「断捨離 言うは易し」

ずいぶん前にコンマリさんの本を読んだけど、「ときめくときめかない」に私の気持ちがさほど動かず、
服のたたみかたや収納の仕方を実践するに終わった。

服は買ったら、買った枚数以上処分するようにしていたが、引出しやハンガーにたくさんの服が
あるにも拘わらず、何を着ようかと迷う・・・
  何かおかしいよね。

その時に読んだのが「フランス人は10着しか・・」 この本で私の意識が変わったし、
いろんな気付きのきっかけになった。

長く着れるだろうか、長く好きな服かどうかを考えるようになった。
ハンカチや靴下ストッキングもたくさん引出しにいれてあるけど、
使うものはわずか、それ以外は要らないものだが、
今まではどうもなっていないから 置いとこう! だった。

使わないけど置いていた物を 「不要な物」 と思えた事が大きな変化。
なんだかわからないが、迷いなく捨てられるようになった。

DSC_2445

わたしの断捨離が1歩踏み出した気分。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。