2010年08月

女性用ラザーブラシで洗顔。

女性用ラザーブラシで洗顔。



女ヒゲブラシ08232010これは、女性のお顔剃りの時のシェービングブラシです。

ここ一週間位、洗顔の時、このシェービングブラシを使ってみました。

結果、効果は上々だと思います。

シェービングブラシの毛の材質は柔らかいヤギの毛です。



男性用はもう少し固い狸等の毛がよく使われる様ですが、洗顔には女性用のヤギ毛の方を試してみることにしました。

理由は柔らかくて肌に優しいという理由だけでなく、毛の細さも重要かなと思いました。 細い方が、毛穴の中により届くだろうと期待してですが。

使用感は、男には柔らかすぎて、フニャフニャした感が強く、物足りなさがあります。しかし、毛穴の事を考えて、良しとしています。

顔中、全部洗います。目を瞑って、まぶたも洗います。眉毛も鼻のてっぺんも小鼻もすべて洗います。

洗った後、濯ぐと、ものすごくさっぱりとします。

その後に、セラミド・ウォーター(化粧水)をつけます。すると、染み込み方の違いを実感します。毛穴に入ってきているのを実感出来ます。ちょうど皮脂取りした頭皮に育毛剤を付けると染み込むのが実感できるのと同じような感覚です。ceramidowater624

化粧水が、これは肌の奥まで届いているという感覚です。

ブラシの洗浄力はすごい!

同じ洗顔石鹸を使っても結果は歴然と違います。

今、石鹸ブームですから、結構、色々と石鹸選びされていると思いますが、それに、このシェービングブラシのブラシパワーを加えると、更に更にパワーアップです。

何でもそうですが、洗剤だけの場合よりブラシをプラスした方が、何倍もよく落ちます。

例えば、歯ブラシだったり色々な洗浄用のブラシだったりするわけですが・・・。

ブラシのパワーで助かっていることは多いと思います。

今までの石鹸に、ブラシのパワーが加われば、やりすぎの弊害も出てくるかなと、ちょっと心配もあります。

もしブラシをお使いの時は、もう一段、柔らかい、弱い石鹸でお試しになるのも一つの考え方だと思います。

はまってしまいましたので、使い続けて、また、ブログします。


ありがとうございました。


         気分もゆったりもj0234714若返りの一つ?


             サロンシステム ホームページ


男の肌に水。

男の肌に水。


        ceramidowater624a

男性の肌も水分不足だそうです。

水分不足だと、肌がカサつき、老け顔になるそうです。

       ceramidowater624

男の顔に関する、感覚は微妙です。

元来、何にも付けたくない。

カサ付くと、仕方なく何かをつけようとしますが、べたつく物はダメ!と思われるケースが多いと思います。

水分だけを補って、べたつかない物。

昔は、乳液。

最近では、ジェル(ゲル)。

乳液は水分と脂分のミックスだから、よりしっとり感と持続感は期待できます。しかし、水分だけ欲しい人には脂分は余計かも。

ジェル(ゲル)は化粧水をジェル化したものですから、脂分は無く、さっぱり感はあります。しかし、ジェル状態の持続は簡単では無いようです。汗をかき、塩分が出て、ジェルに混ざると、分離して、化粧水化する場合があります。

セラミド・ウォーターは化粧水にセラミドをミックスされた為に、水分が肌に閉じ込められます。ですから、さっぱりとして、しかも水分保持が長続きします。

ceramidowater624b
これは結構、難しい技の様でした。
今までは、閉じ込めようとすると、蓋の役目を する脂分が必要でした。

蓋の役目(脂分)無しで閉じ込める事は簡単なことではなかったようです。

弱った肌機能を補いつつ、更に水分維持を長時間保つことが、過去には無い技術のようです。

使用感?  グッドです。

59歳の肌は脂か、乾燥の同居です。

乾燥のところには、小じわがいつの間にか忍び寄ってきます。

それでも、ベタベタするものは付けたくない人は多いと思います。

セラミド・ウォーターは水分補給だけしたい人には、とっても合うと思います。


ありがとうございました。


           おれの肌にも、j0283001水だぁ・・・・。


             サロンシステム ホームページ

鋏は理容師の刀!

鋏は理容師の刀!

かつて、侍の命は、刀、日本刀・・・・です。

刀が無ければ、侍ではありません。

同じことが、鋏と理容師の関係にもあると、きっと多くの理容師さん達が思われているに違いないと思います。

では、鋏は命なのでしょうか。

江戸時代も平穏になってくると、刀を錆びさせていた侍も居たと聞きます。

素朴に、なぜ?

答えはたぶん簡単です。多分、世が平和になり、戦が無くなって、刀の出番がなくなってきたからだと思います。

鋏も同じことが言えるのでしょうか。

忙しかった昔、切れないと困る!とばかり、カミソリも、鋏もベストコンディションでフル回転でした。

しかし、時代は移り、バブルから不景気の続き、武士の刀のように使用頻度が減ってきました。

更に、武士の刀は、更に頻度が落ち、遂には無用の物になってしまいました。江戸時代から明治時代になると、遂に刀は無用くなり、武士も居なくなってしまいました。

しかし、しかし、鋏は、違います。同じ命でもまったく違います。不景気で頻度は落ちても、必要とされています。理容師さんの世の中に対する必要度はあまり変っていません。

いい男、若がえりには、理容技術は必須ともいえる技術です。

理容師も武士のような運命をたどるのではと心配されている話も時々聞かれますが、逆です。よく切れる良い鋏は、刀と相反して、益々必要とされ、よりよい理容技術者はこれから次第に需要が高まってくると思われます。

それは、お客様たちが益々、おしゃれになり、益々、個性化して行くからです。益々、更に本物志向化もしていくようになると思います。

技術にパターン化よりも、個別化が求められて来ました。バリエーションの引き出しが、より多く求められるようになります。

それに呼応して、命であるハサミも多種になってきました。高性能なハサミが必要となってきました。

技術に対しての更なる使いやすいハサミが必要となります。

切れ味も大事です。髪のカット面をキレイに切るということは、美しいヘアースタイルの原点になります。より切れるハサミで、より美しくスパッと切る。

きれいなカット面は髪に落ち着きを取り戻します。髪の美しいフォルムを形作ってくれます。

技術者の正確なカットの、一端を担います。手早く正確に!切れるハサミは確かな反応を技術者に返します。

ハサミは理容師の命。それは、理容師の心を具現化する最も重要なツールだと思います。

かつて、よい刀は、よい武士の命となったように、良いハサミとの出会いは理容師の命を鼓動させ始めるでしょう。

良いハサミを長く、大事に使う、良い技術者の証にもなると思います。

私は、ハサミの研ぎ師でもありますから、是非でのお願いでもあります。

ハサミを大事に扱う技術者は良い循環に恵まれ、良いお客様が増えていきます。お金儲けを目的にしなくても、多くの良いお客様に恵まれ、結果として繁盛店になれると思います。

イチローが、自分のバットを粗末に扱った審判に烈火のごとく怒った事件がありました。いい関係だと、凄いなとすごく感じ入ったのを覚えています。



有難うございます。

        輝く道具、技術j0163080そして、輝く仕上がり。


             サロンシステム ホームページ

美容液ファンデ VS リンスインシャンプー

美容液ファンデは、リンスインシャンプーのようなもの、と云う説明を聞きました。

最近では、リンスインシャンプーの言葉も聞く機会が減ってきましたが、それに変わって、美容液を含んだファンデーションが大ブレイクしています。

本来ならば、シャンプーをしっかりして、汚れ、古い角質を落とし、しっかりとクレンジングされた髪の状態を、作った上で、新しいトリートメント成分でケアする事が大事と云われます。

これが、混ざったものとなれば、どちらも中途半端になるようです。

では、美容液とファンデは・・・。

ファンデは皮膚の表面で、美容液は皮膚の内面にと働く場所、目的が異なります。

混ぜると、成分同士が反応しピュアな成分をピュアなままで維持できにくくなるとのことです。つまりピュアな成分がピュアでいられない確率は高いようです。

2つめは、配合されている種類が多くなれば、物理的に、比例して1つの成分が減るという事実です。

面倒でも、時間がかかっても、目的としたものを、一つづつ使っていくのがベストのようです。

ありがとうございました。

          良いものをひとつづつ・・・j0163113確実にがベスト




             サロンシステム ホームページ

経費節減 VS 投資削減

不景気になると、真っ先に云われ始めるのが 「経費節減」 だと思います。

その次に投資も出来ないよと云われ始めます。

バブルが弾けてと言われて10年以上も経つでしょうか。考えて見れば、その間、10年以上も、経費節減、投資削減を続けて来ていることになります。

言い換えれば、気分的には何も良い事がない状態が10年以上もつづいているのかもしれません。

がまん,我慢!状態で心は晴れない、曇り、雨の梅雨状態が続いているような感覚が長く心を支配しています。

私もその一人には間違いないのですが、最近気分を入れ替えようと思っています。

行動の第一ステップは、経費投資の仕分けからです。

実は結構、ゴチャマゼに考えていたようです。と云うくらい意識がそこに、行っていませんでした。

今の気分は、経費は節減すべし、しかし、投資は出来れば、必要ならばすべしと、考えられるようになりました。

今までは何でもかんでも、我慢、節約と思っていましたから、気分も爽快にはなれません。どうしても、知らず知らずにマイナス思考に成っていたように感じます。

繰り返します。
経費は節減。
投資はすべし。
と考えられるようになりますと、気分は軽くなりました。

そこで、経費とは、投資とは、を振り分けてみたいと思います。

専門誌、ヘアー雑誌を買う。・・・・これは投資です。大事です。
シャンプーを安いものに替える。・・・・これは経費削減の様に思えますが、投資削減にもなることがあります。より良いものを使うことは、お店のイメージをアップさせ、ポリシをーを守ることにつながります。ここまでのイメージでシャンプーを考えると、投資の域に入ります。
サインポール、椅子等の設備の買い替え。・・・・サインポールは回ればいいと思われがちですが、もっと大事な仕事は、お店のイメージアピールです。イメージが古くなったり、印刷が褪せたり、剥がれたりしたままですと、マイナスのイメージを発信しかねません。発心して投資はいかがでしょうか。理美容椅子は車みたいです。もう新しいデザインはないだろうと思っても、次から次へと出てきます。しかも確かにイメージは確実にアップしてきます。高くて買えないとの声もあります。しかし、新しくされたお店では確実に替えて良かったと思われています。投資金額も大きいですが、効果も大きいと思います。
お客様の目に触れないその他の設備は手入れしかっりで節約節約、何時までも大切に使いましょう。

・・・・・等々。

こんな感じで、これは経費節減か、投資削減かを振り分けていきますと、かなり、気分も頭もスッキリします。

結果、経費だと結論すれば、徹底的に節減いたしましょう。

結果、投資だと結論すれば、徹底的に考えましょう。必要な投資か?今、必要かいつ必要か?効果はどうか?

投資は必要だと思っても、今、出来ないと考えたとき、何故出来ないのか、今一度考えてみましょう。

結論は一つあります。貯金を回す。贅沢を我慢する。生活レベルを一つ下げる。

もう一つ結論があります。無理な投資は破綻を招きます。

投資は、自己投資、お客様への還元を含みます。

しかし、投資をゼロにして、売上を維持、向上させるのは、ほぼ不可能です。

難しい、社会状況があります。

待てば、社会状況は好転していくのか?如何でしょうか?

好転したら、投資するよ。と思って何年も経っていませんか?

そろそろ、本気で考え、本気で決断が必要な時期に来ているかもしれません。

国民は政府の有効な景気政策を待っています。しかし、政府は、民力を頼っています。さらなる規制緩和をして行くようです。競争を更に激化させて、景気を刺激するしか方策は持っていない様です。この方策の行く方向は、ひとつです、更なる貧富の差の拡大です。

世の中は大会社、大会社のチェーン店が確実に更にシェアを高めていきます。小型資本は次第に淘汰されていきます。

ただし、例外があります。理美容業のような技術仕事です。

如何に大きなラーメンチェーンでも、地域の最高においしい一ラーメン店に勝てません。

理美容業は、技術価値を高め、お店のお客様を大切にし、不要な経費を節減して、見合った投資を実行すれば、これからも、繁盛産業になり続けると思います。

ありがとうございました。

     繁盛店に向かって・・・j0236215ランランラン。


             サロンシステム ホームページ

記事検索
最新記事
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ