18日午後0時45分ごろ、岐阜県高山市丹生川町日面(ひよも)の飛騨大鍾乳洞に併設されている「大橋コレクション館」に男3人が押し入り、女性従業員(59)を突き倒して軽傷を負わせたうえ、展示品の金塊1本(約2億円相当)を奪って見張り役の男と軽ワンボックスカーで逃げた。車はまもなく同町内で発見され、盗難車両と判明。県警高山署が強盗傷害事件として調べている。
 


調べでは、同館2階で物音がしたことから、1階にいた女性従業員が様子を見に行ったところ、3人が展示中の金塊を運び出そうとしていた。女性は3人を止めようとして突き倒され、動かないよう命じられたという。
 


4人組はマスクやサングラスで顔を隠し、うち2人は黒い帽子をかぶっていた。
 同館は当時、営業中だったが、2階に客や他の従業員はいなかった。金塊は2階入り口付近の金庫(幅1メートル、高さ1.5メートル)に入れて展示してあったという。
 


同鍾乳洞は1965年に発見。市などの第三セクター・飛騨大鍾乳洞観光が運営する観光施設となっており、金塊は美術品などが展示されているコレクション館の目玉展示品。【奈良正臣】

3月18日17時58分配信 毎日新聞

まさに映画のような事件  金塊なんてあったの  ふーーーん てな感じだけどね。

2億円  あまり驚かないのも時代かな??