、出来るようになったと思うよ・・。本当に感謝しかないもん。ということばも頂けたのだった。
こういった時期を私たちも迎える事ができたなんて、本当に嬉しい瞬間だった。

そして、予約された時間も過ぎ、だいぶ経ち、呼ばれ診察室にと入っていく。その前には不安げな姿も見せてくれたけれど、そのままを受け止める・・。
それができるようになった彼女も本当にがんばった。

次回血液検査で、今は投薬のみで、骨を強くする点滴を2時間でやってくれるという・・。その次回の血液検査によって、治療方法もみていきたいといってくださった・・。後は彼女次第・・。彼女の頑張りを私も応援していきたい・・。

その間私も一度家に帰って、息子達の食事のしたくをして、又戻ると言うことになったのだけれど、ついでにE子さんのお弁当も作ったのだ。
お花見の時に持っていった黒塗りの弁当箱に詰め、時間もままならずすぐに、病院にと戻った・・。
まだ終了していなかったので、よかった・・。

その間、メールのレスと、買い物にに来てくださる生徒さんへの時間などの連絡を携帯にも送ったり・・。
他の生徒さんからの電話や、レスや、させて頂き、帰りの車の中で、お弁当を食べて貰っての帰宅になった・・。

帰ってから簡単にヒーリングをさせて貰い、そして、キョウコちゃんの買い物時にも、お会いすることが出来て、よかったのだった・・,
(キョウコちゃんも、買い物を急がせてしまってごめんなさいね。)

そんなこんなのあっという間の一日が終わったのだった・・。

旦那さんは、二人の息子が車を使ってしまったので、バスの時間帯も中途半端で、歩いて汗びっしょりになって帰ってきた・・。
すぐに入浴できるように準備しておいたので、入ってもらい、それから食事、テレビを見るという二人っきりの時間が、取れたのだった・・。

広島原爆のテレビドラマを見て、本当にその時代に生きた人々に思いを馳せ、今こうして、恵まれた環境にある私たちの陰に、どれだけの命の犠牲を払っているのか、エネルギーを送らせてもらったのだ・・。

生かされている。当たり前のことなどない。様々な言葉が頭の中にめぐっていく・・。本当に感謝を持って、謙虚に生きていこうと改めて思うのだった・・。

まだまだ自分の中に甘えがあるし、それを上手にコントロールして、対応させていきていく・・。
ダメと打ち消すのではなく、うまく融合させて、調和させて、前向きに生きていくことをしていこう・・。
そう思ったのだ・・。

次男は明け方に帰ってきた。ダチが、昏睡状態だから、明け方に帰るとメールをみたのは翌朝(つまり今朝だった)・・。
まだ彼は寝ている。←と思って後から確認したら、車は、あるけれど本人いない。
そのダチが、誰なのか、まだ私もわからない・・。
おきてから聞こうと思うけれど、元彼女のことなのか・・それとも白血病の子なのか・・。うんともすんともわからない・・。
彼もいろんなことで、悩み深そう・・。

さあ今日も始まるね・・。翌日の朝記入・・。

2005年08月28日

三男その後

彼が夜勤勤務に入ってから、暫くした後携帯にメールが届いた。
そのメールには、「さっきはごめん。イライラしていた。@@@にも当たってしまった。謝っておいて。服は見つかった」
と来た。
次男にも、メールを送信したが、彼には届かなかったようだった。
その後、次男にも、そのメールのことを話したら、何で届かないんだ??とかいって、私の携帯をいじった・・。次男のはドコモなので、スカイメールでは届かないらしい・・。メールアドレスからでないとできんぞ〜と、言う・・。

次男は、生き生きしている。昨日も1500人の撮影があって、盛り上げ役で、俺は頑張ったぞ〜〜と、言っていた。
は〜・・↓↓↓(沈没表現!)
ま、本人至って喜んでいるので、それはそれでいい・・。
だが、だが・・・31日までという期限をどう彼は思っているのか・・。

旦那さんも何もそのことに対して言わないので、私もわからん。
なんだかな〜〜・・。旦那さんって、至って表面的なんだ〜と思う・・。
たまに嫌になることもある。話すことって、仕事の事しかないんだもん。
あ〜・・。これも私ね。と、思い奮い立たせる私であった〜〜〜・・。

又もや、私は、何か、行動を起こそうとたくらみ始めるのであった〜〜・・。
(まだ未定)

導き手への道

今回、提携校の面接試験が、いつもの年よりも遅い時期に行われます。
いつもですと9月なのですが、(私も一昨年、大きな厳しい愛によって、提携校取り消し処分を頂き、多くの学びがあったのです)
今年は、秋深い時期に行われるようです。
私の好きな先生も今回チャレンジしようとされたのですが、今一度、それを落とし込む為にも、色々考えられている方がいらっしゃいます。
その方から電話があり、魂の声に沿って生きていくと言うこと。それをしないと身体にもメッセージが来ると言うことが、よく分かったわ〜と、お電話を頂けたのでした。
心のレベルであがいていると、本当に分かりやすく、本当は、そう望んでいないでしょ??気付きなさい。と、伝えてくれるのが、分かるのです。
その時に、あるステキな言葉を導き手より頂いたそうです。
その言葉を胸に、更に落とし込み、きっと、その道を歩くのだと思うのですが、今私は、その時期だと思うのです。

たしかにこの道は厳しいです。身体レベルの癒しではないですし、心のレベル。さらには、魂が何を望んでいるのか、それをお手伝いする癒しのお仕事ですから、生半可な思いでは、このお仕事は出来ません。
それは、私もまだまだ出来ていませんが、少なくても、提携校をさせて頂き、5年の月日が経ちました。
一人では、とてもここまで来ることが出来なかったし、導き手の大きな愛と、そして、こんな未熟な私の元に生徒さんとして、来てくださり、共に歩いてくださる方々、お仲間、家族、廻りからどれだけ、愛していただけているのか、真に理解出来たとき、その恩返しとして、自分の体験、自分がここまで、生きながらえてきた事・・様々な失敗をおつたえできる生きた学びをお伝えする事で、導き手として歩いていけるのです・・。

ある方へ・・。ぜひともに頑張っていきましょう・・。
わたしは、共に歩いていきたいと思っています。
私もあなたと同じように生きていた人でした。
でも一歩も2歩も成長したい魂を感じています。
共に・・共に・・歩いていきましょう・・。


そして、この道で学ばれているあなた達にも言えることです。

どうぞ、小さな事に目くじらを立てずに、その出来事も愛だったと理解出来るその日を目指し、共に成長していきましょう。

そして、導き手として生きていく事を、どうぞ目指していきましょう・・ね。

2005年08月27日

今日の事

今日は、午後レッスンだった。
その最中に、三男がノックをしながら憮然と顔を出す・・。こういう時ってご機嫌がすこぶる悪いとき・・。
生徒さんにごめんねと声を掛け、廊下に出る。彼は夕方から夜勤の為出勤の準備をしていたらしい・・。彼の仕事着は、どこかにいってしまったという・・。上下ともないという・・。みたけれど、きちんとおいておいたと言うが、彼は納得しない。
以前ズボンに、手帳がはいったまま洗った事数回ある私には、ぬれぎぬをぬぐえることが出来るほどの自信?もない・・。

探してもない・・。そして、レッスンに戻る・・。

そのうち、彼は次男にも電話を入れたらしい・・
。少し経ち次男から電話があった。「あいつ何で怒ってるんだ??俺、知らんぞ〜」と。私もおなじことを伝えた。
そして、レッスンの時に、ノックをして憮然として又彼は現れた。
アロマの部屋の冷蔵庫に飲み物をいれてあって、それを夜勤の時に、持っていくと言う・・。
けれど、その態度が横柄で、・・と、ところが、私が至って穏やかなのだ。
いつもだったらムッとして、生徒さんに、愚痴らしき言葉が出てしまうけれど、それがない。
自分でもビックリするくらい穏やかで、いられたのだ。
これも蓼科でのエネルギー増幅のおかげなのだろうか・・。




2005年08月26日

昨日の新聞に・・。

こんな記事が昨日の新聞に載っていた。
「生活費は、本人に払わせる。」「成人した子は“下宿人”」

はっは〜〜・・。(ひれ伏せる意味でのはっは〜です。↓↓)
素晴らしい!!これをトイレに貼っといてやろう〜と・・。

どんな内容かと申しますと
お金の話。
S原 N子
成人した子供には自分の収入の範囲で生活出来るようになって貰いたいもの。金融機関に就職した長男と同居しているAさんは毎月8万円を長男に払わせている。交通の便がよく、6畳の個室と広く快適な居間や、洗面所を使わせているのだから、これくらいの額は、当然と涼しい顔。さらに仕事で、着るスーツのクリーニング代などは実費を請求している。
長男は、親にお金を渡した残りの額から、貯金をし、交際費なども、まかなっている様子。サラリーマンを長く続けてきたAさんは、仕事上の悩みを聞いてやる等精神面で、長男をサポートすることで、親の役割は、果たしているという。Aさんの老後の生活設計は順調で不安はない。
誰もがAさんのように出来ればいいが、実行するのは難しい。息子や娘の為についつい手をさしのべてやりたくのが、親心というものだ。しかし、子供のためにも、援助は、我慢した方がいい。いつまでも援助してやれればよいが、親の財産が底をついてしまえば、親も子供も、生活が成り立たなくなってしまいかねない。
成人した子供を親元に一緒に住まわせるのなら、子供自身の生活費は本人に払わせる。そして食事の支度や、洗濯、部屋の掃除も子供の分は子供自身にさせよう。直接お金を出してやらなくても、家事と言う現物支給をしてしまえば、それはお金を与えているのと同じだからだ。就職した子供が、仕事の忙しさを理由に家事を頼んできたら面倒をみる代わりに親の労働分をはらわせてもいい。
親は、「成人した子供は、下宿人」くらいに考えた方がいい。住宅購入時など、ここぞと言った時には援助してやってもよいのだから


ウンウン、なるほど〜〜〜・・。
これは面白い・・。
そこまで徹底出来ることでもないけれど、親がどれほどの思いを持っているのか、実際感謝が出来るまでにはまだ時間もかかるだろう・・。そう思ったのだった。
ちなみに旦那さんに「あなたは、働き始めたときに、どれくらい親に渡した??」と聞いたら、旦那さん「家には、お金を4、5万円渡していた。その残りは、遊ばなかったし、貯めていたよ」と・・。
へ〜〜・・。すっごい。と私は感嘆の声を発した・・。
わ、私??覚えていない。ただ、母は、私がお金を持っていると、使い込んでしまうタイプだからと、貯金に廻してくれていた覚えがある。
ただ、言えること・・。一応失敗をさせてくれたとしたのなら、きっと、私も早いウチに、修正が出来たのだろう・・。ま、これも仕方がない。その当時は、それが精一杯の私への愛だっただろうから・・。

今日、夕方、三男が帰ってきた。その時に、お弁当に冷却用のアイスノンを入れてなかったから、臭いがヘンだったので食べなかったと言う・・。
その時のいい方が、私にとって気に入らなかった・・。
“感謝がない”そんな言葉尻だった・・。
私は、ちょうどご飯のしたくをしているときだったので、忙しそうに動いていて、彼はどううつったんだろう・・。
しばらくしてから、彼はこういった・・。
何かに対して、(なんて言ったのか覚えていない・・思い出そうとしたけれど思い出せないのだ〜〜・・。)「感謝しなくてはね」と・・。
今も考えているんだけれど、思い浮かばない。

どんな事に対しても感謝が出来る自分でいたい・・。
そう思えた・・。

次男もそう・・。こうして、家に居らせて貰える・・。もし下宿していたら、こんな訳にはいかないだろう・・。三男もそう・・。
もう少し厳しく取り立ててもいいのだろうか・・と正直言って思う。ただ、言えるのは、真にその意味を理解していないと、感謝を伴った形ではくれないだろう・・。
それも嫌だ・・。

でも思い返した・・。無償の愛について・・。
今三男も彼なりに精一杯の事をしている。
今世の中の風潮もあると思うけれど、親への感謝、又やってくれて当たり前・・。そんな風潮がはびこっている。韓流が、はやっているのも日本では忘れてしまったものが、まだあるからなんだろう・・。
アロマの学びの中で、感謝、そして謝罪を学ぶけれど、そこに目を向けるまでに、自分や家族、廻りへ向けたものを回収したり、カルマを解消していく中で、少しずつ取り戻していくのだろうな・・と。


次男は、今色々とやりたいことが浮上してきたけれど、少なくても、ここまでの意識をもっているのか・・。まだまだ先は長い・・。

今日送っていった時に、今いろんな方向性があって、絞ることが出来ない状態だね。と・・。
どっちつかずの状態だけれど、自活して欲しいと願い、色々思うのも親というものなんだろうね・・。ハァ〜〜(ため息)

sally0518 at 01:33|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)家族 

2005年08月25日

いろいろと

台風が近くなると、旦那さん、色々電話で、廻りの状況はどうだ??と電話を掛けてくる。
これが、25年もの間続いていくと、私もそう言う情報に敏感になっていく。
旦那さんに尋ねた。
どうして、そうも、台風の事になると気にするの??と。
旦那さん曰く。伊勢湾台風の時のことを思い出すんだそうだ。あの時、旦那さんもまだ子供だったけれどマンホールの蓋から、吹き出すように水が、出てきて、廻りの状況も本当にこわかったのだそうだ。
その頃なんて、私は、まだ1歳頃だったので、全然記憶もないし、どこに住んでいたのかも、定かでないから、分からないけれど、それが、影響大きいんだと思うよ。と話してくれた。
そうなんだ・・。
結婚してから、そんな大きな被害も経験していないし、だから、私もつい、そう言うことを言ってしまうんだな〜と、密かに思った。

***************


さてさて、ピアスの片方のは、ミリーちゃんと、ペアペアにすることに致しました。
そして、シリパパとおそろいのクロスのペンダント。これは、E子さんとおそろいにすることになりました。
楽しみです。
又10月に、ジュエリーの仕入れをして下さるそうなので、おおよその欲しいタイプを決めて下さり、後は、ゆりあ先生にお任せと言うことで、注文をさせて頂きたいと思います。
宜しくお願いします。

今回クリスタルの注文は、大きな子をお願いしようと思っています。
まだまだこれからも私は頑張っていくので、それをお手伝いして下さる子をお願いしたいと思います。



**********

(掲示板より)
お昼前にアピタへ買い物に行ってきました。
買い物を終え、駐車場に向かって行くときに、見覚えのある後ろ姿がありました。
ん??もしかして??と思い、その人に声を掛けました。
「E子さん??」と。そしたら、その方は後ろを振り向き、顔を見ると、やっぱりE子さんだったのです。

「あー!早百合さん、帰って来た??どうだった??」と・・。
「台風接近で、暇だし、買い物をしながらのんびりしようと思って・・。」と彼女。
娘さん達も仕事だし、日中ひまだから・・。」と。
いろんな話をしながら、彼女。
こんな言葉が聞けました。
「私ね。色々気付いた事があったの。今までそれだけ親に対して感謝がなかったか、あれからずっと気付いたら、親に謝罪のエネルギーを送っているじゃんね。本当になんていうわがままな私だったんだろう」と気付けたじゃんね。そうしたら、凄いだよ。身体の痛い部分が、なくなっちゃって、よくなっちゃったの??と思えるじゃんね。なんでだね〜?」と。
それは、それは、不思議な体験だよ・・。と。
私も聞いていて嬉しく思いました。
何でも月曜日からだとか・・。
ちょうど、その時期は、私たちもクリスタルセッションで、大きなセッションを伝えてくださったとき・・。これも大きな意味があったと思います。もちろん彼女の大きな気付き。そして、私たちも、大きく流したエネルギー・・。地球に、人々に、家族に、命あるすべてのものに・・。それが届いたのでは、と密かに思ったのでした。
嬉しかった事でした。

そして、もう一つ。
この日午前中に、ある方が来てくださいました。ヒーリングジュエリーを以前から、欲しいと注文して下さった方でした。
その方は、真に意味を理解して下さっているのか、お聞きしなくてはと思ったのでした。お子さん連れで、来てくださったその方に・・まだ来ない先から、ずっとエネルギーを送らせて頂き、来てくださってから、さらに詳しいお話をさせて頂きました。
これが、仕入れられるまでの流れ、そして、浄化、チューニングされるまでの流れ・・。愛を深めていく、そして、しっかり感じられる事・・。お子さんも間に入っていましたので、どこまで伝わったか、分かりませんが、伝えさせて頂きました。
また機会があったら、手にしたいとおっしゃってくださり、これからは、又見守らせて頂こうと思っています。
masaさん、そんな流れになりました。
私の前での姿とmasaさんと一緒の時の姿とお子さんと二人の姿と・・又ご主人と一緒の時の姿と・・。きっと、違うのでしょうね・・。
もちろん違う事も承知だし、私たちも昔、そうでしたから、いいのです。
masaさんも堂々とその方と接して行けばいいと思いますよ・・。
きっと、彼女も変わって行くでしょう・・。

そして、masaさん、昨日メールの中でお伝え下さいました。いい方向性が見えてきたそうです。
又皆さんにも、ご報告があるでしょう・・。
向き合う事。本当に素晴らしい流れが、きます。頑張りました。
本当に頑張りましたよ・・。
きっとこれからがスムーズに行くでしょう・・。
そしてね・・。旦那さんも旦那さんが望む方向に向かって行くと思いますよ・・。
後は、masaさん次第です。

2005年08月24日

その後の三男君。他

昨夜、突然と7000円の事が出たのにはビックリしたけれど、その理由が今朝分かった。
彼は車が来てから色々外出が多くなった。それは四男を乗せて夜景を見に行ったり、友達とどこか行ったりしていたのだ。そのガソリン代が、3万円も飛んでいったと言う・・。ちょ、ちょっと、それは乗りすぎ!!それで出費がかさんだらしい。
明日から、彼も、一泊2日で、新入職員の歓迎会で行くのだが、その時のお金も必要だからと伝えてくれた。
そういうことなら分かるけれど、いきなり、お金頂戴というのは、解せなかったと伝えた・・。彼は「そ、そんな言えるわけないじゃん」と言ったけれど、意味が、分かればこちらも納得する。
彼は、どこか、やりすぎて、自分で、反省すれば、セーブ出来るタイプ。
専門学校の時でも、そうだった。
バイトで、全部使い切りたかったと言っていた。それは、高校時代寮生活の中で、質素に切りつめさせたから、その発奮が、専門学校の時に来たのだったから・・。
今回も貯金するつもりで、せっせと貯めていたけれど、意外や意外でガソリン代が出費したことに頭を悩ましていたのだった・・。
結構わかりやすいので、楽なんだけれどね。
これで、反省をして、気をつけるだろう・・。

後は、次男君だね。26日が1日入学が出来る日らしい・・。

*******************
本校のボードで、ある男性の先生が、ピアスホールを一コ開けたいけれど、どなたか、そのもう一個を半分コしませんか??という書き込みがあったのだ。それを候補者として手を挙げさせて頂き、そこからいろんなレスレスが、ついて盛り上がっているのだった。そして、その男性と半分コするのが、ほぼ決まりそうで、ミリーちゃんと弟が、我が家に来た時(大きなクリスタルを蓼科でエネルギー補充させて貰ったのを持ちに来てくれたのだ)その話を伝えたら、ミリーちゃんも、ピアスホール片方2つあるって事で、お互いに半分コすることになったのだ。
そして、私もミリーちゃんも、そこに書き込みをし、盛り上がっていたのだった〜〜・・。
様々な書き込みにいろんな書き込みが、またまた続き、結構面白いかもしれない。まだ、読まれていない方は、ぜひご覧あれ〜〜・・。
私はこの間の質屋さんに持っていったときに、ありとあらゆる貴金属を出しちゃったので、素材のしっかりしたものは、ないのだ。ビーズで、作って頂いたもの等はあるけれど。
そんなこんなで、ヒーリングジュエリーが増えるのをとても楽しみにしている私だった〜〜♪


今台風11号が接近中だそうで、明日あたりが一番近くに来るらしい・・。先も、あずきが、外に出たそうで外に連れて行ったら、大きいのをしてくれた。
(夜中)いい子だ、いい子だ・・。

それにしても、三男君、またもや、車に乗ってどこかへ行っている。(AM3:00)

2005年08月23日

嬉しかった事

今日帰宅時に、次男に迎えに来て貰うことになっていた。
ちょうど、旦那さんの駅に着く時間も一緒と言うことで、駅前でバスが着き、キャリアバッグをカラカラと運びrupinasuさんとともに、横断歩道を歩きそれぞれのお迎え場所へと別れていき、家の車があるところまで行ったら、すでに旦那さんは乗り込んで待っていた・・。
久しぶりに、家族と会い、共に笑顔で、顔をあわせる。
有り難う・・。

そんな中で会話をし、次男の運転で家に帰る・・。
夕食を簡単に済ませ、旦那さんにミッションを伝えておいたけれど、次男がいない時に、ぽろっと旦那さんが伝えてくれる。
「真剣にやる気があるんなら、専門学校の事も考えているよ」と・・。
思わず、本当??と、嬉しく思った。

もちろん彼には夢があるだろうけれど、その夢も必要だけれど、現実的に、生活出来る基盤を作っておかないと・・。それは彼にもあると思う。
そうして、最近、ある専門学校へいき、資料をもらいに行ったけれど、集中して、それにトライする気があるかどうか・。
そこの所がきになっていたのも事実・・。

旅行に行く前に、旦那さんに次男と向き合ってよ。それでないと、私、帰らないから。と、伝えたけれど、旦那さん「ふうん、帰ってこないの。ふうん」というのだった。
そう・・。私が他に帰るところがない事を重々知っているから、そう言ったのかもしれないけれど、少々傷つき、私は、蓼科に向かった・・。
帰路中、旦那さんからのお迎えコールがあったときに、旦那さんに聞いてみた。
「次男と話しをした??」と。
旦那さん「別に」と・。

次男にも電話をしたときに「お父さんと話をした?」と。
次男「別に」と・・。

本当にもう!!と、少々ムッとしたけれど、こんなもんだろうなと、ちょっとがっかりしたけれど、後から、旦那さんが、さっきのような言葉を言ってくれたのだった・・。
嬉しかった・・。

私は、この研修旅行の最後にクリスタルに願いを掛ける内容に、あることをインプットした。それは、家族がさらに愛を深めていき、そして、その流れに、沿った形で、生徒さんが増えていきますように・・と。願ったのだった。(ちょっと、欲張りだったかしらん??
家族がさらに愛を深めて行く・・。もちろん私次第だと思う。
私が、謙虚に、息子や、旦那さんに対して接していかなけければ、変わらない事も十分承知して行かなければいけない事だと思うと同時に、浮ついた生き方をしないで、生きていこうと思えたのだ。
次男ももうそう言う意味は、理解していると思う・・。

旦那さんも、もう後がない。と感じている。
そう・・。次男の年齢では、遅い入学になるんだから・・。

私たちも精一杯の事はしていきたい・・。
次男もそれに向けて本当に感謝を思い出して貰いたいと思った・・。


そして、帰宅時に、今回夏って事もあって、食事の事は何も考えずに、一人あたりこの2泊3日の食費として、5000円。つまり掛ける4人なので、20000円おいて行った。
そしたら、色々節約してくれたようだったし、旦那さんが、おごってくれたみたいで、7000円余ったのだった・・。
わ〜〜・・ありがとうと、素直に、喜んだ。と、ところが、三男君。お金欲しいと言い出した。それは本音だと思う。
でも私は渋った。後お給料まで一日。
ただでさえ夏休みで、お金が出ていく。その中で、始末をしていこうと思っていたけれど、工面して出したのだから、そうそう、個人的に出費するつもりもない。
でもどうしても、欲しいと言うのなら2000円くらいならいいよ。と伝えたが、私の気持ちが本意でないのを察知したのだろう・・。別にいいよ・・と言う・・。
もう彼も社会人・・。私もその意識がある。

旅行の事は又、追って書いていきますです。ハイ。
sally0518 at 06:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)家族 

2005年08月21日

蓼科研修旅行 帰宅後の記述

豊橋駅に、7時出発。その後、蒲郡校の生徒さん達が待つ場所へと向かい、東名、途中東海循環線?とかいう高速道路になり、蓼科へと向かう。
もうその場所では、4回目になる・・。年々楽に、穏やかに、優しく過ごすことが出来る・・。本当に魂の癒されていく過程を象徴するかのようだった・・。
お昼も美味しいベジのお弁当を頂き、ホテルでは、私たちのみの貸し切り状態。他の宿泊客貝ないと言うことは、こんなにも楽で居心地がいいのかと思ったほど・・。
さらさらさらとした波動・・を感じながらの一日目だった・・。
お部屋は、5階、ケイちゃんとSさんと、そして、rupinasuさんと一緒のお部屋だった。今回は、スクール毎とりまとめて下さってのお部屋だった・・。
又来年は、参加して下さる生徒さんもいらっしゃると信じておりますです。
蓼科への道・・。初参加の方は、それなりに、そして、いろんな事が浮上してきて、それもクリアさせられる流れがあり・・このテーマは、よっしゃ〜、受け止めるぞの決意がないと、なかなかたどり着かない。
ある生徒さんも、交通事故で、車が大破し・・来れない方もいらしたそうだ。それでも守られている。ケガもなく、精密検査を受けたけれど、全然異常もなかったそうだ。
最後の日にも、おじさんがなくなられ、通夜に行かなければお会いする事も出来ないと言われた方も、涙ながらに最後に参加出来ないと言われたにも関わらず、通夜の日が延びて、最後まで参加出来る流れを頂くこともこれまた魂の計らいだと思わずにはいられない・・。
本当に導かれるように、魂の流れに沿って生きていくと言うのをありありと見ることが出来るのも、本当に不思議なのだ・・。

この日の講義は、クリスタルヒーリング、トリートメントの復習。完璧に出来ていることを条件に、次にすすんでいくのだった・・。
癒されていく感覚。この感覚を感じること。10個の愛を思い出しその流れを今一度落とし込んでいく。球のクリスタルのエネルギーのお話。さらに深く穏やかな愛を思い出していく事をしていったのがこの日だった。

今回の旅行中、私は絶対に体重を増やさないと心がけた。偉い!!!!
家に帰ってから、とどまっていた大のほうが、速やかにでてくれた。去年は5日間くらい??蓼科で過ごした時には、毎日のようにでていたけれど、久しぶりに緊張もあってなのか、お出ましにならなかった・・。
お部屋では、この日いろんな学びがちりばめられていた・・。息子と同年代のケイちゃんと、息子の事とリンクして、好きな道を歩ませていく事、後悔しない生き方、地に足をつけて行くと言うこと等々、教えられることが一杯あったのだった。
流れって、本当にあるんだなと思えた。
こうした学びは、本当に有り難いのだった・。

2005年08月20日

お買い物

旦那さんと一緒に私の服を買いにいくのに、見てくれるって事・・今までなかったわ〜・・。
それが、今日は、本当に初めての事だったんだけれど、一緒にいき、試着をするときにも、そばにいて、見てくれるというとっても珍しい、それでも嬉しかった出来事があった〜〜・・。

購入してから、見てもらって買うって本当に嬉しかったんだけれど、あなたは、どう感じた??と聞いたら、女性の服は、分からん・・。といいながら・・、まあ、見立てもいい方じゃないかしら??と、思えたのだった。
いつも、買いに行くと言っても、自分で、見立てて買うことが多かったので、新鮮で、嬉しかったのだ。

そう・・。生徒さんの中では、旦那さんが、これを着たら??と言って、見立ててくれる生徒さんもいるのを聞いて、へ〜〜〜!!と感心してしまった事もあったけれど・・。こういうのも嬉しいモンだね・・。

今日は、そんな午前中だった・・。
ジャスコ南店・・。これって南ジャスって言うんだって・・。まるるさんが教えてくれた。息子達もそんな表現で、言うけれど、普段言い慣れていないから自分ではピンと来ない・・。


さてさて、今から色々準備をします。
ワクワク蓼科・・。年々穏やかに行くことが出来る・・。
去年一昨年と、ずっと、トリートメントをして頂き、至福の喜びに包まれた蓼科だったけれど、今年は、この研修旅行のみの旅路だ・・。
今年は、まだ行かれていなかった先生方もいらしたし・・十分私は、堪能させて頂いたので、明日からの旅行が、本当に、嬉しい・・。




昨日は、久しぶりにE子さんの所に伺った・・。きれいにリフォームされた居間とキッチン・・。
凄くステキだった・・。
確かにリフォームは、大変なんだけれど、終わった後は、やってよかったというものがある。
昨日は、娘さんのMちゃんもお休みで、いて、一緒にパソコンを見ていたり・・。
和気藹々として、いいひとときを過ごせたね・・。
パソコンの使い方講義が終わって、ヒーリングタイム・・。そして、帰ったのだった。
南ジャスに行き、旦那さんからのお迎えコール・・。そのまま駅に直通し、家に帰って夕食準備・・。
夏は、遅いご飯でも苦にならない・・。
今は夏休みだからね・・。


次男には、ついどうするの??と聞いてしまう。
彼は即決採用入居OKと言うところを探す。今やっている。と言う・・。これで家を出たら、もう連絡しないからね。と言う・・。
こういうのを感謝がないと言うのだろうな・・。

旦那さんも去年俺は、もうあいつに伝えた。と言う。それを言って納得して、でていったんだから、もう俺はあいつに何も言うことはない。と言う・・。
んん〜〜〜〜・・。難しい・・。そうはいってもね。
私も、二人のわだかまりが、取れて行くのを待っているんだけれど・・。もう少し時間かかるんだろうか・・・・・・・。

子育ては、父親を立てて、立てて、育ててくだされ〜〜♪

***********

思い出・・。
もう3年になるんだけれど・・。
私が、提携校取り消し処分を受けたのは・・。
当時、本当に軽はずみなことをして、そんな処分を受けた事があった・・。
そこから提携校への厳しさを再確認した。
その年は、本当に色々あった。
四男の事もあったし・・家庭訪問もあったし・・。そんな厳しい出来事があり、そこから大きく成長をさせて頂けたので、私に取っては、本当に有り難い事だった・・。
その当時を知っている生徒さんは、rupiちゃん、キョウコちゃん、yukiちゃん、TOSHIさん、masaさん(まだカルチャーだったもの、あまり詳しい事は、知らなかったかな??)後は、当時、生徒さんだったミッキーさん(今元気かしら?)。
本当に共に泣いてくださり、それでも私の元で、学びたいとおっしゃってくださった事を思い出す。
本当にあの頃、生徒さんに励まされ、大きく成長させて頂いた。何がいけなかったか・・。研修の意味を深く考えていなかった事に一因する・・。提携校樽ものの責任。そして、そのエネルギーの伝授。それを受け止める質を問われたのだった・・。
その後・・心して、蓼科に行かせて頂いている・・。
蓼科。そこには、一切淀みがあってはならない地・・。
明日から、日記も暫く書くことが出来ないけれど、掲示板は動いていますので、書き込み等、学ぶべき事、嬉しい事等、シェアがあったら、ぜひ書いて下さいませね〜・・。



2005年08月19日

今夜はお月様もきれいで・・。本当に。

今朝の虹といい・・
夜のお月様といい・・。

自然からのエネルギーに包まれて、本当に幸せだな〜〜と思い、今日を終えようとしています。

こんな日は、クリスタルを月光浴させてあげて、元気に、活躍してくれるように致しましょう・・。

いつも有り難うと言いながら・・エネルギーを送りながら・・。


ついでにこの日記の壁紙も、お月様〜〜〜♪

掲示板の書き込みの転載です。♪

旦那さんを駅まで送っていく途中西の空に、大きな虹が、かかっていた。
嬉しくって、「虹、虹、虹!!」な〜んて、大きな声で、叫んで、電話やメールをしまくっている私に、旦那さんは、笑っていたけれど、みんなについ、伝えたくなっちゃったの・・。
ミリーちゃんからもメールで、同時進行で、お互いに見れたみたいで、ビックリでした。
ミリーちゃんは、お散歩に行くときに、雨上がりの水たまりに映った虹を見て、空を仰いだんだそうです・・。

桂さんにも、るぴちゃんにも連絡してしまいましたが、桂さんも見ることが出来てよかったで〜す。
るぴちゃんに電話したときには、すぐ虹の確認をしたら、薄くなっていたので、見れなかったかな??

朝起きて、あずきのおしっこを外でさせて(最近あずきは、外で、おしっこをしてくれるのです。時間を見計らって外に連れ出すと、そこでするようになり、室内で、粗相をしなくなったのです。昨日は、タイミングを見ることが出来なくて、粗相が、多かったのですが)なんだか、うれしい事のひとつです。

そして、ちょうど、近所のご主人にお会いして、我が家の前にある土地の事をお聞きしたかったので、タイミング的にうれしかったのです。
これこそお金のカルマだなと思っていて、心苦しかった事だったのですが・・。
それは、前にも書かせて頂いたけれど、許可なく、使わせて頂いているので、車を置かして貰っているので、賃貸として、地主さんにお借りしたいといった方がいいでしょうか???とお聞きしたんです。
その近所のご主人さんは、不動産のお仕事をされている社長さんなので、前にも、ここを買うとしたら、いくらくらいするかお聞きしたこともあったのですが、その後、そこを介さず売りに出していた事もあって、とても気になっていたんですね。
その後、その土地の売り地として看板も撤去され、ご主人は、今野放し状態だし、私たちが欲しがっている事も承知していたし、いいと思いますよ。又そのように伝えておくね。といって下さったのです。
こちらも、勝手に、草が生い茂っていたのを、刈ってしまったけれど、使わせて頂いているので、と思い 業者にお願いして、刈って頂いたんです。とお伝えしたら、そうだったんだね・・。地主の人が、やったかと思ったよ。じゃあ、そのことも伝えておくね。そこまでしてくれているんだから、十分だよ。というコメントも頂けたのでした。

そのことを旦那さんに伝えたら、そうだよね。ま、退職する時期になるかもしれないけれど、土地を買えるといいね。という言葉まで頂けたのでした。

そうとなると、旦那さん笑いながら曰く。俺が、退職するまでには、後5年。その頃には、お前もアロマで、生活出来るようにしてしていってくれればいいもんね。と、本気のような本気でないような言葉も頂けたのでした。

今まで、そこまで意識したことがなかったけれど、生活が出来るように、アロマのお仕事を、もっと、もっと真剣に取り組んで、やって行けばいいんだと、とても前向きな思いに駆られたのです。
土地も買いたいね。といっても、先立つものがない。で、諦めるのではなく、生活の基盤が出来るように頑張っていこうと思ったのです。
出来ない事はない。そう思えました。

ちょっとした流れで、こうした意識の展開が、出来た事本当に嬉しく思えました。
この5年間の間に、旦那さんも、もちろん、しっかり学んで頂き、愛を取り戻し、深めて、真剣に、今後の生活がやっていけれるようにしていきます。
自慢じゃないけれど、ここまで意識を持った事がなかったんですが、ゆりあ先生、シリウス先生、又ご夫婦で、お仕事として成り立たせていらっしゃる先生を見習い、邁進させて頂きます。

まさか、こんな流れになるとは、思いませんでしたが、真剣に取り組みますので、今後とも宜しくお願いします。
旦那さんも、第二のお仕事として、共に歩いていけたら・・と、思いを強く持ちました。

後は、息子達ですね。三男も土地を買えばいいじゃん・・。応援するよ。と以前いってくれました。
この5年の間に、息子達もそれぞれ自分の道を歩いて行くことでしょう・・。
どうなるか、正直、まだ分かりませんが、進み始めたのを感じます。

てな事で、ぼやぼやしておれません・・。
まっしぐらに突き進んでいかなくてはね!!
がんばりま〜す。

虹を見させて頂き、さらなる動きにワクワクしています。

E子さんから、電話を頂いたのですが、嬉しい内容でした

happaちゃん、有り難うございました。彼女が、葉っぱちゃんの姿から学び、本当に前向きに頑張ろうと意識して下さいました。

今までパソコンの事分からないから・・。といっていた彼女でしたが、パソコンを開いて見る。と意識を強めて下さったんです。

happaちゃんのシェアをお聞きしながら、徐々に変わって来たんです。

これが、グループレッスンの良さなんです・・。
自分だけに焦点を当てるのではなく、人と比べるのではなく、魂の成長を促してくれる。そこに気付いてくれたのです。

これも葉っぱちゃんのおかげです。有り難うございました。
電話で、パソコンの電源を入れる事から話していたのですが、15時頃に彼女の家に行き、使い方を教えさせて頂く事になりました。
happaちゃんが、プリントアウトをしたものを読んでいたけれど、本校のボードを読みたいと思い、実践してくれた事が、彼女にもいい刺激になったようです。
そして、さらに、まなびを深めたいという気持ちを持ってくれたのを感じました。
なんだか、嬉しかったです。

グループレッスン。やっぱり素晴らしいですね。

長々と書いてしまいましたが、家事を行いま〜す。そろそろ、旅行の準備などもしないとね・・。

そうそう・・。
旦那さんが、旅行にお小遣いを下さる気配なんです。最近は、旅行代も、おかげさまでアロマの収入で捻出出来るようになったのですが、お小遣いを下さるなんて思ってもいなかったので、本当に有り難いです。
これも愛の貯金の賜でしょうか・・。

本当に感謝をもっともっと思い出していきたいと思いました。
謙虚に、謙虚にですね・・。


2005年08月18日

美味しかったね♪

今日は、アロマのお仲間達と、お食事会の下見ということで、フランス料理のランチに行ってきた〜〜♪

すっごく、すっごくステキで美味しかった・・。
もうここで決定!!教えて下さった桂さん、桂さんに情報を提供して下さった、Aちゃん、有り難うございました。ばななぶれっどさんも、ご存じだったんだよね。
もちろんミリーちゃんも・・。皆情報通なのだ〜〜・・。特に、豊橋校の先生始め、出身者は・・。
そして、その場所で、集合することになっていて、皆次々と集まった・・。
昔の家屋をリフォームして、和風の中にも趣のあるお店となっていたのだ。
大きなお庭があり、そこではガーデンブライダル??が出来るようにもなっているらしい・・。
案内されて、席につく。
そして、皆揃ってから、前菜が、硝子の涼しげなお皿に彩りよく盛られている。こりこりする白いパスタや、ベビーリーフ?等、芳香野菜などを載せた上に、小麦粉と何かで、焼いたおせんべいみたいなものを乗せ、したには、ドレッシングが、あり、バラバラにして、ナイフとフォークで、頂くのだった・・。
そして、その後が主菜で、大きなナスを土台にしたグラタンで、いろんな野菜がのせてあり、これまた、本当に美味しいのだった。

そして、モモのコンポートとコーヒーで、ゆったり、優雅な時間を堪能したのだった・・。
お手洗いも、いい感じ〜〜・・。お店全体は、硝子戸で、外が見られるようになっていて、昔お家だったんだな〜と言う面影もちらほらと・・。懐かしいような感じもするお店なのだ。

我が家で記念行事など、こういうところで、やるのもステキと思えた。
なかなか、そう言う機会もなかったしね。



9月29日、ぜひぜひ楽しみにしていて下さいませ〜〜〜〜♪


2005年08月17日

もう裁くのは、辞めようね

もう裁くのは、辞めようね・・。

裁いて、自分も人もヘロヘロになり、失うものの大きさが、真に理解したら、どれだけマイナスのエネルギーをまき散らすことになるか・・
いろんな学びから、感じられた人がおおいですね。

もう辞めようね・・。
少しでも、成長出来たのならば、沢山自分のことを褒めてあげようね・・。
自己卑下せずに、私頑張ったんだよね。と・・。

一杯抱きしめてあげようね・・。


それでも辛かったのならば、我慢せずに、私の胸に飛び込みな・・。
支えてあげるから・・。

私が支えることが出来なかったら、私も導き手に支えて貰うから・・。
そして、お仲間も支えて下さるでしょう??

甘える時には、甘えてご覧・・。
私にも、そして、・・時には、ご家族にも・・。

今大変なの・・。え〜〜んって、と、素直に感情を開放してごらん・・。
そこで我慢は禁物だよ・・。
ただし、意地は、張ってはいけないよ・・。
素直に、素直になればいいのだから・・。

2005年08月16日

愛したい・・、愛されたい

最近、生徒さんや、もちろん自分の事、家族の事で、とてもリンクすることがある・・。
もちろん、それら起こることには意味があり、振り返り、まだ見たくない闇の部分を見ることを魂は計画をしてくれてるんだろうと思えることがある。

ちょうど、MayuMayu先生の書き込みで、色々振り返り、私も、息子達や、中学生の生徒さんの講座のことを振り返り、そして、ゆりあ先生や、シリウス先生の書き込みを読ませて頂き、又、落とし込む作業をしている・・。

愛し、愛されたい・・。中途半端な思いでは、包み込むことが出来ないんだ。と又思わせて頂いている。
更に強く、さらに深くなっていく為に今、行われているんだと・・。真に思える自分がある。

まだまだだろうけれど、成長度合いは、加速されている。
蓼科に向けて、本当にワクワクしてきている自分がいる。



この日、弟と、ミリーちゃん、そして、masaさんご家族が、来てくださった。
ミリーちゃんの所へ、よかったらベビーベッドなど いかがですか?と言ってくださり、その引き渡しの日が、このひのお昼からになった。
お互いに、喜んで貰える事が出来、よかったと思う。
いろんな事があるけれど、すべて愛を学ばさせて貰える事と理解が深くなっていくのかなと思える・・。

愛したい、愛されたい・・。もっと強く大きく包み込みたい。


****************
夜、私が、エスティマで買い物に行って、ついでに旦那さんのお迎えに行っている間に、次男が、三男の車を貸して欲しいと言ったそうだ。
そうとは知らず、帰ってきて、暫くして見たら、次男がいない。次男がどこに行ったか三男に聞いたら、花火をしに行くから車貸してといわれたので、貸した。と言ったのだ。
その言葉を聞いて、私がいないときと言うことを意識していなかったので、それは何!!と、裁く心が大きくなり、三男に、貸さなくてもよかったじゃないの。エスティマもあるんだからと、憤慨していたら、事の成り行きを教えてくれたのだった。
そうだったの??でもね。と言う私の醜い姿。
三男は、自分だけ恵まれた環境に身を置き、次男に対して、仕事をしていない事への不満もあるけれど、やっぱり、色眼鏡で見てはいけないよと、私をたしなめた。
ほっほう〜〜・・。三男君、あなたも変わってきたね。と密かに嬉しく思う。
確かに分かる。表面上の事で、私もまだ次男を見ているなとおもうこともあるから。
ただ、次男と三男と違う点・・。努力をしている人への評価を見て伝えているつもり。(これも正当化なのかしらん?〜)
今月に入って、食費も入れていないし、ましては仕事をするといいながらも行動していないのだから、大きな態度で、いられることにも憤慨する・・。
それでも次男も気にはしているのか、以前部屋に入ったら、彼は、おかんから、早く行かないの??と怒られる夢を見たといっていたっけ??って事は、それだけ強いエネルギーを出していたんだと、反省し、最近は、他の息子達と同じように、接しているし、彼も穏やかになるつつあるのは、感じている。お盆の行事の時にも、さりげなく、手伝う雰囲気を醸し出していたし・・。
それはそれで、ちゃんと見ているつもり・・。
親子って、やっぱり、いろんな深さで、見つめてしまうんだろうね。
それでも、子供の事は愛しているし、幸せになって貰いたいと思っているんだもの。なんだか、おかしくなっちゃうんだけれど・・。

そんな現実と、そして、自分の至らなさのギャップを見つめながら、そのギャップを埋めていくことを今もしている。
手放しながら、包み込みながら、心と魂の葛藤をしながら、今日も過ぎていく。
ただ、愛の深さと、大きさは、去年よりも大きくなっていているかな??と自分を褒めながら、歩いていきたい・・。

ちょうど金八先生を見たことも、又星になった少年を見たり原作を読んだり、こうも繋がって生徒さんの事や、自分のことを振り返り、愛し、愛され、自分のこの歴史と自分を生み、育ててくれた両親や、関わりがあった方々へ、深い敬愛を持ちながら、感謝しながら、すすんでいきたい・・。

2005年08月15日

送り火

旦那さんも通常出勤になっているこの日は、一人で、送り火を焚く・。
以前は息子達も、その火を見ながら、送った頃が懐かしく思う。
一人巣立ち、後は、糞詰まりの状態な所もあるけれど、確実に息子達は、巣立っていくのだから・・。

今朝、頼んだ本が、届いた。
その本は、星になった少年の原作で、「ちび象ダンディと星になった少年」という本で、読みやすい本だった。
一気に読んでしまった。後半涙で、嗚咽しそうになってしまった本だった・・。
息子の姿と哲夢の姿をだぶったり、親の気持ちが、自分とも重なってしまい、多くの事を学ぶ事が出来る本だった・・。
もちろん動物からの愛も、書かれてあり、人間とコミュニケーションが取れる事で、本当に頭がいい事も書かれてある。
とにかく素晴らしい本だから、映画と共に、読んで頂きたいとおもっている。
四男にも、次男にも、そして、四男の彼女さんにも読んで貰いたいと思っている。

送り火の時間に、いつもなら、一緒に納めたいからいっていい??といって来る義妹から電話が来ない・・・。
気になりこちらから電話をした。私が、実家にでもいっているのかと思ったし、彼女の長女が、帰ってからいこうかな??と思ったとかで、連絡がなかったのだった。
義妹も昨日も、今日も一人で、寂しかったよ・・。といっていた・・。
まだわがやは、居座っている息子がいて・・8月末まで置いて欲しいと言うのだ。
もう8月末でおしまいだ・・。今度こそもうダメという意志で、いる。旦那さんもあきれかえっている。でも旦那さんが言わないとダメなんだとも思う・・。

子育ては、本当に夫婦の調和が大事・・。決して、子供にお父さんの悪口は言わないこと。そしてお父さんもお母さんの悪口は言わないこと。それがいい・・。
少し前にrupiちゃんがおっしゃっていた。私もそう思う・・。

****


エネルギーの自覚/他

以前訪問販売で、お仕事をさせて頂いたとき、こんな場面がありました。
まだ私が新人だった頃の事です。
新人数人が集まり、トップの批判をバリバリ話していた時の事です。
これは絶対にその人に言わなければいけない!!と燃えに燃えていた数人の・・年齢的にも上の方達が、いっておりました。
当時私は、金魚のふんみたいに、くっついているタイプでしたので、その凄い迫力に、オドオドしていた覚えがあります。

そして、ある時、そのトップの方を取り囲んで、凄い剣幕で、まくし立てていたことがありました。その方は、答えていましたが、「こんな場面で、これ以上話すことはありません」と言って、帰られました。
私は、その方が気の毒になってしまい、後から、「ごめんなさい」と謝罪したことがありました。

こういった事が強いエネルギーで、相手に責め立てる事なのだなと思いました。

この強いエネルギーが、ともすると相手のチャクラに進入し、乱したり、命をも脅かす毒矢になるのだろうなと・・。
今なら結びつける事が出来ます。

アロマを学んでいくと、エネルギーも強くなっていく。
このことを自覚していかなければいけません。

ゆりあ先生の仕草、行動をみさせて頂いたときに、感情的に、マイナスのエネルギーを出す場面は、みた事がありません。
諭すように、穏やかに、それでいて凛とした強さがあるのです。
決して責めないのです。

あぁ・・。まだまだ私は出来ていないけれど、必ず手にしたい強さでもあるのです。

まだ生徒さんでいらっしゃる皆さんも、何気なく発する強い波動・・。

昨日のお母様もおっしゃっていました。
以前の彼女の姿とは、全然異なって違和感を抱いた事もあったけれど、今の彼女には、アロマが必要なんだろうなとそう理解して下さっているのですが、時折みせる突き刺すようなエネルギー・・。

それをコントロールして、愛の中で、変換し、伝えていかなければいけないのだろうと・・。

もちろん送ったものが帰ってくる。
お母様自身が、出した事でもあるかもしれないけれど、先に気付いた方が、この学びを手にしている人から、先に気付き謝罪させて頂く中で、サポートしてあげればいいのですから・・。

どっちが、良い悪い、加害者被害者の意識があっては、成長はないのですから・・ね・・。

***********************