サマリヤ西春日からのお知らせ

デイサービス / グループホーム /ショートステイサービス/ホームヘルプサービス / スマイル居宅介護支援事業所 / 老人介護支援センター

カテゴリ: グループホーム





7月29日、グループホームでは利用者様の誕生日でしたので

誕生日会とクッキングを兼ねてお祝いさせて頂きました。お好み焼きを作って頂いたのですが、プレートを使って

きれいに返してくれていました。

「今日は〇〇さんの誕生日なの?お祝いしなくちゃね」と言われ上手に作って頂きました。

誕生日会では職員のメッセージカードを渡すと「ありがとー、部屋に飾るわね、まだまだ

長生きするね」と大変喜んでくれておられました。














 


  7月7日 グループホームでは七夕行事を行いました。
 

 短冊に願い事を利用者様に一つずつ書いて頂きました。


  願い事の中には、「足が丈夫でありますように」や「これからも長生きできますように」

  などが書かれていました。 利用者様は笹を見ながら「綺麗な笹やなあ、また来年も

 見たいわあ」と言われていました。









 


 



西春日グループホームでは5月2日と13日に
それぞれ誕生日会と母の日行事を行いました。

誕生日会では色紙を持っていただいてケーキを召し上がって頂きました。

利用者様からは「おいしいですよー」と言われ満足して頂きました。


母の日では家族の方からプレゼントを持って頂きました。

大変喜ばれて「きれいな花もらってうれしいわあ、飾らないかんなあ」と

言われていました。








 4月16日サマリヤ西春日に演劇会があったのでグループホームから

 何名か参加して頂きました。 

 019

 
利用者からは「迫力があるねえ、良い声してるわあ」と言われ、楽しまれていました。


 
最後に役者さんと記念撮影ができ、「男前やなあ、撮ってもらってよかったわあ」

 と言われていたので、また機会があれば見て頂きたいと思います。


 



 







 4月初めにグループホームでは施設近くの庄の宮神社にお花見に

 行きました。


 

 天気も快晴で、利用者様からは「きれいな桜やねえ、もう春やねえ」や
  
 「ずっと見ていたいねえ」などしばらく桜を見られていました。
  
 利用者様は笑顔で桜を楽しまれていました。


3月8日、グループホームではひな祭りと利用者様の誕生日祝いを行いました。





誕生日祝いではお内裏様の人形と職員からのメッセージ色紙をプレゼントしました。

利用者様からは「驚いたわあ、すっかり忘れとったわあ、ありがとうでぇ」と言われ

笑顔で喜ばれていました。また春になって暖かくなれば外出支援などで楽しんで頂きたい

と思います。






2月14日、グループホームではバレンタインのチョコのトリュフ作りを行いました。




利用者様にはそれぞれ板チョコを細かく刻んで頂きました。

皆さん器用に包丁を使い、細かくチョコを刻んでいました。

出来上がったトリュフは「甘くて美味しかったよ」との声を頂き、満足そうな表情をされていました。




   平成30年2月3日 土曜日 

   グループホームでは節分行事を行いました。
   
   利用者様や職員が鬼の衣装を着て節分の雰囲気を楽しんで頂きました。

   利用者様からは「びっくりしたわあ、よく似っとるわあ」などの
 
   声が聞かれて嬉しそうにされていました。


   


   

1月20日、外出支援として香川県立ミュージアムに利用者様4名で参加を行いました。




日本伝統工芸展が開催されており、漆芸や陶芸、染織、金工などに目を通されていました。

普段あまり見れない物なので利用者様からは「めずらしいなあ、きれいな絵柄やなあ」など

の声が聞かれて興味深そうにされていました。また見に行きたいと皆様言われていました。





1月10日、グループホームでは外出支援で初詣のため
岩清尾八幡宮の神社に行きました。
天気はあいにくの雨でしたが、利用者様9名で参加できました。
お願いごとを聞くと、「今年も元気に過ごしたい」や「孫や親族が
健康でいてほしい」などの声が聞かれていました。
帰りの車内ではまたお参りに行きたいと言われていました。





                12月25日、、グループホームでクリスマス会を行いました。

                利用者様にはケーキと共に職員手作りの来年干支の色紙をプレゼントしました。

024



                  利用者様からは「よく作っているね」「部屋に飾っとくね」など
                  嬉しい言葉を頂き、喜んでくれていました。






西春日グループホーム利用者様の日常の様子です。
朝のホール掃除ではいつも自分から職員の手伝いをして頂いてます。






11月から入所された新規の入所者様は洗濯
物を畳んでくださっています。


少しでも早くGHの生活の慣れてもらえるよう役割などを持ってもらい
楽しく過ごして頂きたいと思います。

012
10月30日グループホームにて認知症の勉強会
「中核症状」と「周辺症状」の勉強会をしました。
その後は事例を読んで実技の勉強会をしました。




007

ご利用者様1名も一緒に勉強しました。
実技の勉強会の後はグループホーム会議を行いました。










グループホームでは、障子のはりかえを行いました。

職員と利用者様1人で障子を剥がしていました。

それを見た他の利用者様が、「綺麗に剥がしているね」「私も手伝おうか?」

と言われ1人が2人になり、3人となり、「そしたら、向こうの分、剥がしてくるね」


と言われ、剥がし終わると、丁寧に糊を付けていました。


皆様、一所懸命にされていました。綺麗に仕上がりました。


006















004

003
グループホームのベランダで、

お花やミニトマトを育てています。
007

毎日、如露を持って水やりをして下さる利用者様

001
みて、こんなに綺麗なお花が咲いたよとにっこりされていました。




















































010
グループホームでは、5月14日母の日

ご利用者様に感謝をこめて、折り紙で作ったカーネションを色紙に


貼り付けて、メッセージを書いてプレゼントしました。


「綺麗」「ありがとうね」「部屋に飾るね」と言われていました。



西春日グループホームです。

四月になり天気も良く桜が見頃なので、利用者様をつれて施設上の浄願寺山遊歩道の広場に行きました。

桜が綺麗に咲いており、利用者様から「綺麗に咲いているね。」とおっしゃていました。

桜の下にはタンポポやスイセンがたくさん咲いていて「昔,家によく咲いていたのよ」と懐かしそうに見られていました。
005



008

また季節の風景を楽しんで頂きたいと思います。










003
3月3日グループホームではひな祭りを行いました。
利用者様と、一緒に紙で作った帽子(冠)は、男性の利用者様に
かんざしは、女性の利用者様につけて頂き、撮影を行いました。

001
撮影をしたあとは塗り絵をしました。






009

2月3日西春日グループホームでは節分行事を行いました。


職員が鬼に仮装して利用者様は驚いたり笑ったりされていました。


利用者様にも鬼のカツラや服を着て節分気分を味わって頂きました。





007
1月7日庄ノ宮神社にお参りに行きました。
皆様それぞれの思いをこめてお参りをされていました。


012

手を合わせ願い事をされていました。
「何をお願いしたんですか?」と聞くと「ウフフ」と笑われていました。





1月1日グループホームではご利用者様にお茶をたてて頂きました。

「何年ぶりかしら」「出来るかしら」と言われていましたが、手つきは覚えているのか

上手にたてていました。お茶とお菓子を召し上がり「美味しい」「もう一杯いいかしら」と言われていました。

008

016
ある夜のことO様が居室から手招きされて行ってみると


「あれ見てん」「うわー綺麗だね」と言うと「綺麗な宝石みたいやなー」


004
k様も窓こしから「綺麗やなー」と言われている為、一緒にベランダに出てみると

「窓こしから見るよりもベランダから見る方が綺麗やね」

「夜なかなか眠れない時は部屋から景色を眺めると心が癒されるの」と言われていました。

西春日サマリヤグループホームから見える景色は宝物です。







009
11月20日家族交流会を行いました。

ご利用者様、ご家族様、職員で鍋を囲み話をしました。

ご家族様から日々どのように過ごされているか、食事の好き嫌いがある為食事はきちんと取れているか、
ご利用者様同志コミュニケーションが取れているか、職員に聞いてきました。それに職員が答えることで、ご
家族様も安心し、私達からもご家族様とご利用者様の昔のことを聞き知らない部分を知ることができました。
そして、なによりご家族様と過ごすご利用者様の笑顔とても素敵でした。


018
ご利用者様の頂いた野菜を使ってお好み焼きを作りました。

まずは、野菜を切って頂きました。
020
隣りの人が切っているのを見て「切ろうか?」切って下さいました。
包丁の音がトントントンと上手に切られていました。
015
その後は粉をまぜて頂きました。「どれ位まぜればえんな?」「これくらい?」

012
「上手くひっくりかえせるかな?」
028

上手にひっくり返し、お好み焼きが出来あがりました。













013012
地域の委員の方のご厚意でさつまいも掘りをさせて頂きました。『有難うございました。』
そのさつまいもを使って大学芋を作りました。
芋を手に取ると「うわー大きな立派な芋やなー」「さあ芋を洗おうか」
と服の袖をまくり丁寧に芋を洗って下さいました。
「もう洗う芋はないんな?」ときかれ
芋が洗い終わると芋を切って下さいました。 慣れた手つきを見て「すごいなー」 「さすが主婦」と声をそろえ私達職員はただ茫然と立ってみていました。
出来上がった大学芋を見て「美味しそう―」口の中に入れると「甘くて美味しい」
「おかわりしてもいい?」と言われていました。
大好評でした。


012
9月19日 敬老の日
グループホームでは
カラオケ大会を行いました。「何を歌いますか?」と聞くと、「歌えるかな?」「もう忘れたわ」と
利用者様が言っていましたが、曲を聴くとスラスラ歌われていました。
それにつられて皆さんも口ずさんでいました。
歌が終わると「スッキリした」と言われていました。拍手、喝采あり


012064
3月3日雛祭りの日

「今日は3月3日雛祭りですよー」

と言うと、普段お化粧されない方が、お化粧をされてきたり、「今日は女性の日か」「お雛さんみたいに綺麗な

着物を着てみたいということで、着物を着てみました。


グループホームでは節分行事を行いました。

赤鬼さんと、青鬼さん登場!!

丸めた半紙で豆まきを行いました。

「鬼は外」「福は内」という声が響き渡り、笑い声が聞かれました。

その後は輪投げ大会

「入るかな?」 皆の注目! 心臓が ドキッ ドキッ 

「入ったぁ!」  「すごいね」 「じゃあ次は私ね」と盛り上がっていました。

175



職員紹介 第二弾であります!!

我がグループホームいち、熱血漢!

まっすぐで、優しくて、力持ち!

谷川明美班長。

P1000833

『谷川です。笑顔でご利用者の方々と共に歩んでいきたいと思います。よろしくお願いします!』






5月のとある日の事

”5月と言ったら何が浮かびますか?”

職員の問いかけに

「何だったかなー」

そう考えこむ利用者様M様


”こどもの日、新聞紙”

職員のヒントに

「ああ、昔作ったわー。何だったかな,あれ?」

その声にK様が「かぶとやろ」

と助け舟・・・




そんな会話から始まったかぶとづくり

職員が手伝いながら、ひとつ

またひとつ・・・

作れない利用者様の分も助け合いながら作って
P1000832

出来た!

P1000751

沢山作って下さったお二人をパチり!と記念撮影し

出来たかぶとを皆様にお渡しすると

笑顔が満開!

楽しいひと時が過ごせました。







このページのトップヘ