d21c22b6ba29c97caaf4407ff8817cac_s
ヴィゴラ〜ス!金光サリィです。
〇〇ハラスメントという言葉をよく聞くようになりました。
ハラスメントとは日本語で言うと、嫌がらせやいじめという意味です。

パワーハラスメント(パワハラ)は、地位などの権力を背景にして
相手の人格や尊厳を侵害する言動。
セクシャルハラスメント(セクハラ)は性的な要素での嫌がらせ。
この二つはニュースなどで度々耳にするので、分かりやすいと思うのですが、
モラルハラスメント(モラハラ)はどうでしょうか?

モラハラとは、モラル(良識)で相手を心理的に追い詰める言動です。
※モラル上許されない無視などの陰湿な精神的いじめも含まれますが、今回は割愛します。

たとえば、「家族なんだから連帯保証人になってくれよ」
友達なんだから無料でチラシのデザインしてくれよ」といった言動です。

他のハラスメントと同様に、言われた方の受け取り次第なのですが、
こう言われると断りたい場合にとても断りづらいですよね。

モラハラがやっかいなのは、自分がモラハラをしている自覚がほとんどないことです。
当然のお願い、まさか断られるはずがないと思っているのです
(もちろん意識的にしている人もいます)。

もし断ると「困っているのに助けてくれない」「心が狭い」「ケチ」などと言われ、
断った方が悪者にされやすいのが難しいところです。

モラルを大切にしたいと思う人ほど、このモラハラを受けやすくなります。
「そう言われると、モラハラを受けたことがあるな」という人もいると思いますが、
こうやって言葉として定義されると、今までより断り易くなったのではないでしょうか。
また、自分自身がモラハラをしていたことに気づいた人もいるかもしれません。

嫌なものはイヤと言える強い心を持って、モラルを盾に
時間やお金、エネルギーを搾取されないようにしましょう。
また自分がモラハラをしてしまわないよう、モラルとお願いごとは別物と考えましょう。


上記は週に一度、LINEでお送りしている「ヴィゴラス通信」です。
ぜひお友達登録してくださいね
185ライン登録