2007年12月25日

サンマのサンタ

さんまのサンタがもう少しでやってくるというのに、、



眠い。



そこで、、ブログを書いてみた。


でも、、、


やっぱり



眠い



今日は寝ようかな、、、


夢で、、、、、


会えたらいいな。


誰に??


って、、、



教授。



「がんばれよ。」


って、、、なんだかんだ言っても、、、


教授はやさしいしかどうかは別として、ちゃんとしてる。


人間性がすくなからずある、、、


問題が起きれば、、なんだかんだ言っても


気にしてくれる、、、


責任者として、役目を果たしている。




ここに来て初めて思ったさ。



ただそれだけ。


毛虫くん!!


はやくアゲハチョウになって飛んでいっておくれ、、


そう願って眠るだけ、、、


その前にわたしがいなくなるが、、、

sammata at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月24日

メリクリ

メリークリスマス!!!


今日も回ってるよ!!!


回れ、回れ、メリーゴラン。


今日は以上!!



解散!!



皆さん、良い聖夜を!!

sammata at 14:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月23日

気づけば、もう年末。

ですね。

さて今のところ、3連泊目、、、


相変わらず、ICUはサンマタ部屋と化しています。


IABP ×2 CHDF ×2 


PCPSがいないのがせめての救いです。


ICUが満床になると、救急外来はSTOPしていい事になっています。


私が当番の時には、いつもICUに空きがあり、、、


そこに私が患者をいれて、、満床。


次の日は、STOP、、、そしてICUに空く頃に、、、


私の当番が巡ってきます、、、


そして急患がやってくる、、、そして満床。


まあ、私の当番が比較的多いのもありますが、、


なんだか、、、


デフレスパイラルのような悪循環


に入りこみ、、他の先生、、いや誰とはいいませんが、、


患者の数、重症度に明らかな偏りが生じています。


昨日、少し病院から逃亡。マッサージに行きました。


すると、、店員から、、、なにも知らない店員が、、



「寝たほうがいいですよ。寝れないんですか?」


と、、、


「いや、忙しくて、、」


すると


「死なない程度に、仕事したほうがいいですよ。」


私の体はかなりきてるらしい。



しかし、これは神様がくれた私のカリキュラム、、、

淡々とこなしながら、学べることを学ぶしかありません、、、

何を言っても無駄ですからね。


そういえば、、クリスマスですね!!


私は、間違ってサタンが来ないように、、祈っています。

sammata at 12:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月18日

2連泊

結局、今日は当直を代ってほしいとの依頼を断れず、、


まあ、子供が生まれそうと言われれば、、断れないわな、、



今日は何も起きませんように!!



祈って眠るだけ〜



アダムとイブの時代から〜



あ〜流れくる我らの血潮を〜〜



あ、、何故かミスチル



今年もあと二週間ですね。


あ〜もう3年も経ちますね〜〜


え??


なにがって???


おしえない。

sammata at 20:53|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年12月16日

今日は帰れました。

今日はなんとか札幌のお家で寝れそうです。


明日はまた月曜日、、、


そして明後日は、火曜日、、、


いつまで続くんですかね〜〜



でもそれに飽きないように、、がんばるしかありませんね。



人は概ね自分が考えるより、幸福でも、不幸でもない。



皆さん、どうですか?


幸福ですか?


それとも、不幸ですか?


大切なことは、希望や絶望に飽きないようにする事らしいですよ。


頑張りましょうね。


ではでは。

sammata at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月15日

今日もお泊りよ。

さてさて

始まりました.


CHDFロードが!!


今回は何連泊かね〜〜


でも、、なんだか患者さまはどんどん元気に!!


BP上昇!!意識clear!!


うれしい限りです。


CHDFってすげぇ〜〜


俺の記憶も


CHDF


するかな。


またね〜〜

sammata at 18:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年12月14日

久しぶりの帰宅です

久しぶりに札幌の家に帰宅。

ここは落ち着きますね。

まあ、あしたからまた連泊モードでしょうから、、今日は、、

どこまでも、、、どこまでも、、

深く、深く、、、酔っていきますよ。


PCPSはいなくなりました。

一台は離脱、一台は失いました。


あしたから、CHDFロードが始まります。


人間の不幸や幸せ、、、

それはすべて人が生きていることを前提にしています、、

すると、、、

その生命の極限の意義つまり人間の生き死に、にかかわっている私たちの職業

が、、、

いかに、、非日常と向き合っているかと思うと、、


なんだか、、、、さみしくなるりますね。


でもやはり私たちも生きていかなければ、、、ならないわけで、、


ただ、、がんばるしかないのかも知れませんね。


ではでは。

だから、、きっと淡々と、、事務的に、、職をまっとうすることが、、


唯一の救いなのかも、、、と思う今日この頃です。


ではでは

sammata at 20:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月12日

昨日は忘年会お疲れ様です。

昨日は忘年会でした。

幹事の皆様、おつかれさまです。
って見てないか、、、


今日から連泊モードですね。


ちっとした話。


あるとても若い患者の脳波を脳外の先生にみてもった時の話です。。

「意識は、戻らないと思います。」

との事です。私が見ても、脳波はフラット、、、。

脳外の先生の変わりに、私が患者の家族にそれを伝えました。


すると、患者の母親が


「絶対に(意識は)戻らないんですか?」


と、、、、「絶対」、、、、、


医学的には、「絶対」なのだと思います、、、


きっとこれを「絶対」、、または限りなく可能性がない、、


としなければ、、科学が成り立ちません。


医学は科学です。


その一方で、彼女は患者の母親です。


彼女の聞く「絶対」には、、、科学的「絶対」だけではなく、、、


そこにはやはり母親としての思いがあります。


希望を捨てなくてはなりませんか?


と、、、


でもその希望に可能性がないのであれば、、


やはりその希望を絶たせてあげるのが、、、と以前は思い、、、


事務的にこなしていましたが、、、


最近は、弱っているのか、、結構、辛くなってきました。歳でしょうか、、、


でも、、やっぱり、、


私は、医学的観点から、、その希望をばっさりと、、絶ちます、、、


「医学的には、無いと思います。」


彼女の「絶対」を、「医学」に置き換えて、、


彼女の希望も絶たせます、、、


彼女は息子の顔に頬を寄せて、泣いていました、、


一般世界においては、「絶対」なんて存在しないのに、、


この世界においては、「絶対」が明らかに存在しています。


疲れますね。


ではでは。

sammata at 21:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月10日

6チャン確定

今日もお泊りだ、、、

気づけば、、6日も泊まっている、、、



ひたすら、孤独にsammata部屋を管理する、、、


頼れるのは自分だけ、、、さ


別にそれで結構。



ここからは、あくまで一般論の話、、


<天声人語風>

近年、医師の専門性を世の中が要求している、、

そしてテレビには、、ナンチャラの専門家が、、こぞって出てくる。

彼らが、悪いわけではない、、

きっと人間的にも、技術もすばらしいに違いない。


しかし、、ナンチャラの専門医、、ナンチャラのスペシャリスト、、

こんなものに影響されて、、

器もない医師が専門性だけを追求し、、

大切なものを忘れている。


そんな専門性より大切なのは、、

患者をトータルに診る力ではないだろうか、、、

もっと基本的な言葉を使えば、、

「患者を良くしてあげたい」という純粋な精神、、

それがトータルケアに繋がると私は信じている。

それを踏まえた上で専門性が要求されるのであって、、

その前提なしに、専門性など語れないはずである。


自分の専門の手技しかしない医者、、

こんな医者は、、

特に地方の一般病院には必要もなければ、、

逆に存在自体が迷惑となる。

それを求めるのであれば、

都会の業務の細分化された病院で働けばいいだけの話だ。

都会はそれでいいと思う。


しかしそれは田舎でやることではない。

いづれ、井戸の中の蛙となり、、

自分の技量に根拠のない過信を持ち、、、

結局は、患者の不利益となる。

私は地域医療に、専門性があれば、あるに越したことはないが、、

必要不可欠か、と問われれば、答えは否である。

交通網が発展したいま、専門性を求めるのであれば、患者は都会の病院に行けばいいだけの話である。

専門性を追求するあまり、、、

地域医療を担う医師としての、本当にすべき事を忘れ、、

いづれは拒むようになる。


地域医療と専門医療は相反するものではないが、、やはり限界があり、、

少なからず、地域医療において、専門性が強く求められているわけでもない。


地域医療に必要なものは何なのか?

もう一度、原点に返り、考えてほしい。


えーこれは一般論です。

sammata at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月09日

回り続ける

回れ〜回れ〜メリゴーラン、、、



回り続ける、、機械、、




私は景色が回っている、、メニエールだろうか、、




回転おとせば、、、水が溜まり、、、また、、、振り出しへ、、


引けば、、引いたで、、機械が回らなくなる、、、


そのバランスが、おそろいほど、、デリケイト


IABPとはわけが違う、、IABPなんて、、おもちゃだ、、、


D1が潰れただけで、こんな事になるとは、、、


だからプレッシャー、、


潰れたのは不可抗力、、でもでも、、私はインデフ、、


回してただけなのに、、



一方、もう一つの機械は、力強く回っている、、


でも起きない、、、


いや、、たぶん、、永遠に起きない、、


引き際がわからない。


いや、引いていいのかもわからない、、



さらに、別のアポ発生、、、


加療は完璧だったのに、、INR 2.0以上、引いてもいない、、、、


どうすれりゃよかったの、、


MCが根元からない、、


今日も一人ぼっち、、、


近日中にICUの看板を、SAMMATAにかえるそうだ、、

ま、いいけど、、



忘年会いきたいな、、、忘年会いけなくなっても、、


忘年だけはしたいな。


今日もお泊り、、5連泊、、、


確変が続いている。


そろそろ、パチンコ屋の店員に怪しまれるぞ、、、


って何の話、、



医局のレトルトカレーもうあきたよ〜〜

sammata at 13:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!