2017年07月28日

サラ・オレインの美しさと才能にノックダウン

会社での飲み会で、最近注目しているミュージシャンの話題となった。
ぼくが、一番衝撃を受けたのはサラ・オレイン。
『サラ・オレインを知っている?』と廻りに問いかけたのだが、
誰も知らない。


1週間ほど前の事。
個人のサイトで、音楽家の綺麗な女性を紹介していてYOUTUBEを
はりつけてあった。
その動画ではサラ・オレインという女性がバイオリンを演奏するのが
わかった。

期待せずに何気にクリックして彼女の演奏を聞いてみた。

バイオリンを演奏する本人の美しさと、バイオリンの曲・Animusの
『激しさと情熱と繊細』の見事な調和に仰天した。動画は曲の一部を
切り取ったものなのだが、あまりの完成度の高さに体がしびれて、
涙が出てしまった。

sara

















サラ・オレイン 『ANIMA』収録曲「Animus」


続きを読む

sames at 00:06|PermalinkComments(0)

2017年07月23日

映画ベスト100・37と38 「悪い男」〜

2013年に発売された文春文庫の「東西ミステリーベスト100」という本。
これを買って、読んでいる。

 国内編のミステリーの順位が、
1位が獄門島(横溝正史)、
2位が虚無への供物 (中井英夫)、
3位が占星術殺人事件(島田荘司)となっていて、
飛んで9位に魍魎の匣(京極夏彦)が入り、10位にまた横溝正史の著作の
「本陣殺人事件」が入っている。
ベスト10位に2作品も入っている横溝正史の人気はすごい。

 

ところで、9位の「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」について、
ミステリ評論家の千街晶之(せんがい あきゆき)氏が冒頭の座談会で
このように発言している。

 『読んだ時のインパクトで言うと、個人的な体験として「魍魎」の衝撃は
いまだ に忘れられません。これを読んで半年間くらいは、何を読んでも
面白いと思えな いほどでした。』

 

続きを読む

sames at 00:40|PermalinkComments(0)映画 | 映画ベスト100

2017年07月20日

映画ベスト100・34〜36 キック・アス〜

34. マシュー・ヴォーン 「キック・アス」(2010年)

170721

































アメリカンコミックのヒーローは、特別な力を持ち、悪を倒してくれる英雄的な
人物。

でも、この映画のヒーローは、ぱっとしなくてもてなくてダメグループに属する
男。ところが、ある日思い立ち、自家製のスーパーヒーローのマスクとスーツ
を着て強くなったつもりで、街のチンピラに喧嘩を売る。これが、見ていて逆に
ハラハラするので見応えがあった。

現代らしく、周りの人はその喧嘩を仲裁するのではなく、携帯で動画に撮って
いる。強くない男が無謀にも、本来の実力のままでヒーローになりきる。
通常のスーパーヒーローのパターンの逆をいったのが面白かった。

ストリーの目新しさともう一つ、映画の大ヒットの元になったキャラがいる。
女の子でランドセルをしょっているような子供なのに、めちゃくちゃ強くて可愛く
て、ついでに大人も顔負けの気の強さ。クロエ・モレッツ演じる『ヒット・ガー
ル』がすばらしい。


続きを読む

sames at 00:49|PermalinkComments(0)映画 | 映画ベスト100

2017年07月16日

映画ベスト100・31〜33 タクシードライバー〜


31. マーティン・スコセッシ 「タクシードライバー」(1976年)

Taxi_Driver


































何かさびしげな背中を持つ、ロバート・デ・ニーロの名演技が忘れられな
い映画。

彼は映画の役作りの為に数週間、実際にタクシーの運転手を務めたという。
世の中から孤立して、世間との接点をみつけられずにさまよっている自分
の心と、タクシー運転手をしながら車内から見える夜の都会の光景が
シンクロして映像のブルースでも見ているような気持ちにさせてくれた。


体を鍛えてモヒカン刈りにして、自分の外見から変えていくことが、やが
ては行動まで変えていくことにつながる。
一つの変身願望の夢を、そこでタクシードライバーが実現させて見せる。


売春で生計を立てる、可憐な少女アイリスを演じたジョディ・フォスター
は当時13歳だった。彼女の存在感もこの映画で記憶に残っている。

町山智浩の書いた「<映画の見方>がわかる本」では、タクシードライバー
が、どのような経過をえて、1本の映画になったかを書いてある。


続きを読む

sames at 02:12|PermalinkComments(0)映画 | 映画ベスト100

2017年07月08日

官能とだまし合い『お嬢さん』

ojyousan

































何をもって「変態」と定義するかは難しいところだけれど、この映画の印象を
一言で表すとすれば、『変態的な人物がうごめく世界をこれだけ面白く表現
した作品は見たことがない』ということ。
またスレンダーで綺麗な体をした女性の二人の濡れ場が、とてもエロティッ
クに美しく撮れている。


1930年代、日本統治下の朝鮮半島。詐欺グループに育てられた少女スッキ
は、伯爵と呼ばれる詐欺師から、ある計画を持ちかけられる。
何にも知らなくてお屋敷の敷地内から外にも出たことがないような金持ちの
令嬢・秀子に近づき誘惑し、結婚後に財産をかすめとってしまおうとの事。
そのお膳立てを整えてもらうために、まずはメイドとしてスッキにお屋敷で
働いてもらう。

続きを読む

sames at 01:29|PermalinkComments(0)映画 | 韓国映画

2017年06月28日

漫画で夢を「描クえもん」

emon







































「Stand by me 描クえもん」の第1巻を読み始めたら、止まらなくなって、
あっとゆうまに読み終えてしまった。とにかく作品としての吸引力が半端で
 なく面白い。


作者の佐藤秀峰は、「ブラックジャックによろしく」や「海猿」で有名な漫画
家なのだが、ぼくは彼の作品を「描クえもん」で初めて読んだ。
 第2巻が出るまでまてのつなぎとして、「ブラックジャックによろしく」も、
買ってよんでみたのだが、ぼくには「描クえもん」のほうが数倍、面白かった。


「Stand by me  描クえもん」は、マンガ家を志す23歳の青年・満賀描男(まん
がかくお)を描いた物語。アシスタントをしながらマンガ家デビューを目指す
描男のもとに、ある日“未来の自分”を語る中年でデブで禿げたおっさんが
現れる。

 

続きを読む

sames at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)BOOK | マンガ