蕎麦打ちの技を磨く錬成会。
昨年秋から年末までに初段から5段迄の認定会終了して、合格した人も再チャレンジする人もホッとして中弛み状態。
今回3段合格者1人以外は4段以上の先生役ばかり。
今日は先生役もそれぞれ好みの蕎麦打ちを楽しむ。
aさん:柚子切りそば(並粉500.更科250.割粉250.柚子皮と柚子酢)
bさん:1.2キロの二八そば
cさん:1キロ並粉の生粉うち
dさん:1キロ粗粉の生粉うち
eさん:1.2キロの粗粉生粉うち(5段目指し本気モードはこの人だけ^_^)
私: 1キロ並粉の生粉うち(cさんと同様で.数日間冷蔵冷凍保存しても切れない、友人に安心してあげれる十割そばを打ちたい)
初めての生粉打ちは.少し多めの525ccの水を用意。
ほぼ全量の加水。
FullSizeRender
丸のしで縁に小さなヒビが出る。加水量が少ない様だ。
FullSizeRender
以下、圧を掛けて懸命にのしたので写真を撮る余裕無し。
端のひびや切れは有るがなんとか切りまで終わる。

試食会は会長がて野菜天ぷらを揚げてくれる。
IMG_5438
二八の温かいそば
IMG_5441
この後、それぞれが打った蕎麦を提供して食べ比べる。
私の初めての十割そばも茹でても切れず取り敢えず最初ですから、、、。
孫のミーちゃんが来てるとのメールで、一次退席してそばを家に届ける。
後で聞くと、(切れたりもせず)「美味しかった」との評価。
今年の私的課題は決まったなー。
先ずは並粉の十割そばを極め、その後は粗粉の十割そばにチャレンジ‼️