相棒フルさんと打ち合わせて部分刈り取りをする。

メーリングリストで9時蕎麦畑集合のアナウンスをした。

ARAKAWAさんとめいわの畑で落ち合い、途中お茶などをコンビニで買ってついたら10分ほど遅刻。
フルさんHARADAさんと一緒に手打ち蕎麦先輩のTAKEUCHI御夫妻も先着。

「スミマセン遅れて」と挨拶して6人で刈り取りを始める。

「今日は、午前中、テストとして熟した奥の方を少し刈り取れば良い」と、目標を確認。

皆さん鎌を手に端から刈り取っていく。
09220946


私とフルさんは反対側で、草刈払機での刈り取りテスト。
0917

 

 

 


広い耕作地ではコンバインでの刈り取りを本で見たが、刈払い機でやると早いとの情報もありトライアル。

やっての感想は、「思ったより速くは無い」「今回みたいにキチント畝を作り耕作した時は、鎌で刈ってもそんなに差は出ない。 」

実験は直ぐに終わり皆に加わり手刈りをする。

私はカメラマンと、刈り取った物を集めて束にする役。

1時間のしないうちに「休憩」の号令をかける私。

お茶をしながら自己紹介と情報交換。

作業再開し予定の刈り取りが終わったのは10時55分。
1055

全てを束ねて、後熟乾燥のための「シマダテ」をする。
1151

最後に落穂拾い的に残りを拾い集めるとかなりの量。

みんな終わって記念撮影。
1148
刈り取った面積は1/4以上1/3未満と言うくらい。
1150
今週金曜日(7日)に次回刈り取りを決める。


まだ花が多い道路側は来週後半に刈り取る予定を決めて12時前に解散。
1155

帰路、TOOMIさんたくに立ち寄り、脱穀後のごみを分別する唐箕を確認。

昔の物はICなどを使ってないので所掌古くても少し手入れをすれば使える優れもの。