紫草のくさまくら

エリリンのボヘミアンな暮らし

180612_120355
庭園美術館で見た椅子2脚。
姫宮様の居室とありました。
説明書きを読むと、なんと絵はマリー・ローランサン!
旧朝香宮邸は当時のすぐれた芸術家があちこちにデザインしたものが
置かれていますがまさか、マリー・ローランサンの椅子があるなんて!
なんて嬉しいこと。

180612_120414
180612_120419
180612_120317
カメラのSDカードが壊れてしまい
仕方なく携帯で撮ったので鮮明度がイマイチ。


 

DSCN8308
正面玄関のタイル。
内装はその当時の有名なデザイナー、
アンリ・ラパンやルネ・ラリックが手がけています。
徹底したアール・デコ様式のようですが
あちこちに日本的な部分が見え隠れしています。
それが不思議に調和していて美しいです。
 
DSCN8309
そしてガラスの壁にはルネ・ラリックのレリーフが!
まずここで圧倒されました。
美しい。
 
180612_131139-1
DSCN8318
室内のガラスのドアにも素敵な装飾が。
 
DSCN8316
DSCN8326
ルネ・ラリックのガラスの器。

DSCN8321
大食堂。テーブルは大理石。
大理石がふんだんに使われています。
DSCN8325
窓の下の装飾
DSCN8324
調度品も美しい。
 
DSCN8319
180612_115921
こういう装飾があちこちに見られました。
DSCN8313
DSCN8315
1階の大客室、ガラス戸の向こうに香水塔が。
 
DSCN8311
香水塔と呼ばれる室内噴水。
香水を垂らして香りを楽しんだという事から
こう呼ばれているそうです。

 

DSCN8342
現在庭園美術館として在るアールデコ様式の建物は
1933年に朝香宮邸として建てられました。
品格がありますね。
敷地も広くゆったりとしていてJR目黒駅から徒歩4分の所に
こんな場所があるなんて信じられないくらいでした。
庭はあまり装飾はされておらず自然を生かした造りで
花壇はなくてほとんどが緑の草や木で
歩いていてもほっと癒されました。
2015年には重要文化財として指定されています。

DSCN8343
こちらは庭側。芝庭が美しい。
庭は西洋庭園と日本庭園があり茶室もあります。
右上の突起している部分が
ウィンターガーデン、温室。

180612_131233
玄関前には獅子の銅像がとても日本的。

DSCN8307
獅子の後ろ姿。
 
DSCN8344
テラス。
 
180612_132232
日本庭園

DSCN8345
緑の紅葉が鮮やかで美しかった。

 

DSCN8306
庭園美術館にて開催中の「アール・デコ・リヴァイヴァル」
最終日に行って来ました!
お邸もフランス絵本もどちらも興味深々でしたが
どちらかというとフランス絵本の方にウェイトが。
しかし
旧朝香宮邸であるアールデコ様式の建物の中へ足を踏み入れた途端
もう魔法にかかったように。
玄関ホールの床タイルと正面一面にあるルネ・ラリックの
ガラスの壁には胸が震えるほど感動しました。
内部の写真も撮影が可能だったので
後日アップします。
まずはフランス文学者の鹿島茂コレクションの絵本から。

DSCN8341
ペール・カストールシリーズ。
右下の4冊はロジャンコフスキーの絵です。
DSCN8336
ロレンツ・フルリック絵の絵本
 
DSCN8339
バンジャマン•ラビエ絵の絵本。
ラビエは60冊ほどありました 。圧倒的な冊数。

 

7刷201833160543_1932645216807021_1558067126848192512_n
The Night Life of  Trees
バッジュ・シャーム/絵
ドゥルガー・バーイー/絵
ラーム・シン・ウルヴェーティ/絵
青木恵都/訳
タムラ堂2018年第7刷 

インドの小さな出版社タラブックスで2006年に出版された
「The Night Life of Trees」
全てが手作りの絵本です。
紙を漉き、染め、シルクスクリーン印刷
製本も、全ての工程が手作りなのだそうです。
今年の初めに
絵本の会でこの絵本の4版を持参してくださった方がいて
手に取る事ができました。
その上その時に文章も読んでくださり
言葉の一つ一つがキラキラと輝き
胸に降ってきた事を思い出します。
それからこの絵本が忘れられずにいた所
第7版が販売中の情報を得て
すぐに注文しました。
2000部限定出版、私のは281とありました。
ああ、なんとも嬉しい限りです。
1版から7版まで全て表紙絵が違うのです。
もちろん本文中にどの絵も掲載されています。

インドの小数民族ゴンド族の3人アーティストの絵から
成り立っています。
繊細で魅惑的な絵。
文章がまたいいんです。

日本のタムラ堂さんが翻訳した文章を送り
タラブックスで手作業で作られた物が
日本に届く。
そして私たちの元に。
遥かな旅をしてここにたどり着いたのだと思うと
それもまたこの絵本を一段と輝かせてくれます。



29432775_1845968578808019_8377100644447682560_n
 第⒋版の表紙はこれでした。

 
夜の木1〜7版まで
1版から7版までの表紙と原書初版の表紙。


このページのトップヘ