martin_001神楽坂のレストラン街はお盆の間もいつもと同じ賑わいを見せています

神楽坂通りから本田横町に入り、進んで行くと右手角に見えてくるブラッスリー
”サンマルタン”へディナーに向かいます。

鮮やかなブルーの店構えと赤い椅子のコントラストがいかにもサンマルタン運河沿いのブラッスリーという雰囲気で、ここを通りかかる度にとても気になっていました

コースメニューはなくて全てアラカルト。
一皿がすごいボリュームなのでシェアする方が多いとか
やはり・・・隣のテーブルでは4人の紳士がわいわいと前菜の盛り合わせやメルゲーズ、牛肉の赤ワイン煮をシェアしていました。

IMG_0387IMG_0386メインディッシュでオーダーした牛ハラミのステーキとヒラメのポワレです。

ステーキにはディジョンマスタードのペースト状と粒状が2種類、瓶ごと添えられて来てとてもダイナミックですが、お肉のジュのソースと刻んだニンニクが柔らかい赤味のお肉に良く絡んでとても美味。
ヒラメのポワレの下には茹でたブロッコリーとニンジン、クリームソースが敷いてあります。

ステーキに山盛りのフレンチフライを添える”ステークフリット”は
フランスのビストロやカフェではポピュラーなメニュー。

ちょっときつめに効かせた塩加減もフランス風
グラスワインも充実していますがビールをお供に頂けば
よりフランスのブラッスリーらしい気分が味わえそうです

気兼ねない仲間や友人と気軽に立ち寄れる、
こんな日常使いのレストランがたくさんある神楽坂は
本当に魅力的なカルティエです