紫草のくさまくら

エリリンのボヘミアンな暮らし

オリーブグリーンっぽい瓶

DSCN6468
久しぶりに見つけた瓶。
一見茶色なんだけど、オリーブグリーンがかっています。
海辺の砂の中に半分埋まっていました。
欠けてるんだろうなあ...と思いながらも
てはせっせと掘り出して。
そして出てきたのは欠けなし!!
丸い方のあたりに擦れた後が一ヶ所ありますが
ほぼ綺麗。
ああ、嬉しいなあ。
そんなに古い瓶ではなさそうだけど。

DSCN6466

久しぶりの古い瓶

DSCN1752
先日骨董屋さんで購入した瓶2個。
右側のタイプのは
蓋にうっすらと紫色が入っているのもありました。
お値段が高かったので、こちらにしました。
左側の瓶は型ガラス。栓が素敵なのです。

DSCN1751
DSCN1778
こちらは引越しした友人に
海を思い出してもらえるように
ビー玉を入れてあげました。


骨董屋さんで

DSCN1755
今までは海で拾ったものしか持っていませんでしたが
先日骨董屋さんで見せてもらったおはじきの中に
素敵なものがあったので購入しました。
それほど珍しいものではないと思いますが
洗ったらとっても綺麗になりました。
購入時の真っ黒い状態もカメラに収めておけばよかったなぁ。
すごい色してました。
でも海で洗われたものと違って
洗うと本当に綺麗になります。

春の海

DSCN1747
久しぶりに燈明堂へ。
相変わらず綺麗な海でした。
南の島へ来たような気分になります。
まだ寒かったけど。
DSCN1733
大潮で随分潮が引いていました。

DSCN1730
この岩場には「たま」がいっぱい。

DSCN1728
林の中にお宝があるかもしれないと
友人と二人入って行きましたが....
どこを探したら良いかもわからず、
結局は通り抜けただけ。

DSCN1748
「青玉」と呼んでいる丸っこい「たま」ではなくて
とんがった形の「たま」がたくさん採れました。
これ、美味しいんですよ。



アンデルセン童話集2

アンデルセン童話集2
H・C・Andersen pohadky 2
ドウシャン・カーライ&カミラ・シュタンツロヴァー/絵
天沼春樹/訳
西村書店 2012年初版

アンデルセン童話集の3巻組のうち
1巻目を購入してから数年経ちますが
やっと2巻目を購入。
ドウシャン・カーライご夫妻が4年の歳月をかけて
アンデルセン童話156話のすべてに挿絵をつけたものです。
素晴らしいの一言に尽きますが
未読の話の方が多くて興味深く
読んでおります。

主な作品は
火打ち箱
モミの木
雪の女王
マッチ売りの少女
妖精の丘
1つのサヤからとびだした5つのエンドウマメ
等で全54話収録。

まず絵をすべて眺めてから
1話ずつ読み始めました。
カーライ色が隅々まで感じられます。
しばらくは至福の時が過ごせそうです。




ギャラリー
  • オリーブグリーンっぽい瓶
  • オリーブグリーンっぽい瓶
  • 久しぶりの古い瓶
  • 久しぶりの古い瓶
  • 久しぶりの古い瓶
  • 骨董屋さんで
  • 春の海
  • 春の海
  • 春の海
  • 春の海