初公判を見に行くほど暇じゃない。堀江さんは今の経営に全く関係がないし、過去の人だと思う」。ライブドアの現役幹部は、かつてのトップの初公判について、こう話した。

 プロ野球の参入騒動やニッポン放送株の大量取得、衆院選への立候補などで話題を振りまいてきた堀江被告に対する社内の関心は急速に失われている。

 現社長の平松庚三氏(60)も今年7月、法人として起訴されたライブドアの公判で、「ポジティブで新しい経営者だと思っていたが、魅力は根底から崩れた」と証言した。

 同社は8月30日に発表した2005年10月〜06年6月の決算で、営業利益の赤字幅が前年同期の11億円から41億円に拡大。事件の傷跡はいまだに深い。堀江被告ら旧経営陣に損害賠償を請求する方針も明らかにしており、同社幹部は、「もう社内で堀江被告のことが話題に上ることはなく、裁判の傍聴を望む社員もいないだろう」と話した(読売新聞) - 9月4日




そういうしか現在の幹部には、捜す言葉わない。 もし堀江氏を弁護する言葉があればマスコミの総攻撃を受けるからだ。
しかしいろいろな見方があってもいい それまで時代の英雄のごとく扱っていたマスコミが手のひらを返した。
堀江氏の商売の仕方について何の疑問も持たずにほめたたえていた。

なんだか釈然としない
ライブドアー事件は、いろいろ各方面の思惑も絡み 新たな要素も加味しながら時代の中でわれわれに問いかけるものがあるようながする

マスコミや社会の流れの中だけの一方通行の情報に寒々としたものをを感じる。

映画やテレビのドラマのように悪人と善人かをはっきりと峻別できないのもこの世の中なのだから・・・