おこんばんは(^ ^)

今日はリールのドラグの取り扱いについて。

画像1


皆さんは釣行後のリールをどうされていますか?


水洗いで潮抜き、回転部分に注油など、
当たり前にされているとは思います。

注油不要なリールも増えてきましたね(^ ^)

しかし、意外と見落としがちな……


保管中、ドラグノブを緩めておく事はされてますか?


そんなん当たり前やん!と思った方はスルーしてくださいm(_ _)m

えっ?!なんで?!と思ったそこのあなた!(笑)

ドラグノブを締めたままにしておくと、ドラグワッシャーが潰れてしまって、
本来の性能を発揮できなくなります。


リールの機種によっては、ワッシャーが一枚の物や、
複数枚を組み合わせている物など様々です。


ドラグワッシャーの素材は、フエルト、金属、カーボンなど。


これも色々ですが、締めたままにしておくのは
ワッシャーの潰れ、変形、固着を招くので禁物です。



肝心な時にドラグがスムーズに滑ってくれずに、
ラインブレイクで大切な魚を取り逃がすことにもつながります。



リールを買う時にも、ショーケースに展示してある時点で、
ドラグを"ギチギチ"に締めたまま置いてあるお店は
避けたほうが良いかと思います。



ドラグラン中にドラグの滑りが息継ぎしてしまうなど、
滑らかにドラグが滑らなくなってしまっているリールは、
ドラグ部分をバラしてドラグワッシャーを燃料用アルコールに漬けて、
古いドラググリスを洗浄、脱脂、乾燥してから、
ドラググリスに浸してフンワリさせると、ずいぶん良くなります。



フェルトワッシャーが変形してしまっているような場合は、
部品交換が必要ですので、
釣り具屋さんで部品取り寄せの相談をしてください。


基本中の基本のお話ですが、
意外と知らない方が多いようですので書いてみましたm(_ _)m


では、また明日お会いしましょう(^ ^)/

サミー

iPhoneからの投稿

今日のネタ画像
画像1