神楽坂の裏通り寺内公園の隣にひっそりと佇むビルの2階。
ここはフレンチレストラン”bisous(ビズ)”。

bisousとはフランス語で軽い挨拶のキスという意味です。

三元豚こちらはメインディッシュの「三元豚肩ロースのロティ」、
芯温58度になるようにゆっくりとオイルでポシェしたのだそうです。

まず肩ロースの固まりをフライパンで表面だけ焼き固め、
オイルにつけて温度計を刺し込み、お肉の中心の温度が58度になるまで
ゆっくりと熱を入れるのだそうです。
仕上げにさっとオーブンに入れると、外側はかりっと、
中はジューシーでとろけるような食感の肩ロースが出来上がり

ほぼ一人でお店を切り盛りするオーナーシェフは、
凄い経歴の持ち主の有名な方なのに、
そんなことも気軽に教えてくれるとても気さくな方でした。

様々な彩りの野菜のグリルとグリーンオリーブとアンチョビのソースと、
バルサミコのソースが目にも美しい配色です。

広島ワインフレンチと日本産ワインのマリアージュがコンセプトだそうで
常時160種もの日本ワインの品揃えがあるそうですよ

広島のワイナリーのシャルドネは、爽やかな果実味なのに
しっかりとミネラル感があり美味でした

日常的にbisousで挨拶し合うような感覚で、気軽に立ち寄れるサンパなフレンチレストランです