今回の旅で1番のハプニングはきっとホテルのこと。
夜、バスタブにお湯を張ってお風呂に入ったんですが、栓を抜いて水を落としていたらなぜかトイレの方までびしょびしょに。
おかしいな〜、ずいぶん水を跳ねさせちゃったんだなぁ…なんて思いながらバスルームのドアに目をやると、ドアの下まで水が行っているじゃないですか!
慌ててドアを開けたら、なんと水は部屋の中まで流れていて、ベッドルームのカーペットが濡れ始めていました。

きゃ〜〜〜 お母さ〜ん!大変!!

ベッドの上で本を読んでいた母に助けを求めて、二人でバスマットやバスタオルで流れる水を必死に拭き拭き。
お風呂の入り方に失敗してホテルの部屋を水浸しにしてしまう日本人がけっこういるって聞くけど、わたしは水を溢れさせてもいないし、何が起きたんだろうとちょっとしたパニック気味に。
そんなわたしの横で母が、柱の下からベッドルームに向かって水が出てきているのを発見しました。
バスタブの下の配管が壊れていたんだと思います。
落としたバスタブの水が漏れてトイレの床に広がり、さらに柱の下を通ってベッドルームへ出てきてしまったようです。

慌ててフロントに電話して部屋に来てもらい、故障が確認されたので夜の10時すぎにわたしと母は荷物を全部まとめて部屋をチェンジ。
フロントの人、修理の人、ポーターと、男の人が3人も来たので着替えることができずにわたしはパジャマのまま上の階の新しい部屋へ移動しました。恥ずかしかった…。

かなり焦ったハプニングだったけど、いい部屋にチェンジしてもらえたし、「申し訳ごじゃいません」って申し訳なさそうに謝る男の人がかわいかったのでイヤな気分になりませんでしたよ(* ^ー゚)
日本人が英語の「th」や「f」を発音するのが苦手なように、韓国の人は「ざ」を発音するのが苦手みたいですね。
いろんな所で「ありがとうごじゃいました」って言われました。
でもね、レシートにまで「ありがとうごじゃいました」って印字してあるのには笑いましたけど(笑)

またいつか行きたいな〜、韓国