Uターン移住した夫婦が地方都市・浜松を楽しむブログ

大学から東京に出てそのまま東京の大手メーカーに就職し、その後IT企業に移って忙しくも楽しい日々を過ごした夫。 関西の大学を出た後東京の大手メーカーに就職してこれまた楽しく働いた妻。 結婚3年を経て、2人で静岡県浜松市に移住しました。 最近少し流行りつつある地方「移住」が本当にいいものなのか、 30代の夫婦が日々の出来事をお知らせすることで、検討中の方の参考になれば幸いです。 (現在1年経過、おおむね順調) それと浜松のカフェ、餃子、鮎釣り情報、ときには気まぐれにオシャレ着物の情報などなどご紹介予定。

浜松のカフェ、餃子、鮎釣りほか観光情報をレポートします。ときどきかわいい着物やDIYの様子などもご紹介予定。

我が家でもついにダイソンの掃除機を購入しました。
年末にはアメトーークで家電芸人の会がありましたね。そこでも触れられていた掃除機。
国内メーカーも各社いろんな機能を載せて頑張ってます。
そんななか何故ダイソンになったのか。

まずはうちが買ったのがこちら。

image


開けてみるとこんな感じです。
非常にシンプルですね。

image


ダイソンは高い、と思いがちなんですけど
実はそんなことないことが今回わかりました。




国内メーカーもコードレスとなると実はとても高いです。例えばパナソニック。



先端部分がくるっとなって隙間に入りやすいという面白い特徴あり。

日立だとこんな感じ。



少し値が下がりますがそれでも4万円は超えてきます。
あとは三菱電機。


こちらも個性的なかたちです。値段も5万円台後半になります。

今回ダイソンに決めたひとつの理由はメンテナンスの楽さです。
今期のシリーズではワンタッチでごみ捨てができるのですがそのときにフィルター部分も上にがこんと飛び出してきます。
これまではフィルターとプラスチック容器の間の狭い隙間にホコリが残ってしまいましたが
いまはそんなことはありません。
一方他社はノズルの形状など個性的ではあるものの基本的なメンテナンスや吸引力などがまだ完成度が低いように感じます。その割には価格は強気です。
私は今回近くのエディオンで細かくお話を聞いたのですが、店員さんもそんなご意見で、国内メーカーはもうあと少しかかるかなあと。

実際に使ってみての感想。
非常によいです。ダイソンのノズルの先はマイクロファイバーみたいな柔らかい素材が使われています。
ここにホコリがぜんぜんつきません。どういうからくりなのか。。清潔です。
吸引力もよく、掃除機あとのクイックルワイパーにつくホコリがあきらかに減りました。
お手入れもかんたんです。重さも悪くないです。気になりません。
ダイソンの唯一の弱点とされていた充電に関しても、今期から倍くらいに延び、これが国内メーカーが太刀打ちできなくなった大きな要因です。40分以上もつとのことですが我が家でもまったく充電切れなどで困ることはありません。

白物家電はそもそも家事を楽にするためのものですから、少しでもストレスのないものを選びたいですね。
今回のダイソンの選択と購入は大満足でした。


ゴールデンウィークまであと少し。
気温もだいぶ上がってキャンプシーズンも本格化ですね。

数年来のキャンプブームで(最近はグランピングのほうがブームですね)、
どこのキャンプ場もかなり混み合うと思いますし
二子玉川近辺のキャンプ場はごみ問題などで一時期クローズしてたような・・?

浜松に越してきてかというもの、予約してキャンプするとか、そもそも
お金を払ってキャンプをするということ自体がどうもなぁと思い始めてしまっているものの
トイレや水、何より安全を買えるのでやっぱり施設使用料は大事ですし
間違っても川に適当にテントを張って鉄砲水になんて事故は起きないに越したことはありません。

この週末はそんな浜松暮らしから少し違う刺激を求めて東京まで。
第二東名ができてからは東京もぐっと近くなりました。
特に二子玉川は東京インターから環八、246と10分ほどでつきますからとても便利です。

そこでたくさんの知り合いに会ったのですが、その流れでたまたま
スノーピークの直営店に立ち寄ることに。

我が家もテントはスノーピーク。最近一部上場も果たしてすっかり大手の仲間入りをした
新潟県燕三条の奇跡です。
ファッションアイテムなど新規ジャンルにも挑戦していますがやはり真骨頂はキャンプ用品。
店内には中くらいのものから大型のテントまでたくさん並んでいました。

結論からいいますと、いっしょにいた友人がその場でぽんぽーんとテントなどいくつかギアを買いました。
判断が早かった。
すばらしい。にしても一番感心したアイテムはマットです。
空気で膨らますタイプですが進化してますね。

口で吹くとか空気入れとかではありません。
ビニール製の袋のようなものに口がついていてそれをマットの空気入れにさし、
歯磨き粉の最後のときのように袋を後ろから巻いていくと空気が入っていくというものです。

なるほどなと。ありそうでなかったというものほどよい商品ですよね。

もろもろセットでも売られています

 

ペグも標準のシルバーのものよりやはり鉄が安心。
ということで買ったテントに合わせて20本程度購入。

それを横目で見ていると我が家も新しいものがほしくなるばかり。
 

なんだかんだともう3年以上スノーピークの焚き火台を買うか買わないかもめている・・・。


キャンプを始めるとき、まずはテント、寝袋などからですが
実際には一晩過ごしてみると、何が必要かわかりますよね。

結局自分がどこに興味や重点を置くのかがわかるといいますか。
うちの場合には食事は重視しないので、小さいバーナーとコッヘルでお湯を沸かす程度です。
バーベキューのようものもはデイキャンプの時しかしません。

もしかしたら食事はすべてレンタルで終わらせたいかもしれないし、
そもそもシャワーやトイレがきれいじゃないから2度と行かない、なんてこともあるかもですね。

ランプや虫よけなどは行ってみないとなかなか思いつかないかもですし。


とにかく今回またキャンプ仲間が増えたので
富士五湖(西湖)なんか久しぶりにいって
ここ1年出せていないフォールディングカヤックも再開したいですね。


みなさんも安全第一で。 

天竜と浜松をつなぐ二俣街道(秋葉街道)沿いに
数年前にできたラーメン屋さんにいってきました。
いつも15人ぐらいの行列ができているのを見てました。

すごいことですねえ。

場所はむかーしは「けやき」というファミレスのはしりのような店があったところ。
(懐かしい・・・)
いまは中華料理の店になっていますが、その店の道路沿いのところです。
image


駐車場は周辺のお店と共同のようで、多めですのでアクセスしやすいです。

土曜日の11時半より少し前に到着。
まだ開店前のはずなのに、すでにお店の外に5人ほど並んでいました。

店の中にも10人弱。
カウンターも全部うまって15人ほど。

ということは、開店前にすでに30人は来ていることになります。
すばらしい人気ぶり。

結局カウンターにたどり着いたのは1時間以上後のこと。。。
いやー、田舎に来て並ぶという行為はもうすまいと思っていたのですが
人気のお店に人が集中するのは田舎も都会も変わりませんね。。。

杯数限定のつけ麺を頼んでみました。
かなりとろっとした感じ。若干塩気が強いですが
浜松ではなかなか食べられない感じなので貴重な存在だと思います。

スープより麺が美味しかったなあという印象が残りました。
あとチャーシューも独特。ローストビーフみたいな感じで
お肉としてとても食べ応えがありました。

そろそろ通販でラーメンも取り寄せますかねえ。
久しぶりに麺珍亭も食べたくなってきました。
無邪気、

image







関連ランキング:ラーメン | 遠州岩水寺駅遠州芝本駅岩水寺駅


↑このページのトップヘ