2009年10月13日

生田斗真  動画




かこいいーーー



2008年10月01日

Toma Ikuta And Oguri Shun




お風呂の生田斗真君と小栗旬


見せあったのかな


えーーーーーーーーーーー


生田斗真 Ikuta Toma - You raise me up



いろいろな表情の斗真君


かつこ悪さもひっくるめてかっこいい


かっこ悪さをやさしさと笑顔に変えて魅力大


花ざかりの君たちへ 

2008年04月30日

助演男優賞を受賞 生田斗真(23)


<第11回日刊スポーツ・ドラマグランプリ受賞者発表>

 ジャニーズの異色タレント生田斗真(23)が、「第11回日刊スポーツ・ドラマグランプリ」の助演男優賞を受賞した。フジテレビ系「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス」の中津秀一役で、コメディーセンスを存分に発揮。一躍知名度をアップさせた。クールな二枚目の裏に潜む素顔は、泉谷しげる(59)にあこがれる熱血漢だった。

 生田はトロフィーを見つめてつぶやいた。

「賞をもらえるのは、これまで多くの人にお世話になって、今の自分があるから。


義理人情は絶対に忘れちゃいけないですよね」。

 07年は、「花より男子2」で悪役高校生を憎々しく演じた後に、この中津役で対極のコメディーセンスを発揮した。その後には「ハチミツとクローバー」で、準主役の純朴な狂言回しと、多彩な演技を披露した。中でも「花ざかり−」は生田にとっての出世作。「初回のロケではパラパラだったギャラリーが、最終回では人だかり。僕もチビッコやサラリーマンという、今までにない人たちにまで声を掛けてもらうようになって…。このドラマの大きさを感じました」。

 同世代の男(ライバル)ばかりの現場は刺激的で、自由な雰囲気だった。



「いい意味での競争社会で、力を合わせていると実感できた。アイデアを持って行くと、スタッフがディスカッションしてくれる。パンティーのかぶり方1つまで、必死に考え抜いた3カ月間でした」。生田1人での片思い妄想シーンは、ドラマのお約束になった。

 口をつく言葉は、冒頭のつぶやき同様にしゃれっ気はなく、むしろ武骨だ。格好良さの定義を尋ねると「男として仕事に必死で、結果も残して、毎日楽しそうにうまいお酒を飲んでいる大人たち」と答えた。「カッコイイと思えた先輩たちは、みんなかっこつけない人たちでした」。

 例えば「ハチミツ−」で共演した泉谷しげる。「『最近のバンドがいい曲を出しているのを見ると、メチャクチャ悔しい』って言われるんです。あの年で本気で悔しがる泉谷さんって、メチャ輝いている。それを聞いてると、何でオレはまだ23歳なんだって悔しくなるほど」(笑い)。泉谷の頭ではなく魂が、まぶしかったという。

 ジャニーズでは異端児だ。成人ながら、いまだ歌手デビューしていないジャニーズJr.。それでも、俳優として名を上げ、CMにも単独出演する。「昨年大みそかのカウントダウンコンサートでは、子(ね)年の赤西仁、錦戸亮たちと“年男コーナー”みたいのがあったんですけど、彼らはKAT−TUNやNEWSとしても出番がある。オレはここにいて大丈夫かなと(苦笑い)。でも、人と違うことは好きですし、不安定な分必死になれますから」。

 中津役のようにパンティーをかぶるポーズか、ピンクのナース姿を撮りたかったと言うと「この作品での受賞ですから、衣装持ってきてくださったら、アリでしたよ」。この懐の深さ。可能性は無限大だ。【瀬津真也】

 ◆生田斗真(いくた・とうま)1984年(昭59)10月7日、北海道生まれ


2008年4月30日8時11分日刊スポーツより引用

花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス」の中津秀一役にすごくく共感してしまったのです。


かっこ悪いかっこよさ  そして憎めないいやらしさと面白さ そんな中津秀一役は、とても若い女の子には

典型的な二枚目より胸きゅーんとなったのです。

2008年01月30日

ハチミツとクローバー ニュースより




15歳の大学生? 成海さんは大人っぽいですよね


そして 生田君は、とぼけた感じがいい  でも  シリアスな顔も素敵ですよね

ハチミツとクローバー第4話 感想

真山 巧 ( 向井 理 )が仕事をはじめていた。


なぜか腹をすかしている竹本祐太( 生田斗真)、花本はぐみ ( 成海璃子 )、山田あゆみ( 原田夏希 )

森田 忍( 成宮寛貴)

そこへ真山 巧 ( 向井 理 )が帰ってきて  中華の出前を取った。


そこへ笑えるエピソードのつもりのライスとアイスの違い  殻から回りだな

笑いをとれない


クリスマスがまじかに迫っていた。山田あゆみ( 原田夏希 )は 真山 巧 ( 向井 理 )に

竹本祐太( 生田斗真)は、花本はぐみ ( 成海璃子 )との思いを心に・・・

森田 忍( 成宮寛貴)は、花本はぐみ ( 成海璃子 )の絵の才能に期待しながら

コンクールへの出品を懇願していた。


花本はぐみ は 絵をかけないそんな状態にいる。森田 忍( 成宮寛貴)も壁にぶつかっているようだ。


クリスマスイブ山田大五郎のところでバイトしている竹本祐太( 生田斗真)

何でバイトなんかしてるんだとおこられたり   

ケーキ売りのバイトしている 山田あゆみ( 原田夏希 )と真山 巧 ( 向井 理 ) 



クリスマス 真山 巧 ( 向井 理 )が竹本祐太( 生田斗真)わびしく寮にいたりして

なんとなく そーーんなもんだよな  大騒ぎしているのは 一部の人だけ


サンタクロースの格好をしてローマイヤ先輩が 竹本祐太( 生田斗真)をたずねたり何だこりゃ




山田大五郎の娘 山田あゆみ( 原田夏希 )へのプレゼントのエピソード  まあその親ばか振りが面白い


クリスマスへの思い   それぞれの人に  それぞれのエピソード

花本はぐみ ( 成海璃子 )に声をかけるが どこかへ出かけるようだ



竹本祐太( 生田斗真) 花本はぐみ ( 成海璃子 )に思いの通じないさびしくつらいそんな季節

竹本祐太( 生田斗真)の片思いの心象風景・・・・好きだと言えないつらさ

クリスマス  その日は 人々にとってどんな意味を持つのだろうか

  
花本はぐみ ( 成海璃子 )は、絵をかけない壁にぶちあたっていた。

真山が原田理花 (瀬戸朝香)へ伝わらない熱い思い

花本はぐみ ( 成海璃子 )の森田 忍( 成宮寛貴)への思い  絵が描けないその大きな原因になっている

向き合わなければいけない  そして好きだと言う告白
  
しかし  彼は花本はぐみ ( 成海璃子 )を
ライバルとしてしか思っていないのだ。 切なく時は はぐみの心に現実を突きつけていたのだ。


そして 森田 忍( 成宮寛貴)は、ニューヨーク行きを決意するのだった。


竹本祐太( 生田斗真)がはぐみに森田 忍( 成宮寛貴)のニューヨーク行きをとめなくていいのか

という それは とてもつらく花本はぐみ ( 成海璃子 )が自分を見てくれることはないという

自分への説得なのかもしれない。   


まとまりのない文章です。失礼しました。





ハチミツとクローバー  生田 斗真 成海 璃子 大好き同盟

より
@@@@
恋愛レストラン

2008年01月27日

生田斗真 Ken Hirai - Canvas (PREVIEW - Hachikuro ED)



主題歌の優しく風が流れ 時が過ぎていくようなイメージが

なんとなく胸に突き刺さる  

片思い 青春  そしてときめき

2008年01月26日

ハチミツとクローバー第三話 感想


第2話は、見れなかったのです(涙)

第3話 しっかり見ました。

みんな片思い  竹本祐太役の 生田君  やはり花本はぐみ ( 成海璃子 )に一方通行の恋心


花本はぐみ ( 成海璃子 )のキャラクターどこにもいそうだけど かわいければいいと言うものでもないね


暗く頼りない 花本はぐみ ( 成海璃子 )って男の人には魅力的??


山田あゆみ(原田夏希)ひたむきで一直線な恋


生田君 ドラマ 花盛りの君たち的なキャラクターで役を演じてるね。


やっぱりとぼけた感じで、魅力的


祭りと花火と浴衣

やっぱり女の子たちは浴衣がいいね

山田あゆみ(原田夏希)も花本はぐみ ( 成海璃子 )もいい


2008年01月09日

予告篇 はちみつとクローバー



うーーん いい

ハチミツとクローバー











いよいよはじまりました。

フジテレビ ハチミツとクローバー 火曜日 午後九時

出演
出演
  花本はぐみ … 成海璃子
  竹本祐太 … 生田斗真
  山田あゆみ … 原田夏希
  真山 巧 … 向井 理
     ・    ・
  森田 忍 … 成宮寛貴
     ・    ・
  山田大五郎 … 泉谷しげる
  庄田教授 … 松重 豊
  寺登泰彦 … 前川泰之
     ・    ・
  野宮 匠 … 柏原 崇
     ・    ・
  勅使河原美和子 … 滝沢沙織
  花本修司 … 村上 淳
  原田理花 … 瀬戸朝香



美大の5人の男女の物語

池で前での 桜舞い落ちる風景での出会い

花本はぐみ ( 成海璃子 )と竹本祐太( 生田斗真)

その詩的な映像が このドラマのコンセプトを暗示させてくれているようだ。



あらたな青春物語の始まりだ。 期待した出だし。第一回目 まさに登場人物の紹介

成海璃子がやはり 不思議な魅力をだしているし 生田斗真もいい

山田あゆみ(原田夏希)が 真山 巧 ( 向井 理 )に思いを寄せる。
なんとストレートにかわいく面白く描かれている。

古本屋で彼のために一生懸命本を探してあげているその描写から
彼への強い思いが伝わってくる。 さりげなくそれを彼に渡そうとするが

食事イタリアンおごってと口説く姿  かわいい  しかしそれほど気がなく

山田あゆみ(原田夏希)との食事をキャンセルしてしまう。 うまくいかないね

山田あゆみ … 原田夏希の父親役が山田大五郎 … 泉谷しげるというのもいい


成海璃子が森田 忍 … 成宮寛貴の作品を見せられて触発されるところもいいね


食べるものがない男三人 竹本祐太( 生田斗真)  真山 巧 ( 向井 理) 森田 忍( 成宮寛貴)

の漫画チックなエピソード



校内展の発表で


桜舞い散るあの風景の中で只身を任せているだけの竹本祐太( 生田斗真)の嫉妬にも似た苛立ち

それは 


花本はぐみ ( 成海璃子 )の絵が


二度と戻らないときと流れていくときを必死で止めようとしている 奇跡のようなあの景色とひそかに戦っていたのだという

途方もない感性ーーー





それに敏感に気付き 驚愕したこの大学に7年もいる森田 忍( 成宮寛貴)は突然走り出す。

もちろん花本はぐみ ( 成海璃子 )へ向かっての走りだ。




彼女を見つけると熱く抱擁する。

大学に7年通ったとてつもない発見 出会い


花本はぐみ ( 成海璃子 )も森田さんの作品が好きだと告白する。その声は竹本祐太( 生田斗真) 画はじめて聞く

花本はぐみ ( 成海璃子 )の声だった。


その声は 竹本祐太( 生田斗真)の世界のへところにいる予感 恋するがゆえに 空間や思想を共有したい
竹本祐太( 生田斗真)の失恋の予兆なのかもしれない。


いや  竹本祐太( 生田斗真)の失恋ものがたりが  あの桜の舞い散る景色が竹本祐太( 生田斗真)たちの青春時代の象徴でもあるかのようだ


そろった5人のあらたに素敵な青春物語のはじまり 何かが確実に動き始めた春の日に 期待度無限大


以上

ハチミツとクローバー 大好き同盟 より引用

花ざかりの君たちへとは違う生田君 ちっよと物思い気で繊細で

桜舞い散る風景の中  恋の予感 



ハチミツとクローバーとは
美術大学を舞台に、恋愛に不器用な大学生達の報われない恋模様や、自分の才能や生き方について迷う若者達の姿を描き、若い世代の支持を得た。

Chapter.1から14まで、『CUTiEcomic』2000年6月号から2001年7月号に掲載され、Chapter.15からChapter.56までは『ヤングユー』に連載されていた。

Chapter.57からは『コーラス』で連載され、2006年7月28日発売号に掲載のChapter.64において最終回を迎えた。

結末は大多数の読者に予想がつかない展開であったため多くの反響を呼んだが、それでも支持を得て愛される名作である。

コミックスは全10巻(集英社)


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

エルメス販売館
パーティグッズ
スポンサードリンク
Profile
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ