おこんばんは~(^ ^)

皆さんはアジングで釣った豆アジ、小アジの料理をどうされてますか?

唐揚げもいいですし、南蛮漬けも美味しいですね(^ ^)

しかし、数釣りになりがちな豆アジング。

画像1


アジが小さくても大きくても手間は同じ。

料理が大変ですよね(^^;;

そこで僕がオススメする簡単な小アジ料理!

プロショップ桜山のお婆さん直伝、
小アジの半〆(はんじめ)

半分刺身、半分酢〆で絶品!

これなら割と簡単にできて、
尚且つ、めっちゃ旨いアジ料理になります!

まずは釣り場でアジを釣ったら、
エラとか延髄切断ではなく、

アジの心臓付近にハサミを入れて、
バッカンの海水で活かしたまま血抜きをする。

ココ大事なトコです(^ ^)

即死にしてしまうと血が抜けきらずに、
生臭くなります。

ブリーデン社員の青梨さんが、
血抜きの様子を動画で撮ってくれましたので、
そのうちアップしてくれる はず!(笑)

待ってます(^ ^)(他力本願)

さて、家に持って帰ったら、しごうしましょ。

僕流のやり方で。

酢で〆るので、気にならなくなりますから
ウロコはついたままでもいいですが、僕は軽く落とします。

蛇口からチョロッと水を出しながら、
頭を持って、包丁かウロコ落としなどでこすれば、
腹のトゲでケガをせずにすみますし、ウロコも飛び散らないはず。

次に、頭と内臓を同時にとります。
アジを立てて、頭の骨の終わり辺りから、
胸ビレを越えた方向に包丁を入れます。

赤線の感じね。

画像1


こんな感じで背骨が切れたら途中で止める。

画像1


頭と胴体を持って、ボキッと!

画像1


右が頭、左が胴体です。

頭側に内臓がついて、全部取れるはずです。

内臓を掻き出したりしてると、
まな板が汚れてしまいます。

しっかり血抜きしてあるので、
血も出ませんから、まな板も汚れません。

身も白くて綺麗な色ですね(^ ^)

連続でどんどん頭を落としていきます。

画像1


次は三枚おろし。

頭側から見て背骨を確認しながら大名おろしで。

画像1


慣れてきたら、このぐらいの感じで三枚になります。
身のロスも少ないです(^ ^)

画像1


腹骨もすいていきます。

背骨と腹骨は後で骨せんべいにどぞ!

全部三枚におろせました。

この間、まな板は一度も洗っていません。

楽でしょ?

画像1


身のほうに塩を振りながら、
タッパーに敷き詰めていきます。

画像1

画像1


見て分かると思いますが、
ゼイゴ、皮はついたままです。
もちろん中骨も抜かずにそのまま。

タッパーに蓋をして、
冷蔵庫で30分から1時間寝かした後、
出た水気を捨てて、酢をダバダバ入れます。

タッパーに蓋をして、ガシガシシェイク!

塩と臭みを酢で洗うイメージ。

全体が洗えた感じがしたら、
酢を全部しっかり捨てて、
〆用に酒と酢を半々で調合してヒタヒタまで注ぎます。

お子さんがいらっしゃる家庭なら、
酢を少し多めの酢2の酒1とかにすると良いです。

酢は米酢とかの美味しいもの、酒も適当に良いものだとより旨いです。

後は冷蔵庫で3時間から半日以上置いたら完成!

僕は翌日ぐらいが好きです。

〆時間が少ない時は、身の方が白く〆られてるものを選らんでください。
白く〆られてないと中骨が気になってしまいます。

盛り付ける前に皮を頭側から手で剥いてもらうと、
身の方は〆られて白く、皮を剥いた方は刺身な感じです(^ ^)

画像1

画像1


中骨は酢でホロホロになって、
全然分からないぐらいになりますので、
半身を一口でパクっと。

刺身醤油とワサビでどうぞ!
生姜や練り梅、大葉を添えても美味しいです(^ ^)

ご飯もお酒もすすむ一品ですよ~( ´ ▽ ` )ノ

ぜひ、やってみてくださいね(^ ^)/

サミー

iPhoneからの投稿

岡山の釣友トノさんと、
天神の天ぷらひらお

画像1