最近の育毛の話の続きです。

FGF5についてです。

この理論は、髪のヘアーサイクル(成長期)を長くすれば毛は抜けない。

逆に、毛が抜けなければ、ヘアーサイクル(成長期)は長くなり、髪は伸びると云うことになります。

遺伝子研究から、分かってきたことらしいのですが、ノックアウトマウス
短毛のマウスが、FGF5をとると毛が長くなったということです。

長毛の猫、犬等も同じくFGF5の遺伝子に関係しているとの記事がありました。

つまり、FGF5は成長期を終焉させることに関係した遺伝子ということでした。

それは、FGF5が働かなければ、成長期は続き、髪は伸び続けるという 事という話です。

聞いた話では、脱毛の原因が、ストレスであれ、男性ホルモンであれ、血行障害であれ、毛穴の詰まりであっても、FGF5が働かなければ成長期は終わらない、つまり、毛は伸び続けると云うことだそうです。

確かに、今日抜ける毛が、1ヶ月先まであれば、本数にすれば、1日10本保てたとすれば30日で掛けると300本は増えた事になりますし、その毛は更に1cm づつ伸びたことになります。

つまり、抜けさせないは、結果的に増えたことになります。

これに着目した会社が、アドバンジェンで商品がレキシリスとアンデプランです。

いかがでしょうか、一般には無い、プロ用育毛剤が、最新理論、テクノロジーの物が2社5品目もあります。

『 お客様の髪を守る。』 とのお立場からご紹介頂ければ、共に喜べる結果が期待できるのではないでしょうか。


下記に参考までに宣伝を載せておきます。

FGF14FGF24

FGF34FGF44