数奇な運命を辿った一人のアーティストの知られざる物語。
彼の名はファルーク・バルサラ。

1946年9月5日当時イギリス領だったアフリカのザンジバル島に生まれる。

その後インドの全寮制高校へ入学、イギリス式の厳しい教育を受ける。

1964年流血の民主革命に揺れるザンジバルを離れ一家はイギリスへ。落ち着いたのはヒースロー空港近くの労働者階級が住むエリアだった。

工業団地で梱包の仕事をしながら工芸専門学校へ入学、1966年美術大学へ進学しグラフィックデザインや服飾デザインを学ぶ。

フレディ1時代はロック全盛期。
大学はピート・タウンゼントやロン・ウッドを輩出していた。

ジミ・ヘンドリックスをテーマにしたグラフィック作品を多く描いていたファルークは次第に音楽へ傾倒し始め、ここで出会ったバンド「スマイル」に参加。
これが1973年にデビューする「クイーン」の前身となる。

そう、ファルーク・バルサラとは後のフレディ・マーキュリー
今日はフレディーの命日なのです

独特の美意識から生まれた名曲の数々と華麗なステージ、奇行とも言われた自由奔放な私生活はこの生い立ちの記憶をかき消しファルーク・バルサラからフレディー・マーキュリーへと生まれ変わるためのひとつの儀式だったのでしょうか。

完璧主義で知られるストイックなアーティストである反面デカダンでスキャンダラスなパーティー三昧の日々、しかし最後の恋人となる男性との出会いにより心穏やかな生活に心のよりどころを求めるようになります。
そんな時エイズに蝕まれ余命僅かであることを知るのです。
レマン湖のほとりのモントルーでひっそりと療養生活を送った後の1991年の今日、フレディは45年の短い生涯を終えました。

「ドアは開いているから出て行ってもいいよ」
フレディが恋人にエイズを告白した後に言った言葉だそうですが、恋人は最期まで彼の元を離れなかったそうです。
この恋人も昨年エイズで亡くなっています。
フレディの遺言により1992年に再発売されたボヘミアンラプソディのCDの印税はエイズ基金に寄付されたそうです。

フレディ 4フレディ2フレディ32006年6月にモントルーを訪ねた時の写真です。
レマン湖に向かって腕を突き上げたフレディの銅像の足下にはファンからの花束が置かれていました。
その年の9月にモントルーではフレディの60回目のバースデーを記念したイベントがありそこで先にご紹介したフレディの知られざる生い立ちのドキュメンタリーThe Untold Storyが上映されたようです。


東京タワーでクイーン結成40周年&フレディ・マーキュリー没後20年を記念してクイーン展が開催されています
追悼鑑賞会の後はモエエシャンドン片手にクイーンの音楽の世界に浸りたいですね

どんな形であれ自己を表現する事の素晴らしさを教えてくれた
フレディ・マーキュリーよ永遠に



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ フランス料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑にほんブログ村フランス料理レシピランキング位になりました。
応援ありがとうございます