私の事務所は 『住宅』 と 『クリニック』 の設計を専門にしています。
マンションやビル、他の大型施設は それを得意とする建築士に依頼するほうが
いい物が出来ると思っているからです。

 先日、ホームページを見てくださった先生(医者)からお電話で問い合わせがありました。
堺市内でクリニックの開院を計画しているとのことでした。

住宅を前面に出しているHPから、クリニックをよくぞ探してくれたものだと、うれしく思いました。

住宅でもクリニックでも建築することは何度も経験してる人はごくわずかで、そのやり方の是非、
良し悪し、の判断は非常に難しい事です。

 知らない建築士に将来を託すようなものです。設計・監理の委託料だって安いものではありません。
何をきっかけに選んで貰えるのだろうと真剣に考えます。
”私は誠心誠意 頑張って仕事させてもらいます” との思いをどのように伝えたら安心してもらえるか。

クライアント、相手の立場になって行動、仕事をすることが伝えられたらと思うのです。

クライアントにとっては 『建築』という経験の無い上に非常に高額な費用のかかる事業 の
良き案内役になれればと思います。

 不安な事、疑問、これでいいのか? 建築業界の事、 何でも気軽に聞いてください。
小さな事でもお役にたつなら うれしいです。
それが私の事務所のスタンスです。

                                  こどもクリニック 場面2へつづく
                                   源野きさこ

”ギミックデザイン 一級建築士事務所 のHPはこちらから”

堺の注文住宅なら、女性建築家とCM方式(分離発注)でつくる”いずみの家”