6月2日(土)、晴。

先週は笹川流れ160Kmセンチュリーライドだった。今日のサイクリングは海じゃなくて山を目指すか。山岳サイクリング、ちょっと大袈裟か(笑)。

8時40分、アルミのロードバイクFELT Z100号、発進!目標、旧山古志村。

信濃川、そして中ノ口川堤防を走り、三条から長岡まで国道8号を爆走しました。その途中、チャリンという金属音。ヤバ!と感じた瞬間、シューという高圧空気の漏出音。わっ、パンクだ(涙)。前輪がクギか何かを跳ね上げ、後輪がそれを踏み付けたようです。

今日の走行距離は120Kmの予定。まだ50Kmしか走っていない。チューブ交換してもう一回パンクすると後がない。そこでチュ−ブ交換ではなくTOPEAKパンク修理パッチを貼って修理した次第です。糞っ垂れ!余計な時間を使っちゃった。

長岡まで平野コース。ここから東山を越えて山岳ステージです。東山を越すルートはいくつかあります。よっしゃ、登るぞ!

今回は約20年前に出来た最短路、新榎トンネルを選択しました。ところがこれが失敗(涙)。2.4Kmのトンネル内の空気汚染最悪。タバコを30本まとめて吸った感じでした。肺癌になりそう(汗)。

清酒越乃景虎じゃーん、

旧栃尾市荷頃。ふと脇見をすると清酒越乃景虎の諸橋酒造発見。栃尾は上杉謙信公ゆかりの地です。なるほど、ここで造っているのか・・・・。

ウスバシロチョウウスバシロチョウ発見!

結構沢山舞っています。この写真は自転車にまたがったまま撮れました。幸運!

そして旧栃尾市から旧山古志村に向かってまた峠越え。スプロケット、ローのギア23Tのクロウスレイシオなので、登れないことはないのですが体力消耗した次第です。

山古志村境界山古志村の標識だ、やった!木々は緑を競い、初夏の雰囲気でした。

栃尾から山古志村かけて棚田が有名です。道中撮影したかったのですが、ちょっと躊躇。だって畦のスギナがまっ茶色。除草剤の威力って凄いんですね。


アルパカ牧場アルパカ牧場。

アルパカは可愛い。思い切り抱き締めたかったですが、ちょっと臭そうなので・・・・。

木篭集落の埋没家屋木篭集落、埋没家屋。中越地震の爪痕です。

ここには郷見庵という建物があり、山菜等を販売しています。ちょっと寄ると、あっ、あの松井治二さんだ!テレビでしか拝見したことない復興と山古志闘牛のシンボルみたいな方が目の前にいるのにはたまげました。お茶を入れていただき、お話をうかがった次第です。山古志和牛煮込み(300円)、美味しかったです。

魚野川と越後三山とFELT Z100号そしてまた山を越して堀之内に下りました。魚野川、向こうに霞んで見えるのは越後三山(駒ケ岳、八海山、中ノ岳)です。

14時20分、越後堀之内駅到着。

やった。旧栃尾と旧山古志村を走ったぞ!

やっぱ山はいい。自然の息吹を感じながらペダルを踏む。これこそロードバイクの醍醐味だ。でも正直な話、結構消耗した次第です。ともかく自転車を分解して輪行袋に収納し、発泡酒買って来ようっと!

15時5分、JR下りの鈍行発車。途中長岡で乗り換え17時37分新潟駅到着。自転車を組み立てて18時5分無事生還した次第です。旧栃尾市と山古志村。アップダウンで大変ですが、また走りたい越後の原風景でした。

恒例のサイクルコンピューターチェック

走行距離:119Km
走行時間:4時間52分
平均速度:24.4Km/h 
最高速度:53.7Km/h
積算距離:2828Km (2012年分)
積算距離:16698Km (2010年9月納車以降)

そのほかの写真(クリック。マウスをポイントすると説明が出る)。

中ノ口川堤防にノアザミが咲いた中ノ口川堤防のブタナパンク修理(涙)新榎トンネルへの登りで陸上自衛隊87式偵察警戒車発見。頑張ってねと声をかけた。山古志村への道路標識栃尾、西谷川のタニウツギ新緑萌える栃尾、大平山付近ウスバシロチョウを撮った半蔵金付近の石仏ヒメヘビイチゴ@半蔵金アルパカ牧場のアルパカ七重八重花は咲けども山吹の実の一つだになきぞ悲しきオオタチツボスミレ@山古志山古志には残雪がまだあった山古志のワサビの花山古志のエゾエンゴサク山古志のオオバキスミレ山古志の棚田山古志から越後三山が見えたホオノキの花@山古志恒例の輪行袋撮影@越後堀之内駅