ブッチャケ(ぶっ鮭)日記

毎夏のAlaska鮭釣り旅日記、定年後の農と自然生活を日記する。 四街道蕎麦の会・四街道メダカの会などの活動ぶりを日記する中で、市民力でまちづくりをする千葉県四街道市を少し宣伝!! (写真はクリックすると拡大します)

ゴールドメダリオンステータスのおまけでドリンクバウチャーが4枚付いて来た。
機内WiFi環境では、これを見せると使える仕掛け、らしい。
しかし、使いたいのはアンカレッジからシアトル間の国内区間なのでWiFi環境があるかどうか???
プリントして持って行こうとポールに頼んだけどうまく行かない。
そこでこの手紙を書いてくれた
機内で手紙をCAに見せたら、
4人分くれた(๑˃̵ᴗ˂̵)
一杯5ドルかな?

私の48ポンドはセーフ
タカさんの3個合計143ポンドもヨシ
ベアさんの149ポンドはお見事
沢山の鮭をお土産に持ち帰ろうとすると、追加荷物料金が問題。
格安料金でも、荷物やお酒で取り戻そうとする時代もあった。
現在のデルタ航空の場合、
50ポンドを2個まで無料。
3個目を持ち帰ろうとすると200ドル追加となる(≧∀≦)
この難問突破の鍵がデルタアメックスゴールドカードの取得。
年会費28080円とお高く、日本の航空会社ではスカイマークとしか提携が無いので、決して使い勝手が良いカードでは無いけど。
カードに付帯するデルタ航空コールドメダリオンのステータスが魅力(๑˃̵ᴗ˂̵)
幾つかの特典があるけど、3個目の荷物200ドルがタダになる、それも同行の9人まで!!!!
つまり、私達の場合は28,080円で200ドルx4人分=800ドルがセーブ出来る・:*+.(( °ω° ))/.:+
但し、コードシェア便での運用には問題がある様で、昨年帰路のアンカレッジからポートランド間のアラスカ航空では、800ドルの請求が発生してこの返金処理に苦労した。
今年はこの経験から、往路はポートランド経由で(アラスカ航空の)アンカレッジ行き。帰路はアンカレッジからシアトル経由のデルタ航空直営?便とした。
上手くいった。

セーフウェイには
日本酒が有ります
カレールーも有ります
アンカレッジのニューサガヤには、
このとうり日本の食材はなんでも有ります、
日本から持って行きたいものは?
手前味噌と柚子胡椒!
焼酎は無かったなー。
大事に使った固形コンソメの素が無くなったなー。
これはチキンエキスなどが入っているので、新たに持ち込むことは出来ないし、げんちでは見つからない(≧∀≦)



 ボンレスハムって聞いたことあるけど、日本ではあまり見かけないハムです。骨つきハムです。真ん中に大きな骨が有ります。削って食べます。美味しいです。


秋ジャガは7メートルx5列
左からアンデスレッド2列、3列目はメークイン、4列目はノーザンルビー、ここまでは春の自家採種種イモ。5列目のデジマはホームセンターで購入したのでイモが大きくカットがしたので必要。カットして数日陰干しして腐れ防止処理して後日植える予定。
秋ジャガが上手くできれば、春ジャガの植え付けを減らす事が出来るのだけど、、、。
里芋畝間に耕運機を走らせて草取り
草が小さなうちにこの作業をやると草取りが楽。

ポールから牡蠣のプレゼント。
剥いて生牡蠣を食べさせてくれる。
美味しいけど小さくて剥きにくいので、蒸し牡蠣にして食べる。
別の日にもっと大きな牡蠣をくれたので、チョビさんが牡蠣フライにしてくれた。



蕎麦打ち定例会
段位認定会向けにしっかり練習。
仕上がった状態での形も確認。
午後は蕎麦畑のトラックター耕運
14時半に7名が集まり、トラックターはオカサンとネコさんにお任せして
残りは大豆畑の草取りと土寄せ
夜は、受験生ジュンくんの息抜きの会
福島のお酒、奥の松が美味い。

8時半なら蕎麦畑のトラックター耕運予定だけど、雨降り。
ネコさんと相談して明日の午後に延期を決める。
雨でトマトもヒビ割れ
種取り用の桂白瓜
畑の様子を見廻ると種採り用のウリが突かれている。
持ち帰って種採りをする。


深川不動尊はお祭り中
富岡八幡宮もお祭り中
横綱碑に稀勢の里!!!!
お魚の美味しいお店
これが噂のノドグロ^_^
      
魚のメニューは読めたのが2つだけ
息子夫婦と双方の親夫婦が懇親会と称して飲み会をする。
いつまでも続けたい行事である。

TSAがセキュリティ検査しましたよーというカードが入っている
開梱検査したのはコレ
手間味噌が漏れるのを恐れ厳重にテーピングしたのが不審に思われた?
でも、調べた後にテーピングをしなかった結果は?
腰痛予防のコルセットが、、、。
勘弁してくださいよ(≧∀≦)

ハリバツトのボートを牽引するポールの車はエディバウアー仕様^_^
でも、昨年同様クラクションは鳴るのかどうか?
今年は、ムースがぶつかり壊れたドアーミラー
ドアーミラーは無いと駄目らしい。
仮に取り付けたミラーは角度調節は不可(≧∀≦)
来週には新たな車になるとの事だけど?
取り敢えず昨年同様80マイル以上でぶっ飛ばす。
来年が楽しみ!!!!


島ラッキョウとエシャロットの植え付け
畑を見廻ると、
通路に落花生の残骸!!!!
急遽ネット張り
この畑はカラスがやって来て落花生を食べる。
対策として収穫前にはネットを張る予定にしていたけど、急遽ネコさんにスイカのネットをお借りして張り巡らした。
接地部分をキチンと処理したら完璧!

アラスカ旅の半月間で、沢山の野菜が収穫された。
ご近所さんなどに押し付けたらしいけど、それでもキュウリやウリは余るので塩漬け保存。
昨年からコレを使い奈良漬けチャレンジ。
ネットで練りカスを注文
ザラメを混ぜて
昨年粕漬けにしたウリとキュウリを、これに漬け直す
左樽は新カス、右樽は昨年下漬けしたもの、真ん中樽は今回本漬けする樽。
3つの樽を並べて、真ん中樽に新カスを敷き、左樽からウリを取り出し交互に並べて漬けてゆく。
下漬けした物を試食

良い色合いでしっかり浸かつており、このままでも美味しいけど、レシピ通りに本漬けにする。

塩漬けのウリを取り出し、水気を拭き取り3時間ほど陰干し
下漬け
古いカス床に塩漬けのウリを漬ける。
本漬けも下漬けも、しっかり密封して物置きに収納。
本漬けは、この冬中に順次食べたり友達にあげたりして消費し、半年後位には下漬けした物と置き換える予定。

ポールへのお土産に四街道メダカの会創立15周年記念Tシャツをあげる。
色違いはトムとエルウッドに
アメリカ人はプレゼントへの喜び表現が上手。
直ぐにみんなに披露する^_^

ポールが春の日本旅で仕入れた物は数知れず。
料理などの知識は書ききれないので、分かりやすいこれらを^_^
浅草で買った着物
信長、秀吉、家康などと書いてある*(^o^)/*
酒蔵で仕入れた?前掛け
佐倉のお酒
コレは原酒と言って早く飲まないといけないとベアさんがサジェストしたので、素早く冷やして、みんなで飲んでしまった*(^o^)/*

雨が多い旅程だったけど、晴れで暑い日に、前の湖で泳ごうとポールが誘いに来る。
誘いに乗ったのは若いライアンだけ。
その後、ポールはこのとうり甲羅干し
大きなお腹を叩いたらみんなも見せろとこのとうり
Photo by Kami


午前中雨予報だったけど4時に起きたら曇り空。
ネコさんにメールして、刈バライ機だけでもやりましょうと決める。
他の仲間へも緊急メール。
5時半に畑で待ち合わせそば畑へ行くと、
オガわさんが落花生の草取り中!!!!
二人で草刈り開始
仲間が次々集まって来て
11時半にはほぼ完了
並行して私とフカさんで大豆畑の土寄せをした。
大きな草が邪魔をして土寄せは1/3位。
残りは刈り払い機で草取りをしたところで中断。
次の8/12日トラックター耕運時に終わらせる予定です。
参加者は、むー、ネコ、ヨシ、コバ、ミゾ、あら、フカ、そしてオガわさん。

滞在期間中に3回のハリバツト釣りが有ったけど、写真のとうり我らの回が一人?勝ち。
第1回:トムとエルウッドの釣り
原因はエンジントラブル。
第2回:翌日の我らの釣り
10匹中5匹が大物!!!!
その内4匹はタカさんの竿!(82ポンド2番は私)
第3回:再挑戦のトム達
リベンジのトム達は、潮回りが悪く釣り時間が短かったようだ。それでもこのトムの笑顔が素晴らしい。
ベアさんは大捕り物の末、、、エイ(≧∀≦)
コレはリリースサイズ
船底の入り切れず最後の大物はポールの足元
船尾が重過ぎるのでチョビさんは帰路には船首に座らせられてバランサー役!

ハリバツトはレッドサーモンより高価!!!!人気上昇中
ハリバツトは健康志向のアメリカ人に人気上昇中。
アンカレッジのニューサガヤでもレッドサーモンの2倍!!!!
「この白くて水っぽい魚はナニ?」
と、前回田舎に送った時に低い評価だったこの魚も、調理次第で美味しい高級魚へ変身です。
カマや腹身の部分(アメリカ人は捨てるけど)煮魚に、肉厚の白身はフライや天ぷら、そして〆て刺身でマイウー!
鮭の遡上が遅れた場合、最初にハリバツト釣りでお土産確保との作戦は成功です。



このページのトップヘ