啓蟄に想いを馳せる  #SIGMA #SD1

アジア最大のカメラの祭典、cp+の終了から
1週間が経とうとしています。

去年はイレギュラー的に行くことが出来たの
ですが、今年は想定通りそれどころではない
状況になっており行けずじまい。

余りに予想通りの悪い方向性で物事が動いて
おり全く嬉しくないんですが、それはさてお
き全く想像していなかったSIGMA初のレンズ
交換型デジカメ sd Quattro の発表とセンサー
サイズを少し大きくした sd Quattro Hの開発
発表が行われました。

ここ数年で読んだweb記事などを元に次世代
SDは一眼レフ構造と思っていただけに少々
意外でした。

正直に言うとミラーレス構造にする技術力が
SIGMAにあるのか?と言う疑問と、一眼レフ
構造の場合AFユニットの供給元があるのか?
と言う疑問のせめぎ合いが脳内で渦巻いてお
りました。

また、もしミラーレスになるならばPENTAX
のK-01のようなモデルにならざるおえないか
とは思っていました。

なぜならばSIGMAはカメラメーカーである以
上にレンズメーカーだからです。

自社(SA)マウントのマーケットが他社製品に
蹂躙されるくらいならカメラを造るの止めよ
うと思っても不思議ではりません。

何だライカ等の古の名玉が使えないじゃん!
とお怒りの方もいらっしゃるかも知れません
が上記のような理由もあってのsd Quattroの
構成になっていると思われます。

もっとも、そのようなレテセントリック製が
現代のレンズほど良くないフィルム用レンズ
の場合、FOVEONセンサーカメラはもっぱら
モノクロ専用機になる可能性が極めて高いこ
とも指摘させていただきます。

むしろ私が気になったのは同社初のEVFの
見え方です。

SD15からのデジタル一眼歴6年ですっかり
光学ファインダーを覗く目になってしまいま
した。

併せて最近は野鳥や飛んでいるトンボを撮る
機会もあり、光学式に比べブラックアウトが
長時間続くEVFには正直不安の方が多かった
りします。

出来ることなら杞憂であって欲しいのですが
全ては製品版の sd Quattroの登場を待つてか
らの評価としましょう。





SIGMA SD1 + 120-300mm F2.8 DG OS HSM S013 x TC-2001 (Handheld shooting)





SIGMA SD1 + 120-300mm F2.8 DG OS HSM S013 x TC-2001 (Handheld shooting)





 

もう幾つ寝るとcp+  #SIGMA #SD1

前回のblog更新から3ヶ月が経とうとして
いますが、やっと今年最初の更新ですw

更新しなかった理由は仕事や私生活常の
問題なんですが、まあそれは置いといて
間もなくCP+がやって来ます。

去年も色々妄想した上に横浜まで行ったん
ですがdp0 Quattroと言う超変化球で見事に
予想は空振りとなりました。

今年は秋にフォトキナを控えていますので
各社とも隠し球や実機投入が夏頃にズレ込
むことも考えられるので気が抜けません。

SDの後継機たるFOVEON系センサーを積ん
だレンズ交換式カメラの開発発表もあるか
も知れません。(正式にはSD後継機の開発
発表は未だ行われていない)

上手くするとカラスケース越しに立体模型
を見られるかも知れません。

実機の投入時期はいろいろ想像出来ますが
間違いないのはSD1 Merrillの初値よりも高
い価格になるであろうと言うことです。

これは海外生産比重の多い他社でより顕著
ですが、国産品でも原料だけでなく色んな
物が円安や負担増を吸収しきれなくなって
きていますので、本体のみで30〜40万円く
らの 覚悟が必要かも知れません。

そしてSIGMA製品を知る方々には当たり前
なんですが「決して高機能・高性能」を期
待してはいけないと言うことです。

個人的には5年前くらいの他社製デジ一く
らいあれば御の字です。

って、こんなコト言ってるとぶん殴られる
かな  (怒 `Д´)≡⊃)`ν°)・;'.、 




SIGMA SD1 + 120-300mm F2.8 DG OS HSM S013 x TC-2001 (Handheld shooting)





SIGMA SD1 + 120-300mm F2.8 DG OS HSM S013 x TC-2001 (Handheld shooting)



オマケにもなっていない画像は木曜日の
昼に浜北森林公園で出会ったキツツキ達。

上段のコゲラはこの時期探せば出会える
鳥ですが、下段のアオゲラは狙ってもなか
なか会えないらしいです。

この時にはラッキーにも写真に残せ、飛
去った後も大きな鳴き声と木を突く音を
聞かせてくれました。

脚は早いか?   #SD1 #SIGMA


気が付けば10月ももう終わり。

来月を過ぎると身辺が(悪ぃ意味で)騒々
しくなりそうなので、今のウチに気にな
るカメラのコトを記事にしてみようかと。

SIGMA社(こう書くとSAみたいだw)の
デジタル一眼レフカメラ SD1が世に出た
のが2011年。

翌年のCP+には製造プロセスの改善によ
る改善版のSD1 Merrillが世に出た。

来年にはまるまる5年を迎えるワケです
が、恐らくCP+2016迄に何らかの発表
がなければ、デジタル一眼レフ後継機は
ナイと思っています。

出るとしたならセンサーサイズやライブ
ビュー等が話題に上がりがちですが、他
にもweb上で話題になっているAFユニッ
トが最大のネックになってくると思われ
ます。

私はド素人なので位相差AFユニットを
社外供給専門に作っているメーカーが
存在するのか知りませんが、もしないの
ならば現在それらを作っているキャノン
ニコン、リコーのいずれかから供給を受
けるしか方法がありません。

最近だとキャノンは買収や提携が噂され
ひょっとしたらその一部にはAFユニット
の外販が含まれているのかもと思わされ
たり、ニコンだと例の裁判の和解に高額
でAFユニットの購入があるのではと勘ぐ
ったり、リコーならば総量を増やす目的
での外販があるではと思ったり。

いずれにせよそれらのメーカーのエント
リーモデルからの流用が考えられます。

いずれにせよ位相差AFのデジタル一眼レ
フの最後のモデルになる公算は相当に高
いので、導入を検討されている皆様には
ゆめゆめ抜かりなきように... なーんてw





SIGMA SD1 + 35mm F1.4 DG A012 @52mm f7.1 1/125sec ISO100 EV±0



SIGMA SD1 + 35mm F1.4 DG A012 @52mm f7.1 1/320sec ISO100 EV±0



SIGMA SD1 + 35mm F1.4 DG A012 @52mm f7.1 1/250sec ISO100 EV±0




おまけの画像は静岡文化芸術大学の屋上
での撮影です。

エレベーターが動いている時間なら一般
の方も無料で上がれます。

以前から行ってみたかったんですが、当
日はオープンキャンパスだったようで、高
校生の間を縫ってニセ教授の雰囲気を醸し
ながら行ってみました。

実は津浪襲来時(浜松は最大推定17m)の避
難経路確認だったりも。



.

 
記事検索
プロフィール

mykiss

Twitter
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
オススメblog
  • ライブドアブログ