中間管理録トネガワ
(写真:中間管理録トネガワより)

「アサーティブコミュニケーション」という言葉をご存知ですか?

言いたいことを高圧的にしか伝えられないとか、
言いたいことがあっても気が弱くて伝えられない。
それらとは一線を画す、
自分も相手も尊重しながら素直に自己主張する方法のことです。

(あるマンガでの一コマ)
怖い上司の顔色を伺うばかりの部下A。
怖い上司にも臆せずストレートに物を言うのに
可愛がられる部下B。

そんなBを羨ましく思ったAは、Bの真似をして、
勇気を出して上司に意見してみたところ、
「生意気だ!」と怒られてしまいます。

同じことを言っても、AとBで相手の反応が全く違う理由のひとつに、
アサーティブコミュニケーションができているか否かの違いがあります。

そのアサーティブコミュニケーションを身に付けるための
いくつかのキーワードの中で特に大切なのが
「対等」「尊重」です。


立場は違っても相手と自分を対等に扱い、
お互いを尊重したうえで主張すると、
相手にも素直に伝わり気持ちよいコミュニケーションが
とれるようになるのです。

会社だけでなく、家族や友人などの人間関係にも
アサーティブコミュニケーションを取り入れると、
人生がより豊かになりますね。


アサーティブコミュニケーションも遊びながら身に付けられる!
「自分史上最高セミナー2019 〜ザ・ゲーム〜」

自分史上最高セミナー2019

詳細はこちらです→http://blog.livedoor.jp/sally79/saikou2019.html


上記は週に一度、LINEでお送りしている「ヴィゴラス通信」です。
ぜひお友達登録してくださいね
185ライン登録